hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

仕事の決め方

回答数回答 5
有り難し有り難し 44

僕は今就活中なのですが未だに何の職業に就けばいいか分かりません。

去年も就活したのですが、ただ理由もなく地元というだけで企業を決めました。

一生続けられる仕事や自分に合ってると思う仕事や面白い仕事をやるなど色んな情報があるのですが、どれもピンとこないのです。

自分を変えたいと思いもあり、ますますわけが分からない状態です。
お坊さんたちはどうやって仕事を決めましたか?

2018年8月26日 11:15

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私の場合

こんばんは。亀山純史です。

私は浄土真宗本願寺派の僧侶ですが、兼業寺院のため、公立高校で教員もしています。
私は寺院の長男として生まれましたが、中学時代までは、将来お寺を継ぐことに対しては、漠然と考えていただけで、あまり深く考えたことはありませんでした。そんなわけで、私自身、高校は寺院の長男でありながら、カトリック系の学校へ進学しました。しかし、そこでの生活を通して、私自身、宗教というものを考えるようになり、高校卒業後は、自らの志望で龍谷大学文学部仏教学科仏教学専攻(インド哲学ゼミ)へ進学しました。学部時代には、兼業のための進路として、社会科の教員免許を取得しましたが、私の地元(岩手県)の教員採用試験は不合格でした。そこで、大学卒業後は同大学の大学院(仏教学)へ進学しました。そして大学院時代には、今度は仏教学の専門講義とは別に、英文学科の講義をも聴講し、英語科の教員免許を取得しました。そのために、大学院時代は、サンスクリット語、パーリ語、そして英語、という語学漬けの生活を送りました。幸い、2年後に地元(岩手県)の公立高校に勤務することが出来ましたが、それと引き替えに、修士論文を作成するだけの時間がなく、大学院は中退しました。

言うまでもなく、私自身、将来は英語の教師になるべく、仏教学科に進んだわけではありません。英語の教員としては遠回りというか、畑違いからの進路です。一方、僧侶ということから見れば、仏教の勉強を私の中で完結させることが出来なかったと言えます。しかし、今、私はこれで良かったと思っています。それは幅広く物事を見ることが出来るからです。

進路はどうなるのか、それは誰にもわかりません。さまざまなご縁のもとに進路は決まって行くのでしょう。現在、こうして私自身hasunohaというサイトでお手伝いさせていただいているのも、そのようなご縁があったからのことです。どうぞ、ご縁を大切になさってください。

2018年8月26日 19:47
{{count}}
有り難し
おきもち

hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

焦らず自分と向き合えば、向いている仕事が見つかります。

私は、僧侶になる前に書籍制作の会社に勤めていました。その時の会社選びの決め手は「本が好き」だったからです。

それまで、アルバイトもさほどした事がなかったので、自分に何ができるのか、自分に向いている事は何か、まったくわかりませんでした。それでも、10年間勤めているうちに、様々なことが身に付き、それは、僧侶となった今も、とても役に立っています。

世の中には、想像を絶するほどたくさんの仕事があります。その中で、自分に一番向いている仕事が何かなんていうことは、就活中にわかるものではありません。

終身雇用の時代ではなくなった今、転職だって視野に入れながら、焦らずに仕事を探してみてください。
そして、選んだ仕事を、精一杯頑張ってみてください。
きっと、その先に道は開けてきます。

2018年8月26日 16:23
{{count}}
有り難し
おきもち

佐山拓郎
目黒・五百羅漢寺の佐山と申します。 浄土宗教師の資格を得たあと、10年間...

育てられて

私は昔から興味のあった、建築やインテリアデザインの仕事にあこがれて、浄土真宗の大学を中退して建築の専門学校へ行きました。建築をかじっていると実家の庫裏を改修するのにアドバイスしてほしいと言われ帰省し、片付けの合間にお参りのお手伝いをしていました。

そんな中、あるご門徒様に「私が死んだらあなたがお葬式でお経を読んでね」と言われました。
「えぇ!!」っと思いましたが、何しろ継ぎたくなかったので「まだまだ長生きしてね」と笑って流しました。でもその言葉が引っ掛かり、結果として自分が必要とされていることの有難さを教えて下さったご門徒様の為に住職になる決心をしました。

自分の一生を決める就職!と意気込むと、これでよかったのかな?と後悔する気持ちも大きくなるかと思います。
でも、物事はコロコロ変わっていくものですよ。

やりたくなかったことも、それが今では生きがいになっていることだってあります。
色んな仕事をして、色んな人に出逢って、色んなことを教わって、人間は熟成していくのです。
とりあえず就職したって罰は当たりません。その中で沢山のお育てに遇いながら、次のステップを探し、そのままで行くのか、はたまた違う道を選ぶのか、決定権はあなたにあります。
あなたの人生です。成功と見るか失敗と見るのかすらあなたが決めるのですよ。
言い換えれば、何を選んでも、ゆうさんが良かったと思えれば、それでよいのです。
どうぞ、沢山のお育てに遇って下さいね。

2018年8月27日 14:43
{{count}}
有り難し
おきもち

みなさまこんにちは。 浄土真宗本願寺派の緇川(くろかわ)と申します。 ...

できることベースで自分を育てる。

学生の部活など好きなことや、やりたいことが継続のモチベーションになりますが、仕事とは他者からお金をいただくことになります。

自分の都合や好き嫌いが、他者にお金を払う価値を持たせられるかと思うとなかなかお金を稼ぐのは難しいです。

今は職業の幅も広がり、転職も珍しくないです。
やりたいことベースで探して情熱が持てなくなってやる気がなくなる道もありますが、「できること」ベースでやっていき愛着を徐々に育てる道が長続きしまり、経験が積み重なることが多いと思います。

ちなみに、僧侶は職業でなく生きざま(お布施は教えに対していただくものを僧侶が預かる)という立場ですが参考になれば活用ください。

2018年8月27日 7:54
{{count}}
有り難し
おきもち

『壊してしまうのは一瞬でできるから、大切に生きてと彼女は泣いた』 という...

私はいろんな分野の会社に就活しましたが、一番最初に内定を出してくれた所に決めました。
当時の私は特にスキルがあるわけでも無く、どこでも何でもやってやろうという気持ちだけでしたからね。仕事は様々あり大変でしたが後悔はありません。むしろ色々と私的なわがままも聞いてくれて感謝しています。

2018年9月12日 10:03
{{count}}
有り難し
おきもち

私は浄土宗の坊さんをしています。 なかなか良い回答はできませんが、少しで...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
皆さんの回答を参考にして焦らず就活したいと思います。

「就職・就活」問答一覧

就活2年目、いなくなりたいです。

読んでいただきありがとうございます。 去年大学現役の頃、民間で就職活動をし、失敗して今年は公務員試験を受けました。 結果はほとんど面接で落ちてしまっている状態です。まだ受けるところはありますが、自信がなく、辛いです。 色々なところでこういったことを相談すると、「就活は縁だから」「(私)さんを採用しないのもったいないよ」と慰められます。 慰めてくれるのはありがたいことですが、「縁だから」というのは引っかかります。民間でも何十社も受けて縁がなく、公務員試験でも受けられる分は受けて縁がなく…… 元々鬱になっていて通院しているせいもありますが、まるで「この世に縁がない」と言われている気分になり、いなくなった方がいいのかなと思います。 「就活ごときで…」と思われるかと思いますが、今の日本社会で生きていくには働くことが必須です。その中で働くことに縁が結べないなら、やはり社会から必要とされず、いなくなった方がいいと感じられます。(海外で働く手もあるという話や、小説家などのアート面で活躍することを提案する方もいますが、わたしにはそれはできません、金銭的にも、才能もないので) 私はなぜこの世に生まれてしまったのでしょうか?もし意味などなくても、なぜこんなに苦しいことしか起きないのでしょうか? 私は宗教学を大学で学んだこともあり、自殺の各宗教の扱いも知っています。しかし…ここまで酷い扱いを受けるとそれすら視野に入れたくなってしまいます。 ここ(現世)でやりたいことは沢山あります。死にたくありません。しかし、自分の立場、社会的身分が安定しない以上、やりたいことの何にも近づけなく、ただ自分と同世代の人がやりたいことをやって、私が欲しいものを手に入れているのを指を咥えて見ていることしかできません。 宗教学で学んだ、四苦八苦の中の求不得苦とはまさにこのことなのでしょうか それでもあまりに辛いです。 あまり相談になっていなくてすみません。これからどうキャリアを積んでいくか、それをアドバイスしていただいても大丈夫ですし、何か仏教的観点からアドバイスをしていただいても大丈夫です。 とにかくいま、孤独です。何かご返信をいただきたいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 2

就活で「ある質問」を受けると精神が不安定になる

こんばんは。 私は大学3年で、就活生です。 就職活動の面接で、色々な質問を受けます。 具体的には、あなたの強みはなんですか?弱みはなんですか?とか、 自己PRをしてください…会社に入って何がしたいか等です。 それらの類のよくある質問に対しては、問題なく答えられるのですが、ある質問に関しては、精神的に追い詰められます。 最近、ハイレベルな会社の人事のトレンドで「あなたの人生で、感情の上がったところ・下がったところを簡潔に説明しつつ、自分の人生を振り返って教えてください」という質問が流行っています。私はその質問が嫌いです。 なぜ自分がこの質問が嫌いかというと、こういった質問をしてくる企業は大抵集団面接だからです。企業のレベルが高いと周りの学生のレベルも高く、その人たちのキラキラしたエピソードを聞いていると、意識していなくても「自分の人生ってクソなんだなぁ」って思ってしまうからです。(見返してみても自分の人生には本当に何もないと思います。) そもそも、会社の入社試験で自分の人生について聞くっておかしくないですか。これからは、物心つかない子供の頃から、十数年後の就活を見据えて、リーダーシップを取ったり、めちゃくちゃスポーツを頑張ったりしたりして、実績を残さなくちゃいけないんですか? 自分はとても内気な性格で、人と話すことはとても疲れます。正直あまり他人と関わりを持ちたくないので、極力人と関わらなくて済むように、大学時代は資格やスキルを磨いて頑張ってきました。それなのに高校以前の昔話で内定を出すか決めるだなんて、不公平すぎると思います。。。 受けた会社が滑り止めであればこんなに引きずることはないのに、そこそこ志望度が高い会社だったので、落胆して何にもやる気が起こりません。。。 愚痴みたいで申し訳ないです。 どうすれば、精神が安定するでしょうか? ご教示よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

就活、分岐点

現在就職活動中の大学院修士2年のものです。 就職活動も最終段階に入り、内定を2つ手に入れ、そこから1つを選ぶというところまで来ました。 しかし、そこから迷いに迷って、2週間経っても結論を出すことはできませんでした。 内定のうち、一つはメガベンチャーと呼ばれる近年急成長したIT企業(A社とします)でのエンジニア職で、特徴としては ・初任給がかなり高い ・転勤がないため、家庭を持ちやすい ・憧れの東京勤務 ・ここ数年業績が芳しくなく、迷走中 ・平均勤続年数が数年と短く、転職する人が多い ・実力主義 ・配属はゲームアプリ開発 もう一つの内定先は誰もが知る大手電機メーカー(B社とします)での研究職で、特徴としては ・知らない人はいないであろう知名度 ・休暇が多い ・平均勤続年数が長い ・都内勤務じゃない ・転勤あり ・研修期間が半年と長く、その間は寮生活になる ・配属はロボットの研究 初任給の高さや憧れの東京勤務という環境を考えたらA社なのですが、実力主義についていけるのかという不安、また転職する人が多い業界のため、転職する前提でキャリアを上手く築きあげていくことができるかという不安が残ります。また、B社のネームバリューが惜しいと感じてしまいます。 またB社に行った場合、大企業特有の手厚い研修によってじっくり成長することができるし、長く勤められるよう環境は整備されていると思いますが、一人の時間が好きな僕にとって寮での共同生活は少し不安です。また、大学の研究で成果を出せなかったので、会社での研究についていけるか不安です。また、都内勤務じゃないので残念です。 よく自分が本当にやりたいことができるほうを選べ、というアドバイスがありますが、正直、自分が本当にやりたいことが何なのかわかりません。就職活動を始めて半年間、様々な就活本を読み、説明会に参加し、たくさん面接も受けてきましたが、結局、自分の本当にやりたいことを見つけることはできませんでした。 一応、A社のゲームアプリ開発も、B社のロボットの研究も、自分にとってはどっちもぜひチャレンジしてみたいことです。 どちらか一方を選ぼう!とすると、様々な不安が頭をよぎり、決断を遮ってしまいます。 また、最近はこの決断が不安すぎて、なかなかほかの事に集中できません。 こんなとき、どうやって決断したらよいのでしょうか。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

彼の就活をどう見守るべきでしょうか。

私は自営業をしているアラサー女性です。 私には年上の彼がいるのですが、6年ほど前にうつ病で仕事を辞め、実家へ帰り療養することに。 私の自宅と彼の実家は電車とバスで3時間程度の距離ですが、時々時間を作ってはお互い会いに行っていました。 最近ようやく回復できたようで就職活動を始めたらしいのですが、どうやら実家近くで仕事を探しているようです。 私はもちろん、働こうと思えるようになるくらいに回復できたことは嬉しいのですが、できれば私の家の近く(もしくはその近郊)で探してもらえないかと思っています。 ただでさえお金や時間の問題で数か月に1度しか会えない状況なのに、仕事を始めてしまったらもっと会えなくなるじゃないかともやもやします。 もちろん彼を応援したいという気持ちはあります。 ただ、先日実家近くで1社受けて落ちてしまったらしいのですが、それを聞いて正直ほっとしてしまいました。 そんな自分にももやもやしてしまいます。 私の住んでいる地域は彼の実家がある地域に比べて物価や家賃が高めなので、暮らすのにはお金がかかるのもわかります。そして残念ながら私の今の収入では私ひとりが生活するのでギリギリなので、養ってあげるよとも言えません。 こちらから無理を言って、また病状が悪化するようなこと、彼の負担になるようなことはしたくないと思う反面、「近くに住んでほしい」という私の欲が消せません。 私は彼に対して、こちらからは何も言わず黙って見守るべきか、こちらの希望を伝えたうえで応援すべきか、どうすればいいでしょうか。 また、もし伝えるとすればどのように伝えればいいでしょうか。 たくさんの質問がありご回答も大変なところ申し訳ないのですが、何かアドバイスをいただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る