お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

たくさん質問があります。

自殺をすると地獄に落ちる、成仏できない、と聞きますが実際の所どうなのでしょうか。
何故成仏出来ていない方達は成仏出来ないのですか?
死後の世界はあるのでしょうか?
自殺をすると成仏できないのは何故なんですか?
自殺をするのが罪ならば、自傷行為はどうなんですか?
私は自傷行為をしているのが3回親にバレてしまいました。「お前は苦労していないからそんな事が出来るんだ」や「お前がそこまで人間性が低いとは思わなかったわ」と言われてしまいました。理解してもらえないんです。正直、他でもない実の親にそこまで言われるとは思っていませんでした。本当に辛いし、死にたいです。
あと、幽霊?魂?は、現世と死後の世界を自由に行き来することは出来ますか?
また、成仏するのは死後どれくらいなんでしょう?49日経ってからなのか、死んだ直後なのか。。。

有り難し 12
回答 2

質問投稿日: 2018年9月5日 23:02

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自殺をすると地獄に落ちる、のでは無く、自殺しようと思う時が既に地獄の中にいる状態なのです。
死にたいほど苦しい、それが地獄なのです。
ですから、そこから抜け出さないといけません。
その為には、その苦しみの様子を客観的に見ることから始めてください。
どのような苦しみなのか、心の中のプレッシャー?、絶望?後悔?劣等感?、もしくは病や怪我による体の痛み?
それをしっかり、冷静に見ることができたら、次にその原因を紙に書いてください。原因は複数あることが多いです。いろんな原因を思いつく限り紙に箇条書きしてください。
それができたら、その原因の一つに着目して、その原因を無くす方法、抑える方法を教えてみましょう。考えて答えが出ないときは他の人に相談しましょう。ネットで調べてもいいでしょう。そして、その方法を原因の横に書いてください。
同様に、他の原因についても一つずつ考えてください。
完全に書ききれなくてもいいですよ。
それがある程度書けたら、あとは書いたことを実行するのみです。
一つずつ実行するうちに、少しずつ苦しみが減っていきます。
そうしたら最終的には地獄を脱することになるでしょう。
その脱した境地を、完全ではないですが一つの成仏の境地なのです。
死んだら成仏するのではありませんよ。
努力して成仏するのです。
カッターは机にしまって、紙とシャーペンを持って、書きながら考えて、頭の中を整理していきましょう。
親はあなたのことを理解していないかもしれません。しかし、あなたのことを心配していると思いますよ。手のひらを広げて手相を見てみてください。小指はあなた。親指は親です。
小指の指紋がある面はこちらを見ていますね。
でも、親指はずっと小指を見ているでしょう?
死後の世界の話は、またいずれどこかで。

15日前

成仏について

麻結様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

自殺をすると地獄に落ちる、成仏できない、と聞きますが実際の所どうなのでしょうか・・

自殺の行為そのものが悪業となるわけではなく、行為の動機が煩悩・無明(根本的無知)によるかどうかが問われるところとなります。

成仏できないわけではありません。仏道を歩み、悟るための因縁(原因と条件)が調えば、誰でも成仏が可能となります。

何故成仏出来ていない方達は成仏出来ないのですか? ・・

悟る因縁が調っていないからであります。

死後の世界はあるのでしょうか? ・・

死後の世界というか、微細な根源的意識の存続、赴きに注意を払う必要があります。

自殺をすると成仏できないのは何故なんですか? ・・

自殺したからといって、成仏できないというわけではありません。あくまでも、自殺するしないではなく、業(カルマ)の問題となって参ります。

自殺をするのが罪ならば、自傷行為はどうなんですか? ・・

自傷行為も、その動機が煩悩・無明によるものであれば、やはり良くないものとなります。

親御さんのご対応につきましては、誠におつらいことでございます・・とにかく自傷行為の要因となっていることを解決して参りたいものとなります。心療内科等、医療機関、相談機関の協力も得られて下さいませ。

あと、幽霊?魂?は、現世と死後の世界を自由に行き来することは出来ますか? ・・

通常、存続する微細な根源的意識は、私たち凡夫が自らの意思にてコントロールすることはかなり難しいところでございます。

また、成仏するのは死後どれくらいなんでしょう?・・

成仏には、悟るための因縁が調う必要があります。悟りを目指す決意としての「菩提心」を堅固にして、仏道を歩み、主には、智慧と福徳という二資糧を集積していくことにより、煩悩障と所知障の二障を断滅することが必要となります。

もし、上記のことで、もっと詳しいことをお知りになられたいとなりましたら、「チベット生と死の書」ソギャル・リンポチェ師(講談社+α文庫)を是非、お読みくださいましたらと存じます。

川口英俊 合掌

15日前

関連する問答
このページの先頭へ