お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

生きてるのが怖い

死ぬのは怖いです。
死は未知です、五億年という時を経っても意識は永久に無くまるで気絶した時のようです。
私はとても自殺願望が高いですが、私でもわかるようにこの世にいる人は誰も本来的には死にたくないと。
死はとても美しいものです、全てが虚無になります。
どんなにクローンが生まれたとしても、それは自分の意識でもなくクオリアもありません。

しかし同じように生きてるのも怖いです。
人生一回しかないという重い重い現実があります、そこにはどんな物理法則も変えられないという絶対的なルールがあるので一度でも足を切断やらしたら永久に手が生えてくる事もありません、誰かが死んだら永久に会えません、一度顔面に塩酸をかけられたら二度と顔は再生しません、一度ホームレスになると一生勝ち組になれません、一度HIVになると一生治りません。
悲惨な人生だったら一生悲惨なままです。離婚したら離婚したままで今後誰からも愛されることはありません。

そういうのが怖い。
人生は可塑性がありすぎて一度何かをやったらそこから変わる事がないです。

死と生は表裏一体です。
死があるから生が尊いものになります。一度しかないから一生とかいう言葉を使い自分の人生を有り難がります、死があるから身近な人が死ぬのを悲しみます。

私は、この物理法則が次々変わるのがこわいです。
現実が移り変わるのが怖い。
いまこの瞬間があるのが怖いです。
いつも恐怖や不安を抱えています。

私達は現実に金融資本で搾取されてます、労働で自分の貴重な人生の時間が搾取されています、二度と返ってこないです。
何処かで働いたら金になるだけでその時間は二度と返ってこない、私の親は底辺職に就いてたので何十年と人生を安く買い叩かれて人生という貴重な時間を費やしていました。

私は20代ですが私の貴重な時間を使用して作られた富を老人に吸われています。
また同じように過去の偉人や天才やらが貴重な人生を使用して発見、発明した数式や発明品やらなんやらを何の苦労もなく得ています。

そういうのが怖い。

いつか重い病気になったり、事故ったりして苦しみのが怖い。

来月の今頃は何か嫌な悩みが増えてると予想できるのが怖い
明日は口内炎で口が痛いかもしれない。
明後日は親友と仲違いするかもしれない。

生きるのが怖い。死ぬのが怖い。

恐怖から逃げたいです。

死について
有り難し 10
回答 2

質問投稿日: 2018年10月15日 12:56

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

恐怖からの出口

拝読させて頂きました。
あなたのおっしゃる恐怖は私もそう思いました。私が小学生の時に全てが怖くなって全てのご縁ある方の死が怖くなってしまってもう何もできなくなりました。
只々ひたすら怖くて現実逃避しました。ずっと家の中に閉じこもっていて出ませんでした。

それでも刻々と時は過ぎていきます。私を時は待ってくれません。誰も私を待ってくれません。
そのような恐怖の中でただひたすら己の意識がなくなればいいと思いました。

それでもどんなに待ったとしても何も変わらなかったです。

変わったのは私の意識です、考え方です。ものごとに向き合う姿勢です。

それは誰が教えてくれるわけではありません。己の気持ちの問題です。
誰かに言われてもそれをうのみにはできない自分がいるはずです。
ですからその意識や考え方は自分自身が様々な意見や思想や宗教を見て考えて学んでいく中で変わっていくしかありません。
誰かにこうしろといわれても簡単には受け入れられない自分がいますからね。

あなた自身今まで様々な考え方やご意見を伺いながらこれからご自分で取捨選択なさっていくことです。

因みに仏教では過去や今や未来のご縁はずっとつながっていますからね。
ですから死が終わりではありません。親しい方々にも再びお会いできて仏様の元で心安らかに過ごすことができる環境が与えられますからね。どうか安心なさって下さい。

あなたがこれから様々な素晴らしい生き方や考え方に触れながら正しい生き方を取捨選択なさり、これからの未来を心穏やかに豊かに幸せに生き抜いて頂きます様心からお祈りさせて頂きます。

10ヶ月前

ニーチェさん眠れていますか?

ニーチェさん

私は「愚かな遺伝子」を受け継いでしまったので、難しいことはよくわかりませんし、ニーチェさんが、なぜ悟ったように全てのものを決めつけてしまうのかもわかりませんが、1つだけ分かることがあります。

それは、多かれ少なかれ、不安はこの世に生きる誰しもが感じるものだということです。

悩み苦しんでるのはニーチェさんだけではありませんし、世界一不幸でもありません。
もちろん、私を含め、回答するお坊さんも例外ではありません。
 
それでも私たちは、無意識のうちに、気晴らしをしたり、ストレス発散をしたり、さまざまな方法で迫りくる不安をコントロールしながら、なんとか生活しています。

 ところが、ニーチェさんのように、強い不安感に苦しめられると、心や体の調子が悪くなり、夜もぐっすりと寝ることができません。
まさに悪循環に陥ってしまいます。

ニーチェさんはしっかりと眠れていますか?
規則正しい生活を送れてますか?

もし、寝れてないようなら、規則正しい生活が送れてないようでしたら、一度病院の先生に診てもらったほうがいいのではないでしょうか?

ニーチェさんの体調が心配です。

10ヶ月前

「死ぬのが怖い」問答一覧

「死ぬのが怖い」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ