hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

戒名と一緒に「御朱印帳」を頂きました

回答数回答 1
有り難し有り難し 11

いつも有難うございます。

本日、御住職様から、私の戒名を頂きました。
真言宗なので、一番上に梵字が入り
『・〇〇〇〇信女位 』
を授けて頂きました。
とろろで、
最後は位号の「信女」で終わると思っていたのですが、
その下の「位」という文字は、何なのでしょうか?

また、御住職様が四国のお遍路回りに行ってこられたとの
ことで、
戒名と一緒に立派な「御朱印帳」を頂き、開いてみたら、
最初のページに、
私の名前と、御朱印・御寺様の御名前・御住職様の御名前など
が書かれていました。
そして、この朱印帳を持って、宗派に拘らず、いろいろな御寺様を
まわってみなさいと言われました。

私は「御朱印帳」を見たのも初めてでしたので、
ただ御礼を言って帰ってきてしまいましたが、
これは戒名料とは別に「お布施」みたいなものを
置いてくるべきだったのでしょうか?
世間知らずなので教えてください。

よろしくお願い致します。

2018年11月11日 21:12

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

功徳巡り

拝読させていただきました。

生前ご戒名を授かったんですね。
「位」というのは「位号」というものです。いわゆる役職みたいなものです。

例えば
「清雲秋岳信女位」
と、なれば
「清雲」→ 道号
「秋岳」→ 戒名
「信女」→ 位号
の位となります。

戒名にも宗派によって授けかたは様々です。私たち僧侶は出家した際に、師僧より「僧名」をもらいます。いわゆるこれが戒名(法号)になります。

位には
・院殿大姉 ・院大姉 ・信女の三つに分かれます。生前、寺院に多くの寄進や建立に際し、大きな力を貸され、貢献したことにより、「位」が変わってきます。現在では、多額の金銭を支払えば良い戒名を授かる時代にもなっていますね。

ご位牌をお作り(建之)される際は、生前では逆修となりますので、赤文字でお作り忘れないようにしてください。お伺いされたと思いますが。
赤い字は「血が通っている」いわゆる生きているという証でもあります。

御朱印帳をいただいたんですね。その場ではお支払らなくて結構と存じます。ご住職さんが、生前戒名までお付けされるのであれば、仏教の功徳を積むことの大切さをお教えくださったのでしょう。また、寺院にご参拝の際にでも、違う形でお気持ち御礼をされても良いとも思います。

御朱印は本来「納経帳」といいます。寺院を参拝されたときに写経を一巻書いたのち、平均千円を納めた証とし、御朱印をいただきます。
今、多くの遍路があったり時間の関係で、参拝されただけで御朱印をもらう方が増えましたが、それも間違ってはないのです。

私たちは亡くなると棺桶に入ります。棺桶の中に御朱印帳を柩の中にお入れする人は多いです。色々な御朱印があり、すべてを回り結願されることで、達成感を得られます。また仏さまの功徳もです。仏さまの功徳をもらえることで、棺桶の中に「ご朱印帳・おいずる」を入れて、仏の世界へ迷わず行けるという風習から来ております。
是非とも、これを機に御朱印巡りをオススメいたします。

合掌

※追伸
茶菓子等でしたら二千円くらいが妥当と思います。ご住職も戒名を授けることで仏教信徒が一人増える喜びから、ご朱印帳をプレゼントされましたことと思いますので。ご朱印帳がいっぱいになることが住職の喜びになると存じます。いっぱいになればご報告が最高の御礼と存じ上げます。

合掌

2018年11月12日 0:07
{{count}}
有り難し
おきもち

祈るこころに佛心が宿る。 変化多き時代を生きる私たちにできること、それは...

質問者からのお礼

法源様

有難うございます。

一番下の文字は必ず「位」になるのですね。
例えば「〇〇〇〇院大姉位」のように。

また、「御朱印帳」の御礼ですが、
おいくら位が適当でしょうか?
また、菓子折り等でも良いのでしょうか?
世間知らずなもので、御住職様には、どのような御礼を
すれば良いのか分からずに おります。

法源様

ご追記、有難うございました。
御朱印帳が、いっぱいなるか体力に自信はありませんが、
様々な御縁に、感謝の気持ちで、いっぱいにしていこうと思います。
空白のページがあっても自分の気持ちを刷り込んでいこうと思います。

「戒名」問答一覧

法名の頂き方について

法名のいただき方について教えてください。 死んでからだと自分の法名を知る事ができないし、また法名を知っておきたいという理由もあり、生きているうちに法名を頂ければと思っています。 祖父母が亡くなった時は菩提寺経由で法名を頂きましたが、浄土真宗本願寺派(我が家がお世話になっている宗派です)のホームページには帰敬式を受式する事によって法名を頂けるとありました。 信徒ではありますが、まだ本山に行った事がないので、近い将来、帰敬式受式及び、参拝に行きたいと思っています。 この場合、法名は直接本山から頂く事になると思うのですが、いつもお世話になっている菩提寺に「法名を頂きに行ってきます」「法名が欲しい」といった事前相談はしなくてもいいのでしょうか? 法名を内願する場合は菩提寺からの申請とありますが、特に希望しない場合は、相談する必要はないのでしょうか? あと、あるサイトに「自分の名前を一文字入れておかないと、死後、法名を見ただけでは誰なのか分からないので、内願はしておいた方が良いかもしれないです」とありましたが、やはりそうなのでしょうか? 私は今のところ独り身なので、合同墓地を希望しています。 家の墓はありますが、将来的に兄家族が入ると思うので、私は入れないと思いますし、仮に入れたとしても入る気はありません。 なので、法名で「この人誰?」といった事にはならないと思っています。 法名について深く考えた事がなく、無知で恥ずかしい限りですが、ご教示いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 3

お金が無く火葬しか出来ず未だに戒名お経もできません。

初めまして。よろしくお願い致します。 昨年実の父が102歳で他界しました。長い間の寝た切りの介護の 末老衰でした。その間の介護費用はかなりの出費で私は 苦しんできました。私も15年前に主人を亡くしており 不動産はありますが、年金の現金がなくほとんど父の 入退院などと自宅介護費用に消えてしまいました。 高齢ですし準備をするにも月1万円の貯金もできずに 20年間介護をし続けました。しかしお金以外は苦痛でも何でもなく 辛いと思った事もありませんでした。 むしろ介護中から父はもう世話になるばかりで長生きしすぎた とすまない、申し訳ないを繰り返すばかりでもしもの時には もう昔のような葬儀は行わないで家族3人(孫、ひ孫)で送ってほしいと 言われ続けていました。又高齢なのに「これからはそんな時代だから 気にしないで」と言われ続けましたがいつもそれを聞くたびに泣くばかりでしたがとうとう旅立ってしまいました。 本当にお金はすっからかんでしたので火葬だけで済ませましたが お住職さまを呼ぶお金も枕経も戒名もなく未だに遺骨だけです。又 余りの悲しみに欝状態になり寝込んでしまいました。 それでも日々お経をあげてあげたい戒名も付けてあげたいと思い つづけています。49日をしないと故人が迷って次の世に行けないという文などを読みますと涙がとまりません、ご先祖様の中で窮屈な想いしてるだろうと想うと情けなく可愛相でしかたありません。 そこでお尋ねします。本当に父は成仏していないのでしょうか? 私は住居にしている不動産維持のお金に消えてしまう 生活費だけでも今は苦戦しています。 又これからお金もないし父は浮かばれるでしょうか せっかく立派な先祖を 自分が立ち切ってしまった無念さで一杯です。 私自身は「真言宗」でしたが実家は『曹洞宗」でした。 知り合いもなく曹洞宗とは一体何をどうすればいいのでしょうか? これまでの不義理を戒名とお経をしていただくのに3万円ほどしか 今はありません。納骨の費用も捻出できません。 今私が出来ることを教えていただけないでしょうか? お線香をあげて貧乏で待っていてと言うばかりです。 曹洞宗はどのようになっているのでしょうか?どうすれば 成仏して先祖のもとにいけるでしょうか教えて下さい。 ご指導下さい。よろしくお願いします。お願いします。助けて下さい。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る