お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

絶望を受け入れられません

現在56歳。大学卒業後、大手上場企業に就職したものの、39歳の時に倒産。その後零細会社で16年勤めたが、経営者の都合で破産。55歳で仕事を必死に探したが、1件目は前職と同業界の会社で6か月でいじめにより退職、2件目は全く畑違いの会社に正社員で入るも、向いていないといわれ3か月で退職。ハローワークへ通い詰めたが、条件にあう正職は無いですと言われ、6か月前に今の嘱託社員でパートのような賃金で働いてます。まわりは、私と変わらない歳で、絵に描いたような富裕人生をおくっている人がすべて。何万回、どうして自分の人生はと悔いても、何も悪いことせず学生時代もまじめにやって大きな会社に入ったのに、普通なら部課長にはなっていたのに、退職金も企業年金もバラ色の高齢者人生にむかえるはずだったのに、この理不尽さが受け入れがたく絶望がぬぐえず死にたい。となりの芝生は青いなどのレベルではない。夫婦ともだおれで死ぬしかない。神様を信じて過去は信心してきたが、答えは神はいない。理不尽すぎる。人生はどんな人も悪いことと良いことはイコールなんて嘘。苦労せず人生すごせる人はたくさんいる。うかばれず終わる人がいる。死にたい。

後悔・自己嫌悪
有り難し 8
回答 1

質問投稿日: 2018年11月30日 23:04

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

輪廻

おにぎり様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

拙生も若い頃には思い浮かべていた人生がありましたが、まあ、そう思い通りにはならないものであります・・

しかし、仏教を修させて頂いていくうちに、自分の人生は何もこの一生だけで完結するものではなく、遠い昔の過去世から繋がり、そして、また来世、来来世へと繋がってゆくものだという、長いスパンから、今のありようを捉えていけるようになりました。

まあ、この世が苦であることは、皆、大してそう変わりはないものであり、輪廻の中でまた来世も、そのまた先もずっと苦しむことになるのかと思えば、その方が、相当に憂鬱な感じに・・

この世で多少は世俗的な楽、幸せがあったとしても、そんなものも所詮は夢、幻のように儚くそう頼りにはならないもの、そうではなく、仏教の修習を進め、究極的な楽、幸せとなる悟りを目指さなければと思うところとなって参りました。

もちろん、この今の人生をどう生きるか、ということにも仏教は大変に役立つものでございます。

是非、これを機会に仏教に触れて頂ける機会を増やしていって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

さっそくお言葉いただき誠にありがとうございます。御坊様の教えもわかるのですが、俗世に生きる凡人には今世の暮らし向きの天国と地獄しかわかりません。いつも思うのですが、過去世が罪深いから今世は苦しい人生とか実感できれば我慢、学習しようと思う。でも自分の過去とか未来の輪廻はわからず、今世の理不尽さしか体感できないので、そうした達観したものを持てるようになれなく苦しいのです。

「自分を許す・認める・受け入れる」問答一覧

「自分を許す・認める・受け入れる」問答一覧をすべて見る
関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ