お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

祖父の死について(あまり立ち直れていません)

昨年の1月に母方の祖父を、9月に父方の祖母を亡くしました。
どちらも本州なので遠隔地ではありましたが葬儀には無事いけました。

今月、母方の祖父のほうの一周忌の法要がありました。幼い頃は本州に住んでいたため、祖父母の家へよく遊びにいきましたし、とても可愛がってくれていたのを覚えています。就職した時もとても喜んでくれて、電話もしてくれました。
葬儀の時はショックすぎたのか、あまり泣けませんでした。冷たい人間かと思われるかもしれませんが、葬儀や法要といった場は緊張してしまいうまく感情が出せないです。火葬・収骨の時はなんかテレビドラマを見ているようでした。

葬儀ではロクに泣かなかったくせに、今現在、一人になったり気が抜けるとすごい泣いてしまいます。昨日法要が終わってすぐ飛行機で北海道に帰り、両親が暮らす札幌にいたのですが、昨日はずっと泣いてて頭が痛くなりました。

今年は転職をしようかな、と考えていたこともあり、考え事が重なってしまったのかもしれません。
それに向けて予定を立てていましたが、まともに考えることができず予定をキャンセルしてしまいました。

1年も経つというか、だいぶ時間が経ったと思ったのに未だに辛くてたまりません、むしろ1年経って実感したのかもしれません。いつまでも泣いてばかりで亡くなった祖父にも申し訳ないです。
落ち込んで頑張れない、弱い自分が嫌になります。それでも勝手に涙がでてくるし、何かやろう!と思っても気が乗らないです。それでまた自己嫌悪に陥ってしまいます。

だめな状態の自分をなんだか許せないです。情けなくなってしまいます。
受け入れるべきなんでしょうけど…。

やはり家族や話せる人に話した方が良いのでしょうか。一人でずっと抱え込んでいるのは良くないなと感じてます。
1年経ってようやく実感が湧いて落ち込んでるのは、おかしいことでしょうか。
ただ、母には遠慮してしまいます。
母も父親である祖父を失って私よりもっと辛いんだろうと思うとどうも二の足を踏んでしまいます。

気持ちの整理の方法や元気になる方法などありましたら教えていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お葬式・法事
有り難し 15
回答 2

質問投稿日: 2019年1月13日 16:48

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

藤川 誠海

悲しさも嬉しさも分かち合えますよ!

質問読ませていただきました。

大切な方を亡くされて、とても辛い思いをされているのですね。
心中お察しいたします。

さて、人はとても辛い出来事があると、それをしばらく実感できないことがあります。
それは、日常生活とあまりにもかけ離れた出来事だから、心がどう反応して良いかわからずにとまどっているからかもしれません。
もしくは、その辛さをその場で一気に受け止めると心が壊れてしまうから、自然に心をにぶくさせる自己防衛本能かもしれません。
それは「冷たい人間だ」とかそういうことではないので、どうぞ安心して下さい。

1人で抱えて立ち直れないのであれば、どうぞご家族に相談してみて下さいね。
たしかに、お母さんは果実さんより悲しんでおられるかもしれません。しかし、自分と同じ気持ちの人がいることで救われることもあります。また、果実さんの気持ちを率直に伝えることで「お祖父さんのことが好きだったんだ」と、嬉しい気持ちにもなるんではないでしょうか。

家族というのは、とても大切な存在です。そして、色んな事を話すことが出来る家族がいるというのは幸せなことです。
果実さんの悲しさ、嬉しさ、色んなモノを分かち合い、助け合いながら進んでいってください!きっと、たくさんの幸せに包まれた人生を歩んでいけることでしょう!

5ヶ月前

落ち込むのは当たり前です

果実さん、はじめまして。質問を拝読いたしました。

果実さんは昨年に母方の祖父と父方の祖母を亡くされたのですね。
寂しくなられたことと思います。お悔やみ申し上げます。

さて、果実さんが1年経ってようやく実感が湧いて落ち込んだり、何かやろうと思っても気が乗らなかったりすることは当たり前のことです。また、お母さまなどご遺族に遠慮してしまうことも当たり前です。

では、どうしたらよいのか。

結論から言うと故人を忘れずにいつまでも思い続けることです。
なるべく、故人との思い出をたくさん考えてください。特に楽しかった思い出がいいですね。そして、お母さまやお父さまと故人の思い出について折に触れて語ってみてください。

果実さんが故人を忘れず思い続けていることがご両親に伝わることで、ご両親の悲しみも少しずつ癒えてくるものです。ご両親の悲しみが癒えてくる様子を見ることで、果実さんも落ち着いてくるものです。

たくさん故人の思い出をシェアしてください。そして、いつまでも故人を忘れずにいてください。故人をいつまでも想い続けることを仏教では供養といいます。

5ヶ月前

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ