お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

誰も信用出来ない人間はどうやって生きれば。。

こんにちは。
2回目の利用です。
よろしくお願いします。

自分の行いが帰って来たとはいえ、誰も信用出来ません。
主人は子供達 2人とも引きこもりになっても
全く感心がなく、闘病中でもあるため
魂の抜け殻のような様子で生活しています。

愛情なんかとっくにないけど、情は残っているので倒れていれば看病はしますが、
正直 子供のが大事です。

子供が引きこもりのため、以前から
相談させてもらってる、お寺の住職のお伺いという、占いで見てもらったら、
主人のお付き合いしている女性の生き霊の仕業といわれました。

ご祈祷をお願いしていますが、効果も
それほど期待出来ません。

毎日【オン アロリキャ ソワカ】と7回か、
21回唱えるといいと言われ、神棚の前で
唱えています。

でも日頃の行いのが大事なのは分かっています。
誰も頼る身内もいません。
どうやって生きていけばいいかわかりません。

助けて欲しいとおもう私は駄目な人間でしょうか?

因みに、母子家庭で育ち、いわゆる母はネグレストの状態でいつも「踏まれても踏まれても雑草のように生きて行け」と言われ、
クリスマスツリーもお雛様も洋服も買ってもらえず、大きくなりました。
その母は、私が結婚して、
すぐ認知症を発症して
散々色々な場所や人に迷惑をかけて
今は、毎日デイサービスとヘルパーさんに助けられ生活しています。
一番穏やかな日々を過ごしています。

でも、わたしもそろそろ限界です。

主人の事、子供の事。
精一杯です。

皆 なぜ私を苦しめるのか
意味が分かりません。

どうやって生きていけばいいのでしょうか?
教えてください。

心構え・生きる智慧
有り難し 19
回答 3

質問投稿日: 2019年1月24日 10:12

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

まず自身の心と生活環境の改善を!

きなこさん、こんにちは。

 家庭の大変さ、ご心痛申し上げます。
夫の理不尽さにも負けずに、もう一度夫を受け入れたことに感服致します。しかも癌闘病にもなってしまい、苦労一入です。

 そのような苦労をされているきなこさんだからこそ幸せになってもらわなければなりません。
僧侶の霊視で生霊とかのご指導があったとのことでしょうが、生霊がいようがいまいが、子供を立派に育てるためには、まずは家の環境から整えなくてはいけません。不幸が続く家は見に行くと家相をみるまでもなく、家が整っていません。暗いし湿っています。湿気の家には悪霊が取り付いているといわれても不思議ではありません。まずは明るい家作りを心がけてください。部屋は散らかっていませんか?家族の運気が悪い時は台所がちらかっている場合が多いです。特に子供が荒れる場合は仏壇を祀らず、先祖供養をしていません。病気の家はトイレが汚く臭いです。収入が少ない家は入り口である玄関が散らかっています。そこをまずきれいにするところから初めてください。それだけでも家の運気はあがります。もし悪霊がついているのであれば、家をきれいにすることで退散するでしょう。
 
 簡単な幸せになる方法です。そこから自分の心も明るい気持ちになります。レオンさんが明るくなれば明るい環境にどんどん変化していきます。チャレンジしてみてください。応援します。いつでもご相談を!合掌

合掌

4ヶ月前

まず自身の心と生活環境の改善を!

きなこさん、こんにちは。

 家庭の大変さ、ご心痛申し上げます。
夫の理不尽さにも負けずに、もう一度夫を受け入れたことに感服致します。しかも癌闘病にもなってしまい、苦労一入です。

 そのような苦労をされているきなこさんだからこそ幸せになってもらわなければなりません。
僧侶の霊視で生霊とかのご指導があったとのことでしょうが、生霊がいようがいまいが、子供を立派に育てるためには、まずは家の環境から整えなくてはいけません。不幸が続く家は見に行くと家相をみるまでもなく、家が整っていません。暗いし湿っています。湿気の家には悪霊が取り付いているといわれても不思議ではありません。まずは明るい家作りを心がけてください。部屋は散らかっていませんか?家族の運気が悪い時は台所がちらかっている場合が多いです。特に子供が荒れる場合は仏壇を祀らず、先祖供養をしていません。病気の家はトイレが汚く臭いです。収入が少ない家は入り口である玄関が散らかっています。そこをまずきれいにするところから初めてください。それだけでも家の運気はあがります。もし悪霊がついているのであれば、家をきれいにすることで退散するでしょう。
 
 簡単な幸せになる方法です。そこから自分の心も明るい気持ちになります。レオンさんが明るくなれば明るい環境にどんどん変化していきます。チャレンジしてみてください。応援します。いつでもご相談を!合掌

合掌

4ヶ月前

お子さんが引きこもりとのこと、とても心配ですね。行政や精神科等には相談されたのでしょうか?たとえば下記などネットで調べたら出てきました。他にもあると思います。

http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000040239.html
ご主人が障害を抱えながらもこれまでどうにか生きてこれたように、お子さん達も周りの助けは必要ですがどうにか自立して生きていけるようになれたらいいのですが。
その為にも、支援施設や心理カウンセラーなどの助けを借りてくださいね。
もしお子さん達が発達障害ならどのようなタイプなのかを知ることがとても大切ですからね。
お子さん達がゲーム好きなら、あなたもゲームをしてみてコミュニケーションのきっかけにしてもいいと思いますよ。
とにかく、お寺で占いなどするよりも前にやるべきことがたくさんあると思いますよ。
また、お墓についてはご主人も近くに建てたいとお考えなら、お近くでいいと思います。
もし義理の親御さんが分骨を願えば、叶えてあげてくださいね。
ご主人と同居しているとの事ですが、再婚はしていないのですか?
誠に失礼な事ですが、もしご主人がお亡くなりになった場合、ご主人の遺産や保険金が誰に行くのか弁護士さん等に相談して確認した方がいいと思いますよ。もし愛人といつのまにか結婚していたらあなた達に遺産がいきませんからね。
インフルエンザが流行っていますから、ご家族の皆さん、とくにあなたは気をつけてくださいね。あなたが倒れたら一大事ですからね。

4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お忙しいなか、親切に御回答頂きまして大変感謝致します。

まず、環境を整える
トイレと台所と玄関はまず今まで以上に掃除に努めます。
①問題は主人の、部屋が買い物好きで趣味も多く整頓は自分でする人ですが、埃などは気にならない様子で、掃除はしません。
そして夫婦のコミュニケーションも ほぼ取れないため、やたら入ると機嫌が悪く
汚いままですが、こちらは大丈夫てしょうか?

②先祖供養についてですが、お寺で見てもらったら、両家の〇日と〇日に亡くなられた方の供養が出来ていないので、災いが続くといわれ
御札を、いただき神棚に入れて
毎日お水を、変えています。
主人の実家は、たまに法事をしたりしていましたが、姑との折り合いが悪い事も原因で離婚しているので、主人の実家のお墓参りは今後も出来そうもありません。

そして、私の母は未婚の母のため、実家とも疎遠で、私も母方のお墓参りを、したことがありません。
子供の頃から、お墓参りをする皆様をとてもうらやましく思っていました。

去年 お寺の9月の合同供養祭で、両家の名前で供養はお願いしていますが、そんな程度の供養で意味があるのか分かりませんし、
主人が亡くなってからも、正直 主人の実家のお墓はとても陽当たりの悪くて、湿った暗い場所の為行きたくありません。
一目みて、怖すぎる場所なのです。

許されるなら子供達のためにも、
私達二人のお墓は別の場所に建て子供達がお参りしやすい環境にしてあげたいと今は思っています。

子供の、ためにも色々やってあげたい事がたくさんありますが、お墓についてもう少し教えていただけましたら、助かります。
お仏壇を買ってきて何をまつればいいですか?
あまりに無知でお恥ずかしいですが、今まで
ずっと悩んできたのでよろしくお願いします。
度々お手数おかけして申し訳ありません。

三宅様

丁寧に御回答ありがとうごさいます。子供達は波はありますが、長男は 専門学校へ進む方向で今 動き出しています。少しづつ、外の世界にも興味を、示して現実を考えれるようになりました。
次男もやはり波がありますが、学校へは遅刻など、しながらも行ける様になり、少しづつですが、成長を感じています。

肝心の、夫は最近急に病状が悪化して、
今 歩くのも、ままならず車イスでの生活になりそうです。
これで、愛人に会いに行く事も出来そうでは
ありませんが、本人は相当苛立ちがあるようです。でも 元々の病気が 骨の痛みが伴う癌でもあるので、少し症状が早く出たという事ですが、当人にしたら辛くてたまらないようです。

弁護士さんには、以前から相談はしています。
籍を入れていないので、確認出来る事に限りがあるようですが、子供の権利を守るためにも
出来る事は、続けていくつもりです。

色々大変なことが続き、逃げ出したくなるくらい辛い日もありますが、そんな時は
近所の天然温泉に癒されに行っています。

自分を甘やかす日を作って、子供と元気に暮らしていくつもりです。

この度の、ご縁に感謝します。
ありがとうございました。

「生きること・生きるとは」問答一覧

「生きること・生きるとは」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ