お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

大切なものだけを見よ

寒いですね。
北海道にお住まいのお坊さま、みなさま、どうぞお気をつけてお過ごし下さいね。

最近、近くは良く見えるのに、遠くを見ると物が2重に見えたりボヤけて見えたりするようになりました。先日持病の検査と診察があった時に、主治医にその旨を話しました。年齢的に老眼が始まったのかと思っていたので、そう言われるかと思っていました。しかし、言われたのは“ステロイド剤の長期服用による白内障の疑い”でした。

私はまだギリギリ40代なのに白内障なの?と、びっくりしました。30代で免疫不全の病気を発症してから、ずっとステロイドを服用して病気の再燃を押さえて来ました。病気をやっつけてくれる役目の薬が、まずは私の骨をスカスカにして、今度は目を弱らせているのか…と、少し凹みました。

仕方がないと思いながら、やっぱり悲しかったです。これが私の人生なんだなぁ~と、また思いました。

自分に起こる現象はすべて縁起によるものだと、ハスノハのお坊さま方に教えていただきました。今回のこともそうです。ただ事実としてあるだけで、そこに何ら意味はありません。淡々と受け止めて、お医者様の指示通りに治療すれば良いだけの事。

けれど哀しいかな、私はそこに意味を求めたい。自分に起こる悲しい出来事に意味を求めて支えにしたいのです。そうでないと、頑張れないから。

目が見えにくくなったのは、これからは本当に大切なものだけを見よ!という事なのかな。そう思います。余計なことまで見て心を乱す事なく、穏やかであるために。

そう思って自分を奮い立たせる事にしました。仏教の教えから、外れていますか。
仏教的には、どんな風に考えたら良いでしょうか。教えていただけると有難いです。

心構え・生きる智慧
有り難し 5
回答 1

質問投稿日: 2019年2月9日 7:46

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

老いること、病になることは、仏さまの教え!

ロバ美さん、こんにちは。

白内障、お見舞い申し上げます。辛いですね。
でもロバ美さんの言う通り、老いることも病気になることも、お釈迦様の生老病死の教え通りロバ美さんも病気になったということです。お釈迦様の教えは、そこから何を学び実践していくかを説かれたわけで、そこから同じ病気になった人でも、生き方の輝きさが変わるのです。

心でどう受け止め心の発展につなげるか、そして体で受け止め、今後はどのような治療生活が良いのか?心身二つの面で考え、将来の老死までに、どう充実した人生を生きていけるのか。大切な課題を頂いたのだと思います。仏教書にはその答えがたくさんあります。自分にあった参考意見をもらい、これからの生き方の指針にしてください。

応援します。がんばって!合掌

10日前

質問者からの有り難し - お礼

染川様

ご回答をありがとうございます。

大切な課題をいただいた。
そうなんですね。でしたらしっかりと受け止めて、より充実した人生にしていかなければいけませんね。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ