hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

癌告知を受けた親友の支え

回答数回答 1
有り難し有り難し 12

親友が癌告知を受けました。兄妹みたいに付き合って来た仲なのでどのように接すればいいのかどんな言葉をかけたらいいか悩んでいます。

2019年2月16日 8:18

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

いつも通りに

もし、質問者さんが病気になられたとします。
病気の人だから、病気の人だからと言って特別扱いされたり、変に気を使ってもらったり、今まで通りに接してもらえなくなってしまうと寂しいものではないでしょうか。
まずは、今まで通りの関わりが大事だと思います。

寂しいことはないか
つらいことはないか
できることはないか
手伝えることはないか

尋ねられたとしても「じゃぁ、これをお願い」とも言いずらいものではないでしょうか。
お友達として一緒に過ごしてきた中で、共有し合ったものなどをお持ちになったり、同じく共有できることなどのお話をしたら寂しさを紛らわすことができるかもしれません。

仏教においては病苦を超えるべきことが説かれますが、それはご本人様がそれを望んでいない限りは周りの方が説いても中々耳には入らないものでしょう。

病気の苦しみからの救われというのは、病の中に合って病を厭う心を無くすことです。
私もがんという程ではありませんが、ずっと咳の止まらない風邪が続いております。
病と言いましても一日中、その痛みが続いているというワケではありません。
そのピークがつらいという事がある。
痛みがつらいという事がある。
痛みに関しては現代の医療ではある程度緩和する事もできるでしょうから、痛みを無くしさえすれば病気の苦しみは軽減できるでしょう。
あとは、今までやれていたことが、それによってできなくなってしまう事。
家族を守れないこと、家族を経済的に困らせてしまう事、保険に入っているかどうか。
万が一の時に保険に入っていないのであれば、金銭的な援助も可能な限りしてあげることも大事だと思います。
自分も大変であっても友の為にできる範囲のことをしてあげる。
何の条件付けもなく、ただ、ただ。
「俺にとってこいつは大事な奴。だから、この位はしてやって当たり前。」というところをあなたが考えて惜しみない献身をしてあげてください。
現代はガンを治すことに誇りを持っている医者も沢山います。
お定まりのマニュアル通りの抗がん剤治療で治るか治らないかは本人次第というドライな医療もあれば、患者一人一人に合わせた治療をしてくれる方もおられるでしょう。
ガンを治した実績のある方を調べて紹介するという方法もイイでしょう。
完治されますことをご祈念申し上げます。

2019年2月16日 8:57
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 坐禅会 法話・提唱会 毎週...

質問者からのお礼

丹下覚元様。この度はお返事ありがとうございました。友人は以前から人生を諦めているような発言をしばしばする事があって。友人の親子関係。大切な人との死などが原因かと思います。本人は昔から自分の苦しみ悩みなどを話す事人間ではないので余計に心配です。いつも通り側で素のままの自分で寄り添いたいと思います。ありがとうございました。

「癌・末期ガンと向き合う」問答一覧

癌治療で父親が苦しむ姿を見ていられない

以前も質問させていただいたものです。 また質問内容が似てるかもしれませんがお許し下さい。 私の父親は3ヶ月ほど前に胃がんがわかり、全摘出しました。神経細胞内分泌癌というとてもタチの悪い珍しい癌で、抗がん剤治療を待たずして術後1ヶ月で全身あちこち転移してしまいました。 その後速やかに抗がん剤治療をしましたが、治療するたびにご飯がますます食べられなくなり、やせ細り、眠くて眠くてずっと寝てる状態が何日も続きます。今まさにその副作用真っ只中です。本当に可哀想です。こっちが、声掛けたり励ましたりするのをかえって嫌がるようでそっとしておいてほしい感じです。話す余裕さえない感じです。また今までになかった痛みが出てきたりして本人も不安になったのか、寝てる時も涙をためています。可哀想で可哀想で胸が苦しくて頭がおかしくなりそうです。私は結婚して離れて暮らしてますが、側で見ている母はもっとだと思います。もう辛さから解放してあげたい気持ちと、治療耐え抜いて元気になってもらいたい気持ちが交錯しています。 父の気持ちを思うと苦しくて頭がおかしくなりそうで、何か出来ることはないか、あたふたしてしまいます。が、本人は何も望んでなさそうで、ただじっと、ひたすら耐えています。父の為にと思ってする事も煩わしく思うようです。 そんな父に対して、まわりで介護するものはどんな心持ちでいればいいでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

母の癌…

お世話になります。 昨年末、73歳の母がステージ3の肺癌であることが判明しました。 年明けから、抗がん剤治療、放射線治療を行い、不幸中の幸いで、手術出来る段階まで小さくなったのですが… 母が「手術はしたくない」と言い出して、戸惑っています。 手術したくない理由は、「これ以上体力を落としたくない。これからは上手に癌と付き合い、生きていきたい」と。 内科の担当の先生も、「せっかく手術出来るのに」と説明して下さいましたが、本人の意志は固いようで、何やら吹っ切れたように、逆に元気になっています。 親の病、生き方に関しては、本人の気持ちを尊重すべきで、いくら娘でも、口は出せない、母か決めた事だから…と自分を納得させていますが、「このまま母が弱って死んだらどうしよう」と悪い方にばかり考えてしまい、涙が止まりません。 現在、夫の転勤で県外に住み、地元を離れているため、母のお見舞いに行けるのは週に何日かだけ。 それでも自分なりに精一杯やっているつもりですが、「私が母の近くに住んでたら、もっと早く病に気付けたはず」と自分を責める気持ちが治まりません。 老いていく親の大病、やがてくる死、どのような心持ちでいれば、私自身も心穏やかに過ごせるか、ご教示いただけたらありがたいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る