お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

死ぬのが怖い

今すぐに死ななければならないのですが怖くて死ねません。死後の世界などないのは分かっていますが死ぬのが怖くなくなるような話はないでしょうか。

その他
有り難し 15
回答 2

質問投稿日: 2019年2月17日 18:28

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

吉井浩文

『道理をわきまえる』。

なぜ死ぬのが怖いと思われますか。

私には
『今すぐに死ななければならない』というその考え方じたいが
そもそも怖くてたまりません。

なぜそんな話になるのか。
何があなたをそうさせるのか。

悪いのはひとえさんではありませんよ。
何がひとえさんをそうさせるのか。
そこに原因があるのであって
ひとえさん自身が悪いのではありません。
ということは
『今すぐに死ななければならない』理由は
ひとえさんには無いのではないでしょうか。

別に私は、善意で「死んだらだめだよ」ということを申し上げたいわけではないです。
軽々しくそう答えることは
むしろ仏の道に反してさえいるのかもしれません。

私の宗派では
『物事の道理をよくわきまえなさい』という言葉があるのですが
私はこの意味がなかなか分からなかったんですね。
道理というと、論理とか正しい考え方とかをいうんだろうかと思うところですけれども
どうも違う。

でも今にしてみれば
すごく懐の深い言葉だなとも思うのです。

『物事の根本にはかならず原因がある。』
これを仏教がさんざん口酸っぱくして主張する理由は
ただ単えに

『あなたが悪いのではない』
ということを言いたいからではないかと思うのですね。

誤解も反論もあるに違いない言葉なのですが
(だから仏教は理屈っぽいのかもですが)
私の中ではこれは、究極的な言葉でして

この言葉の為に生きている、と自らを規定して
生活しているのが私なんです。

自己弁護と捉えられても致し方ありません。
でも大事なのは
『死ぬ前に、ひとえさんが「自分の存在を悪いもの」「亡きもの」にしようとする、
その理由が本当に正しいかどうかを
突き止めてからでも遅くない。今すぐということはない。
だまされるなよ。』

と申し上げたい、ということです。
この『だまされるなよ』が、『物事の道理をわきまえなさい』という言葉の
意図なのだと私は信じています。

『今すぐ死ななければ』。
すごく乱暴でプライドの高い言葉だと感じます。
きっと死んでもその自意識の高さは残るでしょうね。
でもそれはひとえさんが悪いのではない。

自分は悪くないのに死んだら
悔しいと思いませんか?

怖さは感じないでしょう。
でも悔しさ、恨めしさはずっと続くに違いありません。

                       南無釈迦牟尼仏 合掌

3ヶ月前

生きてもいいのですよ。
前回のご質問から2年ぶりですね?
まだ他人とのコミュニケーションで苦労していますか?
何か行動されましたか?
例えば下記のような相談サイトもあります。
電話相談も記載があるので相談してみてはどうでしょうか。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ch3/cnt/soudan/index02.html

死ぬ恐怖を克服する前に、生きる辛さを克服する方向に向かってみませんか?

3ヶ月前

「死ぬのが怖い」問答一覧

「死ぬのが怖い」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ