お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

世の中、全て自業自得なのですか?

自業自得なのですか?
何かミスをすれば自業自得と言われることが多いと思います。犯罪とまではいかなくてもそれと同様なことならわかります。
でも昨今では結婚すること、子供を持つことも自業自得だと。
なりふり構わず結婚したり、経済力以上の子供を何人もというなら、あまりにも無計画と言われてしまうこともあるかもしれません。
でも、考えて結婚し子供を授かっても悩みは尽きないものです。
それを自業自得としてしまうのは社会としてあまりにも寂しすぎることではないでしょうか。

世の中・自然
有り難し 58
回答 3

質問投稿日: 2019年2月19日 12:49

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

淨流寺

転落院

摂理を畏れ、摂理に従う

"何かミスをすれば自業自得と言われることが多い"
たしかに、あまり褒めるときには言いませんよね。

"社会としてあまりにも寂しすぎることではないでしょうか"
お気持ちはわからないでもありません。
この【自業自得】という言葉は、世間一般には偏った意味で用いられてしまっているのでどうしてもネガティブな印象を受けがちですが、元来は良いも悪いもなく、ごく普通のいわゆる自然の摂理、自然の道理の事です。

【自業自得】を畏れるからこそ、悪い行為は慎もうとする。また【自業自得】に従って、おもいやりを込めて他人様のお役に立とうと尽力することで、自他ともに苦悩を離れ、いよいよ安楽を得ていく道を教えているのが仏教です。

アンパンマンの作者・やなせたかし氏は、
「人生はよろこばせごっこ」とおっしゃったそうな。

願わくば、自業自得の道理に則って、相手を喜ばせ、喜ぶ相手を見て自分もまた喜ぶという世の中になっていってほしいものですね。

2ヶ月前
回答僧

大忍貫道

自業自得は自己責任と同意義でしょうか?

ご質問を読ませて頂きました。
確かに少し寂しい気がしますね。おそらく、自分と他者に絶望的な断絶があるのだと思います。でも、密接に他者と関わると他者の中に自分を見ることがあります。そうすれば、他者を切り捨てることなく、気持ちを寄せることが出来るように思います。

一方で、自分自身に対してですが、私は起こった出来事の責任を自分に帰するような生き方をしたいと思っています。
私は住職をしていますが継ぐ時はとても悩みました。お寺は過疎地ゆえ先細りすることが目に見えており、暮らしていけるか分からないと思ったからです。それでも檀家の皆さんのお寺を守って欲しいという思いに応えて決断しました。しかし、現実にはみんな次々と都市部に住まいを移し、檀家をやめていきます。
でも、それは檀家だった方々に「私じゃなくても良い。」と思わせた私の責任であり、お寺の住職をする以上、お寺に関わる様々な出来事に思い悩むのは住職を務めるものとしての責任です。
その責任を他者に転嫁してしまうと周りや環境を呪う事になってしまいます。
家族を持つことも同じかもしれませんね。
家族がイジメやハラスメントを受けたら、悪意を持つ相手が当然悪いです。でも、その事で「思い悩む事」は家族を持つ者としての責任ではないでしょうか。

2ヶ月前

善い業を積むために・・

ささゆり様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「自業自得」というのは、本来はもっと深い意味がある言葉となりますが、その意味を考えずに何でもかんでもを「自業自得」と片付けてしまおうとするのは、やはり軽率なことになるかと存じます。

一切は、因縁(原因と条件)により成り立ち得るところとなっており、その中において、「自業」も含まれるところとなるのであります。

それも単純なものではなく、色々な因縁のめぐり逢いによるところにて、「自業」だけで、それがすぐに結果と結びつくようなものでもないのであります。

ただ、我々の業は、なかなか善い業とならないのは現実としてございます。

大抵の行いが、無明(根本的な無知)、煩悩による行いとなってしまっていることが多いからであります。

そこを仏教により、智慧や慈悲による行いとしていければ、善い業としてゆくことができるものとなって参ります。

是非、仏教を修していって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

私の悩みにお答えいただき、ありがとうございます。
拝読させていただきまして、世間一般で使われている悪い意味での「自業自得」ということに私は囚われてしまっていたのかな、と思いました。
元来の意味での「自業自得」を肝に銘じて過ごしていきたいです。
心が軽くなりました。ありがとうございました。
上手く言葉に出来ませんが、とても救われた気持ちでおります。

関連する問答
このページの先頭へ