hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お寺を辞めなくてはならなくなった、今後の身の振り方

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

おぼうさんにはなったものの
https://hasunoha.jp/questions/28997
もご覧いただくと前の話が分かるかと思います。

昨日師僧であり、実家の寺の住職であり、本山の貫主でもある偉大な坊さんである父と腹を割って話をしました。

父は73歳になりますがもう白内障で他にも体にガタが来ていて、なんとか二つの大寺を兼務している状態です。他にも保護司の仕事も抱えていて本当にかわいそうなくらい忙しそうです。

本当は父が2003年に本山の貫主になった時に、私は実家の寺を継ぐべきだったのですが、そのころ心の病に倒れまして入院、以後現在まで17回の入院を繰り返してしまいました。

ここ最近は安定してきていて、入院には至っていませんが、薬で心の波を調整したとしても、それでも波はあって頓服が4種類あるのですがそれで操ったとしてもそれでも波があります。

私の病気は一つ一つは軽いのですが複合して重い障害になっている感じです。統合失調症・双極性障害・ADHD・ASD・不眠症・依存症など心の病気のデパートです。それを薬を飲んだり、仏教を学び実践したりして、直しています。

昔のお坊さん仲間もたくさんいますが、本当に信頼できる人とだけ連絡を取り合っています。それで、父が体力的な限界から寺を辞めると言っています。そうすると、いまだ休職扱いで寺からお給金と米他をもらっていますが、(他に障害年金も)その暮らしは維持できなくなります。

父との残された時間で何ができるのでしょうか?また今後私はどう生きていけばいいのでしょうか?所属寺院なしでお坊さんになることはできるのでしょうか?私は元時宗の寺に生まれましたので掛堂して時宗宗学林で学び直したい気持ちもあるのですがどうでしょうか?浄土宗ではかなり修行して更にお坊さんになってからも研鑽を積んできましたが、それがこんなことになって残念です。

佛教大学の通信教育学部でまなぶとか、西山短期大学で学ぶとか、浄土真宗本願寺派の中央仏教学院で学ぶとか時宗宗学林で学ぶとか仏教の勉強は続けたいです。そのためには経済的に安定していなければ無理です。

もう自己破産して生活保護を受けるしかないのでしょうか?自己破産するような借金の額ではないのですが、まず月66000円では暮らしていけません。今後、食べていくためにはどうしたらいいでしょうか?

2019年3月12日 6:02

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お檀家様のためにより適した僧侶にお寺を継いでもらうのが本来の姿だと思います。
その上で、あなたがお寺のために、お檀家様のためにできることがあるなら、お寺を継いだ僧侶の下で仕事をしてはどうでしょうか。
また、学校に行かなくても勉強はできます。
お寺にはたくさんの本があるでしょうし、図書館で借りてきてもいいでしょう。本を読んで勉強して、分からないことは父や友人に聞いたらいいのですよ。
障害年金が貰えるなら貰いましょうね。
今後の生活やお金のことは父と落ち着いて相談するのですよ。何事も何か道があるものですからね。
ところで日常勤行はちゃんと続けていますか?
たまには父と一緒にお勤めくださいね。
南無阿弥陀仏

2019年3月12日 12:02
{{count}}
有り難し
おきもち

私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

まずは荷を降ろしてゆっくり休んでくださいね

拝読させて頂きました。あなたのお辛い状況やお父様のことやお寺のことを読ませて頂きました。
何事も一気に解決するわけにはいかないかと思います。あわてずに一度立ち止まってみて考えてみましょう。
お父様やお母様やご家族の皆さんも一度思い荷物を降ろしてみて、それから今までたまった疲れをほぐして下さいね。
そしてお互いがお互いを尊重していたわり合うことが何より大事なことかと思います。お互いそれぞれがかけがえのない存在であることに変わりはありません。
今までの沢山の苦労も含めていたわりながらゆっくりお向き合いなさって下さいね。
人生は長い道のりですからあわてずにあなたの生き方やお父様の生き方やお母様の生き方を見直してみてそれぞれに心ゆたかに生きられる道をじっくりと探してみて下さいね。

必ず道は開けます。

あなたは仏様や沢山の先人の方々やご先祖様にいつも守られているのです

再度拝読させて頂きました。
そうですか…あなた自身の人生ですからね、それぞれに与えられた生命や出会いや志すところがあると思います。あなたにはこれからも沢山の出会いがあるでしょうし、道があるでしょう。
あなたの思う道をあわてないでじっくりと歩んで頂きたいと切に願います。
いつかまた共に精進させて頂くご縁もあるでしょうからね。その時はどうぞよろしくお願い申し上げます。

いつ如何なる時でも阿弥陀様も法然上人も一向上人もあなたをお見守りなさっていて下さるでしょうからね。
いつかまたお父様やお母様とも再会なさり倶会一処となりますからね。
あなたやお父様やお母様がこれから心安らかに生き抜いていかれますようにと切にお祈り申し上げます。
至心合掌 南無阿弥陀仏

おそらくいつか必ずあなたの存在やお力によって救われる方々がいらっしゃると思います。どうぞこれからも前向きな姿勢で適度に頑張って下さいね。

2019年3月12日 13:43
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

三宅師
的確なアドバイスありがとうございます。先のことはわかりませんが、新住職の元で役僧として尽くすことが自分の使命だと決意いたしました。父は反対ですが、反対を押し切ってでも、やりたいと思います。本当は長文書いたのですが投稿できなかったので結論だけ申します。

南無阿弥陀仏

一向寺様

本当は同じく長文書いたのですが、投稿できなかったので、端的に。
父の生き方母の生き方私の生き方三者三様に別れる時が来たようです。
今生の別れは一生の別れではありませんから、あまり悲しくはないのですが、
寂しくはあります。残り少ないいのちを大切に生きたいと思います。
お釈迦様から高祖善導大師そして元祖法然上人そして開山上人を通しての血脈と私の先祖を大事に思い、倶会一処を願って筆を置きます。ありがとうございました。

南無阿弥陀仏

今日病院のデイケアで相談し、診察日だったので主治医にも伝えました。その決意を忘れるんじゃありませんよと言われました。またそのために今何をするか決まりました。3つのことやれば大丈夫とデイケアスタッフも主治医も言ってくれました。病院のデイケアに毎日通って生活リズムを整える。ヘルパーさんを入れて単身生活を整える。薬を調節しながら心を整える。の3点です。これを1年間続けて次の段階に進めるのではないかとのことでした。坊さんとしてちゃんと収入を得て生活したいとの強い思いがあればきっと道は開けるから大丈夫、こちらも全力でサポートするからと言ってくれました。そうですね。三宅師の言われるとおり今後のことは師僧である父や法類である叔父や周りの組寺のお坊さんやいろいろな人の意見を聴きながら決めていきたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

一向寺様
温かい言葉ありがとうございます。父と母と私は今生では別れることになるでしょうが、後生ではきっと倶会一処となるでしょう。寺を完全に出た後、それぞれの道を歩み、別々の墓に納まることになるでしょう。父は自坊と本山に母は出身の寺のそばにそして私はどこかのお墓に納まることになるでしょう。父の葬式も壮大なものになりそうですが密葬だけ私が出して、表葬は祖母の葬式がそうだったように大本山導師で新住職が出すことになるのでしょう。本当は父が祖母を送ったように遺弟として、私が出すべきですが、その経済力は今の私にはありませんから。(祖母の葬儀には700万かかった。すべて寺からではなく家から出した。)父の密葬のお金も貯めなくてはならないしいろいろあっていばらの道ですが、お言葉通り焦らず着実に毎日をきちんと過ごしたいと思います。頑張りすぎないように頑張ります。ありがとうございました。

「お寺で働く」問答一覧

実家の寺院を継いだ発達障害の兄について。

当方、40代の既婚女性。(子供なし、夫と2人暮らし。) 数年前に住職であった実父が死去、兄が後を継ぎ母と姉が寺の雑務をしています。(兄と姉は独身。50代) 近年、母が高齢になり一抹の不安が自分の中に渦巻いております。 現在の状況を整理しますと↓ ・兄と姉は発達障害で社会人として外部で働くのがシンドイので、寺で働かせてほしいと自ら申し出た。(母から聞きました。) ・それなのに兄と姉は折り合いが悪く、兄は寺の業務が終わると一人暮らしのアパートに帰宅。(本来なら住職である兄が寺に住むべきだと思うのですが。姉と生活を共にするとトラブルになるのが嫌なようです。) ・亡くなった実父も発達障害でかなりの変わり者。  兄とのコミュニケーションも苦手でした。 ・拝観寺院で檀家は十数件ほど。兄は几帳面な性格で住職として職務には忠実ですが、喜怒哀楽が乏しく愛想や日常会話が苦手。 また芸術関係の趣味があり個展などを開催してるが、そっち方面の収入はほぼなし。 ・姉も几帳面だが自分の思い通りにいかないと癇癪を起す。  上から目線のモノの言い方が多い。 悩みの種は兄と姉の不仲です。日常も寺の業務関係以外の会話はせず、食事も共にしません。(同居は不可能・・というか、しないほうが賢明です。) さらに困ったことに兄は本職である住職ではなく、趣味の芸術関係で食べていきたいと言い出しています。20代の頃からの夢のようですが何歳になっても諦める気配はないようです。 姉も何年も前から「一人暮らしする、いずれは出ていく。」と口先ばかりで、 自立する様子はありません。 2人ともお寺に育った有難さを全く理解しておらず、どうしたら今の立場や自分の人生設計を見通しさせることができるのか?悩んでいます。 (母が亡くなったら助言できるのは自分しかいないので。) また、お寺の住職というのはサラリーマンのように中途退職できるのか? (宗派によって違いはあれど) 発達障害という特性上、難しいと思いますが回答いただけたら有難く思います。

有り難し有り難し 16
回答数回答 3

お寺のお仕事…

こん○○は。私の友人の僧侶のお話です。 とあるお寺に新卒で入社しました(修行僧として宗派の定める最低限の修行を終えてから。)求人票には大卒正社員僧侶18万円〜と書いてあったそうです(私も実際に確認しました。)が、実際にそのお寺で職員として勤めだしたら、はじめの半年間10万円、雇用保険、労災等にも入れない、給料は封筒に入れて現金だけ手渡しで給与明細すら出さないという実態、さらに友人が言うには事情でどうしても休まなければいけない時があったというので、住職に相談して休みのことを言うと(友人の説明には親戚が亡くなったとのことでした)そこで休む分を次の休み働いて振替しなさいとのこと… 雇用契約書もない、このような酷い労働条件、法律すら守れない方がお坊さんと言えるのでしょうか?数年前某有名寺院がブラック企業ランキングに入っていたり、暴力事件で話題になったりしていましたが、このような実態に対して、皆様のご意見が知りたいです。困った人を助けるのがお坊さんのお仕事なのに、これでは困った人は余計困ったままです。友人曰く、若いものはうちにいるだけで勉強になるのだから、金なんていらない。と住職の方に言われたとのこと。人がいないから求人票を出しているのに本末転倒だとおもいます。 このような人を僧侶として認めてしまっていいのでしょうか? お坊さんという人々を見る、世間の目と私の目が変わってしまいそうで怖いです。

有り難し有り難し 209
回答数回答 2

費用のこと

今年で19歳になります。 今秋、臨済宗のとあるお寺のスタッフになる予定です。気になることは一通り住み込み先のお寺の住職さんに聞くつもりですが、こちらのサイトを見つけたので先にいくつか質問させてもらうことにしました。 修行僧として修行をするのにかかるお金についてです。 僕はあくまでもスタッフなので、修行僧らしい服装や物の用意は特別必要とされていません。 しかし、僧堂での修行を望む場合は、僧衣などの僧侶の持ち物が必要になることと思います。修行僧の方々は、それらをどのように入手しているのでしょうか。 まとめます。 ①僧侶としてお寺や僧堂で修行をする際に必要になる物品にはどのようなものがあるか。 ②また、それらの入手について。自力で購入、支給でもらうなど。 ③そのほか、出費。(漠然としていて申し訳ないです。) 今回、臨済宗のお寺へスタッフとして住み込む志願をしたのは、仏教や僧侶についてより深く知りたいと思ったからです。今は想像がつきませんが、これをきっかけに仏道を志すということあると思います。 しかし望んだとしても自分の身一つ、無一文でそれが可能とは到底思えません。実際、どうなのでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

皆さんの 継職 の時のことを教えてください!

今回で3回目の質問になります。 私の事情や性格などは、プロフィールや以前の質問、頂いた回答へのお礼文などから推測してください。 お手数をお掛けして、申し訳ありません。 さて… 皆さまのご協力で、少しずつですが、現在の自分の不安や心配。 今の自分に出来そうなことが、朧げながら見えて来ました。 本当にありがとうございます<(_ _*)> 今回の質問です。 人それぞれ、事情も環境も様々なことは承知の上で、また、ネットに記載出来るだろう個人情報の観点もあるかと思いますが、それを押して。 お願い致します。 皆さんが、継職された当初の不安や問題点を教えてください。 特に、婿養子で寺院に入られた方。 実家から距離を置いていたものの、結局、継ぐ決意をした方からの回答を望んでいます。 父は、実家よりは小規模の(詳しくは私も聞いていないのですが)、実家よりやや格式の低いと思われる、家庭環境も複雑だったような寺院(?)から、婿養子としてやって来ました。 弟は、現在、他職業(母と同種)をしています。 ようやく、将来の継職を決意してくれましたが、小学生の頃に得度しておいた程度で、姉の私には、どれくらいの意識や知識があるのか、実際には分かりません。 弟は継職の決意と共にでしょうか? 一般家庭の方(弟と同職業)とご縁を結び、籍を入れて、現在は別世帯で少し離れて暮らしています。 私は長女で、昔から、父によく似ているとも言われてきて。 先日、父からも「お前は本当に、自分によく似ている」と言われてしまいました(苦笑 今までの、自分なりの整理で気づけたことは、今まで、私や父が、頑張り過ぎて、だいたいのことを一人で決めてこなして来過ぎたのでは無いかということです。 そして、私は自分の、突然の脳の病気発症で、家族や今後の寺院としての在り方に、不安や恐怖を抱き過ぎているのでは無いか… その為に、この場をお借りして、自分自身や家(寺)の在り方の整理をさせて頂きたいと思っています。 まずは、父へ、手紙を書きたいのです。 その為に、父を… 出来ればこれからの弟のことも。 理解する手助けとして。 皆さまのお話を、聞かせてくださいm(_ _)m

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

庫裏 坊守 寺族 の務め

弟は今月、結婚と経職表明を行いますが、現在は一般の仕事をしていて別個で暮らしています。 今はまだ、継職を決意してくれた弟や現住職の父との間で、どのような話し合いがなされているのか、私には分かりません。 父は一応 婿養子ですが其れなりに本山や県内でも立場を作り上げて“住職”を勤めて来ました。 実家に生まれ育った母は一般の仕事をしてきて退職した後も、育った環境としての寺族の認識と対応はこなすものの、家事などのほとんどは私一人がやってきてしまいました。 一般家庭から嫁いで来てくれる義妹さんにとって、何が不明で何をすべきか。 寺院の内情とは明らかな格差も大きいと思います。 生まれ育った私たちも、お互い、“家族”という立場に甘えて、寺院の存続や役割りについて、互いの認識の確認などを怠ってきてしまったのではないかと不安です。 ↑今回の質問の意味や私の現状はプロフィールに記載しています。 義妹さんへの伝言の意味も含めて、こちらで質問させてください。 以下は、今の私なりに整理した内容ですが補足やアドバイスなど、現在寺院経営に携わっていらっしゃる方からの様々な見解やご意見をお聞きしたいです。 皆さまのそれぞれのお立場からの言葉を元に、自分なりに整理して、家族や義妹さんへ伝えていけるように努力します。 後は、他の方の質問への手助けにもなれば良いなぁ… ※来客管理や対応(いつ誰が来るか分からない) ※法事や行事などの準備・取り仕切り ※地域住民への対応 ※敷地内や家内の掃除(一般家庭よりは遥かに広い) ※頂き物(食材・お中元・お歳暮・お菓子・お膳etc.)の処理,保存管理,お礼etc. ※住職のサポート(スケジュール管理・体調管理など) ※寺院と各協力機関・関係機関との連携サポート ♯敷地内の掃除や行事などは、婦人会や総代会,門信徒(檀家),地域住民の方々の御協力で成り立っています。 要はそれら全ての間に立って調整していくのが主な仕事と言えるかもしれません。 ↑書き出していて気づきました! 直接、本人たちに伝えられなくても… いつか… 此処に辿り着いてくれて、これが役に立ってくれたら嬉しい。 表の立場の人たちにも、裏の仕事を分かって貰いたい… ただの自己満足で我儘かもしれませんが… ごめんなさい。 今の私の精一杯です。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る