hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

今を大事にすることと先の予定

回答数回答 4
有り難し有り難し 94

今、目の前にあることを大事に生きる。
生きることは、常に死と隣り合わせだと気付かされました。
でも明日の予定、来週の予定、1年後の予定…など、あるかどうかわからない先の日々に対して準備もします。
すごく矛盾していると感じます。
特に、子育てに関することでこの矛盾を感じます。
どのように考えれば、今と未来が両立するのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

【已今當】過去、現在、未来

”すごく矛盾していると感じます”
あまり難しく考えないで。

ン十階建ての超高層ビルも、1Fが無ければ立っていられません。
樹齢ン千年以上の大木も、根っこがなければ立っていられません。
学者、技術者、スポーツ選手、、、どんなにすごい神技もどんなに広く深い知識も、圧倒的な基礎の上にやっとそれが成り立っているわけです。

先を見通して計画的に物事を進めていく事と、いたずらに将来を不安がることは別物ですよ。どんなに遠い未来も、結局は今ココの積み重ねであって、一足飛びに思うような結果は出るもんじゃないよ。と仏教は教えています。そして、もし過去に囚われすぎて後悔の念に取り殺されそうになったり、未来に囚われすぎて不安に押しつぶされそうになったりした時には、必ず今ココに戻ってきて、足元から確認しなさい。仏教はこのように教えています。

{{count}}
有り難し
おきもち

【公認心理師】 【レンタルお坊さん】活動中。 とりあえず何でも相談して...
このお坊さんを応援する

永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ。

これは英語のことわざです。
今を楽しむことと
将来に備え頑張ることは
確かに行動の内容が違いますが
全然矛盾していません。
いつ死ぬか分からないからこそ
今を楽しみ
将来にも備えるのです。

例えば
受験勉強ばかりで
高校生でしか味わえない生活を放棄していたら
志望校に受かればまだ報われますが
もし若くして死んでしまったら
充実した一生だったと言えるでしょうか。
逆に
高校生生活を刹那的に享受していたら
将来とんでもなく苦労することは明白です。

今現在と未来とは両立できるし
させなけらばならないものなのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

『吉祥経』に答えがあります

 漢訳されずにパーリ語で遺っているお経『吉祥経』には12個?10個?の吉祥なことを挙げていますが、その一つに「準備すること」があります。

 過ぎ去った過去のことやまだ来てもいない未来のことをあれこれ思い煩うのは心で行う悪行為であり時間の無駄にしかなりませんが、

 今の自分を起点にして将来に備えて準備することは、吉祥なこと、善行為の一つなのです。

 例えば、将来のために、今、勉強する。明日の試合のために、今、練習する。

 授かった子供が良き人間として世に出るために、善悪の道徳を教えてあげる。その子に必要な技術や学問を教えてあげる。

 衰え行く自分の老後のために、今、貯蓄する。死を穏やかに迎えるために、今、心を清める。などなどです。

 訓練とか学びとかは、皆、準備することの仲間ですね。そのような気持ちで自分や家族の将来を考えるのは、「未来はまだない。今だけ」とは意味が違って、将来に備えて、何が起きても良いように、今、鍛錬する、準備するという意味の吉祥なこと・善行為になります。

 スマナサーラ長老が和訳して解説しておられます。日本テーラワーダ仏教協会のホームページなどから探してみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

初期仏教というか仏教本来の教えを学びつつ、その在家信者のあり方から見た日本...
このお坊さんを応援する

一日一日の大事に積み重ねましょう

現在何事もなく生きていることが、今後も不変に続くとは限りません。それは老若男女、身分立場の区別なく、生ある万物はいずれ死に到るものです。「人身受け難し」というように人に限らすこの世に存在するものは必然性より生まれたものではなく、奇跡の連続によって生まれたものなのです。当に「有り難きこと」であり、「尊きこと」なのです。人は今置かれている自分の立場に応じて良くも悪くも自分の将来を案じますが、何人でも実は一分一秒の先も知り得ぬものです。つまりは自分勝手な「計らい」によってみずから迷い苦しみを想定し、導かれていくのです。生きるということは楽しい事よりも辛く苦しいことの方が多いと思います。しかし生有る限り生きていかねばなりません。
「一大事とは只今の事なり」という格言があります。一瞬の一時すらも疎かにぜず、今自分が出きる最善とは何かを常に心の拠り所として、一日一日を積み重ねて暮らしてみては如何でしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

転落院様

御返事ありがとうございます。
過去の後悔、未来の不安、生きている間はどちらもなくなりそうにありません。
自分自身のコントロールが一番難しいです。そんな私がお母さんをしてていいのかな、子供たちに申し訳ないなと思うことも多々あり、わけがわからなくなるんです。
必ず今ココに戻り足元を確認する。
煩悩にのみこまれそうになったら、今ココを確認します。
解りやすい仏教の教え、よりよく生きる智恵をまた一つ教えていただき、ありがとうございます。

和田様 

いつ死ぬかわからないからこそ、今を楽しみ、将来に備える。
御返事をいただいてから、何が自分の中でひっかかっているのか考えています。長男はたくさんの予定を残したまま亡くなりました。その中には楽しい予定もあったのに。なぜ?
ふっと、この答えのない、なぜ?にはまり、脱け出せなくなります。どうしようもなく煩悩だらけです…。
矛盾を感じる自分も受け入れながら、先の日々のためにも、今を大事に生きるよう努めます。
御返事ありがとうございました。

藤本様

御返事ありがとうございます。
テーラワーダ仏教、初めて知りました。ホームページもみました。
準備することの中身が、本物の善行為になるのか、吉祥なことなのか、自己満足だけの準備にならないよう、日々の生活を大切に過ごしたいと思います。
テーラワーダ仏教、またたずねてみます。ありがとうございました。

寶川様

御返事ありがとうございます。
ストンと心の中にお言葉が落ちてきたような感じです。
今自分が出来る最善とは何か、
常に自分自身の存在が誰かのために、何かのために役立てるよう、今を大切に生きていきます。

今ココの積み重ねが、先の日々に繋がっていること。あれこれ思考に捕らわれず、私をワタクシしないで目の前にあることを大切に生きるよう努めます。
ハスノハの皆さま、ありがとうございます。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

人生後半戦の生き方

久々にご相談させていただきます。42歳になり、遅ればせながら授かった子供を育てつつ復職し、日々ドタバタながら楽しく過ごしています。 産前はなんとなく、仕事はある程度やり切ったな〜という気持ちもあったのですが、不思議と今は、社会人として人としてもっと成長したいという意欲でいっぱいです。人生後半戦ということで、生きる心構えについてお聞きしたいです。 先輩から、何歳までにこうなってやる!と目標を立てて、逆算して行動する大切さを幾度も説かれてきました。ただ自分は、これまで公私共に大きな目標はなく、常に、その時その時、自分がしたい事、成し遂げたいことにまっしぐらに進んできた、という人生です。その結果今があり、不思議とあまり後悔はしていません。 人生後半戦も、このようなスタンスで生きていいものでしょうか。それとも、これからはある程度大きな目標を持って進んだほうがよいのでしょうか。 これまで運やご縁、もしかしたら若さと勢いでなんとかしてきたので、難易度が上がる今後も自分の生き方がこれでいいのか、それとも着地点めがけて頑張った方がいいのか悩んでいます。 ご教授いただけますと幸いです。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

『今』を生きる事に集中したい

幼い頃から負の情報にとても影響を受けやすいです。 家族間や学校、職場での出来事はもちろん、特にメディアでの情報やニュースにはとても敏感です。 東日本大地震で被災してからは更に過敏になったように思います。 戦争や災害、陰謀論、気候変動、ワクチン、政治問題など。 こればかりは自分の影響力の範囲外の事ですし、先のことは誰にも分からないので悩んでもしかたない事だと理解はしているのですが怖くて苦しくて潰れそうになります。 そういった情報が目に入らないように使用機器の設定をしたり、テレビをつけずに過ごしたりと対策はしているのですが、たまたま目に入ってしまった時に呼吸が苦しくなってしまうのです。 恥ずかしい話ですが、北朝鮮のミサイル発射の速報を見て小学校や中学校だけでなく仕事を休んでしまったり、公共交通機関に乗れなくなったこともありました。 共感疲労というのでしょうか。 いつか家族が、愛する息子が、自分が、と次々に想像してしまい止められません。 そして実際に家族を失ったような喪失感に襲われます。 夢に出てくることもあり、正直それが一番辛いです。 残虐な殺され方を目の当たりにして現実で起きたような衝撃と感情で目が覚め、気持ちがリセット出来なくなります。 毎日何かに怯え、家事育児中もずっと頭の中が不安しかないのです。 常々『死』を連想してしまいます。 立て続けに身内を3人、急性の癌で亡くしているのでそれも関係しているのかもしれませんが。 こんな世の中に息子を産んでしまった事を後悔してしまいます。 この世は生きるに値しない気がします。 でも生きていくしかありません。 どうしたら今を生きられるようになるでしょうか。 まとまりの無い文章で申し訳ありません。 ご返答いただけると幸いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

専業主婦に憧れます

こんにちは。 以前新婚時に相談したものです。 新婚時は夫どの関係に自信が持てず悩んでいましたが、昨年第一子を出産してからは全く気にならなくなり、それどころか家族との日々を過ごせることをとても幸せに感じています。 今回ご相談したいことは、私の仕事のことです。 私は公務員で役所勤務しています。育休や子育て支援制度も充実しており、今は週3日勤務で子供を保育園に預けながら働いています。 平日休みの日は子供は保育園に行くので、私の時間ももらえ、とても恵まれているのはわかっているのですが、子供が熱を出したときなど急な休みをもらわないといけないときなど、仕事をやめてしまいたくなります。 急に仕事に穴を開ける罪悪感、子育てがあるため仕事に全力を注ぐことができない罪悪感、仕事のことを気にしながら子どもと向き合っているもどかしさ… 私は両立が苦手のようです。 どちらにも100%の力を注げないもどかしさもありますが、何より子供を育て、家族のことを一番に考えながら平和な家で家事育児をして過ごす日々が幸せすぎます。 なので、いっそ仕事をやめてしまって家事育児に専念し、余った時間で今流行りの在宅でできるお小遣い稼ぎでもしたらいいんじゃないかとか思ってしまいます。 でも、やっぱり今の仕事は本当に恵まれているのも承知しており、そこまで高給取りではありませんが、長い目で見れば金銭的にも大きな差が出てきて、将来の子供の学費などの資金にも影響が出てくると思います。夫はやめるのは私の保障がなくなる意味でもったいないといいますし、私の親は辞めたとしても、専業主婦になっても辛いこと嫌なことはあるから変わらないといいます。 今の私はどのように気持ちの整理をつければいいでしょうか。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

敢えてバランスを崩す

人生において、何事もバランスを取ることが大切だと良く聞きます。しかし何事も二面性(バランスを取ることによる弊害)がある中で、なぜその重要性が真理のような言い方をされるのでしょうか。 例えば、食生活のバランスを意図的に崩してみること(ときに、野菜のみ/肉のみ/炭水化物のみ、暴食/絶食、新鮮な食材/悪くなりかけの食材、普段食べない料理にチャレンジ等)は、自身の体の変化への対応力を身につけるためには有用である(むしろ健康を増進する)との考え方もあるでしょう。 また、常にバランスの取れた食事よりも、その時々で食べ物の美味しさ、有り難みに気づけるのもメリットでしょう。 意図的にバランスを崩すことは、仕事や学業や趣味、恋愛など様々なことにも有用と考えております。 何事もバランスが重要との言葉、信じて良いのでしょうか。(上記の例でいくと、長い目で見ると食生活のバランスが取れているとの見方も可能だと思いますが) 仏教ではどのような考え方をされるでしょうか。バランスは時間の経過とともに自然と取られるとの見方や、そもそもバランスを取るなど幻想、私の問い自体がナンセンスとの考え方もあるかと思います。是非お知恵を拝借させてください。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

今を生きる=悩む暇がないこと?

以前より、死の恐怖についてご相談させていただいております。いつもありがとうございます。 今年から仕事をはじめ、毎日必死に慣れない仕事をこなしています。以前と違って少なくなった休日は、友人との交友や趣味を詰め込んでいます。 そのような生活をしばらく続けていましたら、以前悩んでいた「死の恐怖」について悩む物理的な時間が殆どなくなっている事に気が付きました。 しかし、死の恐怖がなくなった訳ではなく、今でも偶に恐怖で叫び出してしまう事はありますし、将来のこと(今後のキャリアやライフプラン)について考える時にも、「死ぬ時、恐怖に震えながら死ぬのだろう」ととても悲しく、またとても恐ろしくなります。 これは、「今を生きている」のでしょうか?確かに、目の前のことに必死で、死について考える時間がないので精神は健全です。以前より充実していると思います。 ですが、人生の本質のようなものを蔑ろにしている気もします。今の生活はなんとなく、さまざまな問題から逃げている現実逃避のように感じます。人生は死からの逃避、という言葉をどこかでみました。私の人生は今、逃避なのでしょうか。 そこで、「今を生きること」と「現実逃避」の違い、「今を生きること」と「何かに夢中になり、悩む余裕がない」ことの違いが知りたいです。 また私の今の様な生活は、仏教やお坊さんのお考えからはどのように思われますか? 死に怯えるだけだった過去から、今の生活になったことは進歩でしょうか?これは、私の望む「死は悪くない、怖くないと安心して死ぬこと」に近付いていますでしょうか? お忙しいところ恐れ入りますが、知恵をお貸しいただけますと幸いです。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ