hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

友の死に対する後悔

回答数回答 2
有り難し有り難し 23

先日、親友が亡くなりました。
何時でも逢えるだろうと思っていたのに、彼は亡くなりました。とても急な死でした。

亡くなる何ヵ月か前に同窓会があったのですが、その時の彼は元気だったそうなのです。私は仕事の後だったので疲れて家で眠ってしまっていました。

無理してでも会に出席していれば、そうでなくとも連絡だけでもとっておけば、何故そうしなかった。今はそう言う気持ちでいっぱいです。

彼とは、長い間逢っていませんでした。何時でも逢えるだろうと思い込んでいたからです。なのに、再会はお葬式になってしまいました。悲しくて、どうしようもありません。

後悔の念が、心に渦巻いています。私はこれからどうするべきなのでしょうか。
彼は、生前逢いに来なかった私を恨んでいるのでしょうか。

2019年5月1日 21:34

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

恨むのではなく、あなたを待っていてくれていますよ。

そうですか。。。それは、お辛いでしょうね。。。
会う機会があったのに会えず、あの日が最後になるなんて。お葬儀では、同窓会で会った仲間から 彼の様子を聞かされたのですよね。だから、あの日あの場に行けなかった自分を後悔してしまうのですよね。

本当に、この世は無常ですよね。
突然に、別れがやってきてしまうのですからね。
悲しいわね。。。

仏法には、永遠の別れがありません。
この世のいのち終え、往き生まれていく道があります。それが仏様のお救いです。

亡き友を想い、仏法を聞いていきませんか。
そして、いつの日か、仏様の世界で、遇う日を願いませんか。
彼は、あなたを恨むのではなく、待っていてくれていますよ。

あなたのお友達を、そして あなたを想い。
私も、大事に手を合わせますね。

2019年5月1日 22:24
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、中学生の息子の母親...

死者とともに生きる

タイトルは、東京工業大学の中島岳志先生がよく講演のなかでおっしゃるお言葉です。これはもともとはヒンドゥー教の言葉なのだろうと思います。

中島先生がこのインド由来の言葉を持ちられたのは、東北の震災発生からまだ2週間だったか10日くらいだったかしか経っていない被災者の皆さんに向けて何か言葉を贈ろうとなさったときでした。

先生はとても仲の良い出版社の編集者が若くして亡くなり、落ち込んでおられた時期がありました。その時期に新聞に記事を書かなければいけなかったけど、多忙だったから以前どこかに書いたようなことを焼き直してさっさと書き上げ、メールで送ってしまおうとしたそうです。その瞬間、亡くなった編集者のことが頭に浮かんだそうです。そして次の瞬間、「いや、これではいかんぞ」と思い返し、焼き直しの原稿を捨てて新しい原稿を書き直して提出したそうです。「オカルト的なことではないけど、彼に見られているような気がした」「彼に対して恥ずかしいことはできない」というようなことを感じたのだと思う、ともおっしゃっています。

東北の被災してまだ日も経たない人々に上記の経験を語り、「死者は死んではいない。少なくとも私たちの心のなかに生きている。死者とともにこれからの人生を歩いていきましょう」といった内容の文章をおくられたそうです。

翻って、私は寺院の住職ですから、数多くの方々のお葬儀をさせて頂きました。例外もありますが、よく知っているかけがえのない檀家さんとお別れしてきました。その方々に支えられて生きてきたのですから、私のような者こそ死者とともに生かされているのだと言えます。だから中島先生のお言葉が私には強く響いてきます。

あなたは会える機会があったのにお友達と会わなくて後悔なさっているようですが、社会にでたらいつでも同窓会などに出られないのは仕方ないことです。もちろんお友達もそれを気に留めておいでになりません。そうしたことうよりも、お友達とともに明日を生きてください。

2019年5月1日 22:43
{{count}}
有り難し
おきもち

私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

「後悔から抜け出したい」問答一覧

後悔と自責の念

ネットで知り合い仲良くなった相手に他人の写真を見せてしまいました その写真を自分だと偽り好意を持たれ付き合うと言う疑似恋愛をしてしまいました 顔が違うので会えるはずもなくSNS上での会話だけを楽しんでいました 突然相手から詐欺にあったと言われ お金を貸して欲しいと言われました 写真と現実の私は違いますが あまり後先のことを考えず困っているなら救いたいと相手に好意があったので お金を振り込んで貸してしまいました その後詐欺と言うのは嘘だった事が分かり何とか全額は返して貰えました また、相手にも写真が違う事は謝罪しました ですが、他人の写真を使い私がお金を振り込んだと言う消せない事実に日々苦しく悩んでいます 人を助けるはずが自分の人生を狂わせてしまいました なぜ他人の写真を使ってしまったのか なぜお金を貸してしまったのか なぜ相手に嘘をついたのか その時はこうなる事は思いもせず 浅はかな行動をしてしまったと大変後悔してます 自分が嘘をついたことにより 相手にも騙されてしまい 周りがしないようなことをしてしまった罪悪感、自責の念が毎日抜けません 毎日その出来事に頭が囚われてしまい今まで楽しかったことにも興味がなくなり 180度自分が変わってしまった気がします 一度してしまった過去の過ちは 消せません 前の楽しかった毎日、自分に戻りたい気持ちはありますが こんな事が起きた以上死にたい思いが強く私はこの犯してしまった罪を背負いながら生きなければならないのでしょうか

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

後悔に潰され何もできない

23歳男です。 私はこの23年間の人生において、そして現在に至るまで数々の恥ずべきこと(裏切り、大事故、虚言)をしてしまいました。 そして、自分のやりたいことに対する努力を怠ってしまったり、若いうちにやっておけば良かったことをしなかった(人間関係の構築、貯金、旅行、減量など)を酷く後悔しています。 その後悔の念に押しつぶされてしまい、今はうまく動くことができません。 仕事をしている時も何か違和感を胸に感じており、何か新しいことに取り組んでも、どこかに遊びにいっても楽しさを感じることができません。 「今更、何をやり始めても遅い」、「お前には楽しむ権利がない」と頭の中で考えが巡ってしまい、心から楽しむことができません。 簡単に言えば、全てが無意味に感じて楽しめないのです。 これから先、自分は一生こんな風で、何もできずに死んでいく気がしてしまい、それを考えても落ち込んでしまいます。 いっそ死をもって、人生をリセットしてしまいたいような気持ちになります。 死ぬことが許されないのであれば、せめて、この後悔の念を消して先に進むためには、私はどうするべきなのでしょうか。 お坊様の意見をお聞かせください。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

後悔から抜け出せません

私は厳しい両親に育てられ、やりたいことをするために両親に嘘をついてしまいました。(職業のことです。) 自業自得ですが、その嘘のために今も小さな嘘をつかなければいけなくてとても辛いです。 以前にも嘘をついてバレたことがあって、同じことを繰り返してしまった自分が許せません。 この仕事が成功したら、または数年後思い出のようにごめんなさいができたらと思っているのですが、その判断は正しいのでしょうか。 真実を話すということは私は楽になりますが相手はがっかりしてしまうのでそれが少しでも和らぐ状態で話したいです。 この後悔と罪悪感の気持ちが今とても辛く、どうしてこんなことをしてしまったのか過去の自分が嫌いでたまりません。 話せば楽になるのかもわかりません。 いま、仕事も人間関係もうまく行っているのでこの先私が幸せになっていいのかどうかもよく分かりません。 両親のことは好きです。いまは久々の帰省で色々ぐちぐち言われますが基本は仲良いです。 話がぐちゃぐちゃになってしまいましたが、 1.嘘をついた後悔と罪悪感でつらい。 2.嘘を打ち明けるタイミング  そもそも打ち明けていいのか。 3.わたしはこの人生幸せになることが許されるのか。 3点についてお伺いしたいです。 質問が殺到しているのに申し訳ありません。誰にも相談できなかったのでこの場をお借りしました。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

後悔で鬱になりました。

わたしには、2年前よりこれからの人生をどこを拠点に生きていくのか?という、漠然とした不安がありました。 今年の5月に、ふとしたタイミングで、親戚より中古物件の紹介を受けました。立地、広さ、金額諸々の条件の合う物件でした。ただ、金額が相場より数千万ほど安く、理由は事故物件に当たるとのこと。ただ、突然死ですぐにご家族に気づいてもらえたので、そういうことは良くあるかな。と思い、自分の中では、買うつもりになっていました。 考える時間はかなり頂いたのに、あまり深く考えず、返事をする期日の前夜、主人と、買おう!と決めました。 ところが、その夜あまり眠れず、本当にいいのか?と不安が強くなり、結果、我が家的には買うべきだった物件を、私の一存で断ってしまいました。 今思うと、考えるのが面倒になって、現状維持を選んだ?のかなと反省しています。 その後、3週間後くらいに突然後悔がはじまり、買っていたらこうだった、買わないとダメだった、あの時こう考えていたら…と、ほぼ起きている時間はその考えに取り憑かれ、将来への不安や、買わなかったことでの損失計算したりで、どうしたらいいかわからなくなり消えて無くなりたいとまで思いはじめました。 今は、心療内科を受診し、うつの薬を飲んでいます。毎日毎日、何をしてても考えてしまい、ヒマさえあれば横になっています。 仕事もできなくなり、金銭的な不安もあり、もうどうしたらいいかわかりません。自分がしたことに後悔し、苦しくて苦しくてたまりません。この文章も必死にやっと書いています。自業自得だとはわかっていますが、助けてください。 御言葉を頂きたいです。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る