hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

無縁になってしまった49日法要

回答数回答 1
有り難し有り難し 12

先日、叔母が他界し、菩提のお寺は曹洞宗でしたが、喪主の長男が、無知のため、真言宗の形式で葬儀を行ってしまいました。

来週49日が来るのですが、

その後、菩提寺に相談するどころか、葬儀社から紹介された、自宅の近所にある、曹洞宗の寺院に相談に行き、結果的に、他宗派で法事を執り行なってしまったこと、菩提寺がある、という当然な事より、49日、100日法要は断られ、故人は曹洞宗を信仰していましたが、お経を上げてくれる和尚様とはご縁がなく、49日法要は、喪主が一人で、心を込めて行うと言われました。

菩提寺に相談するという選択肢がなく、具体的な理由もないようでした。葬儀社に依頼しきりで、他人任せなのも垣間見えました。

墓地管理規則も無視した行為ですので、ご縁がなくなるのは当然です。

そして、この行為により、いずれ墓地そのものも撤去されると思うと、今までろくに墓参りもした事のない喪主に、故人に頼まれて、先祖代々の墓を守ってきた私としては、先祖を敬う心を抉られる様な、許せない気持ちで頭の中が混乱しています。

49日、100日、1周忌…と法要がありますが、呼べるお寺様もないため、喪主が一人で行うというのはいかがなものか、ご意見をいただきたく存じます。

よろしくお願いいたします。

2019年7月2日 18:35

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

無縁は縁を取り持つことで有縁になる

コミュニケーション不足の問題は、コミュニケーションをするしか乗り越えようがないでしょう。ネットという第三の場で話を進めても余計に状況がかき乱されるだけです。

まず、法事というものは『故人さまをご供養したい人、みんなのための儀礼』です。喪主個人の私物ではありません。当然、喪主の意向は尊重せねばなりませんが、同時に喪主にも親類縁者みんなができるだけ心穏やかになるよう心を配る責任があります。その責任を果たす努力をしてこその喪『主』です。そこから逃げるならただの喪中の人です。(もちろん状況や辛さに応じて責任の軽重を塩梅してあげないといけませんけどね。)

そうした時に、まずはもう一度喪主さんと話してみて、今の金魚さまの思いを伝えましょう。「あなたはそれでもいいのかもしれないけど、私は心を抉られる様な、許せない気持ちで頭の中が混乱しているのだ」と。それが“具体的な理由”になるのであればそれに越したことはありません。

もしそれでも具体的な理由にならないのであれば、そこまでの喪中の人です。日本には信仰の自由があります。喪中の人が1人で心を込めて拝むのは、その人の自由です。自由にやらせてあげれば良いでしょう。その一方で、他の親類縁者が直に菩提寺さんとコミュニケーションをすることを禁止する権限は、喪主にはありません。ご供養したいという思いを止める権限もありません。

昨今のことですから、菩提寺さんも「困ったことですね」と同情し、上手い具合に道筋を示してくれるのではないかと思いますが、人によっては怒り出してしまうかもしれません。それは実際にコミュニケーションをとってみなければ分からないことです。

菩提寺さんと話してみて、話が上手くまとまれば何よりです。万が一、上手くまとまらず縁が切れてしまうようでしたら、またここでご相談ください。
そんな風に、今からでも出来る範囲で筋を通しながら、少しづつコミュニケーションをしていくのが一番だと私は思います。筋を通すことは、それ自体が安心できるものです。悲しい時期に、さらなる重荷を背負われるようなことで本当にお辛いとは思いますが、心穏やかに手を合わせられる環境が整いますよう、お祈り申し上げます。

2019年7月3日 3:08
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

質問者からのお礼

お忙しいところ、回答いただき感謝申し上げます。

私は故人の姪という立場で、喪主には、容赦なく意見を言ってはいますが、本人の性格上、頑固で自分の考え、意思を貫くことしかないようです。

意思疎通の難しさを痛感しております。

喪主に常識がないため、また故人も望んだこととは考えられず、この様な流れを作り、最悪の展開の結果に絶望しております。

取り乱した内容で、お恥ずかしい限りですが、大慈師様の、YouTubeを見て、心の平穏を取り戻して行きたいと思います。

ありがとうございました。

「法事・法要・49日」問答一覧

四十九日法要を終えて

こんばんは🌃 数日前に、「霊感の強い息子について」 で相談させて頂いた者です🙇 先日、無事に四十九日法要を終えて、 毎日お仏壇に手を合わせております。 息子たちには、「おばあちゃんの心が この中にあるんだよ」と本位牌に向かって手を合わせるよう、今日始めて祖父の家に来たんですが、お仏壇の部屋に入った瞬間息子が、「あ、おばあちゃんが居る」と言いました。 「え?次の世界に行ったんじゃないの?」と聞いたら、「様子を見に来たんだって」と答えました。 ちょうど、四十九日か1日前に祖父宅へ行ったとき、息子は「おばあちゃんいない。何も感じない」と話したので、てっきり次の世界に旅立ったと思ってたので、今日お仏壇の前に居ると聞いてびっくりしたのと、何故か嬉しい気持ちになってしまいました。 息子(長男)は、祖母とコンタクトとる事が出来るので、今日私が次男を叱った事を祖母に話したみたいで、「あんまりしかりなさんな。○○(私の名前)の家の事はちゃんとみてますよ」と言われて、 身の引き締まる思いをしました。 祖父は、このような霊的なものを信じないので、「あんまり良くないから、やめなさい」と言われるのですが、長男が普通に見えてしまうのでどうしたら良いのか迷ってます。 私も母が亡くなってから四十九日間、 台所やリビング、息子達と寝ている和室等で、ふっとお線香の香りを感じてました。 そのたびに「あ、おばあちゃん今ここにいるんだな。様子を見に来てるんだな」と思って過ごしてました。 これから、どのように過ごして行けば良いのか?良きアドバイスがありましたら 教えて頂けますよう、よろしくお願いします🙇

有り難し有り難し 15
回答数回答 3

永代供養後の七回忌

病死した夫は、夫の遺言もありお寺さんとのご縁は結んでおりません。 簡易的な仏壇も自宅にはありますが、魂入れもしておらず、お墓は永代供養の合祀にしました。戒名はありますが、義実家が勝手につけたもので、夫の面影を偲べるようなものではありません。 , 三回忌までは、お墓の法要室をかりて法事をいたしました。戒名は浄土真宗のものですが、お墓の合同供養祭をしてくださるお寺さんが曹洞宗なので、曹洞宗で法事をしました。 , お恥ずかしい話しですが、自宅の修繕や娘の進学が重なり、家計が厳しく、法要室での七回忌の費用を捻出するのが難しいのです。 , 自宅にお坊さんを呼ぼうと思ったのですが、魂入れをしていない仏壇にお坊さんをよぶのはだめでしょうか?また、宗派はどちらを選べばいいでしょうか? , 七回忌はしないで、合同供養祭で塔婆をお願いしたり、参拝できるお寺でしている先祖供養の回向で七回忌の供養にしても問題ないでしょうか? , 義実家とは全く付き合っていないため、むこうの様子はわからないのですが、仏壇や法事か2ヶ所でされているかもしれません。そのことに不都合はないでしょうか? , 不躾な質問ばかりで申し訳ありません。 お知恵をかしてください。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る