お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

死にたいです

現在うつ状態です。
自分の浪費で膨らんだ借金を返すために任意整理をしたのですが、返していけるのか不安です。

高校を中退し、アルバイトだけしか職歴がありません。
年齢も若くなく、これから先不安でたまらないです。

消えてしまいたい。何処か遠くへいなくなりたい。死にたい。
そんな思いをここ何週間も抱えています。

私はどうしたらいいのでしょう。

その他
有り難し 34
回答 3

質問投稿日: 2019年7月5日 22:18

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

本当に休めるということを学んでみましょう

心を休めるとか体を休めるとか言いますが、現代の人たちは古来は飲んでなかった薬を飲んで体を疲弊させて、何かしなきゃといつも脳の車輪をグルグル回転させていますから、休まらないのでしょう。

一度うつという言葉を忘れてそのままの自分をみつめてみることです。
単純にネガティブな思いや負の想念、自分いじめをなくすことにつとめてみるだけでケロリンと治ってしまう人もいます。
こういうと、
いや…、自分には無理だ…、
うつはそんな簡単じゃねぇよ…、
こっちの気も知らないで…、

って、やり始めるのが実は負のペダルだったりするものです。
そこ!に気づくことからです。
心は誰かが運転、アクション、リアクションをしなければ何も起こりません。
押すなよ押すなよ!
脳が脳として腸の蠕動運動のように、自分で情報処理をしているだけです。
脳で使っているところが4丁目だとしたら、1丁目の脳で生活してみるという生き方があります。
それが禅マインドです。
人間は思考活動が中心ですからついつい頭を使う。
私自身も学生時代にシニテーモードだった時は寝ても覚めてもお茶漬け食べてもククレカレー食べても負のペダルをこぎまくっていました。そりゃシニテーシニテーなるわけです。
ある時、自分で自分を責めている張本人、真犯人が分かりました。
「犯人はこの中にいる!」
「誰?」
「あなただ!」
「俺…?」
「そう。あなただ!」
「…俺?ちがうよ!」
「じゃ、あなただ!」
「え?あたし?やってない!」
「じゃぁ、あなただ!」
「じゃぁってなんだよ!」
「ホントはお前なんじゃないのか?」
「え?私?」
「どうなんだ!?」
「私…かも!」
何と犯人は名探偵コナン君のおかげで自分だということが分かりました。己難。
私は当時、何かがあれば人のせいにしたり、人の事を悪く思ったり、自分の事も悪く思ったりと、結局その負のエネルギーペダルをこぎ続けていたのは自分だったのですぢゃ!
(; ゚Д゚)?俺!?自分?
自分の脳内の負のペダルをこげるのは自分しかいません。
それを知ってから自分いじめを止めました。
人からチョー絶悶絶激おこぷんぷん丸で悪口を言われても、私自身がその言葉で負のペダルをこがなくなったのでマトリックス1のネオのように「無駄だ✋」仏状態。
これをきっかけに禅を学んでみてはいかがでしょう。
今、負のペダルを休めていたはずです。

2ヶ月前

ふと腰を下ろして一息ついて

拝読させて頂きました。
毎日のご生活の中で不安を感じておられ病を抱えながら今生きておられるのですね。あなたのお気持ちをこころよりお察し申し上げます。
あなたがおっしゃるように生きていくことは不安がいつもありますよね、先のこともなかなか見通しがつかないでこれから先をどうして生きていけばいいのかと思ってしまいますよね。
私もお寺で暮らしながらもやはり先々の不安を覚えますね。TVや新聞を見ても流れてくる報道には不安になることが多いですし、一つ一つのニュースもこれから世の中どうなってしまうのだろうと考えてしまいますよね。ですから私達生きている人間の世界では常に不安のなかにあるのです。

とはいえ本来あなたがこの世に生を受けて沢山の恵みの中で生かされていることは事実ですし、あなたが生きていらっしゃること自体がそもそも尊いことです。私達は様々なめぐり合わせの中で与えられ育まれて生きています。あなたがどこにいても必ず日の光は降り注いでいますし、雨の恵みから生き物が育っていきその命を頂きながらあなたは存在しています。
それは誰にどういわれたからではなくて自然の恵みの中でそう生きているのです。

病のことが心配かもしれませんが、ひとまずゆっくりとこころも身体も休めてみてもいいのではないでしょうか?或は何日間かちょっと旅行に出掛けてみて海や山や川や草原を訪れてみてもいいのではないでしょうか?

昨日私は研修で群馬県のみなかみ町に行きました、温泉場ですからそれほど人もおらずに山々の緑美しく渓流が流れて自然が溢れていました。時間があれば尾瀬に行こうかと思いましたが今回は予定がある為やめましたがまた訪れたいと思いましたね。

私達人間の考えることや世界は本当に些細なものです。その中であれこれと考えていると袋小路におちいってしまい出口が見えなくなってしまいます。

それは私達が勝手に作り出したものですからそこからすこしでも抜け出すことも生きる中ではとても必要かもしれません。

ほんの少し自然の中でも腰を下ろして見回してみると改めて自分の存在を見つめ直すこともできます。もし宜しければどこか気の向くままに訪れてみて下さいね。そして気持ちを楽になさってみて下さいね。

繰り返しですがあなたは尊い存在です。与えられ恵まれて生きいますからね。

2ヶ月前

本当に休めるということを学んでみましょう

心を休めるとか体を休めるとか言いますが、現代の人たちは古来は飲んでなかった薬を飲んで体を疲弊させて、何かしなきゃといつも脳の車輪をグルグル回転させていますから、休まらないのでしょう。

一度うつという言葉を忘れてそのままの自分をみつめてみることです。
単純にネガティブな思いや負の想念、自分いじめをなくすことにつとめてみるだけでケロリンと治ってしまう人もいます。
こういうと、
いや…、自分には無理だ…、
うつはそんな簡単じゃねぇよ…、
こっちの気も知らないで…、

って、やり始めるのが実は負のペダルだったりするものです。
そこ!に気づくことからです。
心は誰かが運転、アクション、リアクションをしなければ何も起こりません。
押すなよ押すなよ!
脳が脳として腸の蠕動運動のように、自分で情報処理をしているだけです。
脳で使っているところが4丁目だとしたら、1丁目の脳で生活してみるという生き方があります。
それが禅マインドです。
人間は思考活動が中心ですからついつい頭を使う。
私自身も学生時代にシニテーモードだった時は寝ても覚めてもお茶漬け食べてもククレカレー食べても負のペダルをこぎまくっていました。そりゃシニテーシニテーなるわけです。
ある時、自分で自分を責めている張本人、真犯人が分かりました。
「犯人はこの中にいる!」
「誰?」
「あなただ!」
「俺…?」
「そう。あなただ!」
「…俺?ちがうよ!」
「じゃ、あなただ!」
「え?あたし?やってない!」
「じゃぁ、あなただ!」
「じゃぁってなんだよ!」
「ホントはお前なんじゃないのか?」
「え?私?」
「どうなんだ!?」
「私…かも!」
何と犯人は名探偵コナン君のおかげで自分だということが分かりました。己難。
私は当時、何かがあれば人のせいにしたり、人の事を悪く思ったり、自分の事も悪く思ったりと、結局その負のエネルギーペダルをこぎ続けていたのは自分だったのですぢゃ!
(; ゚Д゚)?俺!?自分?
自分の脳内の負のペダルをこげるのは自分しかいません。
それを知ってから自分いじめを止めました。
人からチョー絶悶絶激おこぷんぷん丸で悪口を言われても、私自身がその言葉で負のペダルをこがなくなったのでマトリックス1のネオのように「無駄だ✋」仏状態。
これをきっかけに禅を学んでみてはいかがでしょう。
今、負のペダルを休めていたはずです。

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答ありがとうございます。
こころも身体もゆっくりと休みたいのですが、横になるとどんどん不安な事を考えてしまうのです。
寝る暇も無いくらい働かなくてはいけないのではないか、そもそも職に就けるのか、今のアルバイトを休むわけにもいかず、いつも心が休まりません。

「死にたい・死にたいほどつらい」問答一覧

「死にたい・死にたいほどつらい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ