お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

臓器移植の募金

初めまして、シホと申します。
以後、お見知り置きを。

臓器移植の募金行為でご相談です。
私はいじめられた経験から、命の大切さを学びました。
さらに、大好きだった祖父母も亡くなり、姪が生まれた時に大切な人たちを失う苦しみ、命の喜びなどを知りました。
1人でも命を救いたいなどという理由で少額ですが、募金しています。

今年、街頭で臓器移植の募金を行われていたので募金しました。
その子が無事に目標額になったと記者会見で知りました。
記者会見を拝見して、『良かった』と思いました。

ですが、ある掲示板でその子の臓器移植・募金に対して書き込みがありました。
拝見すると目を疑いたくなるような 内容でした。
以下が私が拝見した内容です。

・『心臓病と闘う子はほかにもいる。不平等』
・『もっと多くの子を救うための行動を起こすべき。これでは、なんの解決にもならない』
・『デポジット代(医療費)はそれは実質、移植を待つ患者の列に割り込んで、順番を抜かすための金だ。寄付した人は犯罪者集団』
・『その子を助けたいがために他人の命を蹴落とした。命の選別した』
・『「誰かを助けようとする行為」が他の人にとってはとてつもない悪意になる場合があるんだよ。自分が善意のつもりの行為が巡り巡ってとてつもない悲劇をおこすことだってあるんだ。それぐらいのこともわからんくらいアホなのか』
などという意見を読んでしまい、ショックを受けています。

自分が行っている事は犯罪行為であり、とてつもない悲劇を起こす悪意なのでしょうか?
そして、命の選別でしょうか?

今はとても、泣きたくなるくらい悲しくて、苦しいです。
自分でももう、良かったのかわからなくなっています。

その他
有り難し 31
回答 2

質問投稿日: 2019年7月19日 22:42

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ある詩を贈ります。

【 若者 と ヒトデ 】

ある朝、
老人が海岸を歩いていました。
引き潮の浜辺は、
波にさらわれ打ち上げられた
何千ものヒトデでいっぱいでした。

老人はそれらを踏まないように
注意深く歩きましたが、
それらはまだ生きているように見えました。
「陽が上がれば死んでしまうが、
 海に戻せば生きられるだろう」
と考えましたが、
「全てを救うのは無理だ・・・」
と、何もせず歩き続けました。

ほどなく同じ海岸で
一人の少年に出くわしました。
その少年はヒトデを一つまた一つと取り上げ、
一心不乱に海に投げ返しています。

「何をしているの?」
と老人は尋ねました。
「ヒトデを助けているんだよ」
と少年は答えました。
「なぜそんな無駄なことをするの?
 こんなに多いんだから全部は無理だよ。
 それなら意味がないよ」
と老人が言いました。

少年はためらうことなくまたヒトデを取り上げ、
「でも、このヒトデには意味があることだよ」
と言いながら、
それを海に投げ入れました。

28日前
回答僧

願誉浄史

あなたは悪くないのでは

そのインターネットの書き込みが事実だったとしても、あなたはそれを知らずに善意で募金したのだから、あなたは悪くありません。
それに、法律違反をしたわけではないでしょう。
お金を出して順番に割り込める制度が制度としてあるのだとしたら、制度を使う権利は誰にでもあるわけで、私は、募金集めをした関係者の努力が勝ったのだと思います。

29日前

関連する問答
このページの先頭へ