hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お葬式でのお経(?)について教えて下さい

回答数回答 2
有り難し有り難し 19

あるお葬式でのお経(あるいはお経の前後に読まれるもの)について、気になることがあったので教えて下さい。

正確には覚えていないのですが、お経(あるいはお経の前後に読まれるもの)の中で、鴨長明の方丈記の一節「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。〜〜」に似た言葉があったように思います。

とても印象的だったのですが、あれは本当に方丈記の一節だったのでしょうか?
だとしたら、どうしてその言葉が取り入れられるようになったのでしょうか?

とっても気になって気になって仕方がないので、是非教えていただきたいです!! よろしくお願いいたします!!


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

無常観でしょう

おお、お葬式の時、坊さんが何を言っているのか、耳を傾けてくれたのですね。それはありがたいです。ハナから「どうせ分からないモゴモゴだろうさ」と思っていると、聞き取れる事でも耳が怠けますから。
さて無常観。辞書で引いても良いのですが、要するに「物事は、いつも同じに見えても常に移り変わっている。変化し続けている。その一つのプロセスとして、人も亡くなるのだ」という事です。それをエレガントに、耳馴染みのある言葉で教えたのでしょう。有り体に言うと「人は、生まれたら死ぬのは当然よ」なのですが、それをやんわりと伝えた。

そういう事だと推測します。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

何故葬儀でするか

我が宗派ではそれはおそらく引導下炬(いんどうあこ)と言います。

亡くなった方への手向けとして読むと同時に、列席者への戒めとして読ませていただくので、おそらく聞かれた内容は列席者への戒めとしてのお言葉だったのではないかと思います。
つまり何故取り入れられたか、としますと

「おのおの忘れるでないぞ、今そこにあったものはもう全く同じ場所にあることはない、時の流れも同じ、今という瞬間は二度と来ることは無いぞ、肝に銘じよ」

ということを読まれていたのではないか、と思います。

なんにせよそういった言葉や法語は主に亡くなった方よりも列席者へのメッセージ性のほうが強かったりします

「この坊主何言うとんねん、分かりやすく言えや」と思わずにしっかりと聞いていただけたこと嬉しく思います
よろしければ身近なご友人などにも、もし機会があればメッセージであるのでしっかり聞いてみてください、と言ってあげてください

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


質問者からのお礼


光圓寺 佐藤良文様

ご回答いただきありがとうございます。
このお経の時は、わかりやすい言葉が多かったため、耳に残ったのです。
なるほど、無常観をわかりやすい、聞いたことのあるようなお言葉でお伝えしてくださったと理解することができるのですね!
よくわかりました、ありがとうございました!


光明寺 翔玄様

ご回答いただきありがとうございます!
「引導下炬(いんどうあこ)」という言葉を教えていただきとても嬉しいです。
また浄土宗のお葬式に出ることがあれば、どんな引導下炬のお言葉があるのか耳を傾けてみようと思います。
本当にありがとうございました。

「葬儀」問答一覧

10年前に亡くなった彼のお葬式は可能?

10年前に亡くなった彼の、形だけのお葬式をしてもらうことは可能でしょうか? 10年前、学校でのいじめや、家庭環境によって私は孤立していました。 その際に、お世話になった男性がいます。 しかし、出会ってから2ヶ月後に彼は亡くなりました。彼の妹を名乗る人物から突然病死を告げられたのです。 彼には片想いをしていたのですが、結局想いを告げることが出来ずに終わりました。 彼の妹とも音信不通になってしまい、葬式をやったかどうか・お墓の場所・そもそも本当に彼は死んだのか等、何も分からないまま、今日までずっと彼の死を引きずり続けています。 ここ10年、彼のことを想っては泣き続ける日々を送ってきました。そろそろ前向きに切り替えたいです。 しかし、今ここで自分が切り替えたら、彼のことを忘れてしまいそうでとても怖いです。 そこで、色々考えてみたのですが…。 お葬式は、亡くなった方の供養をするためだと思うのですが、残された人々の気持ちを整理するためでもあるのではないかと思いました。 彼の本名も知りませんし、写真も骨も無いのですが、自分の中で区切りをつけるために、簡単に形だけでのお葬式をしてもらう事は可能なのでしょうか? 不躾な質問で大変申し訳ございません。 ご回答いただけますと幸いです。

有り難し有り難し 20
回答数回答 3

写真の副葬品について

一昨日母方の祖父が永眠し、昨日お葬式、火葬が執り行われました。家族葬でした。 私にとって身近な親族の葬儀は初めての事でした。 昨日は悲しみが大きく、最期の時間を過ごす事ばかりを考えてしまっていたのですが、一日経ち、ふと疑問に思った事がありご相談させてください。 お棺の副葬品は、祖母が選び納棺しました。 そこにはお写真が2枚あり、祖母と若い頃にデートに行った時のお写真と、もう1枚は祖母、母、叔父との家族写真がおさめられていました。 お写真が納棺される時は、母から私が生まれる前の懐かしいお写真の説明をされ、何も疑問には思いませんでした。 一日経った本日、納棺するものにふと疑問が湧き検索したところ、生きた人のお写真をお棺に入れると、あの世へ一緒に連れて行かれてしまうとありました。 母も叔父も祖母も健在しております。 友引には葬儀は避けるなど、行事などのお日柄をとっても気にする祖母や母ですが、副葬品までは知らなかったのかもしれません。(翌日のお葬式でしたので、準備でいっぱいいっぱいで色々と調べる時間も余裕もありませんでした…) 送り人の係の方からも特に何も言われていませんでした。 祖母も母も叔父もとても大切な人達です。 祖母は、『いつでも迎えにきていいからね。』と祖父にずっと語りかけていましたが、まだ皆に長生きをして欲しいです。 副葬品の事を知ってしまった今、気にしすぎてしまうのは私だけかもしれません。 火葬が終わってしまった今からでも何か出来る事がありましたらご教示お願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

祖母のお通夜、お葬式に参列できなかった

先週、母方の祖母が亡くなりました。 しかし、母の妹達(私にとっての叔母)は、通夜、葬式の場所を私たち家族に教えなかったため、葬儀に参列することができませんでした。 元々母親と母方の親族との仲が悪かったのですが、母にとっての実の母親の葬儀に参加できないのはおかしな話で、大変残念なことでした。 また10年ほど前に母方の祖父が亡くなった際には、葬儀に参列することもでき、私も参列しているので、ますますおかしいと思っています。 私としては、叔母達が母を仲間外れのような真似をしたことは腹立たしい限りですが、母は祖母と最後に会うことはできたので良かったと、葬儀に参列できなかったことについては半ば諦めの様子で、父も参列できないことに困惑している様子した。 ただ、私自身も、もう長らく祖母含む母方の親族との関わりは絶えており、今更葬儀に参列しても何を言われるか分かったものではないので、もう切り替えていこうとは考えています。 ただ、母親はこのことに大変ショックを受けているはずなので、母親との仲は悪いですが、どうにか支えてあげたいです。このご時世故、実家に戻る事はまだしばらく難しいですが、祖母の冥福を祈るとともに、母親とどう接していけばよいでしょうか。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

女性の喪服マナーに対する疑問について。

どうして、女性の喪服はスカート、ポッケのない服、真冬でも透けた袖やタイツ、メイクが必須なんでしょう。 男性はポケットのあるスーツなのに、女性の喪服は基本ポケットがなく、袖なども透けていたり七分袖が多く、ヒザ下のスカートが主流です。タイツは、肌が透けて見えないと失礼に当たると葬式専用のタイツが販売されていますが、真冬は寒いです。 以前、大雪の中を透けたタイツで列席し、とてもつらい思いをしました。それなのに、どうして、女性のパンツスーツは失礼に当たると葬儀のマナーサイトでは言われているのか理解できません。 また、私は発達障害と化学物質のアレルギーがあって化粧が苦手なのですが、女性のすっぴんも失礼だとマナーサイトで説明されていました。どうして、本来の顔で列席するのが失礼なのか、女性の素顔は故人や列席者に対して見せてはならないほど失礼なものなのか、本当に不思議でたまりません。 長くなりましたが、葬儀には、本当に寒くて機能性が男性向け喪服より劣るスカートスーツじゃないと駄目ななのか、スカートじゃないと駄目だと言うなら、なぜ透けていないタイツが駄目なのか、なぜメイクをしてないと失礼だと言われるのか。また、その事についてご葬儀に関わっておられる当事者のお坊様は実際どう思われているのか、どうか、お坊様の見解を教えていただければと思います。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

葬式で弔えなそうです。

久しぶりの質問です。 言葉を選ばず、心のうちそのままを書きます。 以前質問してから、正社員として就職できましたが、パワハラにすごく悩まされました。 見切りをつけて1年8か月で退職し、現在アルバイトしつつ転職活動中です。 で、そんな最中に母方の祖母が死にました。 明日葬式ですが、私は学生時代に祖母・叔母宅に居候していた時期がありましたが、本当にくだらないことなんですが、二人に失礼なことを言われて私が凄く怒ったら、こっから出ていけと言われて自宅に返されました。 今でも私はそのことに関して、自分は一切悪いと思っていません。 それから8年程度会ってなく、私はもちろんあちらからも連絡ありませんでした。 父や妹から葬式ぐらい出たらと促されていますが、正直出たら出たで悪態つきそうです。 今現在も、その死に顔に唾を吐きかけてやりたいし、抹香をぶっかけてやりたいと思っています。 故人も私に来てほしくなんてないでしょうし、叔母にも会いたくないです。 もし葬式中に話しかけてきたら「今更白々しいんだよ!」とキレそうです。 ただ他にも思い出すことはあります。 祖母のカレーライスは豚の平ったい固い肉。 擦ってない角切りのショウガ丼がいつも途中で胃もたれして食えない。 梅干しが酸っぱい。 焼きおにぎりだけは美味い。 子供のとき、まず祖母宅に行く前にトイザらスで粘った。 理由は駅まで迎えに来た祖母がレゴブロックの一番いいやつ買ってくれるからだ。ちょろい。 今思い出せば、ヒーロー戦隊の銃も買ってくれた。 いかん書いてたら少し目が潤んできた、喉もキュウと締まってきた。 ウイスキーでも飲もう。 …ふぅ落ち着いた。 なんだかな…。 仮に葬式出るとして、やりたくなかったら作法は拒否していいんですか? していいならどこまでが許されますか? 焼香や合掌まで?棺に花入れまで?合わせ箸まで? くだらないこと書いたり、つまらない質問ではありますが、付き合ってくださるお坊さんがいたらご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

葬儀での宗派間違い

よろしくお願いいたします。 恥ずかしながら父の葬儀で勘違いから宗派を間違えてしまいました。 日蓮宗と思い、葬儀社からの紹介で日蓮本宗のお坊様に葬儀を行って頂きました。 その数日後に実は真言宗だったことがわかり、急いで葬儀社に連絡し、日蓮本宗のお寺にはお詫びをし、改めて真言宗のお寺を紹介してもらいました。 家で、シンバルのようなものやお水を使っての法要、そして新しい戒名を頂きました。(先に頂いた戒名のご位牌はお焚き上げしてくださるとお持ち帰りくださいました。) その折、来て頂いたお坊様に詳しい事情が伝わっていなかったのか、 法要後「この度は改宗されたのですか?」と言われました。葬儀で宗派を間違えたと伝えたところ、「そうですか」か「なるほど」のように言われました。 同じような質問をされた方への回答に、このような場合は受戒の儀式を受け直す儀式(改葬)をして新しく戒名を頂くとあったのですが、今回して頂いた(改宗?)法要と、回答にあった改葬といわれる儀式では何か違うのでしょうか? 今回の方法で良かったのでしょうか? 49日、初盆と真言宗のお坊様に来て頂いてますが、葬儀での宗派を間違えるようなことになり、ちゃんと父の供養はできているのでしょうか?

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

父の葬儀での義父と主人の非常識な発言

初めて相談させていただきます。 父の葬儀で、旦那と義父が無神経な発言をしたことが、どうしても許せません。この憤りをどうしたらいいのでしょうか。 父は去年、68歳で他界しました。 義父と主人は完全に他人事のようで、葬儀の前後に私の前で無神経な発言を繰り返していました。 「体の大きな人(亡父のこと)だから、棺は特注じゃないといけない」(義父の発言) 「足を曲げなければ棺桶に入らない」(義父の発言) 「場合によっては屈葬やな」(主人の発言) 「人生70年だから俺も70歳で死ぬわ」(義父の発言) 等です。 私の前での発言なので、見えない所ではもっと凄いことを言っていたのかもしれません。 その後も、喪が明けないうちから主人が「遺産はいくらもらった」等の発言を繰り返すので、耐えきれずに子供を連れて三月に家を出ました。元々、夫婦関係が上手くいっていなかったという背景もあります。離婚はしておらず、別居中です。 別居したことで多少は落ち着きましたが、義父と主人の無神経さがどうしても許せません。こんな私は心が狭いのでしょうか。お坊さんの立場からご覧になって、この義父と主人の親子をどう思われますか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る