hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

疲れました

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

昨年離婚をし一度は別の方と同棲をしたのですが、その方からの暴力から逃げる形で破局。現在は独り暮らしをしています。
離婚の原因も私にあるので自分でまいた種…。バチが当たったのだと考えています。

元夫に引き取られ離れて暮らす娘に時々は会えるのですが、先日私が錯乱状態になり警察へ保護された事を元夫が知ると
今回会うのも悩んだ。こんなんじゃ二度と会わせられなくなる。
と言われました。
言ってる事は最もだし当たり前だとわかっています。でも本当に会えなくなるから保護してもらったのです…。

私自身も母親がおらず辛い思いをしてきたのに、娘に同じ様に苦しませている事を悔やんでなりません。
もうどうしたらいいか分かりません。今すぐにでも消えてしまいたい。
誰か声をかけてください。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

身体と心の関係について

春雪様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

後悔、自己嫌悪、自殺企図・・誠におつらいことでございます。

少し情緒不安定にもなられておいでのご様子・・

離婚のこと、娘さんのこと、DVのこと・・

誠に色々とお悩みにて、それではお疲れになられるのも当然です。

身体と一緒で、心も疲れたら休みが必要です。

少し気分転換やリフレッシュをされて、心にゆとりを持てるようにして、冷静に状況を判断できていけるようになれると良いのですが・・

一人旅、温泉や海外でも良いでしょうし、もちろん、気の合う友人と行かれるというのもどうでしょうか。

それと、もう一つ気になることもあるのですが・・これはプロフィールにて公開されていない内容のことであるため、詳しくにはここでも申せませんが、その身体の不調が心に悪影響を及ぼしてしまっている可能性もあるのではないかと存じます。

その身体の不調は、ずっと昔からでしょうかね?

そうでしたら、尚更に、その身体の不調について、まずはしっかりと治されることから始められるのも良いのではないかと存じます。

やはり、身体と心は不可分であり、互いに大きな影響を与え合いますので、身体のことが、心のことの主要な原因になってしまっている可能性もあることについて、この機会に少しお考えを頂けましたらと存じます。

娘さんとより良い関係を保たれて、いずれ一緒に泊まりがけの旅行にでも行けれるようになれると良いですね。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

川口様 夜分にお返事ありがとうございました。読んでいて涙が止まりませんでした。
まさしくその身体の不調を落ち着かせようと必死になり無理をしていました。加減も分からず誰にも努力を認められず結果も出ない。苦しい・辛いとも言えず、体調を崩し救急搬送もされています。
休む事も心掛けてはいたのですが罪悪感に繋がり、結局無理をして過剰な行動をとっていました。
やっと2週間前から通院を再開できた所で、明日も行く予定です。病歴は人生の半分もありますが、少しでも心にゆとりを持てるよう時間と付き合っていこうと考えています。
本当に心から涙を流せました。ありがとうございました。乱文で失礼しました。

おはようございます。追加のお礼がしたく書き込みます。
ふと今まで誰かに相談しても「娘の為に生きなさい」という答えばかりだった事を思い出しました。
私自身への言葉をいただけたのは本当に久しぶりだったように思えます。
それに気付き嬉しくなり書き込みたくなりました。
改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

「人生・生きるのに疲れました」問答一覧

両親の世話や自分のことに疲れた

両親や自分や弟のことに 疲れました。 三年近く前に我が家が水害にあい、 家の一階部分が、沈んだせいで 両親とは離れて暮らすようになり 二階の離れが無事だったので 私と弟は家で暮らし続けました 父母関係は介護の仕事が忙しい弟ではなく余裕がまだあった私が見てました 母が体を壊して入退院したりしたり父関係も私がやって、弟に無理が来たら言えよとなってましたが大丈夫だからと言いました そして今までの職場の降り積もりやらコロナの影響で弟も大変になり何度か相談に乗りましたがこのままでは家の生活が数年後にはなりたたないといわれ 私もそうだなとなりました両親は年金暮らしで私も働いていても収入がそこそこで自分一人で金銭面で自立ができていないので弟からお金をもらってというか いれてもらって生活していました そしてついに金銭面のこちらの負担が大きくて貯金が増えないと怒った弟がお金はいれないとなりました 今は会話もせず暮らしています 弟のことは見ていたので 両親が死んでも構わないといってきてます 母はこちらは見捨てないだろうとなってますが家族の気持ちなんてわかりません 疲れました 自分だけで金銭面で生活ができない自分も 両親のことも 負担をかけすぎた弟のことも 一日一日がしんどいです

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

価値がないから苦労するのでしょうか

私の職場ではやはり年上が多いからか、息子の大学の学費の話とか、固定資産税や自動車税の話ばかりで皆さん豊かな暮らしをされているようです。 でもうちはとてもじゃないけど将来的に車を買ったり家を買ったりする余裕はありません。 旦那は大学中退なのでボーナスも退職金もないし給料は低いです。それでも普通に生きていれば大きな家を買えて、車が買えて、老後は安泰だと思っています。 なので、たまに会社から残業付与が付いても家にお金を入れずギャンブルばかり行っています。 その分私は毎日山坂で自転車を漕いで少しでも安いお米10kgを遠くまで買いに行ったりして、浮かせています。 仕事もフルタイムで行っているので、毎日疲労困憊です(健康にはいいかもしれませんが) この生活を脱出するためには、学歴をつけるしかないと考えています。 私の両親は私に無関心で、私は高校にも行かせてもらえない中独学で勉強し4年制大学を出ていて、また独学で勉強しいずれ有名大学に入学し直したいと考えています。 しかし、仕事で生活を支えているので勉強する時間も学費もありません。 そう考えると、やはり生まれた環境が全てで、愛のない家庭に生まれた私には、もう人生逆転のチャンスなんてないのでしょうか。 全く自由のなく虐げられた生活から脱出し、夫婦二人で自立し(もしくは自分一人でも自立した生活ができ)最低限の生活ができている、それで御の字と思うべきでしょうか それとも私に生まれ付き価値がなく、努力を積んで生きていても、価値がないから生きていても無駄なのでしょうか なんだか自分の人生がどうでも良くなってしまいました。私は生きる価値のない人間なので、このまま生きるのを放棄するべきでしょうか。

有り難し有り難し 41
回答数回答 3

冬に死ぬことにしました。

物心ついた時から周りに過剰に敏感でした。小さい頃家庭環境が良くなくピリピリしていました。母からはよく叩かれ、愚痴を聞き、祖母の嫌味を毎日聞かされ、父には家を追い出される、反抗期だった姉には死ねと言われる日々でした。 小学1年生からいじめを受けそれがずっと続きました。怖くて誰にも言えませんでした。そして小学5年生の時に初めて死にたいと思いました。ストーカー被害にも遭いました。 中学2年生の時また虐められました不登校気味になり母を困らせました。体調が悪いと母は不機嫌になります。学校まで送らないといけないのか、また成績が下がるのではないかと。 今思えば私のためを思ってくれてたのは分かってますが、当時は本当に辛かったです。大丈夫と笑えば母は私に冷たくしなかったので、 高校2年生の今、死にたい気持ちが全くなくなりません。去年本気で死のうとしましたが死ねず朝まで泣き崩れました。それからも首を吊ったりなどしましたが死ねず。 一人暮らししたいですがお金もなく、許してくれません。バイトが禁止されている学校なのでできません。 躁鬱のような症状が去年からあります。精神科に行く気力がなく、通院している心療内科から栄養剤?のようなものを貰うくらいです。 正直言って何もしたくありません。解放されたい。何も考えたくない。逃げたいです。何処かは分からないけど、何かからかは分からないけど逃げたいです。ものすごく。 家族のことは大好きです。でも怖いです。隣の部屋の両親の声が怖くて毎晩ビクビクしてます。 拒食症になったり過呼吸になったりしてしまいます。でも大丈夫って笑えてるので大丈夫なんだと言い聞かせています。 大丈夫じゃないとは知ってても。 まだ沢山言いたいことありますが、文がまとまらないのでこのくらいで。 読みにくくて本当にごめんなさい。 過去に囚われてるのか未来が怖いのかなのか分からないけど、今も苦しいです。ああ、もう生きていたくない。 もう嫌だ。 死にたくないです。でも生きていたくないありません。逃げれません。どうやっても逃げ道が見つかりません。お先真っ暗です。 だからもういいかなって。 長くてごめんなさい。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る