お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

毎日つらいです。

4年まえ、創業28年の会社が倒産して、自宅も全て失い自己破産しました。
父が脳梗塞で倒れ自宅介護をしてましたので、結婚も出来ませんでした。
その父も、倒産の2年前に亡くなりました。
弟が会社を継いでましたが、その弟のいい加減さが倒産のきっかけでもあります。
注意できなかった責任も私にはあると思います。
でも、弟は結婚して、子供もいます。
倒産の年に子供が産まれました。
子供達は私にもいますよく懐いてくれ、かわいいです。
でも、辛いです。
自分は何もかも失って辛いのに、こんな目にあわせた弟は家庭を持って幸せになって。
いけないと思いつつ心の中で恨んでしまいます。
私は、この先の希望も持てません。
どうしていいのか、わかりません。
もう、若くもないし。
何かアドバイスをお願いします。

嫉妬・蔑み
有り難し 6
回答 1

質問投稿日: 2016年2月13日 7:28

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

縛りから離れて、自由な若さを

女性の人生にとって、出産の占める割合は本当に大きなものだと思います。結婚と違い、時間に限りがあることですから、ミンミンさんのやるせない気持ちはもっともです。

そして弟さんがいい加減なせいで会社が倒産した、と恨みたくなるのは、これも無理も無いことだと思います。

ただ、ミンミンさんご自身が、このままではいけないと思われているから、ここに相談を書き込んだのですよね?よくぞ気持ちの転換をはかられました。
結婚は、ミンミンさんが前向きな気持ちを持てるようになれば、やがて将来、よい話もあると思います。
お子さんは、自分の子とか、他人の子とか、の域も超え、ミンミンさんが、ご自身の情熱を注ぎこむことができるものが見つかれば、それがミンミンさんの分身であり、子どもになろうかと存じます。芸術家であれば、それは作品だし、自宅や庭が子どもだという人もいるでしょう。そして、映画やドラマだけでなく、身寄りのない子を育てる人は大勢いらっしゃいます。

若さとは、人生において、「情熱を持っている時期」を指す言葉です。お父様が亡くなったばかりで急に情熱を持て、と言われても、難しいとは思いますが、いつの日か、ミンミンさんには、年齢やまわりとの比較に縛られない、自由な若さを手にしていただきたいと願っています。

3年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
誰にも気持ちを話せずにいましたので、少し心が軽くなりました。
少しだけですが、前向きな気持ちにもなれました。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ