hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

何か四十九日に関係してるのでしょうか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 23

先日、小さい頃からお世話になっていた伯父の四十九日の法要を行いました
すると、お経を上げてもらい始めたら頃から頭がぼーとなり、なんとも言えないような気持ちが込み上げてきてしまい涙がぽろぽろ止まらなくなりました
もしかして、亡くなった伯父が伯母を心配して何かを言いたいのかと思っていました
法要が終わり席を立つと感情が抑えられなくなり嗚咽を吐いて泣いてしまいました
ここからはあまり覚えていませんが周りにいた子供と伯母の話で
伯母に抱きつき離れたくない、おばあちゃんと言って泣いていて
お坊さんに話をしましょうと言われ
お坊さんのところに連れて行かれてお経を上げたり話をしていただいたみたいです
その間私は泣きじゃくり時々助けてとか叫んだりしていたようです 名前を聞かれたけど言わず「ハシ」とか言ったみたいで橋から身投げしたものかもとか…
私はその間、苦しくて時々、少しだけ、どうしたらよいかわからないが
そこから脱出したいような気持ちになったいたことは覚えています
お坊さんの話では私の心に魔が差した時に何かが入り取り憑いたというか心に住んでる?いてる?これは何者かわからないが多分とだいぶ前からいてて、なかなかとるのも時間がかかるかもしれないとのこと、もしとりたいなら修行から帰ってきたところのお坊さんを紹介するので
これから色々身体が悪くなってきても大変なのでとってもらいなさい
今日はお坊さんが来てお経をあげたので、でてきたとのことでした

子供も伯母も主人も驚いていて怖い思いをさせてしまいました
昔、自分の父親の四十九日の時もこのようになったことがあります
今はみんなの前で普通にでき出来るだけ明るく過ごしています
今、普通にできているのに自分でも信じられないのと、伯父の大事な四十九日に何故こんな事になってしまったのかととても悔やんでしまいます

本当にお祓いをした方が良いのか
また四十九日に出席した時に同じようになってしまうのではないかと
どうすればよいのかわかりません
どうかよろしくお願いします


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

出来ることをしてみては?

御心配でしょうから、
その修行をしたお坊さんを紹介してもらい、
お祓いしていただければよいと思います。

その伯父さまにはお世話になっていたのですから、
取り乱すくらい悲しまれたのでしょうね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

亡き人から深い願いがかけられているんです。

ももさんは伯父さんのことを大切に想われていたんですね。
こんなにも深い愛情で結ばれているって伯父さんは幸せです。
満中陰(49日)というのは大きな節目の法要です。
それまで飾られていた中陰壇からお仏壇へ移っていただき、
ご先祖と共にお祀りする最初の法事です。
また、葬儀後に改めて親戚が集まり、故人への想いを再認識する日でもあります。
霊感の強い人は悲しみのあまり取り乱したりすることもあります。
でも心配には及びません。それだけ亡き人との深い繋がりがあったということですから。
悔やむことはありません。想いが深すぎてコントロールができなくなっただけですから。
ももさんには仏さまから深い願いがかけられています。
何か悪いものが取り憑いたのではという心配はいりません。
それどころか亡き人は仏となりももさんを護ってくださっています。
そのご恩に報えるように心豊かに生きてください。何も心配することはありませんよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


大阪仏教テレホン相談室の相談員をしています。

質問者からのお礼

和田隆恩様
本当にありがとうございます
やはりお祓いをした方が気持ちがすっきりできるのでしょうか
そのようにしてみようかなと思いました

浄得寺 お上人様
本当にありがとうございます
そのように思われていたならとても嬉しく思います
伯父は無事天国へ行けたのでしたら安心です
これから私も感謝の心を忘れずがんばっていきたいと思います

「法事・法要・49日」問答一覧

四十九日法要を終えて

こんばんは🌃 数日前に、「霊感の強い息子について」 で相談させて頂いた者です🙇 先日、無事に四十九日法要を終えて、 毎日お仏壇に手を合わせております。 息子たちには、「おばあちゃんの心が この中にあるんだよ」と本位牌に向かって手を合わせるよう、今日始めて祖父の家に来たんですが、お仏壇の部屋に入った瞬間息子が、「あ、おばあちゃんが居る」と言いました。 「え?次の世界に行ったんじゃないの?」と聞いたら、「様子を見に来たんだって」と答えました。 ちょうど、四十九日か1日前に祖父宅へ行ったとき、息子は「おばあちゃんいない。何も感じない」と話したので、てっきり次の世界に旅立ったと思ってたので、今日お仏壇の前に居ると聞いてびっくりしたのと、何故か嬉しい気持ちになってしまいました。 息子(長男)は、祖母とコンタクトとる事が出来るので、今日私が次男を叱った事を祖母に話したみたいで、「あんまりしかりなさんな。○○(私の名前)の家の事はちゃんとみてますよ」と言われて、 身の引き締まる思いをしました。 祖父は、このような霊的なものを信じないので、「あんまり良くないから、やめなさい」と言われるのですが、長男が普通に見えてしまうのでどうしたら良いのか迷ってます。 私も母が亡くなってから四十九日間、 台所やリビング、息子達と寝ている和室等で、ふっとお線香の香りを感じてました。 そのたびに「あ、おばあちゃん今ここにいるんだな。様子を見に来てるんだな」と思って過ごしてました。 これから、どのように過ごして行けば良いのか?良きアドバイスがありましたら 教えて頂けますよう、よろしくお願いします🙇

有り難し有り難し 18
回答数回答 3

永代供養後の七回忌

病死した夫は、夫の遺言もありお寺さんとのご縁は結んでおりません。 簡易的な仏壇も自宅にはありますが、魂入れもしておらず、お墓は永代供養の合祀にしました。戒名はありますが、義実家が勝手につけたもので、夫の面影を偲べるようなものではありません。 , 三回忌までは、お墓の法要室をかりて法事をいたしました。戒名は浄土真宗のものですが、お墓の合同供養祭をしてくださるお寺さんが曹洞宗なので、曹洞宗で法事をしました。 , お恥ずかしい話しですが、自宅の修繕や娘の進学が重なり、家計が厳しく、法要室での七回忌の費用を捻出するのが難しいのです。 , 自宅にお坊さんを呼ぼうと思ったのですが、魂入れをしていない仏壇にお坊さんをよぶのはだめでしょうか?また、宗派はどちらを選べばいいでしょうか? , 七回忌はしないで、合同供養祭で塔婆をお願いしたり、参拝できるお寺でしている先祖供養の回向で七回忌の供養にしても問題ないでしょうか? , 義実家とは全く付き合っていないため、むこうの様子はわからないのですが、仏壇や法事か2ヶ所でされているかもしれません。そのことに不都合はないでしょうか? , 不躾な質問ばかりで申し訳ありません。 お知恵をかしてください。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る