hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

自分が嫌になります

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

私は職場や自分のテリトリー(?)に新しく入ってくる人が嫌いです。
自分より出来る人だったら自分のポジションを取られてしまうと焦ってしまう…今の心地良い環境が壊されてしまう…仲の良い同僚が自分から離れてしまう…と感じて、私以外の所で盛り上がったり楽しくしているのが嫌なのです。
先日も、いつも一緒に帰っていた同僚が違うの同僚と帰っているのを見て悲しくなるのと、怒りが込み上げてきました。たしかにいつも帰る約束をしているわけでありませんが、裏切られた気持ちになりました。そそくさと先に帰っている気がして…私だけと仲間外れにされた気がするのです。
こんな情けない自分がとても嫌です。
どうゆう、心の持ち方をしたら良いですか?

2020年4月29日 14:26

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

変わりたくない、という煩悩ですね。

 こんばんは。初めまして。「新しく人が入ってくることを不快に感じる」ということですね。それはつまり「自分や、自分をとりまく環境が変化するのが嫌」なのでしょう。なるほどそれは、自然な感情かも知れません(いい環境にいらっしゃるのですね)。
 しかし、その「変わりたくない」という気持ちは、自然に対して従順ではありません。自然、というのはつまり「全ての物事は移り変わる(諸行無常)」のことです。単純な話、仲の良い同僚が退職したり、あなたが昇級したり、会社の業績が急に変化したり、異動があったりするわけです。そして勿論、あなた自身が年齢をかさねて経験を増やしたり、病気になったりするわけです。
 これら、みな変化です。
 いまの心地よさにしがみつこうとしている、その「情けなさ」に気づいておられるのであれば、「この心地よさは偶然と言えるほどの貴重な物だ、様々な縁が重なって、いまの心地よさがあるだけで、いつまでも続くものではない」ということを、まず頭で理解しましょう。
 そうすると、変化に対するあなたの反応が変わってくるはずです。「変化することに対して怒るのではなく、次の自分の対応を考える材料とすべき」と気づき、「今度私も、ご一緒していい?」という行動変容に繋げればよいのです。環境が変わったら、それに応じてあなたも変わる。変わることができる。自分にはその自由があると知って下さい。
 往々にして、変化を嫌う方は「自分はそのままでいたい(かわることができない)」という煩悩が強いと感じます。「物事は変化していく」ということに素直に対応できた方が、きっと気楽に生きて行かれると思いますよ。

2020年5月1日 0:14
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

質問者からのお礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございます。
良い環境にいらっしゃるのですね。
という言葉に気付かされました。
今、世間はコロナの影響で大変な事になっています。そんな中、恵まれた環境で仕事ができること、生活ができることにまずは感謝しなければと思いました。
変わらないものは何一つない。流れに身を任せて見栄を張らず変化を楽しみたいです。ありがとうございます。
どうぞ、お身体を大切になさってください。

「職場のコミュニケーション」問答一覧

職場における世間話の必要性について

今日は 私は28歳女性です。 初めてご相談させて頂きます。 誰かに何かをされたという対象の人物での悩みでは無く、 人が苦手な自分と社会でのコミュニケーションの必要性にギャップを感じ相談したいと思い立ちました。 自分は主に会話をする事が苦手です。世間話をする事自体は出来ますが世間話が意味の無い物だと決めつけ、人と距離が縮まる事を極度に嫌っている傾向にあります。 会話という手段が人間関係を縮める触媒の様で嫌悪感が強く、人と近くに居ても不安解消や自己の確立を促す為に求められ 時には優越の為に自分と比較をし始めたりそのパターンを繰り返される事が苦手です。 その行動について少し疲れると言うと「心を開いているから」「この位は普通」という返答ばかりです。時には酷く傷付いた顔をされてしまい心身共に疲れます。 自分は他の人より我慢強さが足りないのかもしれません。 世間話は話しかけられる側がデメリットが多いと感じています。必要としない欲求というプレゼントが届けられた気分で、要らない荷物を拒否しても再度違う形で押しつけられるのが辛いです。 距離を取るようにしても話かけてくる人が多く、立場上露骨に嫌な態度も取れません。 他の方は社会のコミュニケーションの大切さを解っていて話しかけようとしてくれているのでしょうか...。 もう....疲れました。 28歳になっても社会での人間関係の適度な距離や、社会における人間関係の大切さ信頼性というものが解りません。 人間関係の信頼性とは仲良くする事では無いと都合良く解釈してしまいます。 自己中で心が狭いのでこの様な思考になったのか、頭が悪過ぎてこの様な一部分だけをピックアップして自分の中で解釈して決めつけているのか。客観視出来なくて困っています。 ご教授頂ければ幸いです。 お願い致します。 稚拙な長文で申し訳ありません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

私の不手際で後輩からの態度が一変

こんにちは。 後輩からの態度が一変してしまい、謝ろうかどうか迷っています。 2ヶ月ほど前、配置転換があり、私と一緒に仕事をしていた後輩が、同じ場所ではあるものの違う仕事に移りました。 その配置転換については部長から私に先に話があり(私がリーダーのため)、私も承諾しておりましたが、部長から本人に話すとのことで私は何も話しませんでした。 その後本人から私に何か言ってきたら話し合おうと思っていましたが、何もなく、あっさり仕事から離れました。 私が仕事を一緒にしていた頃から、個性が強い性格で、明らかに機嫌が悪いと態度に出ていたりすることはありましたが、それでもその機嫌の状態が続くことはありませんでした。私に対して別の同僚の愚痴をこぼしてくることも多々ありました。別の同僚のことを死ぬほど嫌い、というような表現をしていても時間が経てば普通に接しているようなこともありました。 しかし、配置転換後からは他の人とは楽しそうに話しても、私とは最低限の挨拶のみになってしまいました。 先日、私が全体業務の指示を出した際に勘違いがあり、彼女の負担だけが大きくなってしまいました。その事に関して彼女が部長に報告をしたらしく、私はすぐ謝りにいきました。彼女は、わかりました、と言ってくれ、その日は少しだけ日常会話を交わしました。 ですが、次の日からまた元に戻り、私が話しかけても目も合わせてくれなくなりました。別の同僚から、配置転換の不満があるんじゃないかと言われました。 私は配置転換のことを部長にだけ任せてしまい、彼女に直接話さなかったことを後悔しました。今更ですが、それを他人に指摘されるまで足りていなかったと気づくことすらできなかったのです。 ここで質問なのですが、私がいまさら謝るのは自己満足でしょうか?数日前も別件で謝ったのでどうすれば良いか迷っています。それとも、彼女が他の同僚に対して嫌悪感を抱いていた時も時間が経てば直りました。このまま時の経過を待つべきでしょうか。謝る事によって、逆にいまさら遅い、とか、自己満足のために謝るな、など怒られてもっと事態が悪化してしまうのではと心配です。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

自分と他人の職場環境の違いについて

現在パートで働いております。 周りの正社員は、「自分たちは難しい入社試験を突破した優秀な人間だ」と、自分でいう人ばかりです。 私はパートのため、そのような試験は受けておりません。 でも雇って頂いた以上、正社員を全力でサポートしようと、言われてからやるのではなく、何事も言われる前に準備しようと努力しています。もちろん笑顔で。 しかし、隣の部署(仕切りもなく丸見え)に新しいパートが入ってきて、私としては更に辛い状況になりました。 隣の部署の正社員はパートを見下すこともなく、パートを大切に、フレンドリーに接していて、毎日とても楽しそうです。 パートに仕事を頼んでそれが出来上がると、「もう終わったの!すごいね!ありがとう!」の連発。 もちろんその頃、私はその仕事は終わっています。 (各部署にいるパートはみな同じような仕事をしています。) 私の部署はほとんど正社員からの指示、コミュニケーションがないため、自分で考えてやるしかありません。 そのため、先回りして仕事をしても、「当たり前でしょ、パートなんだから」という感じで、喜んでもらったことはありません。 仕事自体は好きなのですが、毎日隣のパートの楽しそうな様子が見えて、自分との環境の違いを嫌でも感じてしまい、気持ちも沈みがちです。 このような状況で、毎日頑張れる方法などご教示頂けましたらうれしく思います。 長文で申し訳ございません。よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る