hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お祓いしてしまいました

回答数回答 2
有り難し有り難し 11

今年死産をしており、その後内臓手術も受け、色々と災難なこともありお祓いを受けました。ですが子供を失ったのだから行くべきではなかったと主人に言われました。
私は悪いことをしてしまいました。
これでもしまた何か起きてしまったらと思うと不安で不安で仕方ないです…。
神聖な場所に子を失って良くないの(穢れ?)がある私にまた悪いことが起きてしまうのでしょうか…。色々と疲れてしまい、気になって仕方ないのです。もう遅いですが…。
教えて下さい、喪中にお祓いしに行くことはタブーですが知らずに行ってしまったために私には何かバチが当たってしまうのでしょうか。どうすればいいのでしょうか…。

2020年5月24日 21:21

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏教は道理を説く

ご相談拝読しました。大変お辛い思いをなされましたね。深い悲しみや不安な気持ちをお察し致します。

お祓いをされたのですね。されたのは神社でしょうか?たしかに神道では死を穢れとして扱う思想も有るようです。どうしても詳しく知りたいのであればお祓いを受けたところで聞いたり、神道について学んでみるのも手でしょう。

さて、ここはお坊さんに質問する所ですので仏教の視点から考えてみます。

まず、仏教では死を穢れとは扱いません。もっと言うならば死を生と切り離して考えもしません。生あるものが死すのは道理であり、究極的には生死一如です。死して生まれるものがあるのです。人は死んで終わりではありませんし、死は忌み嫌うべきものではありません。

死産や病気や様々な災難も原因があって生じたことです。その原因とはバチとか祟りとか厄とか神罰とかそういうものではありません。

病気なら遺伝的要素や生活習慣や感染などが原因としてあるように、どんな出来事にも原因はあるものです。

しかしその全ては人知でわかるものではありません。その分からない部分をいわゆる神という絶対者の采配だと考える宗教もあるでしょう。穢れ思想や罰の思想もそうした延長線上にあると言えると思います。

仏教ではそうは考えません。物事は原因と条件がととのって結果が生じるという道理を説くのが仏教です。

「喪中にお祓いする」という原因と、「罰が当たる」という結果を結ぶには、前者の行為に怒りをなし罰を与える存在が必要ですが、仏教ではそうした存在を認めません。

人は様々な苦しい現実を受け入れられず、そうした形而上のものにまで原因を押し付けて考えたりしますが、そうすることは人生から主体性を失うことになります。

災難は祓おうとすると襲いかかってくる様に感じるもの。そうでなく、災難も原因があって私がいただいたご縁なのだと受け止めていくならば、苦しみの中にも主体性を失わないことによる確かな歩みが生まれてきます。

次に何か起きても罰などのせいにしない勇気を持ちましょう。このままずっと何かに怯え続ける人生を歩むのか、そうしたものから解放されて歩むのか。

焦って答えを出す必要はありません。ゆっくりと、悲しみや苦しみや不安と共存して歩んでいける主体性を確立していきましょう。

2020年5月24日 22:38
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

大丈夫です。

ご質問拝読いたしました。
大変な思いをされましたね。
ワラをも掴む思いで、
神社にお祓いに行かれたのだと、
思います。
神さまも仏さまも、
私たち弱い人間を救うために、
まします。
満身創痍のあなたを救わずに、
誰を救うのでか?
神さまもすべてお見通しですよ。
本当に物忌で忌避されるのなら、
当日なんらかの障害があって、
お祓いできません。

服忌ブッキというのがあります。
奈良時代は「養老律令」、
江戸時代は「服忌令」、
明治時代には、太政官令として、
定められました。
忌中期間の目安です。
両親は50日、
子どもは10日です。
その間は、専ら故人を
偲びなさい。   
という期間です。
また、
神道では死を穢れとします。
穢れとは、気枯れ、
から来ていると言われています。
当然近親者が亡くなれば、
気持ちが暗く沈みます。
そういう時は 
控えましょう。
故人を偲びなさい。
いうことですね。
お話しを聞く限りでは、
10日は過ぎているので、
忌中にはあたりません。
また、
病気平癒のために、
厄祓いのために、
お祓いをお受けになったので、
これは全く問題ございません。
愚僧は、
今は、真宗の僧侶ですが、
長年修験の
真似事をしておりました。
当たらずしも遠からずだと、
思います。

神さまであれ、
仏さまであれ、
真摯に救いを求めるものを
救わずに、
誰を救うのですか。

あなたは、
必ず救われます。
大丈夫!
神仏の救いを信じて、
新たな一歩を、
進めてくださいませ。

またよくなったら、
御礼参りをお勧めします。
必ずよくなりますよ。

大丈夫!

2020年5月24日 22:29
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...

「将来・未来・先が不安・見えない」問答一覧

この先の不安

お手数をおかけします 読んでいただけたら有難いです。 誰もが『この先』について、考えてもわからないものだから不安なのを承知で相談させてください。 私はいま就活中でもあり、恥ずかしながら婚活中でもあります。 婚活はもう長くなります。 20代のころから結婚センターへ二件入会したり、友人や知人の紹介など活動してきましたが縁でしょうか、、 お付き合いすることがあっても結婚にたどり着くことには未だに恵まれることはない状態です。 年齢もかなり大きいですし出産ももう期待できないでしょうし、また男性のかたに結婚対象としてみられることも難しいでしょうし、、、 いろいろと考え、感じています。 ここ数年はお坊さま限定で活動しているので、益々厳しい状態です。 お寺さまの婚活パーティーへの参加は年齢制限により難しく、年齢制限のないイベントへ一度だけ参加してみたものの出逢いなどは期待されるものではないと感じました。 やはり一番の夢は『結婚』なのですが、もう年齢も年齢ですし諦めて、この先、一人でもしっかり食べていけるように就職したほうがよいかもと考えています。 仕事をするにあたって、夢でもあるお坊さまのそばで過ごしてみたく思っているので、お寺さまでのお仕事につけたらとも考えています。 どこかのお寺さまで事務員などの募集がないかとインターネットで探していますが、なかなか募集がないものです。 いつまでも結婚を夢みてないで一日でも早く働かなればとも思いますし、『結婚』という夢もまだ捨てきれないですし、、、 悩んでいます。 お坊さま以外の職業の人との結婚はもう考えられなくて、、、 これまで裏切りもあり、大事な仕事を手放し元通りになるよう努力も重ねましたがムリでした。 一度なくした信用はもう二度と戻ってはきませんでした。 人を信用しきった私自身の責任でもありますし、もう過ぎ去ったことですから、なるべく振り返らないようにしています。 腹も立ちますし^^ お坊さまも人ですからいろいろなかたがおられると思います。 いろいろな経験と勉強を重ねられておられるお坊さまのお話も聞かせていただけたらとも思います。 就職か結婚か、私にとって一番良い方法、幸せになる方法を考えています。 まとまりのない文章ですが、読んでいただけたら有難いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

ローンとこれからの不安

いつもお世話になっております。 心が折れそうになりながらも、ここでいただいたお言葉を糧になんとか転職先が決まり、今月より社会に復帰することが出来ました。ありがとうございます。 主題の通りですが、現在 ・職は決まったものの契約社員であること ・前職をパワハラで短期退職しており、今の職場でも長く続くか不安であること ・50万程度の借金(カードローン)があること ・貯金が一切ないこと が不安で仕方ありません。 ローンに関しては仕事を続けて返済していきながら、貯金を作っていくつもりです。 借金の原因は無職期間が長引いたこともありますが、何より自身の金銭管理の甘さや、摂食障害による食費によるものです。 家族には頼らず戒めとして自身の稼ぎで返済を考えていますが、貯金もなく仕事も契約社員なので、毎日不安で仕方ありません。 また、20代後半であるにもかかわらず、お付き合いしている方と食事に行くお金すら出せない自分がとても恥ずかしいです。 相手の方に借金のことは言っていませんが、私が金銭的に余裕がないことを知っており、いつもお支払いを快くしてくれています。なるべくお金がかからないよう、常に食事は家で作るようにしていますが、食材などを買いに行くたび申し訳なく、不甲斐なく、とても心苦しいです。 甘えたご相談であることは承知しておりますが、どうか、自身の責任を背負っていくためのお言葉や、私の行動や考えに至らない部分あればご助言いただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

将来が怖くて不安でたまりません

私は大学1年生の時に長期入院のため次年度の1年間休学しました。血液系の疾患で生死を彷徨い、放射線治療、抗癌剤治療、臍帯血移植を行いました。そのせいで当時は髪の毛が抜けたり、全身の筋肉が衰えて1人でベッドから起き上がることすら出来ませんでした。 大学1年生だったので周りの友人はバカみたいに酒飲んで遊んで、それをSNSで見て羨ましくて仕方ありませんでした。 なんで私だけこんな事にならなければいけなかったのか、約4年前の事になりますが今でも思い出して涙が止まらなくなることが多々あります。 そして、私は放射線治療を受けた事により妊娠しづらい身体になりました。当時はまだ19歳でした。今は23歳ですが、そのせいで恋愛に踏み出せない自分がいます。彼氏はすぐにできても2.3ヶ月で別れてしまいます。今の彼氏から「将来子供産みたいとかあるの?」と聞かれた際、「べつに産みたいとか思わない。笑」と嘘を言いました。本当は子供がほしくて、ふつうに結婚して幸せな家庭を築きたい。 私は他人に弱みを見せることができない不器用な人間なので、この事は親にも友達にも誰にも相談していません。辛いです。 そして、私は現在就職活動中です。大手の証券会社から内定をもらいました。でも、自分が本当にやりたい仕事なのか正直わかりません。「大手だから、親も喜んでくれるだろう。」という想いが正直ありました。私は承認欲求が強く、どうしても「自分自身のために」頑張ることが出来ません。体力的に大丈夫なのか、お金を稼いで奨学金をきちんと返済できるのか、また病気になったらどうしよう、と。考えれば考えるほど将来が怖くて仕方ないんです。 生きているのが疲れてしまいました。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

すごく不安です。

お忙しい中見ていただきありがとうございます。 タイトル通り不安な気持ちが入り混じっています。 質問としまして、お地蔵さまが出来た経緯を調べて 怖いとか恐怖を感じております。 お地蔵さんが閻魔さまの化身?と申し上げてよいのでしょうか・・、 それを聞いてとても怖くなりました。それだけではないのですが、 お地蔵様の前で嘘をついてしまったら、地獄に行きというのを 子供の頃にテレビで見てました(見たはず・・)その時にはあまりピンと 来なかったのですが、大人になって改めて調べてみたら・・ 凄く後悔しました。 私の場合、お地蔵様がある場所には普段は、行ったりはしないのですが、 たまに家族と出かける際に車すれ違いざまに、その場所にあったりします。 その際に家族との会話に嘘が混じっていたら、車ですれ違っていたとしても お地蔵様は見抜いているのでしょうか。とても怖いです。 あとお地蔵様はお墓に建てられているものや道端にもお地蔵様や仏壇に飾られている仏像様(違うかもしれませんが)も閻魔様なのでしょうか・・。 そして、お地蔵様ともう一つお墓についてです。 これに関しては、自分はうつ病を患っており色々と精神的にも 辛い状況にあり、口には出してはいませんが、 先ほども書きましたが、車でお地蔵様やお墓が道端に立てられている際に 頭の中に「いい気味」とよぎってしまいました。 何故こうなったのかと、先月のある日にふと、お墓と頭によぎり、そのあといい気味と頭の中に聞こえた声が聞こえました。 私は何考えてるんだ、失礼だろ!と自問自答しました。 意味を調べたら、他人の失敗や不幸を喜んで、いい気持ちになっていることという意味。 先ほども書きましたが、お地蔵様が作られた経緯を調べて怖いとか恐怖を覚えましたが、いい気味だなとは思ってもいません。 そしてお墓に眠っていらっしゃるご先祖様や亡くなられた方々に対して、いい気味だとも思っていません。 それ以来なのですが、余計にお地蔵様やお墓を見つけたり横切ったりする時に、いい気味と頭によぎったりする事があるので、その度に、思ってないやそんな事を考えてないとか息を止めたり(流石に息止めるのは止めましたが)、露骨に目で見ないように避けることが多くなりました。 なので、どうしたらいいでしょうか。 いい、解決方法等があれば教えてください。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

運転の不安がまた出てきました。

いつもありがとうございます。 また身に覚えがない不安で何も手が付きません。悪いことはばかり考えてしまいます。 覚えがない。と言っていいのか分かりませんが、運転しているときにいくつも注意しなければならない場面に出くわすと、慎重には慎重を重ねても、あとから不安がついてきます。 それでも飽き足らず、ドライブレコーダーも何度も音や衝撃がないか、車に傷や汚れに不自然なところはないかを何度も確認してしまいますし、近所だったら子供に「散歩へ行こうか」と誘い出して2、3時間後でも見に行ってしまうこともあります。 最近のことで言えば、通信工事をしているトラックの横を通ったのですが、警備員さんがトラックを避けるのには少し避けにくい位置に立って、「行って」と言う合図をしていましてた。 道も広い道路ではなかったので、警備員さんを気を付け、トラックの周りのコーンに気を付けながら通り、通ったあとはミラーを見て、警備員さんも普通に立っていたのに 、帰宅後に「もしかしすると、立っていても平気な位、軽く接触してたら?」と思ってしまうのです。 何度確認したって、何も変わらないし、自分自身も音や衝撃は感じていません。 何より通りすぎたあとはミラーで何度も確認しているのに、何をそんなに心配なことがあるのか…… そんなことが、ごくたまにあります。 主人にも「は?音もしてないんだろ?大丈夫だ!考えすぎ!」といつも面倒そうに返事をされます。 面倒なことをいっている自覚もあるし、事故を起こせば気がつかないなんてことはないと分かっています。 田舎で車が必須である以上、これからこのくらいの事はいくらでも出てくるのに…。 自分自身の不安は自分のせいなのに、「どうしてこんなところで誘導するの?あなたが邪魔なんですけど…」等、人のせいにしてしまうこともあって、とても情けないです……日頃の感謝もかけているのだろうな…と思うと、それもまた情けなく思います。 こんな風に思ってしまうことも、不安要素の一因なのでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る