hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

生きる楽しみを知りたい

回答数回答 3
有り難し有り難し 43

こんばんは。
生きることに楽しみや喜びを見出せず死にたいと思っています。30代女性です。

自己成長により幸せを目指そうと、いつも努力してきたつもりです。
勉強して良い大学に入り、有名企業に就職、さらに自己研鑽のために転職しました。転職先でも働きながら大学で学位の取得を目指しています。
また、女性としても己を磨くため美容や服装も学び、伴侶を見つけ結婚しました。
心理面もノートに書いて自省したり、カウンセリングを受けたり、心理学や仏教に関する本や動画で考え方を変える努力をして参りました。
育った家庭環境もあり、人から与えられるものに期待をせず自ら行動してきました。
一方で人には優しく、仕事や友人、家族で困っている方に見返りを求めず手を延べてきました。
少しですが災害や貧困問題の解決のため寄付もしてきました。
生活の充実のため旅行を企画し、テニスやランニングもし、病は気からと節制し健康的な食事も心がけております。

このように自分なりに幸せについて真剣に考え、変わり続けてきたと思います。
全ては自己責任と考えておりまして、これまでの努力が無ければ、得られなかったものを悔いて自分を責め苦しんでいたと思います。
環境等、恵まれている部分もありますが、何事も諦めず努めた成果はあると思います。

それでも死にたい気持ちに勝る喜びはなく、絶望しています。
このまま死ぬまで苦しみながらも努力を続けて、それでも体力能力ともに今後老いるばかりで楽になって行くとも思えず、お先真っ暗です。
ただ、すぐに死ぬ方法がないので毎日を過ごしています。
もしかしたら不慮の事故で今日死ぬ事ができるかもと思うと、心が安らぎなんとか1日を過ごすことができます。
傲慢ですがどなたか生きたい方、望まれる方に私の残り半生をお譲りしたいとさえ思います。
主人や両親にはとても話せません。暗い私と生活させていることを申し訳無く感じます。

大変甘ったれた相談で申し訳ありませんが、このような毎日に一筋の光を見つけたく、ご指導願えると幸いです。
まずはまとまらない長文を読んでいただき感謝いたします。

2020年5月31日 22:25

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

幸せの測り方は高さだけではない

拝見いたしました。
私も自己成長を目的に研鑽した後、無気力状態に陥ってしまったので、お気持ちはよくわかります。

現代は競争社会です。
学校では成績によって志望校が決定し、就活では自己アピール力によって会社が決定します。恋愛では(ネット上を含めて)たくさんいる候補の中から選んでもらえるように己を磨く。
こんな世の中に生きているのですから、競争するしかない、そういった考え方が無意識のうちに身についてしまうのが現代です。

ですが、幸せは高みにあるとは限りません。
自己成長で高みに登るほど、知力や外見、スキルや影響力が身についていきます。
その分、あなたの実力は増えることになります。
頂点を目指す過程を幸せと考える人は、自己成長を一番に据えても良いでしょう。
ですが、上を目指す時点で競争社会に組み込まれているので、頂点がすべてだと思ってしまうと幸せになることは難しいです。
上には上がいるものです。

幸せに唯一解はありません。
その人自身の環境や過去によって、何を幸せと考えるかは変わってくるからです。
ですのであなたが何を幸せと感じるのか、僕にはわかりません。
ですがそれはあなたとて同じです。
30年近く生きて、自分の全てを知った気になってはいませんか。
あなた自身をも知らない一面が、確実にあなたには眠っています。
あなたがまだ知らない幸せのかたちが、絶対にこの世にはたくさんあります。

そこで私の提案として、全て自己責任とするのはやめましょう。
大変難しいことでしょう。その価値観は染みついているわけですから。
ですが自己責任でいる限り、幸せはあなた個人で閉じます。
幸せを大きくしたいのであれば、幸せを共有できる人数を増やすべきです。
自己責任とは聞こえがいいものの、その実、相手に責任を負わせることをさせないという意味で、他者を信頼していないとも言えます。
相手に責任を負ってもらう覚悟で、他者に信頼を寄せて頼ってみる。
その時点で重荷が半分になるので楽になれます。
さらに同じ責任を背負ったもの同士、ミスしたら痛みは半分、成功したら幸せは2倍になります。

あなたの人生観に関わってくるので、厳しいはずです。
ですが、幸せは高さではなく広さで測ることもできます。
人生はまだ長いです。
新しい価値観のもとに人生の一部だけでも再構築してみてはいかがでしょうか。

2020年5月31日 23:35
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


自分に思いやりをむけること

りさ 様 相談ありがとうございます。

相談内容から、相当かなりの努力家さんにみえますね。それは良いことだと思います。それと自分を癒すこと、思いやりを向ける事、自分に愛情を向けることに向き合ってみませんか。
おそらく、これまでの努力してきた自負もあるでしょう。
それで生きる喜びを見いだせないと訴えているのは、
自分の心の温もりの為にそれを認めるような、何かを得る機会がなかったからではないでしょうか。
なので、私は、自分に思いやり、慈しみ、癒し、愛情を向けませんか、と提案しています。
自分の心が温かくなれば、回りにもその温かさを分け与えるようになります。
家族の関係がどのような状態であれ、慈しみや思いやりを分け与えるほど尊いものはありません。それには自分に思いやりを向けて、満たされているのがいいのです。
生い立ちにもいろいろあるようですが、自分が生まれてきてよかったと思えるような何かを得るとか、出会うとか、そういうことがあると、最期まで生きたいと思えるようになるでしょう。

色々試行錯誤してしまうかもしれませんが、自分に思いやりを向ける方法は沢山あります。努力家さんですから色々行動はされてきたと思いますが、自分への思いやり、慈悲を向ける何かを行動してみてください。

読んで欲しい本とかもたくさんありますが、まずは私の提案が受け入れらるなら、という事にします。
では、宜しければちょっと自分の心を癒すことを始めてみてください。
一礼

追伸:早速にお礼メッセージありがとうございました。自分を甘やかすことと自分に思いやりを向けることは違います。体にメンテナンスが必要なように、心にも(思いやりという)メンテナンスが必要だと思います。自分に叱咤激励は悪いことではありません。それで疲れた時は心もしっかり休むという事が必要だと思います。これが自分に優しくということだとも言えます。お薦めの書籍は『マインドフル・セルフ・コンパションワークブック』(星和書店)です。参考にしてください。宜しければメールでもご相談ください。さらにお薦めが(*^▽^*)再礼m(__)m

2020年5月31日 23:51
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


お寺の法務(法事などのご先祖の供養)と 唱題行・写経・法話・カウンセリン...

小さな「発見」、小さな「わくわく」を楽しみましょう

 きちんと自己管理して、学業も仕事も趣味も充実しておられるますね。私のような、怠惰でぼんくらな住職から特に申し上げることは無いと思います。りささんが立派過ぎて、とても指導なんて出来そうにありません。後光が差してまぶしいくらいです。

 何事もまじめに取り組み、それなりの結果を出しておられるから、「幸せの目標値」と言いますか「達成感の物差し」をかなり高いところに設定し、そのことで御自身を縛ってばっておられるのではないでしょうか?言い方を変えれば、「幸せなことを幸せと感じられず」「自分には何も楽しいことが無いと思い込んでいる」ように感じます。極端な例えで言うと「オリンピックの金メダル」や「ノーベル賞」を獲得しないと幸せでない、くらいの物差しで日々生活されているようです。
 辛い勉強の中にも楽しさがあり、仕事の中にも発見があり「わくわく」があります。勉強も頑張って来られました。テストや単位のため仕方がなく詰め込んだ場合もあったでしょうが、興味を持ったり新たな発見が有ったり視界が広がったりということもあったと思います。其の時其の時で嫌々ながらノートを取り暗記に努めたことも多いでしょうけど、新たな知識の習得にわくわくしたこともあった筈です。
 
 私は大学では最初法学部で学びました。教室の側まで行ってましたが、雀荘とサークルのたまり場で時間を過ごしていたダメ学生でした。法律の条文になかなか馴染めず、成績は酷いもんでした。ゼミのレポートを書く際、さすがに必死になって条文を読み判例を丁寧に読んだら面白くなり「わくわく」しながら判例を読めるようになりました。サラリーマンになって、相手先との交渉でかなりストレスが溜まり体調にも影響が出て病気にもなりました。でも、そういう場を経験したことでの「学び」や「発見」もありました。
 退職後、仏教学の大学院で論文を書く際、テーマは決まって資料収集に努めたけど暗中模索の日々が続きました。或る時、突然霧が晴れたように、今までの断片的な資料が結びつくようになりました。この時ほど、学ぶということに「わくわく」したことは有りませんでした。

 「わくわく」感は永遠に続くものではありません。でもね、これからの人生でも小さな「発見」や「わくわく」にたくさん出会うことは出来ます。次の「わくわく」のため、今日を頑張りましょう。

2020年6月1日 8:30
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

質問者からのお礼

こんにちは。
このような個人的な悩みを真摯に受け止め、考えて下さいました事、感激しております。
ありがとうございます。

釋 孝修様
仰る通り、自己の心を温かくする事に意識を向けてはこなかったと思います。むしろ他人には寄り添いながら、自らは叱咤激励して参りました。
「自分が生まれてきてよかったと思えるような何かを得るとか、出会う」とのお言葉をとても新鮮に感じます。
正直、自らへの「慈悲」を「甘え」と解釈してしまいそうになります。
これも修行と捉えてつとめてみます。
本についても宜しければご教示くださるとありかたいです。
ありがとうございます。

石井祐晃様

幸福は人それぞれで、私自身が成長によってのみ幸せを感じるとは限らないのですね。
そう考えると、これまでまでのことも、努力という一つのことを試してきた、そして、それが自分の幸福ではないと分かったということなのかもしれません。
ご指摘の通り、これは自身の一部であって、諦めるには早いと思えます。
また、「他者を信頼していない」とは全くその通りだと思います。
両親や過去の友人との関わりの中でこのような性質を形成してきましたが、これとて広い世界の一部なのですね。
一つのことに集中して視野が狭くなりがちで、幸せに広さを求める事について思い至りませんでした。
自分を高めること、他人を優先することの両極端で、自分も相手も含めた大きな幸せを求めていませんでした。
日々に機会を求めて精進して参ります。
ありがとうございます。

吉田俊英 様

ご経験を含めて詳細にご説明下さりありがとうございます。
具体的に書いてくださったことで、拝読しながら、私にも「わくわく」することもあったことを思い出しました。
仰る通り、このわくわくと楽しい気持ちも含めて、「達成感や幸せの物差し」が高くなっていると思います。
成果を求めるあまり日々を味わって過ごすことを忘れがちです。
苦しい時でも、次のわくわくを楽しみにする気持ちを思い返すゆとりを持ってゆきたいです。
ありがとうございます。

釋 孝修 様
再度のお言葉をありがとうございます。
体と同様に心もメンテナンスが必要とのことにはっと致しました。
甘えとは異なるのですね。
幸いにも薦めて下さった書籍を近くの書店で見つけることができました。
ご縁を感じております。
考えながら取り組むもののようですので、少しずつ進めてみます。
ありがとうございます。

「人生の生きがい・楽しみが欲しい」問答一覧

仕事も趣味も何もかも楽しくない。

初めまして。 現在、自営業(小売)と一般企業(非正規)勤務に携わる者です。 昨年後半より売上が伸び悩んでいたところに、追い討ちでコロナ禍により、自営業の方が売上が壊滅的。 今はこの状況でも頂けているお仕事に一生懸命に取り組んでいますが、先が中々見えません。店頭販売もあるので、自身の見栄えを良くする為に昨年はダイエットに取り組み、20kg近く痩せましたが、様々なストレスでまた太ってしまいました。 元よりない自己肯定感がさらにガタガタになりました。 企業勤めの方も若干面倒を起こす社員の方にかき回され、その分の仕事をこなさなければ回らないので、バタバタです。 経験職であるので、なんとかぎりぎり持っている形です。同期もいないので、愚痴も弱音も吐けません。 ストレス発散になるのが、推し活という趣味だったはずですが、デビューしたばかりの推しはグループの中でも歌唱分量も少なく、ダンスパートでも目立って抜かれず、TV出演や単独の仕事も少なくて、他のメンバーの仕事をSNSで見るたびに虚無になります。 ファン全体が箱推し傾向にあるのもしんどくて、最近は推しを応援したいのにグループはそれほど応援したくないジレンマに苦しんでいます。他のメンバーを見るのもしんどいです。 推しが実際にはわかりませんが、目に見える扱いとして大事にされていないように感じ、それがしんどいです。趣味ですらストレスです。 それらのこと以外も色々ありますが、今は何もかもが今楽しくなくて、毎日不安で、努力が報われないような虚無感で生きている心地がしません。 少しでも生きやすくするには、どうしたらいいのでしょうか。毎日、色々な感情に襲われながら擦り減らして生きることに、意味が見つけられません。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

人の趣味・生きがいについて

こんにちは。お世話になっております。 今日は人の趣味・生きがいについての相談をさせていただきます。 ある時テレビで、漫画やアニメ、声優の特集でインタビューが行われていた時のことです。 家族で見ていたところ、母が 「オタクって気持ち悪い。二次元しか好きになれないなんて。」 と言いました。すると兄弟が 「存在が寒い。不快だわ。」 と続けます。 私はその場でチャンネルを変えました。 それでもまだオタクについて否定する言葉が飛び交います。 このときはただただ悲しかったです。 なぜかと言うと、私の友達がオタクだったからです。 私は、アニメやゲーム、漫画、インターネットを厳しく制限する家庭でした。 そのことで学校では話について行けず、いつも親から薦められた本を読むばかりでした。 そんな時、声をかけてくれたのが彼女でした。 彼女は漫画やアニメ、声優も大好きで、そういったことに疎い私にとても楽しそうに、その魅力を語ってくれたのです。 そして、漫画も一緒に読んで、気に入ったものを貸し借りをし、家でこっそりと読んで感想を語らいました。 ところがある日、漫画を持っているところを母に見られてしまいました。 その本は何か、どこから持ち込んだものか、すぐに問い詰められました。 内容を正直に話すと、特に怒られることはなくそのまま会話は終わりました。 その次の日からです。 ことあるごとに母は 「ゲームごときに」 「漫画なんて下らない」 などと口に出します。 兄弟は私の友達を貶すようなことを言いはじめました。 私は言い返せませんでした。 それまではただ勉強して、テストで良い点と高い順位を取っていれば、家族は私を肯定してくれました。 それが、たった一つのことで崩れ去りました。 家族に否定される日々が続き、とうとう私は友達をも否定してしまいました。 彼女は怒ることもなく、決まり悪そうに謝りました。 今思うと本当に最悪な選択をしました。 そのまま卒業し、今に至ります。 あの時から決まった趣味もなく、また退屈で空っぽの人間になってしまいました。 ただ勉強という作業をこなし、家族に否定されることがないように。 それでも心のどこかで、彼女と遊んだ日々を思い返しては、後悔している自分もいます。 ここまで長々と書いてしまって申し訳ありません。 どうかご助言をいただけますと幸いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

何を糧に生きていけばいいのだろう

3年遠距離恋愛の彼氏と近々結婚の予定です。 現在の仕事も辞めて親元を離れて、二人だけで暮らそうと考えています。 仕事は自分に向いてないと考えており、いい機会だから辞めようと区切りがついておりましたが かなり環境のせいで神経をすり減らしてしまったのか、あまり何かに熱中したり全力で楽しんだりする事が出来ず、楽しかったことも終わった後に虚しさがありました。 なんの為に生きているのかわからなくなりました。 彼の事は大好きです。話も合うし、お互いに欠点も把握しているのでとても居心地が良い相手です。 久しぶりに会った時が生きている中で一番楽しいです。 彼の為に生きている、といっても過言ではないし、それでもいいと思っています。 でも依存先を一つにするのはとても危険だと思っております。 恐らくいっしょに過ごしていく事で当たり前になってしまい、今よりも生きる糧とはならないかもしれません。 なので何か自分がこの為に生きていると言える、糧を、生き甲斐を作りたいと考えてます。 でもどうしたらいいかわかりません。 何か好きなものを探したらいいのか、趣味から展開したらいいのか。 そもそも生きる糧とはなんだろう。 どうしたら生きる意味を見出せるんだろう、とがるぐる考えてしまいます。 シンプルに楽しく生きていく為に何が必要なんでしょうか。 生きる意味を探すきっかけでもなんでもいいんですが、何かお言葉をお願いします

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

社会人一年目夢がほしい

4月から出版社で編集の仕事をしています。 毎日緊張と不安の連続ですが、なんとか職場に通えています。 私には、フリーターの友人が何人もいます。 夢に向かってがんばる人、趣味に没頭する人、色々な職を転々とする人など そして彼女たちには恋人がいます。 一方私は、趣味はない、夢も目標もない、恋人もいない 私には今仕事しかないけれど、一年後、二年後この会社にいるイメージが浮かびません。 周りがベテランの人しかいないからか、 仕事がこのまま上司のようにできるようになる気もしません。 出版社にいながら本が好きなのかもわかりません。 自分には向いてない仕事のように思えてしまいます。 ふと私はこれでいいのだろうか、と思ってしまいます。 フリーターの彼女たちの方が充実しているように思えました。 そしてただ仕事と家を往復している私と違い、20代という若さを楽しみ、謳歌しているように思いました。 でもだからといって仕事を辞めては生活ができないことは働いてみてわかりました。 だからなにか夢があれば頑張れるのでは、、、と思い、色々しらべてみました。 それでとあるミュージカルの演出家になりたいと思いました。 私はその劇団の俳優のオーディションを受けましたが、落ちた経験があります。 そして大した努力もせず、諦めました。 今度は諦めたくありませんが、演出家はかなり高い倍率のようです。 叶わない夢のように思いました。 でもこれが本当に自分が進みたい道かわかりませんが、やってみたいと思いました。 こんなバラバラした気持ちにどうやって向き合っていくべきか。 こんな考え方ってどうなのか。 ご相談したいです。 曖昧な質問ですみません。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る