hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

自然災害が怖いです

回答数回答 3
有り難し有り難し 295

自然の脅威には逆らえないとわかっていますが、地震や自然災害が怖くてたまりません。
心配するあまり、日々の生活がおろそかになりそうです。

今、ここ、に集中するために、どうしたらよいでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今を生きる 今に感謝する

えりっく様、初めまして。
お気持ちはよく解ります、というより「平成」の世は「災害」の世であるがゆえに誰でも心の奥に持つ感情ではないでしょうか?
雲仙岳噴火に始まり、奥尻島津波、阪神大震災、そして東日本大震災と矢継ぎ早に自然災害に見舞われて「平成」とはとても言えない世の中です。サリン事件や9.11.などの無差別テロを加えれば不安になって当たり前ではないでしょうか。
蓮如上人の有名なお言葉に
「朝(あした)には紅顔(こうがん)あって 夕べには白骨となれる身なり」
とあります。
朝元気そうな姿でも、夕方には骨になる・・・、無常なことです。
「今、ここに集中するために」は、フッと不安になるときに、
今を生きている、というより生かされている事への感謝を思うのです。
朝起きた時「無事目が覚めた、平穏な新たな朝が来た」事に感謝する。
一日を終えた時に「一日無事終わった、様々なご縁や良き事・悪い事があったが、また穏やかに眠りに入ることが出来る」事に感謝する。
お仏壇や神棚、神社・教会やお寺の本堂どこでも構いません、感謝の気持ちで対したらどうでしょう。
明日、というより次の瞬間何が起こるか判らない時代です。
「今生かされていること」をこころの奥底に常に持ち、一瞬一瞬を大切にする。
周辺への感謝のこころも忘れない。
あなたひとりではありません、みんな不安を抱えて生きています。
でも常にあなたを支える存在があることを、忘れないでください!

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


石川県金沢市内の城北地区鳴和町で浄土真宗本願寺派のお寺をお預かりしておりま...

「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候・・」

えりっく様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

地震や自然災害・・確かに怖いですね・・拙生もそうでございました。

これでも過去に五年間ほど地震予知について考察を継続していたことがございます。

その時は、毎日、空を見ては地震雲が出ていないかと気になって仕方がありませんでした。

衛星画像や低気圧・台風の状況、あるいは電磁波・イオン濃度や宏観情報などをネットで収集したりと、とにかく予知してみせるのだとかなり意気込んでおりました・・実はナマズも飼ったりしまして・・

しかし、ある時から、大地震には必ず何らかの異常な前兆が複数現れるはずなので、それを確実に捉えれば、おおよその予知は可能だと思って、以後しばらく研究をやめてしまっていた矢先に・・東日本大震災が発生致しました・・

あの未曾有の大津波を引き起こした巨大地震・・

正直、全く予知できませんでした・・確かその直前にはマグニチュード6ぐらいの地震が三陸沖であったようには記憶しています。その時は、まあ、あの辺りはいつものことだから程度でスルーしてしまっていたように存じます・・

以来、もう地震予知について考察するのを諦めてしまいました・・というよりも、どこか虚しくなりました・・自然の脅威には逆らえない・・それを受け入れるのも必要なこと、無常の理趣を認めるべきだと。

もちろん、後々に後悔しないためにも防げることであるならば、防ぐことに努力するのは大切なことです。防災・減災にできる限り取り組むべきであります。しかし、どうにもならないことは、本当にどうにもならないのだと受け入れて諦めることも大切なことでございます。

良寛禅師は、「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 死ぬる時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるる妙法にて候 かしこ」と述べられておられます。災難にあっても、しっかりとそれはそれとして現実を受けとめて、冷静にその時にできることをできる限りに対処していくことが肝要となります。いまだ起こってもいないことにあれこれと思い悩んでも詮無きこと、杞憂なることでしかありません。とにかく目の前の現実の一つ一つと真摯に向き合って、なすべきことをなしていかないといけないという次第でございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

テポドンが飛んできたらどうしますか。

_(._.)_
自然災害も含め人災もあります。今や時代は北朝鮮からノドン、テポドン、ハルマゲドンです。もしそれらが同時にとんで来たら、どうしますか?
答えは「その時になってからじゃないと分からない」です。
先日のミサイルは寝てる間に海にて、ボドンです。←ざぶとんプリーズ
まだ来ぬうちから、あれこれ考えても、いたずらに自分を苦しめるだけ。
切ったわけでもないのにナイフで自分の指を切ったらああ、痛いだろうか、どのくらい痛いだろうか、かなり痛いだろうか、チョー痛いだろうか、めっちゃ痛いだろうか、マジ痛いだろうか、ドエりゃ痛いだろうか、ぶち痛いかのう、と言っているようなものじゃけん。
安っぽい禅の本には「いま ここ」みたいなこと書いてありますが、本当の「いま・ここ」は、「いま ここ」なんて言葉もないんです。
いま ここ に集中しようなんてこともお捨てになることです。
眼も耳も、いまここに集中しようとしなくても、今ココの事しかありゃしませんし。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

質問者からのお礼

心に寄り添う回答をいただき、ありがとうございました。
自分の恐怖が先にきていましたが、そうですよね、不安がない人はいないでしょうね。
人は生かされているんですね。恐怖を持つことよりも感謝をすることが大切ということを
改めて教えていただきました。
どうもありがとうございました。

「事件・犯罪・災害・戦争・コロナウィルス」問答一覧

悪質詐欺に引っかかりました

 私は、高校二年生の17歳女子です。  先日、私はとんでもない罪を犯してしまいました。未成年なのにR18の有料動画サイトに入ったのですが、そこに入会登録みたいなのをしてしまい退会手続きをしなくてはと電話をし、自分の氏名、年齢、住所、家の固定電話番号まで教えてしまいました。後からそのサイトが悪質サイトだと知り、自分のしてしまったことの重さを知りました。  母に一連の流れを話したところ、大変叱られたのと同時に、その恐ろしさを教えられました。父には伝えていません。母は、私が勉強せずそのようなサイトを見ていたことに裏切られたと言い、私の勉強に関してもう期待しないと言いました。普段の態度はそれほど変わっていないのですが、直近にあった面談のこともどういう対応をされるか怖くて言えない状態です。また、固定電話に電話がかかるようになり、家族や周りの人たちに迷惑をかけてしまいました。  自分でしてしまったことですが、後悔と先の不安で胸がいっぱいで、眠れないし勉強に集中できない状態です。かといってこんなこと誰にも相談できないし、藁にもすがる思いでこのhasunohaに登録して今ありのままを書いています。 ①個人情報を教えてしまったこと ②お金(高額)がかかると電話口で言われたこと(悪質だそうなので払うつもりはないのですが、やっぱり怖いです。) ③未成年なのにそのようなサイトに入ったことは年齢詐称だと思うので最悪警察に捕まったらどうしよう ④これからの不安 ⑤母とどうすればいいか  この5つの不安が私の心をギュウギュウと締め付けているような感じで、後悔と不安しかないです。こんな私に、何かお言葉をください。お願いします。

有り難し有り難し 35
回答数回答 1

私はコロナに敏感過ぎですか?

私の家族は「コロナに感染して家族や周りの人に絶対迷惑をかけてはいけない」という考えを持っていて、私もこの考えに賛成しています。 なので私達はコロナに感染しないように、職場(学校)以外の外出を極力しないようにしています。外食も滅多にしません。 この生活をもう半年以上続けています。 そのおかげか今まで一度も感染したことがなく、比較的健康に過ごせています。 このようにコロナの感染予防にきっちりと努めているからか、最近、友達の口から「(県外)に行こう!」という発言が出る度に心から強い嫌悪感を持つようになりました。 遠方へ遊びに行きたいのは分かります。私も行きたい気持ちがあるので。でもそれは自分自身、周りの人達の感染リスクを高めてしまってでも行くべき所なのでしょうか。 私以外のいつメンは、どうやらその「(県外)に行きたい!」という発言に賛同しているようで、計画まで立てようとしています。私はただ苦笑いしているだけ。 私は気にしすぎなのでしょうか?私達の考えは合っていると思っていたので、最近不安です。 思っていることをそのままに書いたので、文章が分かりにくいものになっていたらすみません。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

コロナが怖くて好きなことができない

世界的にコロナウイルスが蔓延しており、日本でも毎日感染者数がニュース速報で流れています。 私も2月ごろからコロナ対策を実施し、外出等の自粛や手洗い消毒の徹底をしどうにか感染せずに過ごしております。 専門家によっては、数年から数十年はこのような暮らしが続き、もう昨年までのような日常には二度と戻らないと言われています。 今は、平日は毎日仕事に行き、休日は自粛のためほとんど家にいます。 昨年までは、スポーツ観戦や音楽鑑賞等アクティブに過ごしていましたが今年は1度も行っていません。 世間的に経済活動が再開して娯楽産業やイベントも再開して日常の一部が戻ってきています。 しかし、私はまだ戻れていません。 コロナが怖いからです。 病気になると苦しい、命を落とすかもという怖さよりコロナにかかると犯罪者扱いをしてしまう世間と、誰かにうつしてしまい殺めてしまうかもという怖さが強いです。 コロナになると会社やお客様に損害や迷惑がかけてしまいます。 世間の目、会社(上司)の目が怖い、そして会社でコロナ第一号になりたくない。ということが要因として大きいと思います。 他の人は、居酒屋で飲みながら会話したり、キャバクラや性風俗店に行ったりしています。 私だって飲みに行ったり、性風俗店に行ったりしたいです。 でも、もしかかったらと思うと何もできません。 SARSや新型インフルエンザの時はここまでしなかったけど、TVからの洗脳かもしれませんが恐怖感でいっぱいです。 これからは仕事だけで人生が終わると思うと本当に辛いです。 早くスポーツ観戦に行きたいし、居酒屋、性風俗店だって行きたいです。 どうのような考えで人生を歩んでいけば良いでしょうか? 怖がって何もできない私とキャバクラや性風俗店に行ったりしている人との考え方の違いってなんでしょうか? どこでも行ける人が羨ましいです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

コロナ自粛開けからの体調不良について

4月から5月末までの、コロナ自宅待機中に、家でやることがなくて、5歳の息子とひたすらゲームをやる日々が続きました。 私はもともとゲームが得意ではなく、ただご近所に遊び友達も居ないので息子にさみしい思いをさせたくない一心で一緒にゲームをしていました。 公園などにも行きましたが、グループが出来上がっているので入りづらく、やはり家中心でした。 6月に自粛があけた頃には、ぐったりしていました。 家にずっといるばかりで、人との繋がりがなさすぎる事を痛感し、寂しさと心細さで一杯でした。 その後、人間関係のストレスではじめて過呼吸をおこしました。6月に3回おこり、この度に外を歩くを繰り返していましたら、幸いその後は落ち着いています。6月だったので雨の中をひたすら歩きました。 7月はかなり不安定な状況でしたが、8月は少しずつ落ち着いてきて、9月になってだいぶ涼しくなってきたので体を鍛えようと山登りを始めました。 波がありながらも落ち着いてきているのですが、夜中に何度も目が覚めてしまいます。 病院で相談もする予定ですが、こちらでも何かアドバイスを頂ければと思いました。 もう、どうしようもなくてお手上げなんです。 人と仲良くなれない。息子を他の子と遊ばせることも出来ない。チャレンジしたけど失敗続きです。過呼吸には参りました。発作こそもう無いものの、心身が弱り立ち直るのに時間がかかっています。 今は、なんとかスーパーにも行けます。でも怖いです。 まだ死にたくないし、出来ることならびくびくせず堂々と子育てしていきたいです。 お忙しい所と思いますが、お言葉頂ければと思います。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

コロナ窩での生き方に悩んでいます

現在、医療従事者として働いています。 職場でも様々な感染対策を行っており、県外渡航や複数人での食事など現在も控えるように言われています。そのため、友人や家族とも2月以降会うのを控えており、ひとり暮らしのためほぼ自宅で自粛している状態です。 仕事はやりがいがあり、辛いことなどはありまんが、このまま毎日仕事だけして生きていくのは辛いです。 みんなは遊んでるのに何故私だけダメなのかという思いもありますが、もし自分が感染してしまった場合どれだけの人に迷惑をかけてしまうのかと思うとやはり怖くて友人と会ったり不必要な外出は出来ません。 余暇時間で仕事に纏わる学習を行ったりしていますが、それもなんだか疲れてしまいました。それに、仕事では成長出来ているのかもしれませんが友人が休日に旅行に行ったり、恋愛や育児を楽しんでいる、頑張っているというキラキラとした写真をsnsなどで見たりすると、現在私には目標も無く自分の人生を無駄にしてしまっているような、社会に取り残されたような気がして辛いです。 仕事は生活を豊かにするために行うものと考えており仕事を中心として生きていくことにシフトするのはかなり難しく、このままでは仕事を行う気力も無くなってしまいそうで怖いです。この気持ちを切り替えることが出来るでしょうか? ちなみに、周りの友人はみんな理解があり、差別するような事も無ければ会えないことを伝えるとオンラインで私も会話に参加できるようにセッティングしてくれたり優しい人ばかりで支えてもらえてるので感謝しかないです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

コロナが怖くてやりたい事ができません

今19歳で今年20歳になる大学生です。 私は以前から、ずっと歌を習いたいと思っていて、ミュージカルサークルに入ったこともあり、プロになりたいとかではないけれど、サークル内で役をもらえるように本気で頑張ろうと思っていました。 しかし、コロナが流行してしまい、やりたい事が何もできず、サークルもなく、それでもできることをやってスキルアップしようとオンラインの歌のレッスン等を受けたりしたのですが、歌の経験がないので自分のやり方が正しいのかも分からず、やっぱり対面で習いたいと思うようになりました。 私が以前から行きたいと思っていた教室が東京にあり、行けないことはないのですが、家族に基礎疾患のある者がおり、 もし私が移して何かあったらと思うと怖くて行けません。 でも、今話題の虹プロジェクトなど、全力で頑張ってる同世代の子たちを見たりすると、好きな事に全力で努力する姿に憧れると同時に凄く羨ましくて、私ももっと色々頑張りたいのに と考えてしまいます。 来年は3年生でインターンなども始まるのに、自分のやりたい事をできないまま大人になるのが嫌で将来のことを考える気も起きず、夢なども持てていません。 コロナの対策をしっかりと確認して、習いに行くのか、それとも家でやり過ごすのか、家族からは東京には近づかないでほしいと言われているので、どうしたら良いかとても悩んでいます。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る