hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

自然災害が怖いです

回答数回答 3
有り難し有り難し 278

自然の脅威には逆らえないとわかっていますが、地震や自然災害が怖くてたまりません。
心配するあまり、日々の生活がおろそかになりそうです。

今、ここ、に集中するために、どうしたらよいでしょうか?

2014年3月27日 21:48

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今を生きる 今に感謝する

えりっく様、初めまして。
お気持ちはよく解ります、というより「平成」の世は「災害」の世であるがゆえに誰でも心の奥に持つ感情ではないでしょうか?
雲仙岳噴火に始まり、奥尻島津波、阪神大震災、そして東日本大震災と矢継ぎ早に自然災害に見舞われて「平成」とはとても言えない世の中です。サリン事件や9.11.などの無差別テロを加えれば不安になって当たり前ではないでしょうか。
蓮如上人の有名なお言葉に
「朝(あした)には紅顔(こうがん)あって 夕べには白骨となれる身なり」
とあります。
朝元気そうな姿でも、夕方には骨になる・・・、無常なことです。
「今、ここに集中するために」は、フッと不安になるときに、
今を生きている、というより生かされている事への感謝を思うのです。
朝起きた時「無事目が覚めた、平穏な新たな朝が来た」事に感謝する。
一日を終えた時に「一日無事終わった、様々なご縁や良き事・悪い事があったが、また穏やかに眠りに入ることが出来る」事に感謝する。
お仏壇や神棚、神社・教会やお寺の本堂どこでも構いません、感謝の気持ちで対したらどうでしょう。
明日、というより次の瞬間何が起こるか判らない時代です。
「今生かされていること」をこころの奥底に常に持ち、一瞬一瞬を大切にする。
周辺への感謝のこころも忘れない。
あなたひとりではありません、みんな不安を抱えて生きています。
でも常にあなたを支える存在があることを、忘れないでください!

2014年3月28日 22:16
{{count}}
有り難し
おきもち

石川県金沢市内の城北地区鳴和町で浄土真宗本願寺派のお寺をお預かりしておりま...

テポドンが飛んできたらどうしますか。

_(._.)_
自然災害も含め人災もあります。今や時代は北朝鮮からノドン、テポドン、ハルマゲドンです。もしそれらが同時にとんで来たら、どうしますか?
答えは「その時になってからじゃないと分からない」です。
先日のミサイルは寝てる間に海にて、ボドンです。←ざぶとんプリーズ
まだ来ぬうちから、あれこれ考えても、いたずらに自分を苦しめるだけ。
切ったわけでもないのにナイフで自分の指を切ったらああ、痛いだろうか、どのくらい痛いだろうか、かなり痛いだろうか、チョー痛いだろうか、めっちゃ痛いだろうか、マジ痛いだろうか、ドエりゃ痛いだろうか、ぶち痛いかのう、と言っているようなものじゃけん。
安っぽい禅の本には「いま ここ」みたいなこと書いてありますが、本当の「いま・ここ」は、「いま ここ」なんて言葉もないんです。
いま ここ に集中しようなんてこともお捨てになることです。
眼も耳も、いまここに集中しようとしなくても、今ココの事しかありゃしませんし。

2014年3月28日 2:17
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候・・」

えりっく様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

地震や自然災害・・確かに怖いですね・・拙生もそうでございました。

これでも過去に五年間ほど地震予知について考察を継続していたことがございます。

その時は、毎日、空を見ては地震雲が出ていないかと気になって仕方がありませんでした。

衛星画像や低気圧・台風の状況、あるいは電磁波・イオン濃度や宏観情報などをネットで収集したりと、とにかく予知してみせるのだとかなり意気込んでおりました・・実はナマズも飼ったりしまして・・

しかし、ある時から、大地震には必ず何らかの異常な前兆が複数現れるはずなので、それを確実に捉えれば、おおよその予知は可能だと思って、以後しばらく研究をやめてしまっていた矢先に・・東日本大震災が発生致しました・・

あの未曾有の大津波を引き起こした巨大地震・・

正直、全く予知できませんでした・・確かその直前にはマグニチュード6ぐらいの地震が三陸沖であったようには記憶しています。その時は、まあ、あの辺りはいつものことだから程度でスルーしてしまっていたように存じます・・

以来、もう地震予知について考察するのを諦めてしまいました・・というよりも、どこか虚しくなりました・・自然の脅威には逆らえない・・それを受け入れるのも必要なこと、無常の理趣を認めるべきだと。

もちろん、後々に後悔しないためにも防げることであるならば、防ぐことに努力するのは大切なことです。防災・減災にできる限り取り組むべきであります。しかし、どうにもならないことは、本当にどうにもならないのだと受け入れて諦めることも大切なことでございます。

良寛禅師は、「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 死ぬる時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるる妙法にて候 かしこ」と述べられておられます。災難にあっても、しっかりとそれはそれとして現実を受けとめて、冷静にその時にできることをできる限りに対処していくことが肝要となります。いまだ起こってもいないことにあれこれと思い悩んでも詮無きこと、杞憂なることでしかありません。とにかく目の前の現実の一つ一つと真摯に向き合って、なすべきことをなしていかないといけないという次第でございます。

川口英俊 合掌

2014年3月31日 16:06
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

心に寄り添う回答をいただき、ありがとうございました。
自分の恐怖が先にきていましたが、そうですよね、不安がない人はいないでしょうね。
人は生かされているんですね。恐怖を持つことよりも感謝をすることが大切ということを
改めて教えていただきました。
どうもありがとうございました。

「事件・犯罪・災害・戦争・コロナウィルス」問答一覧

緊急事態宣言の為に実家に帰省は正しいのか

許されないかと思いますが、今回の緊急事態宣言の発令で、土曜日に東京へ行った息子を帰省させようと思います。 大学院進学に伴い、三月末に東京から実家に引っ越して来ました。4月からの新生活のため再び東京の大学の寮へ旅立ちました。本人の強い希望でした。 私は本人の希望で行ったのだから、コロナに感染覚悟の上で、戻って来ないと思っていました。 しかし、父親はすぐに戻ってこいと…何のための旅立ちだったのか?今の移動は皆に迷惑がかかるのでは?…かといって、東京に留まり感染してしまったら後悔してしまう…等勝手な事だと思いますが、考えると苦しくなります。 そもそも、行かせる時にもう少し話し合うべきでしたが、本人はどうしても行かなくてはいけない!自分の身分が保証されないのは嫌だ!指導教官と面接をしないといけない!等と甘いことを考えていました。 本当に甘かった! 娘は今更帰って来て、こっちも感染したらどうする!と言ったら、父親はなんて冷たいんだ!と怒るし、帰ってきても歓迎はされないでしょう。 話し合わなかった私達が悪いのですが、今更どうしたら良いのか一人モンモンと思っています 私は東京に留まった方がいいと思っていますが、慣れない自炊が不安ですし、結局外に買い物に行かないと食生活がおくれない状況なら、実家に戻った方が安心なのでは?等と思ってしまいます。 帰ってくるな!と言えば父親である旦那に冷たい人だと思われ、帰ってくれは、ウィルスにいつ感染するか怯え、こころが定まりません。 こんな私にアドバイスいただけませんでしょうか

有り難し有り難し 48
回答数回答 3

葬儀を行わなかった場合四十九日は?

こんにちは。 先月、祖母が亡くなりました。 コロナの懸念から葬儀は行わず、火葬のみでした。 本来ですと4月23日が四十九日となりますが、葬儀を行なっていない場合、また、コロナの不安なども踏まえて、今回どう過ごすべきか悩んでいます。 以下は私の勝手な胸の内なので読まなくても大丈夫ですが、どこかに吐き出したくて、書かせて頂きます。 祖母(母方の祖母)は心不全でした。 2月上旬から入院し、2月までは意識もあり、面会もできましたが、3月に入り、昏睡状態となり、でも、コロナの感染予防のため親族ですら面会謝絶。 叔父が病院側と揉めた挙句、昏睡状態の祖母を無理やり家へ連れて帰り、3日後に亡くなりました。 せめてその日のうちに顔だけでも見に行きたかったのですが、「兄弟で話すことがあるから今日は遠慮して。葬儀が決まったら連絡するから」 と言われ大人しく待ちましたが、 翌日の土曜日、知らない間に火葬を済ませてしまったようで、私は見送ることも出来ませんでした。 同じ都内にいながら、祖母に最期のお別れもできず、コロナが憎いです。 平穏な日常が戻ってくる日は来るのでしょうか。 それまで、心をどう保てば良いのでしょう。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る