hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

死ぬことがとても怖いです。

回答数回答 2
有り難し有り難し 12

死ぬことが怖くて、そのことだけが頭の中で渦巻いています。

死に至るまでの過程についてはそれ程まで怖くありません。
お迎え現象が私にも来てくれたら嬉しいなというだけです。

ただ、死が怖いです。
死んでしまうと自分の意識がなくなってしまう、愛する人と会えなくなるのが恐ろしいです。

死後の世界があると信じたいですが、自分の意識は脳があるからこそ成立しうるもので、死んでしまったら脳はなくなってしまいます。
そうしたら自分というものはなくなってしまうと考えてしまいます。

そう思うと死が恐ろしくて堪らないです。
80までいきたとしてもあと50年。
その50年があと50年しかないと考えてしまいます。

死が怖いです。

けれども、ずっと死を恐れて生きていくよりも死をポジティブに受け入れて生きたほうが人生を充実できのでは?と思っています。

ただ、死についてあまりポジティブな意見を見ることができません。

死についてポジティブな意見をいだけませんでしょうか。
また、死後の世界があるかどうかということにも意見を聞きたいです。

2020年7月7日 17:39

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人道の死は、ビッグチャンス!!

寿命が尽きる(死ぬ)と、天道、人道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道という六つの世界【六道】のどこかへ行き、またそこで寿命が尽きれば、また次の世界へ行く。これを【輪廻転生】といいます。今、私達は「人道」にいるわけですが、寿命が尽きれば、またどこかへ行ってしまいます。「天道」つまり天界で、セレブでリア充な生活をしている神々でさえ、寿命が来れば地獄へ真っ逆さまという事もありえます。というか、すでに世界の頂点にいるということはもう転落しかありませんね。天の神々にとって【死】は我々以上に深刻な問題です。

"死についてポジティブな意見を"
さて、6つの世界のどこかに生まれては死に、死んでは生まれるというサイクルから脱出する方法が、まったくないわけではありません。つまり、二度と「死ななくなる方法」です。しかも、それは今我々がいる「人道」でしか達成できません。今生でこれを獲得しなければ、天文学的な年数を経巡ってまた「人道」に戻ってくるまではおあずけです。

あなたはまさに今、千載一遇のビッグチャンスの真っ只中におるわけですが、人道においての【死】で唯一のポジティブな面があるとすれば、それは今生が【解脱】のチャンス!!という点でしょうか。

さあ、みんなで一緒に解脱を目指そうか!!

2020年7月8日 0:27
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

お迎えがきます

拝読させて頂きました。
そうですよね。死は私も怖いです。本当にどのようになるのかわからないですからね。
あなたがそう思うのももっともなことです。あなたのお気持ちを心からお察しします。
お経典には仏様が亡くなられた方々や迷っている方々を全てお救いなさって下さいます、そして仏様のもとにて誰もが一切の迷いや苦しみから救われて心清らかに円満にご成仏なさると記されています。
私たちはかけがえのないこの生命をあまたの方々から頂き、あまたのものから育まれて生きています。
そしてその与えられた天寿を全うする時には必ず仏様がお導きなさって下さり、沢山のご縁ある方々やご先祖様方々が優しくお迎えなさって下さいます。
その時にならなければ本当はわからないかとは思いますがどうかそれまでご自分のことや人生を大切に生きて下さいね。

ちなみに私ね母が亡くなっていく時には母の目の前には仏様や両親や夫である私の父や親族の沢山の方々が母を迎えに来ていました。周りの私たちには見えませんけども母は沢山の方々に呼びかけていました。ですから母は沢山の方々が迎えに来てくださっていました。
まあ亡くなるほんの前には今までの人生が走馬灯のようによみがえってきます。とても懐かしいこともあれば反省することもあるでしょう。普段忘れていても必ずよみがえってきますからね。

どうかこれからも1日1日を大切になさって生きて下さいね。

あなたがこれからの人生を心豊かに充実して生きていかれますようにと切に祈っておりますね。

2020年7月8日 9:33
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

お迎えのお話して下さってありがとうございます。
まだ身近の人の死に触れたことはありません。もしかしたら自分が先に死ぬのかもしれません。
けれど、その時に悔いの残らないよう日々を過ごしていきたいです。

また、人道にいる今が解脱するチャンスとのことでしたので、解脱について調べて行こうと思います。

「死ぬのが怖い」問答一覧

大切な人の死といつかが怖いです。

ネットで偶然見つけ、初投稿させていただきます。 私は以前から時々ふと家族や恋人が死んでしまうことを考えてしまい、涙が止まらなくなることがありました。 祖父や愛犬などの死を何度か経験しているので、今生きている人達もいつかそうなってしまうと棺桶に入って、何も映さない目を閉じ、もう動かない様子を想像してしまいます。 身体に触れると、いつかこの体温もなくなってしまうとその体温すら死を連想させてしまいます。 声を聞いても、この声はいつか思い出の中でしか聞けなくなると思ってしまいます。 今こうしている間にも時は流れて、1歩ずつ死に向かっていると思ってしまいます。 自然の摂理ですし、祖母や親の方が確実に先に死んでしまうこと、人間よりも寿命の短い動物の方が先に死んでしまうことは理解しています。 分かっていても、親が昔より痩せ、老いているのを見ると自分が幼く、みんなが元気に集まり楽しく過ごしていたあの頃を思い、時は流れてしまったとまた涙が出てしまいます。 時が止まればいいのにととても切実に思います。 そして、誰かの死を見るのだと思うと、それならいっそ今の間に先に死んでしまいたいと思ってしまいます。 それは親を何よりも悲しませてしまうことだというのは重々承知しています。 でも、道を歩いていても、一つ一つ思い出すことがあり、あの時自分は何を思ったと自分の考えていたことさえ思い出せて、それすら悲しくなります。 でも誰かが死ぬことを思うと気持ち悪くなってしまうくらい悲しくなります。 吐き気も涙も止まらないです。 頭で分かっているはずのことをどうして割り切れないのでしょうか。 どうすれば泣かずにすむのでしょうか。 家族もみんな特に大病もないですが、事故や天災でもう会えなくなってしまうかもしれない。 覚悟して毎日を大切に生きるといいのかもしれませんが、いつか会えなくなってしまうのなら大切にしても後悔してしまうことはきっとあるし、いなくなってしまうなら意味が無いと思ってしまうのです。 すごく自己中心的ですが、もう私の記憶のある限りの今世でもう会えないなら、記憶のない来世でなど意味が無いと思ってしまいます。 ここに書き込んでおきながら、否定的なことを言ってしまってすみません。 色んな方のお悩みを拝読致しました。 その上でこのようなことを申し上げて本当にすみません。 失礼いたしました。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

いつか死ぬことが怖い

はじめて質問させて頂きます。 幼い頃にいつか自分も死ぬと自覚してから、死の恐怖に襲われます。 hasunohaにも同様の質問がたくさんあり、たくさんの回答を読ませて頂き仏教の宗教観にも触れ恐怖感が薄まることはあるものの、心の奥底にどうしようもない恐怖があります。 私が一番怖いのは、死んだら身体も意識も消滅し、全てが無になってしまうことです。私は今の生活をとても幸せに感じており、これが私や家族の死によっていつか終わるということがものすごく悲しく、おかしくなりそうです。そして、死後、私の意識は一体どこに行ってしまうのか、消滅するということは私にとってどのような感覚なのか(死んだら感覚なんてないと分かっているのに、感覚がないという実感がわからない故に不安になってしまう)と考えて、胸が冷たくなり、凄まじい恐怖に襲われます。 私が好きなものも全て手放さなくてはならないこの世界が憎く悲しく、最悪の世界だと思ってしまいます。 この恐怖から、今私が存在していることが気持ち悪く思えてしまうようになりました。いま意識があるという状態が気持ち悪いです。見てる景色がテレビのワンシーンのように思えるのに、そこから離脱できない自分が気持ち悪いような感覚になり、発狂しそうになります。 家族が大好きなのに、死ぬのが怖すぎて生まれたくなかったと思ってしまいます。こんな思いを自分の子供にはさせたくなくて、将来子供をつくるのも躊躇ってしまいます。生まれなかったら死ぬこともないから、そっちの方が断然幸せなのではないかと思ってしまいます。 そして、いつか死ぬと思うと、人生が虚無に思えます。なにをしても最後は死んでゼロになる。宇宙さえもいつかなくなると思うと怖くて叫んでしまいます。そう思うと本当に生きているのがしんどくて、いっそ今死んでしまった方が良いなどと意味のわからないことを考えてしまいます。 まとまりがなく、感情的な文章で本当に申し訳ございません。 私の意識は死んだらどうなるのでしょうか。そしてこの様々な恐怖はどうやったらなくなるのでしょうか。弱い私に、どうかご助言をよろしくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る