hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

子供のいない人の死後について

回答数回答 3
有り難し有り難し 45

ここ最近hasunohaの問答を読ませていただき、何とか心を保っております。ありがとうございます。

さて私には50代で子供がいません。子孫がいないため、将来の世代から、先祖と呼ばれることは、ありません。
そのため先祖として供養されることはありません。
死後の話まで、心配しても仕方ないですが、
子孫のいる人といない人で死後に差があるのでしょうか?

今さら何もできないかもしれませんが、何ともやるせない気持ちです。また同じような境遇の人がどうなるか気にかかります。

よろしくお願いします。

2020年7月22日 7:34

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

有無を超える

ご相談拝読しました。

子どもがいないことから先祖供養をしてもらえないため死後に不安があるのですね。子どもがいて先祖供養をしてもらえる人と何か違いがあるのか疑問なのですね。

50代という事でこれまでを振り返り、また残された先のことを考える中で湧いてきた切なる思いであるとお察しします。その疑問や不安は「死後について」という形を取ってはいますが、実はあなたが生きている今についての疑問や不安なのではないでしょうか。

自分というものは一体何のために生まれ、何のために生きてきたのか。私の人生はこれで良かったのだろうか…そんな思いがあるのではないでしょうか。

子どもがいれば自分が死んでも何か残るものとして明確さが感じられるかもしれません。子どもという存在、あるいは子どもに伝えた事というのが残っていくことに一定の満足があるのかもしれません。

でもその残るというのは誰にとって残るのか。何が残ろうと、この「私」は死んでいかねばなりません。財産も地位も名誉も家族も功績も何ひとつ持ってはいけません。そこには実は子どもの有無は関係ないのです。私にとって残るものはないのです。残ったところに私はいないのですから。

お釈迦様は死後についてこうなるということは具体的に明確にはお説きになっていないように思われます。そうした疑問は答えの出ないものとして退けるのが基本的なスタンスです。
一方で、死後に変わらない何かが永遠に残る(常見)、逆に死後は何もない無である(断見)とするのはどちらも偏った誤りのある見方であるとされています。そうした有るとか無いとかいう迷いを超えるのが仏教の教えです。

では、それは死後についてだけでしょうか。今、あなたや私は有るのでしょうか?「これが私だ」と言える何かが有るのでしょうか?

それは心臓でしょうか?脳でしょうか?記憶でしょうか?そのようによく吟味して考えていくと何も「これが私だ」と言えるものは無い事がわかります。それならば元々無いものがどうしてなくなることができるでしょうか。

子どもの有無、つまりは死後の供養の有無で自分を推し量るのでなく、今ここで仏教の教えに私とは何かを学んでいきませんか?50代ということでとても良いタイミングではないかと思います。

是非これからもhasunohaにご質問ください。お待ちしております。

2020年7月22日 9:15
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

死後に差は無いのが仏教です。

亡くなったら
皆お浄土で成仏するだけです。
死に様や環境状況が違えども
そういうものは全く無関係で
仏さまは平等にお救いくださいます。

拙寺の場合は
他に身寄りのない方や
家が絶えてしまった方は
合同墓にてお寺が御供養いたします。
私も同じ合同墓に入りますが
同じお浄土に往く者同士として
「俱会一処」として
永代供養いたします。

2020年7月22日 10:59
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

世の中の実相をよくよく勘案すると。。

私達の身体は、死後斎場で焼かれて、水分は蒸発し一部の骨と灰が残ります。
一方、蒸発した水分は、空中の水分や水蒸気や雲になり、雨や雪となって大地や川や海になり、地球上のありとあらゆるものの素子となります。我々が飲むコップ一杯の水や、食べる肉や野菜も元をただせば我々のご先祖の一部とも言えます。
今朝食べた朝食は、食べた時から我々の身体の一部となり人間に生まれ変わります。 それでは、我々が生きていた時に経験した記憶や意識はどこに行くのでしょうか?と思いますよね。 それは「阿頼耶識」という一種の「蔵」に行くというか戻ると言えるでしょう。コンピューターで言う「クラウド」みたいなもんでしょうか。。「倶会一処」は「阿頼耶識」での再会です。すなわちお気付きと思いますが、我々は一体一如ではと思います。現に貴方は50年もご飯を食べ続けています。あらゆる「食」を通じた縁起があなたの身体を形成しているのです。
スマホをお持ちだと思いますが、貴方がGoogle検索した記録データは、デジタルデータとして500年後もGoogleのクラウドに残っているでしょう。。そんな感じではないでしょうか。。
子孫がいなくても、あなたの身体の水分の一滴が地球にばら撒かれています。その縁起でもって成立している生命体が無数にあるという理解です。
「人類みな兄弟」という標語がありましたが、同じことを指しているのではと思います。
「阿頼耶識」の事を我々の業界用語で「お浄土」「仏性」「涅槃」「阿弥陀仏」「一如」「無我」等と表現したりします。

2020年7月24日 14:05
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


東京在住の浄土真宗本願寺派の僧侶・前住職です。仏教は、私たち生きとし生ける...

質問者からのお礼

吉武文法様

ご回答ありがとうございます。
ご回答にある「生きている今についての疑問や不安なのではないでしょうか。」「私の人生はこれで良かったのだろうか」問言葉に、心中を見透かされたようでドキッとしました。
また、血筋が残せないという思いが今までありましたので、ご回答を読んで少しすっきりしました。(もっと理解が進めばと思いますが。)
「私」についても今まで考えたことがなく、今後、仏教の教えに学び「私」とはを学んでいきたいと思います。

今まで長い間自分を振り返ることもなく、宗教的なことも軽んじてきました。しかし最近になっていろいろな疑問や不安が浮かんできております。
そこでhasunohaに出会いました。

和田隆恩様

ご回答ありがとうございます。
分け隔てなく平等にお救いいただけるということで、「差がある」ことにこだわってきた(自分と他人をずっと比較してきた)ことに恥じ入ります。
「俱会一処」という言葉をネットで調べました。墓石に書かれているとのことで、その意味を知りました。

宮武様、和田様にご回答いただいたことに感謝するとともに、このご縁を与えていただいたhasunohaの運営の皆様にも感謝します。

今後ともよろしくお願いします。

久念様

ご回答いただきありがとうございます。
肉体については、誰の先祖ということなくみんな分け隔てなく我々の身体の一部であり、
血筋を残す残さないことにこだわるのはナンセンスということなのかなと理解しました。
阿頼耶識という言葉は初めて聞きました。意識もまた一つになるということでしょうか。阿頼耶識の理解は時間がかかりそうなので勉強したいと思います。(理解が違えばご指摘ください。)

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

どのように考えて生きたらいいかわからない

悩みに悩んで駆け込む様に書いています。 「いい行いをすると自分に返ってくる」「情けは人の為ならず」 この様なことはよくいわれますが、自分自身もそう思っています。その様な実体験も経験してきました。 ですが、頭ではわかっていても不機嫌な態度ばかり取ってしまう自分に嫌気がさしています。 職場では苦手な人に明らかに嫌な態度をとってしまう。きっと何か気に入らないことがあるのかもしれません。最初は些細なことだったと思います。 ですが今は麻痺したように何故かその理由もわからず毎日ずっと腹を立てて不満を言って頭はイライラでいっぱい。 そしてそれがダメなことだというのも頭ではわかっているんです。(つもりなのかもしれません) ですがまた冷たい態度をとって後で自己嫌悪。相手のことを思いやる余裕はありません。当然いいことが返ってくることもなくまたイライラの繰り返し。 自分の行いの結果です。 一度関係がダメになった、職場で居辛い空気を作ってしまった、この人が過ごしにくいのは自分のせいだと思い出すと全てをリセットしたくなります。 誰も自分を知らないところへ行ってまた新しくやりなおしたい!今度こそうまくやる!と、これの繰り返しです。 こんな自分に嫌気がさします。でも考え方の変え方を知りません。0か100しかない考え方です。自分を変えたいです。30手前なのでもう無理かもしれませんが変えたいんです。50くらいで生きてみたいです。 どうしたら楽に生きられますか。 どうしたら他人を気にせず自分を持って生きられますか。 人に優しく生きている人はイライラしたりしないんでしょうか。こんな荒んだ気持ちで生きているのは自分だけかもしれません。 誰かに聞いていただきたかったので書かせていただきました。 まとまりのない文章で どうしようもない文章で こんなものを読んでいただきありがとうございました。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

専業主婦に戻ったら、どう生きるか

3月末で、2年半近く勤めたパートを退職することに決めました。 辞める理由は、働いていた間、人間関係がうまくいかなかったことが何度かあったこと、なんとなく職場に溶け込み切れなかったこと、今後家族のサポートのほうに比重がかかりそうで、体力的に仕事と家庭の両立が難しくなりそうなこと、などです。 本当は、パートを続けて、ある程度のお金を稼いだほうがいいのかもとずいぶん迷いました。今でも迷いが完全に吹っ切れてはいません。 しかし、続けるだけの気力がどうしてもわいてこないので、ここでいったん区切りをつけて、専業主婦に戻ることに決めました。 ただ、完全に専業主婦として暮らしていく場合、自分の収入はない一方、家庭や子供、自分のために、自分が出さなければならないお金も、私の家の場合は存在します。 自分の貯金はある程度はあるので、節約して暮らしていけば、当分は何とかなるかと思いますが、ぜいたくはできません。 また、体調もいろいろと不良なところがあり、加齢で容姿も衰え、日々あまり気分がスカッと晴れることがありません。 最近、今まであまりお付き合いがなかった方々との付き合いもできましたが、自分に自信がないためか、いまいちその中にも溶け込めないでいます。 しかし、この状態でこのまましばらくやっていくことになりそうなので、自分に自信がなくても、少しでも明るく前向きに生活していきたいと思います。 このような専業主婦としての毎日を、充実して過ごしていくための、アドバイスをいただけたらありがたく、どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

今を生きる上での心構えについて。

お忙しい所、質問失礼します。 昨今はコロナの影響により、世代に関係なく苦境を強いられているというニュースを良く目にします。 また、自分の人生を顧みて、全体的に不幸である今を喜ばしいという意見も散見され、混乱しております。 かくいう私は、有り難いことに世代的にも恵まれており、この状況下でも上手く適応して生きていられる幸せ者であると自覚しております。(もちろん、この場以外でそれを口外はしていません。) よって、苦しい立場にいる人から「不幸になれば良い」と思われるのではないか、また、他者大勢の不幸の上に自分の幸せが成り立っており、間違った生き方をしているのではないかと不安になるときがあります。 過去にも他者に対して申し訳ないこともしてきましたし、そんな私が余裕に、幸せ者と呼べる生活をして良いのか・・・と。 自分は、自身に余裕があると思うなら人一人救う行動をしろ、苦境に理解を示す努力をしろと自分に対して思いますし、かといって適応的な今に対して不満はないし・・・と、結局自分が可愛い思考に陥ってしまい、良くない人間だと延々と考えてしまうことがあります。 そこで、どうすれば誰からも恨まれないか、どのような心持ちでどのような生き方をするべきなのか、ご教示いただきたく存じます。 とりとめもない乱文ですみません。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

順調な人生を全て投げ出したくなる

数年間同業種でコツコツと働き続け、経験を積んできました。そして現在、良い会社に恵まれ、人間関係も業務内容も給料も何不自由なく働かせてもらっています。 優しい友人がいてくれて、家族との仲も良好で、出会う人がみんないい人で、いい人生です。本当にありがたいです。 ただ時々、今の仕事をなにもかも辞めて、もう誰も自分のことなんか知らないところに急に消えたくなる衝動に駆られます。名前も顔も変えて、日本の端っこで風俗嬢などの女性的な面で金銭を稼ぐような職業になってその日暮らしの退廃的な日々を過ごしたいという妄想をしてしまいます。 落ち着くと「いやいや、今とっても恵まれてるんだから、毎日をありがたく享受しようよ!」と思い直すんですが、どうも良いことがあったり仕事で成果を出すたびにそういった気持ちが強く浮かび上がってきます。 今も書いていて不思議なんですが、この衝動はいったいなぜ起こるのでしょうか??そして、どうしたら心から今の人生を本当に肯定できるのでしょうか。 実力主義の仕事をしており、男性や女性があまり関係のない環境で結果を出し、順調にステップアップをしてきました。男女平等の実現が叫ばれ続けるこの日本で、ものすごく恵まれていることです。 それ故、もしかして女性として見られることへの憧れを感じているんでしょうか。単純に知らない世界への興味なのでしょうか。こういった心の動きになにか名前はあるのでしょうか。 支離滅裂になってしまって申し訳ないのですが、なぜこんな気持ちになってしまうのか、ご回答いただけたらと思います。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

相談出来る人がいない。

過去の歴史を振り返っても世界は常に様々な事がある。 争いや災害などなくなる事など決して無い世界で、その時代時代で、人は悩んで、苦しんで、喜んで、楽しんで、悲しんで、嘆いて、様々な感情を抱えながら、それでも人は今を生きている。生かされている。生きていけない。生きるのをやめる。生かしてくれない。様々な状況がある。 生きる事が怖いです。 死ぬのはもっと怖いです。 大切なものを無くす不安、恐怖、悲しみを味わいたくないです。 自分は死にたい訳でもありません。 大切な人に悲しみを与えたくないから。 だけど、いつも、、、。わからないです。 他人を羨んだり、自分を自慢したりもしません。 何かを望んでいる訳でもなく、いつも自分の心は真ん中にあってほしい。 なぜなら様々な出来事に自分の感情が揺れるのが怖いから日々を精一杯生きてるだけです。 それでも年齢を重ねて感動が薄れていく気がします。 けどいつか必ず来る悲しみを味わうのはもう嫌です。 今の世の中は物が溢れているところもあれば、その日その日を食い凌ぐので精一杯のところもあります。 あればあるほどいいとは思いません。 無ければ無いでこした事はないけれど、全く無いのは虚しいです。 モノや感情も同じ事で、自分にとってちょうどいいを見つけて、探して、見失ってその繰り返しです。 豊かとは何か?頭で考え、心で感じ、身体で実感する。 人生はそれの繰り返しで、過去の思い出をふと振り返り愛され、悩み葛藤し、肩を寄せ合って生きてたあの頃が懐かしく愛おしく思います。 今が不幸せという事ではありません。 十分に幸せだと思っています。 救いの言葉を下さい。 自分はどうやって生きていけばいいでしょうか? よろしくお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る