hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

あの世にしか私の味方がいない

回答数回答 2
有り難し有り難し 67

以前旦那さんが亡くなってすぐに質問させていただきました。
あれから3ヵ月半経ちました。
たった3ヵ月半ですが、私はもう何十年生きたくらい、生きるのに疲れました。

旦那さんとお別れした当初は、これからは色んな人に助けてもらえると思っていました。
けれども今、誰にも自分の気持ちを話さず、1分1秒ごとにくる苦しみを1人で耐えている地獄のような毎日です。
歯を食いしばりすぎて、そろそろ顎が割れそうです。

両親には毎日夫婦のやり取りを見せられています。
ご飯の味が濃いか薄いか、私の息子が今日こんなことをした等、毎日小さなことをなんでもお互いに報告する姿を見せられています。
もう彼らにとっては日常で、芸能人の訃報がテレビで出れば、へー!死んじゃったんだ!と言われます。
お父さんとお母さんでベビーカー押してる人がいたよ!と言われます。

義理の家族には、百箇日の法要を勝手に私の誕生日に開催されました。
その時に、あなたの誕生日だから、よかったら来ない?家族のみでやろうと思ってるの!と言われました。
彼の家族は私と息子なはずなのにおまけです。
私の誕生日に彼は喪服を着て祈ってほしいと思っているようです。
また納得できないから、彼の健康診断の結果を見せてほしいと言われました。
妻の私の至らなさをあーだこーだ言われそうです。
それらを聞いても、私の両親は義理の家族に何も言いません。
むしろ返事をしない私が失礼をしたと、謝っています。

友達も最初は連絡してくるくせに、今はほとんど連絡してきません。
私に死なないでほしいと言います。
でも何も助けられなくてごめんと言われます。

彼を失っただけでも辛く悲しいのに、世界はさらに私を傷つけてきます。
味方は旦那さんだけだったと、つくづく思い知らされます。

もう生きるのが辛い。
息子を養護施設に置いてくる勇気さえあれば、すぐに死ねます。
息子の前では必死に笑っていますが、毎日何度も何度も死にたいと口にしてしまいそうです。

自殺する方の気持ちがよくわかります。
生きるのが辛いんです。
死んで、周りの人たちにどれだけ苦しいか思い知らせてやりたいんです。

この世界に味方はいない、誰も助けてくれない。
なぜ、私は生きなければならないのでしょうか。
彼を救えなかったのは私です。
謝っても許されない、その罰を受けるので、誰か私を殺してください。

2020年9月3日 14:42

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そばに居たらただ話を聞きたいところですが…

前回のご質問とあわせて拝読しました。

あなたの言葉の一つ一つからとてつもない悲しみや苦しみが漏れ出て私にも刺さってきます。あなたはそれをこの3ヵ月半ずっと一人で歯を食いしばって抱えてこられたのですね。

そしてそれがこの先も続くことを想像すると絶望してしまうのでしょう。そして死について思いが巡ってしまうのですよね。そのくらいあなたは苦しんでいるのです。その思いを否定することなどできません。

さて、「あの世にしか私の味方がいない」とのこと。様々なことから今そうお感じなのですね。
でもきっとそれは「味方がいない」のではなく「(あなたの思いに沿ってくれる)味方がいない」ということなのでしょう。そしてあなたには今そのような相手を味方と見出す余裕などないのだと思います。

けれどどうでしょう。あなたが今唯一の味方だと感じる旦那様はいつもあなたの思い通りだったでしょうか。そうではないでしょう。ケンカしたり、言い合ったり、妥協しあったりしながら、それでも誰よりの味方だという関係を築いてきたのでしょう。

今、あなたはその旦那様を救えなかったと自分を責めています。お医者様が「誰の生でもない(=あなたのせいではない)」と言っても。

そのあなたを救えるのはやはりきっと旦那様なのでしょう。前回の相談の返答で旦那様との会話を思い出すということが書かれていました。

死してなお、旦那様はあなたに力を与えるのだと思います。旦那様だったらどうするか、旦那様といた時の自分だったらどうするか、その視点を持ってみませんか。

その時、味方に思えなかった人を味方に思える余裕や、そうまで至らなくとも何らかの転換点がわずかにでも生じ得るかもしれません。

今あなたに頑張れとか耐えろなどと言えません。味方に思えない家族でも味方の様に利用したっていいのではないでしょうか。すなわち感情を思いっきりぶつけてもいいのではないかということです。

思いっきり怒って、思いっきり泣いて…あなたが我慢せずにすむあなたでいられますように。

2020年9月3日 17:35
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

なにか、ひとつだけ

 前回の質問にも回答させていただきました。
 私は、今回の質問内容をみたとき、ゆきなつ様の感じている「味方はいない。誰も助けてくれない。」ということと逆のことを感じてしまいました。つまり、「ゆきなつ様を含め、みなさんで戦っておられるんだな。」と感じたのです。
 ご両親、今は苦しみの中におられるゆきなつ様と亡くなられた旦那様の代わりに、必死に息子様の保護者になっておられるように感じました。
 義理のご家族、まだ若い息子を亡くしたという気が狂わんばかりの状況にありながら、「あなたの誕生日だから、よかったら来ない?」息子と仲良しの嫁の誕生日を共に過ごそうとされたのでしょうか。
 お友達、「死なないでほしい。」大変エネルギーを必要とする言葉です。友人が直面している死苦を少なからず感じ取っておられるのでしょう。
 
 ゆきなつ様を中心に、周囲の皆さまが、なんとか、なんとか糸が切れないように、山崩れがおきないように、踏ん張っておられるのではないでしょうか。ゆきなつ様の苦しみを否定しているのではありませんよ、事実私もなんだか指先を震わせながらキーボードを叩いております。

 人間の死に際して人間はとても無力です。詳細は言えないのですが、先日、まだ30歳代とお若い故人のお葬儀に携わらせていただきました。私はまた、うなだれて、うちひしがれるばかりです。ただひとつ、私にはお経を唱えることが出来ます。故人への思いも、遺族の悲しみも苦しみも、読経に変えて必死に唱えます。私がプロの僧侶としてできることのひとつが、お経を唱えることです。
 ゆきなつ様、ひとつだけ、何かひとつだけ『これだけは』をつくっていくことは可能でしょうか。息子様の前では笑顔でいるという今されていることでも構いません。それとは別の、ご自身に対することでも構いません。そのひとつだけをなんとか繋げて、ゆきなつ様自身が苦しみから少しでも楽になれるようになりませんでしょうか。

 ゆきなつ様にとって、まだ苦しみの中にいても構わないもしくは苦しみの中でないといられないということが、今日を生きるためになっているのなら、それが良いのか悪いのか私には分かりません。でも、地獄から出たいという気持ち、最初の一歩に繋がるなにかが、どこかでくすぶっていることを切に願っております。

2020年9月6日 12:12
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


時宗の寺院で住職をしています。 今の時代、お寺の在り方とは、僧侶とはいっ...

「死後の世界・死んだらどうなる」問答一覧

人間の死後について(複数回答希望!)

お坊さんや、宗派によって答えが分かれると思うので、複数の回答をお願いします。 ①人間の死んだ後の魂の居場所はどこですか? まず、人は死後の魂は入魂儀式で位牌のに入るのでしょうか? 例えば49日に白木位牌から本位牌に「入魂」します。だとすると「遺骨」には魂は宿ってないんでしょうか?遺骨に魂が宿ってないのなら、お墓は単なる納骨施設で、お墓参りする意味も薄れてしまいます。仏壇の位牌に毎日手を合わせる方が遺族にとっても、亡き人にとってもいいと思います… 遺骨に魂が宿っているから、お墓の下で眠っていると信じてお墓参りにも行くし、また自分が死んだ時に一緒にいたいと思うからこそ家族は同じお墓に納骨するのだと僕は思いたいです。もし「位牌」に魂が宿っているなら、位牌もお墓に入れるべきですが、お墓→遺骨 仏壇→位牌というしきたりになってますよね… 死者の魂の本当の居場所はいったいどこなんでしょうか? ②極楽往生と輪廻転生 輪廻転生説:人間は死んだら、その人生の記憶は全部消されて白紙の状態に戻されて生まれ変わるんでしょうか?プラスチックやペットボトルのように、何度も0に戻ってリサイクルされるように、人間も全く別物に生まれ変わるのでしょうか?  極楽往生説:それとも浄土宗の教えのように、極楽浄土で過去の人生の記憶を持ったまま、自分の家族や大切な人と永遠に過ごせるのでしょうか? 僕は生まれ変わらなくていいから、極楽往生説を信じたいです。 大切な家族との思い出も、大切な人さへも、自分が誰だったのかさへも忘れてしまうなんて、余りにも虚し過ぎます(涙) 質問は人間の死後の「魂」についての上記2つです。 宗派や考え方でお坊さんによって違うでしょうが、複数のお知恵を拝借願います。

有り難し有り難し 44
回答数回答 3

亡くなった人はどこにいますか

よろしくお願いします。 母は生前いろいろな苦労をして、私も母に楽な暮らしをさせてあげられず、せめて来世は幸せになってほしいとの願いで日々仏壇に手を合わせています。 ただ、一方で疑問を抱いています。 四十九日で亡くなった方の魂の行先が決まると解釈しています。となると、既に母が誰かに生まれ変わっているのであればもう私の母としての魂はいないのでは? だとすると、拝んだり母に話し掛けても受取る人はおらず、初盆だとかお盆にご先祖が帰ってくるとかいっても(もうみんな生まれ変わっているなら)帰ってくる人などいないのでは?と思うのです。 そう思うと母が亡くなった時に親戚や知人が私に掛けてくれた、先立った母の兄弟や両親が母を迎えに来てくれてるから大丈夫だよとか、姿は見えなくてもいつでもあなたのそばで守ってくれているよとか、また会えるよとかいう言葉が虚しくなりました。 母が別の誰かとして幸せな新たな人生を踏み出しているなら勿論嬉しいです。ただ、私は誰に、何に、祈ったり笑い掛けたりしているのかと寂しくなる時があります。 勝手な想像で、母の両親兄弟、夫(私の父)らと所謂「あの世」で穏やかに暮らしているイメージを抱いたりしますが、それは四十九日の意味合いと矛盾します。 仏教では、現在母はどのような状態にあるのでしょうか。私の気持ちはもう母には届いていないのでしょうか。 或いは、私が心配を掛けてしまって母が気にして幸せに生まれ変われないなどということはないでしょうか(だとしたら話し掛けたりしない方がいいでしょうか)。 浄土真宗の住職をしている友人がいるので、できれば浄土真宗以外のお教えをお聞きしたいです。 取り留めのない長文で申し訳ありません。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る