hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

吃音症。自殺したいです。

回答数回答 4
有り難し有り難し 61

高校二年生の庄子と申します。
私は生まれつき吃音症と言う障がいを持っています。

障がいと言っても以前までは少し言いにくい言葉があるだけでほとんど健常者と同じように話せていました。

しかし、半年前やっていたアルバイトで「いらっしゃいませ」と言えなくなったことにより話すことが異常に怖くなりました。
時間がたてば良くなるかと思っていましたが日に日に不安は悪化していて、最近は見ているアニメの台詞まで「この言葉は言いにくい」とか思ったり、自己紹介の場面でドキッとするようになってしまいました。

コンビニに行くだけでもレジで言葉がちゃんと出るかと毎回考えてしまいます。
映画館や博物館などに行くときも受付で喋らなくてはならないため、私はもう一生それらの施設に行けない気がします。

ですが、これから生きていく中で「自己紹介」をする機会は多くあると思います。
もし自分の名前が言えなかったら周りの人が不審に思う。周囲の視線、怪訝な顔、すべてが怖いです。

何をしてても言葉が出なくなる不安が付きまといます。
顔を洗っているとき、シャワーを浴びているとき、その上この前はみんなの前で言葉が出なくなる夢を見ました。

このまま一生吃音の不安が付きまとうならいっそ死んだ方がマシなんじゃないかと思います。進学しても就職しても吃音で自己紹介さえできないのでは生きていても仕方ない気がします。
これから先の私の人生、うまくいく気もまったくしません。

将来になんの希望もありません。
死にたいのに「死ぬのが怖い」「まだ10代なのに」という気持ちがどこかにあります。
かといって生きたくもないため、ただ不安を紛らわすために毎日のように自傷行為をしています。

病院には親が許してくれないため絶対に行けません。相談できる相手も一人もおらず八方塞がりです。
長文・乱文失礼しました。
お坊様の考えを教えていただきたいです。
回答よろしくお願いいたします。

2020年9月28日 10:03

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私も吃音症でした

教室で出欠確認の為に先生に名前を呼ばれたとき、
「はい、元気です」
のひと言がどうしても出てこなくて、小さな頃苦労しました。
小学校の頃は音読が怖くて仕方なくて、中学以降は英語の授業で当てられることが大きな苦痛でした。
友だちと遊ぶ約束をしようと思っても、電話でうまく名乗ることができず苦い思いをしたことが何度もあります。

意識するほど激しくなる心臓の鼓動
熱く、赤くなっていく顔
とめどなく流れる汗
庄子さんのお気持ち、自分の気持ちと重なります。

今も完全に克服できたわけではありませんが、私の場合は、代わりに使えるフレーズをたくさんストックしておくことでどうにかこうにか過ごしていくうちに、少しずつ症状が改善されていきました。
敢えて接頭語をつけたり、同じ意味の別の言葉を代用することも、経験上、自分の癖を知るという意味では良いトレーニングになります。
すぐに劇的に治すのは難しいかもしれませんが、「自分が話し易い状態」を感覚で掴んでおくとだいぶ楽になるかと思います。

私は吃音のことで病院に通ったことはありません。
当時は言語聴覚士という職業は今ほどメジャーではありませんでしたし、誰に相談すればいいのか私自身もよく分かりませんでした。
「話す機会を減らすのではなく、上手く切り抜ける方法を探そう」
というアプローチで、どうにかこうにか日々を必死に乗り越えてきただけです。
口で言いにくい分、手紙やメール、作文といった方面で自分の気持ちを表現したり、そうしているうちに、上手く立ちまわることが苦でなくなり、だんだんと自然に話せるようになっていきました。

私がそうでしたが、「病気」と捉えるのではなく、「癖」として割り切って自分なりの症状との付き合い方を探していく生き方もあります。

人と比べて変だとか、自分だけおかしいとか、考えてもなにも始まりません。
どうこうしたって、やっぱり自分は自分、この世に1人の、かけがえのない存在です。
生きていれば、苦楽があります。
苦しいことだけじゃありません。
明るい未来、楽しい日々がきっと待っています。
どうか、自分を愛し、大切にしてください。

庄子さんが自信をつけて、人と話すこと、人前で話すことが好きになれる日が早く訪れますよう、ご祈念申し上げます。

2020年9月28日 18:24
{{count}}
有り難し
おきもち


宗派は臨済宗、前職は自衛隊員です。 京都の専門道場で5年の修行生活を送り...

諦めないでください。

庄子さんのご心痛お察し申し上げます。

まず、一番思ったのは、親が病院へ行くことを許してくれない。ということです。
どのような理由なのか分かりませんが、こんなに子供が苦しんでいるのに改善しようとしないことが不思議です。

ネットで調べればたくさんの情報があります。やはり、様々な方法で改善できる事をすべきでしょう。もちろん精神面においての安定も必要です。

又、不安を紛らわすための自傷行為はやめましょう。それで問題が解決する訳ではありません。むしろ、肉体は大迷惑なことで、さらに改善から遠のいてしまいます。

今、私たちにできることはお話を聞く事しかできません。どんなに勇気づけることができても、やはり専門医にかかることは必要かと思います。
まずは、庄子さんが安心し安定することから改善が始まります。
今回、こうしてご相談されたのですから、是非、このやり取りを両親に見せることも解決の一つかもしれません。
勇気がいることかもしれませんが、そのような方法もあるということです。

何事も解決や改善する方法はあるので、諦めないでください。
私たちは応援しています。

2020年9月28日 10:52
{{count}}
有り難し
おきもち


日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...

私も吃音症です

拝読させていただきました、慈陽院の平本と申します。

吃音症のことでとても辛い気持ちでお悩みになっているのですね。

実は、私も「吃音症」です。

なので辛いお気持ちよく分かります。

まず文面から症状を察しますと、病院で吃音訓練を受ければかなり楽になることができますので、親御さんとしっかり話し合うことが大事になってきます。

あと庄子さんの苦しみを抜け出すもうひとつの方法として「価値観を進化させる」ということが必要になってくると思います。

価値観を進化させるというのは、「本当の幸せは何か?」ということを考え見つけることになります。

・健康な体を持っていなければ幸せになれないのか?
障がい者の方でも幸せな人は、います。(私は、少なからず幸せです) 
逆に健康な体を持ち合わせていても、死にたいほど苦しんでいる人はいますよね。

・結婚することが幸せなのか?いや結婚をしても死にたいほど辛い思いをしている人はいますよね。

・物やお金を使い切れないほどもっている人でも苦しんでいる人はいます。

さて、幸せとは何でしょうか?

この答えを見つけ出したときに庄子さんは、一つの希望を見出すことができると思います。

死ぬことは、苦しみから開放される一つの手段であるのかもしれませんが、生きながら苦しみから開放されて希望を得る手段は、いくつかあります。

しかしすぐに苦しみを開放して希望を得たいと言われてしまうと何も言えなくなってしまいます…

でも庄子さんは、きっと希望を見出すことができることを私は、信じています。。

またお悩みごとがありましたら、私でもhasunohaでもご相談お待ちしております。

2020年9月28日 15:44
{{count}}
有り難し
おきもち


平本 優眞
横浜市神奈川区 東白楽の「倶生山 慈陽院 なごみ庵」という「浄土真宗」の小...

いつもあなたを応援してますね

拝読させて頂きました。
私も鈴木 師と同じようにあなたのことを心から応援させて頂きたいと思っています。あなたはとても大切な人です。この場所でもあなたは私達ととてもつながりを持っていらっしゃるのです。
あなたのお気持ちをここでお話しなさりながら、今のあなたの症状をできるだけ専門医に相談なさってみて下さいね。
そしてあなたの心身の状況をしっかりと確認なさって下さい。その上でいろいろな治療や対応していくことで必ず改善されていくと思います。
どうか決してあきらめないでお力落とさないで下さいね。
繰り返しですがあなたはとても大切な人です、あなたにはこれからも無限の可能性があります、あなたはこれからも沢山の方々との出会いや出来事を通して沢山成長して変わっていくのです。
私達はあなたを心から応援してます。先ずあなた自身を大切になさって下さい、そして少しずつ自信持って下さい。
あなたのことをわかって下さる方々やあなたを支えて下さる方々は沢山いますからね。

あなたが沢山の方々と一緒に仲良くお過ごしなさり症状も改善していかれ、お健やかに充実してあなたの未来を歩んでいかれますように切に祈ってます。

2020年9月28日 12:39
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...

質問者からのお礼

お坊様方、たくさんの御回答ありがとうございました。
いきなり病院、というのも厳しいのでとりあえずカウンセリングに行くことになりました。
本当にありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

「自殺・自死」問答一覧

もう少しで自殺をすると思います。

離婚をしました。 一人息子がいましたが、私が繊細で精神的に弱く、大事な跡継ぎだと親戚からずっと言われていたため、親権は元夫になりました。仕方なく譲るしかありませんでした。 会いたくて会いたくて仕方がありません。胸が苦しいです。 元夫がキャバクラ(仕事の付き合いですが…)からコロナを持ってきて、私も感染しました。 軽症でも凄くきつかったです。それ以上に周りに迷惑をかけてしまったのが一番辛かったです。 田舎なのですぐに特定されました。視線が痛く、挨拶も無視されました。 元夫は開き直り、退院後また会食三昧。 2年前からモラハラ気味だったので限界を迎えました。 離婚後、実家に戻り2週間が経ちました。 両親は少し休みなさいと見守ってくれていますが、申し訳なさで苦しいです。 それなのに体が動かなくてほぼ寝たきりです。 コロナが怖くて外に出るのも怖いです。 元々やる気も気力もないような人間で、仕事も何も続きません。 子どもがいたから6年田舎にいられたんだろうなぁと思います。 鬱っぽくて視野が狭まってるのだと思うのですが、もう少しで自殺すると思います。 毎日死ぬことばかり考えています。 自殺をやめたとしても、ずっとずっと引きこもって寝たきりになると思います。 もう十分頑張ったかなぁと思います。 というかこれ以上頑張れません。 自殺は悪だと言いますが、そんなにいけないことなのでしょうか?

有り難し有り難し 38
回答数回答 2

まとも生きられない自分が嫌だ

はじめまして。 他の方からの過去の相談にあった#自殺・自死のカテゴリが見つからなかったため、こちらのカテゴリで相談させていただきます。 私は現在大学院の博士課程に通う25歳です。 まともな生活を送ることができない自分に嫌気がさし、自殺を考えています。 自身の状況を自覚したのは去年の10月でした。突然大学に行くのが嫌になり、ほとんどの人と連絡を絶って大学に行かなくなりました。 この頃は復学したいという意思はあり、精神科にかかりつつも精神状態の安定を目指し、今年度から復学することができました。 しかし、しばらくして、今の私には以下のような問題があることがわかりました。 ・時間や締切を守れない ・起きられない。寝坊で済む問題ではなく、5日間ほど寝続けてしまう ・研究に関することをしようとすると頭が真っ白になりなにも手につかない これらのことについて、当然教授からも叱責を受けました。その際、教授と話していくうちに、これらの兆候が今に始まったことではなく、高校やその前からあったことであることを自覚しました。 そして、これまでも真っ当に生きることが出来ていなかったのにもかかわらず、真人間のように振る舞っていた自分にひどい嫌悪感がわいてきました。 教授と面談を重ね、私は教授に自殺を考えていたことを打ち明けました。その際、教授からは、「たくさんの人が君のためにいろいろしてくれている。だから変なことは考えるな」と言われました。他の友人や精神科の先生にも同じようなことを話しましたが、帰ってくる反応は同じでした。 ここまでを客観的に見ると、私は自分に甘いが故にただ目の前の困難から逃げているだけなのだと思います。そして、その認識が私自身への嫌悪感を増幅させます。 思考が堂々巡りを繰り返すなかで、つい最近、結論を出しました。教授が言うようにたくさんの人が自分に対し労力を払っているのであれば、私が死ぬことでその労力は払われずに済むと思うのです。どうせまともな人間ではないのですから、排除した方が幸せだと思っています。 前置きが長くなりましたが、本題に入ります。これらのことを理解してもらうにはどうしたらいいでしょうか。私が死んでも何も変わらないと説明しても、わかってもらえません。 どうせ死ぬなら経緯くらいは納得してもらいたいのです。 とりとめのない文章で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

自殺すると、どこへ行きどうなるのか?

お世話になっております。 最近よく拝見させて頂いております。 僕が聞きたいことは、 「自殺をした者はどこへ行き、どうなるか?」 ということです。 僕は20代前半、男、実家暮らしです。 最近、仕事関係で、うつ病を発症したのに加え、生まれつきの適応障害や重度のHSP、中学辺りからの、親や兄弟に対しての場面緘黙症など、精神面で人間として欠陥を抱えてきたものがここ数日で限界に達してきました。 「みんなホントにすごいな…。」とただただ、その感想しか出てきません。 この世界で生きていくにはあまりにも辛すぎます。 なんでおれはこんなゴミなんだと自己嫌悪で、毎日死ぬことばかり考えています。 僕の家は真宗大谷派という宗教に属しております。 しかし、お恥ずかしながら、僕は最近まで全くと言っていいほど、関心もなければ念仏さえもまともにしてきませんでした。 都合が良すぎるだとか、卑怯極まりないとは重々承知してはおりますが、自殺すると考えると神様やお釈迦様、来世の存在を信じ、縋りたい気持ちでいっぱいです。 自分がやれる罪滅ぼしとして、自分の貯金はすべて、孤児院などで暮らしている恵まれない子供たちに寄付してくれと、メモを残すぐらいしかありません。 あとは、祖父の墓に最後の挨拶をしてきます。 身辺整理もほとんど終わりました。 死ぬ当日に、仲のいい女性に手紙を日時指定で送る準備ももうじき終わります。 自分がやれることはもうやり切りました。未練はありません。 長々と語ってしまい申し訳ないです。 こんな僕は、やはり地獄だったり畜生や餓鬼に生まれ変わるしかないのでしょうか?

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

自殺しそうな自分を止めたい。生きていたい

私が小学6年になるまで毎日、同じ年頃の従兄弟(男2人女1人)の3人が家に預けられていました。私が小学校にあがるまでの幼少期は毎日、従兄弟3人から「何でいんの?」「消えろ」「キモ」と言われいじめられていました。小学生4年頃、従兄弟(次男・同級生)から性的虐待をうけ守れたのは処女だけでした。小学校高学年になるとクラス内で軽いイジメをうけました、何も話さずニコニコ笑って過ごしていたらイジメられなくなり友達も増え少し安堵しました。中学校にあがると、イジメられているAちゃんという子がいました。黙ってイジメをみていることができなかった私はAちゃんと行動を共にするようになりました、そうしたらターゲットは私になり鞄の中はチョークの粉をいれられたり、靴の中には虫の死骸をいれられたり聞こえるように悪口を言われました。私はイジメられても何も感じなくなっていて、あまり辛いとも感じていませんでした。ただ勉強と部活を頑張ってテストは90点以上が普通、部活も1年生でレギュラーになり、それだけが生きがいでした。私はAちゃんから暴力をうけるようになっていました。毎日「うちら仲良しだよねー」と後ろから抱きつかれ裁縫針で刺されました。お腹を殴られました。首に回し蹴りされました。階段から突き落とされました。学校を休むようにもなったけれど、携帯電話に死ね消えろウザイキモイ死んでちょうだい死ねないなら殺してあげるとメールがきました、アドレスを変えると電話がきてアドレスを教えるまで電話口で殺すと言われました。逆らうことができませんでした。逃げました自殺未遂を繰り返しました、中学を卒業して高校に入学したけれど学校自体が怖くなって不登校になり自主退学しました。中学の頃に父と母の別居などがあり家にいることも嫌になり家出を繰り返し家出するためのお金を援助交際で稼ぐようになりました。17歳の時、私は売春相手にレイプされました。全てが嫌になり、死ぬことを決めて飛び降りました。骨盤にヒビ大腿骨骨折、第一腰椎粉砕骨折しました。幸いなことに今歩けています何よりも命があります自業自得だとわかっています。中学の時から現在まで精神科に通院しています。現在イジメと暴力のPTSDと性的虐待とレイプのPTSDの治療をしています。寝ていても起きていてもフラッシュバックに襲われます。自殺しようとする自分をどうしたら止めることができるでしょうか。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

自殺についての捉え方

初めての質問で、ずっと考えていた、人に話したことの無い私の人生観の相談になります。 表題からまず、誤解せずに頂きたいのは、私は別に苦しいからつまらないから死にたいとは思ってません。 逆に、なぜ皆、自殺=悲劇、悪、禁忌という考えなのか理解出来ません。 私は自分の人生において、ある年齢に達した時に自ら死のうと決めております。 それは人生がつまらないだとか苦しいからだとかという理由ではなく、そこを自分の終着と決めたからです。 やり残したことや後悔などはきっとすると思いますが、それは生きている以上無くならないですし、無くしてはいけないものだとも思っているので、それも受け入れて自分に幕を引きたいと考えているのです。 その行為によって、自分が納得しているか否か関係なく周囲に必ず迷惑がその後にかかるということも承知してます。 それでも、人に気を使って私の自分で決めた終わり方をやめようとは思えません。 それゆえの、表題での根本的問いです。 本人が満足し、納得した自殺をなぜ悪く言うのですか? そもそも死が忌避される理由すらもわかりません。 世界の一つの理に対して人は勝手に忌避を覚えることに疑問です。 絶対に抗えない世界の理に対する意識とは『忌避』ではなく、どう捉え、受け入れるべきかなのではと考えています。 自然死を待つ、というのも考えてはいました。 幼い頃は長寿を望んでいましたが、なぜ長寿を望んでいたのかを考えた時、特に理由もないことに気がつきました。 で、あるならば、私はいつ死ぬべきなのか。 現時点で私は事故で死んでも、後悔、やり残しがありますが、それでも納得して死ねると思っています。 誤解されそうですが、死を美化して捉えているわけではありません。 自分自身で終着を決めることで日々生きているのだという実感を得ることが出来、そして自身で決めた終着にて、私という存在に幕引き、人生が完成を迎えるのだと思っているのです。 だから問いたい。 自殺への忌避と悪、そして逃避という捉え方は違うのではないかと。 仏教において、聞きかじりで申し訳ないですが、仏教は自殺が=で罪ではないということから、このような形で長年の疑問をご相談させて頂いております。 お坊さん方は、みなさん、自殺をどう捉え、そして生きているのでしょうか?

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

最後に話を聞いてほしい

幼少期に父が精神的に不安定になりお酒におぼれました。 両親が離婚し母と僕、年の離れた妹となんとか生きていき 中学生になった頃母が再婚いたしました、思春期の僕は再婚相手と良い関係を築けず 疲れ切っていた母も再婚相手の言いなりなところがありました。 数年後、僕以外の三人が引っ越しをしました、僕は何も言われず置いていかれたので 母方の祖父祖母のところに転がり込みました、高校はいけずバイトでなんとか生きることができました。 その生活も長くは続かず祖父の家を突然処分することに 独りでほそぼそ生活していましたが友人数名と事業を創めることに 軌道に乗り始めた頃裏で数人が結託し僕を排除する動きが始まりました。 裏方として働いていた僕は結果的に出て行くしかない状況に もっと辛い人がいるのはわかります、ただこの先もこんなことがあるのか、思い出す瞬間があるのかと思うと もう立ち上がることができません 他人を羨んだりする自分にも疲れました 若く浅はかな僕は妬みで人を傷付けることもしました 手を差し伸べてくれた人もいました、誠実にそれを受け止めることもできませんでした 人と接することももう怖く間もなくホームレスにならざるを得ない状況です。 生きて多くの人に迷惑をかけてしまうより生きることを今辞めてしまったほうがいいのではと思います。 生きるにしてもまず何をしていいかわかりません、何をするにしてもお金がかかります 僕はもう何も持っていません。 父も母も祖父祖母、友人離れて行ってしまった人たちも皆自分自身が大切だから 離れるという選択をとったことを恨んでいません 幸せに自分の人生を生きてるならそれでいいです。 僕は最後に話をしたかっただけだと思います、拙い文章をここまで読んでもらえてうれしいです。 これまで生かせてもらえて幸せでした努力ができなくてごめんなさい 死という選択肢を選んでしまってごめんなさい もうただ楽に生きたいと思ってきた僕が悪いです

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る