hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

ふと自殺したくなる時があります。

回答数回答 2
有り難し有り難し 16

普段、何不自由なく暮らしているのですが、寝る間際にふと自殺したい気持ちに駆られます。
私は正直これまで家庭環境も含め何不自由なく暮らしてきました。学校でも友人は多い方でした。ただ、本当の自分ではなく、親や周りに気に入られる存在を演じているだけなのかも知れないという思いにかられます。
演じている自分、そして演じられなくて失望させられてしまうのではないかという思いに板挟みになっています。
そして、将来の目標や夢などもなく、今生きているのもただ死んでいないというだけに感じます。
一度ネクタイを自分の首に巻きつけて死のうとした時は親の悲しむ顔が浮かび、思いとどまりました。しかし、それも今考えると死なない理由があるだけで、この先生きていく理由ではないように感じます。

今は、寝床でふと自殺願望に駆られるだけですので実行にはうつしていません。
ただ、これがふと断崖絶壁にいる時、電車のホームにいる時だったら何かの魔がさして死への一歩を踏み出してしまいそうです。
全ての人の人生の終着点は死であり、その時間が早いか遅いかの違いではないでしょうか?また、命とは私に属しているのにその処遇についての決定を自分で下すというのはそれほど不自然なことなのでしょうか?

最近分からなくなってしまっています。

2020年9月29日 1:50

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

生死は与えられたものですから

拝読させて頂きました。
あなたがおっしゃることよくわかります。私も寝ている中でも起きている中でもそう感じたり思うことはあります。或いはこのまま死んでしまうとも思ってしまうこともたびたびあります。

つまり死は私の日々の生活や人生の大きな部分をしめています。そして仮に死んだとしても決してそれで終わりではないのです。
私達が生まれてくるはるか前もありますし、私達が死んだ後のこともずっと続いていくのです。そのような中で自分は今様々な巡り合わせや恵みにより命を与えられてこの一瞬一瞬を生きているのです。

私達はそれぞれ自分の人生を生きていますけどもそれも与えられながらいるのですから自分が決定しているようですがほとんどが与えられている中でのことです。それは自分の生死についてもそうです。生死も自分の意思で決めることではなく様々な巡り合わせの中で天寿を与えられているのです。

私も以前自ら死のうとこころみたことがありますけども山手線のホームでも高層ビルの屋上でも飛び出すことはできませんでした。もしかしたらそれだけの勇気がなかったからかもしれませんし、多量の薬を飲んでいたので立ち上がる力もなかったからかもしれませんし、或いは様々な巡り合わせで生きるように定められたのかもしれません。いずれにせよなかなかそう自分で決定することはできないものです。

死を思い考えることは生きることを見つめ直すことです。或いはこの人生を自分を見つめ直すことです。

改めてじっくりとご自分のことや状況や人生そして生死を見つめ直してみて下さいね。

あなたが与えられ恵まれた人生を生き抜いていかれて充実して天寿を全うなさり、その後もあまたのご縁に導かれますようにと心から仏様やあなたのご先祖様方々にお祈りさせて頂きます。

2020年9月29日 7:33
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...

素のままのご自分だと親御さんを失望させてしまうのでしょうか

「本当の自分ではなく、親や周りに気に入られる存在を演じているだけなのかも知れないという思いにかられます」と、お書きです。普通は外では仮面を被っていても、家に帰ってからは素の自分に戻るのですが、親御さんの前でも気に入られるご自分を演出されていれば、行き詰まるのも無理はありません。本当に素のままのご自分だと、親御さんを失望させてしまうのでしょうか。
気に入られるために、余りにもご自分の本来とかけ離れてしまわれて、そのギャップが「ただ死んでいないというだけ」に感じられるのではありませんか。
確かに早く亡くなる方も長生きされる方もみえます。しかし、命は本当にご自分に属しているのでしょうか。命はご自分に属しているのではなくて、賜ったものとも考えられます。まるさんはご先祖さまの誰が欠けても、生まれません。それに、ご自分がここに生まれたいと願って生まれて来られた訳でも、ご自分で命を作り上げたのでもありません。私自身は命はお預かりものだと思っています。それは連綿と繋がった長い歴史の中で命を賜り、生き続けるためには、たくさんの動植物のいのちと引き換えに私の命は維持されています。私が生き続けるために命を投げ出してくれた動植物のためにも、私まで命を届けて下さったご先祖さまのためにも、生き続けなくてはいけないのではないでしょうか。
まるさんが死にたいと思っている時も頂いた命をおかげで、まるさんの命は輝き続けています。それに、今のままで、まるさんは誰にとって代わることの出来ない尊い存在です。まるさんにしか出来ないことがあります。大事な人なのです。
周りに失望されても、ありのままに振る舞うことで、ご自分が明るく前向きに希望が持てるのなら、それで十分ではありませんか。ご自分を大切に出来なければ、本当には周りの人を大切には出来ないのですから。

2020年9月29日 23:39
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


「自殺・自死」問答一覧

自殺 極楽浄土

私は、常々感じております。人の持つ歪んだ正義と言うものを。 今も執拗に不特定多数の人から、死ねば?とか、大したことねぇからあいつ。とか馬鹿なのに勉強するなよ、やっても無駄だよと言われたり、外に用事があって出掛けたら通りすがりにチッと舌打ちをされたり、流石に私もここまでされる覚えはありませんし、これじゃあ殺人を犯した犯罪者と扱いが変わらないのでは?と感じた事もあります。 何か気を悪くする事をしたかも知れないが何もそこまで、執拗に私の事を謗る必要は有るのだろうかと感じた事もあります。 家でゆっくり、読書をしている時も勉強している時も「もし、コロナが完全収束して外に出歩かなければならない状況が増えていったら自分の身が持たないな」と思い毎日が怖いです。 そんな時、たんにしょうと言う一冊の本が人生を変えると言う広告を見て、図書館で借りてみて読んでみたところ、どうやら死ぬ間際に南無阿弥陀仏と唱えるだけで自分が犯した罪が消えて仏様が極楽浄土に招待してくれるみたいな事が書かれていたんです。 今は、自殺したいと言う気持ちは全くございませんがもし、自殺する前に仏様どうか自分の命を無駄にしてしまう私の罪をお救い下さいと願いながら南無阿弥陀仏と唱えたら罪は許され苦しむことも無く極楽浄土に連れて行って貰えるのでしょうか? 御回答お待ちしてます。

有り難し有り難し 40
回答数回答 4

自殺してしまう若者

こんにちは。何度か家族のことでご相談させていただいています。 主に相談させていただいていた長男は高一になり、勉強に部活に頑張っています。 男の子であるせいか、まだ私に頼ってきたらしてますが、一山越えた感じです。 そして、息子がそうなってから思うのですが、よくニュースで中学生や高校生の子が自殺したというのを見ると、胸が締め付けられる思いです。長男も苦しい時期を過ごしてきたので、そういう多感な時期の子供の苦しみが辛すぎるんです。また残されたご家族、ご両親の気持ちを考えると、私の想像を超える苦しみがあり、そしてどこかに救いを求めていくのかなと考えたりすると、居ても立っても居られない感情になります。 あんなに若いのに死にたいと思い、それを実行にうつしてしまうといのが可哀想でなりません。 どんな気持ちで死にむかっていったのかなどと考えると夜も眠れなくなります。  何かボランティアなどでもあれば、私が話を聞いたりも出来ないかなとも思うのですが、私みたい素人が話を聞いたりすると、かえって傷つけしまうのではないかと思います。 数ヶ月前、近くの高校に通う高校生が自殺をしました。それが噂で広がって周りの人のなかには、病気で亡くなる人もいるのに、そんなに死にたいんならその人に命をあげてほしいとか、おそらくイジメが原因というのを聞いて、親が過保護に育ててたから。そのくらいのことで死ぬなんておかしい。とか言う人もいて、それにもショックでした。 若い子が自分で死ぬことを選ぶなんて、そこまでいく過程でその子はどれほど苦しい思いをしたと思ってるのか。身体の病気ではなかったかもしれないけど、心が不調になってしまったからではないか。と私は思っているのですが、そういう人たちにそういうことを言っても意味はないと思い、心にとめておきました。 わかりにくい文章ですみません。感情のままに書いてしまいました。 私に出来ることなどあるのでしょうか? せめて亡くなった子供達の冥福を祈ることくらいでしょうか?

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

いずれ死すなら今死んでも

日々を楽しく...とは胸を張って言えませんが、自分なりに出来る事を苦楽噛み締め、本気で日々を一生懸命生きて来ていると思います。 ですが時々思うのです。「別に今死んでも良いのでは?むしろ死んだ方が後の面倒がなくてせいせいするのでは?」「いっそ死んだら色々と楽になるのでは?」 この先を生きることに絶望を感じることが多くあるんです。 「貴女が死んだら親はどう思うと思うの?」「周りの人のことも考えなさいよ」等色々あると思いますが、何故「私の生命」に関して、育ててくれた親以外に他人に意見されねばなりませんか? さらに言えば人類皆絶滅した方が地球にとって自然にとって良いのでは? そんな思いを抱えつつ毎日を生きています。 私1人が生きるために必要な他者の力に(生きる全てにおいて、例えば宅配便やゴミ収集小売店を利用する事も欲しいものが手に入ることも)ありがたく感謝しつつ頼っております。 であれば私1人減れば小数点以下でも人類や自然のサイクル的に多少楽になるのではないだろうか?と思ったり、私自身「このまま生きてて何かあるの?」と思ったりします。 大変な事も仕事も、責任を伴う事も配偶者も、必要で大切なものはたくさんあるので「生きててつまらない」とかじゃないと思うんです。 只ひたすら「別に今死んでも良いのでは?」と思うんです。 付随するとさらに追加で「面倒なく死ねるならすぐに死んで良いと思う」と思うんです。 痛いのや苦しいのや辛いのは嫌ですが今日眠って目が覚めなければ良いのにな。といつも思います。 なぜこんな想いを抱きつつ生きなければいけないのか。 なぜ「生きている事」がこんなに苦しくなるのだろうか。 インスタントで簡単な答えはないと思いますが、仏門を志され生きている皆様はどのようにお考えになられているのか。 恥ずかしながらご教授願えたらと思います。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

迷惑をかけずに死にたいです。

死にたい気持ちはあるのに死ぬことができません。 それは死ぬことによって誰かに迷惑をかけるからです。 両親は私のことを心配してくれているからきっと大変なショックをうけるでしょう。そして自分を責めてしまうと思うのです。友人は話題のネタにする人もいれば、本当に悔やむ人もいるでしょう。職場ではお世話になった方々が責められ白い目で見られるかもしれません。私が悪いのに。 ただでさえ現状職場や家族にも迷惑や心配をかけてるのに、死ぬことでさらに迷惑かけるなんて考えただけで胃が痛いです。 それでも、もうこれ以上誰にも迷惑かけたくなくて、楽になりたくて、死にたくなるのです。 そして1番死ねない理由は、お金です。私が死ぬと、この20年間私に両親が投資してきたお金(食費や塾の費用、一人暮らしの仕送り)これらが全て水の泡になるのです。自分たちの老後もあるのにこんなダメ人間なんかにお金かけて。 いつかお金持ちになって、自分にかかった費用全て返済してから死のう。 そう考えて生きてきました。 でも世の中そんな甘くないですね。お金は貯まらないし、死にたいの気持ちは増していくばかり。葛藤がしんどいです。 答えが見えないです。どうしたらよいのでしょうか。 支離滅裂で申し訳ございません。

有り難し有り難し 29
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る