hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

死産した子の納骨

回答数回答 4
有り難し有り難し 77

2年前に臨月で死産した子供がいます。
すぐに納骨する気持ちになれず、仏壇を購入し手元に置いています。
先日、主人の祖母が亡くなりました。
墓石に名前を刻むのは亡くなった順番、だから死産した子供も祖母の納骨と一緒にお墓に入れる…
と主人や義両親に言われました。
次にお墓をあけるのは、義両親が入るときかもしれないからだいぶ先になってしまう…と。

私の気持ちは関係なく決められていたこと、産んだ本人の気持ちよりも墓石の順番の方が大事なのかな…と悲しい気持ちもあります。

元々「一年ぐらいは悲しいかもしれないねー」と義母に言われていて、
一年過ぎたら悲しんでいられないのかな…と、納骨を拒否できる雰囲気もありません。
納骨までに心の整理をしなければ、と焦る気持ち。納骨の日のことを考えると涙が出ます。

上の子も、亡くなった子供のことを大事にしていてずっと一緒だと思っていたので
突然の納骨の話に少し戸惑っています。

納骨のあと、どのような生活になるのか想像つきません。
どのような心持ちでその日を迎えたらいいのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

一つの方法として、

亡くなったお子さまの分を空けて、
お祖母さまの名前を刻むという方法もあります。
そういうことも念頭に置いて、
もう一度相談してみては?

亡くなった順番に絶対納骨しなければならない、
とは決まっていません。
何年も何年も自宅のお仏壇に納めている方もいらっしゃいます。
全員が納得できるまで、
納骨は延ばしてほしいと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

手元から手放してあげるのですよ

あなたも元々親の子供。
私も親の子供。
みんなみんな誰かの子供。
やがて親元を離れて大きな世界に旅立っていく。
大きな世界とは、人間が人間を所有しない。
仏の海とでも言おうか。
天地世界、法界、宇宙とでも言いましょうか。人間のルールが適用されない世界です。
お墓に納めるとは、お墓に入れてお別れになると思ってしまっていませんか。
そうではないのです。
その子の命はその子の命として尊厳をもたらせてあげることなのです。
あなたの親があなたをずっと私の子だからと、しばりつけて置いたら苦しいでしょう。
いつかは、親元離れて別々に生きるのが、すべての生物のならいです。
「逝かせてあげる」という気持ちで送って上げてください。
もちろん覚悟が出来てからで良いです。
たとえあなたの手元から離れても、あなたの子であることに変わりはないです。安心してください。
お互いに手放されることによって精神的にはお互いの執着が紐解かれて自由な存在になるのです。
諸法無我。
一切の存在は、それぞれが皆独立存在なのです。
自分の感じるもの、見るもの聞くもの、我がものは何一つないからこそ、お釈迦様や悟った人たちは無為、無所得、無我を説いておられるのです。それは寂しいことではない。お互いが自由になれる道です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


無理に悲しみを乗り越えようとしないで

辛い思いをされましたね…お悔やみ申し上げます。

私的見解では、石に刻んでも納骨を後回しにしてもいいと思います。
納骨は一族みんなが納得できるタイミングでするのが一番ですから…

他の解決方法は、分骨です。
でも、分骨できるほどの量がないかもしれませんからね。

そもそも、一年で悲しみを払拭するなんてのが無理な話です。相談者さん、悲しみは無理やり払わないでいいんですよ。
ただ、送った命にいつまでも執着することは、送った命の足を引っ張ることになりますから…

そういった意味で、お骨をずっと手放したくないという思いを引きずって欲しくはないです。
お骨がなくても、その子への供養の心があるだけで、ずっと一緒にいます。
物理的なものでなく、心のつながりです。

自分はすべてのことに意味があると考えてます。悲しい出来事ですが、そのことから気付く大切な何かがあるはずです。

遺骨よりも、その子が身を持って教えてくれた大切な何か、それを大事にできるときに、その子はただ悲しみを与えた存在ではなくなります。親を、兄弟を、活かす存在に進化します。

いずれにせよ、納得できるタイミングで納骨することをお願いしてもよいかとは思いますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


困っている人や悩んでいる人にとって、仏さまの教えが少しでも良薬となれること...

人の命も納骨も順番通りではありません

納骨については納得されたのでしょうか?
納得させられたのでしょうか?
基本的にご納骨については「こうしなければいけない」という決まりごとはありません。
もちろん順番についてもです。
ご主人とよく話し合ってください。もっと手元において一緒にいたいならその想いを伝えてください。
義両親には言いにくいでしょうからご主人と話し合ってご主人に納得していただくのがよろしいかと思います。
「次にお墓をあけるのは、義両親が入るときかもしれないからだいぶ先になってしまう」かもしれないけど来月かも知れません。人の命って儚くってわからないものですから。
別に義両親が入るときにしか開けてはいけないということもありません。
貴女の方が義両親より先ということがあるのもこの世の中ですから。
ご主人と、貴女が「そろそろ納めようか」と思ったときに納骨していただければいいと思います。
よく話し合ってください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

お忙しい中ありがとうございました。
お腹の中で亡くなった時と今回の納骨で、何故二度もお別れしなければならないのか…少し意地になっていた部分がありました。

その子の命はその子の命として尊厳をもたらせてあげること

この言葉にハッとしました。
私がお腹の中で育て、私が産んだ、私だけがつながっていた子、だから手放したくなかった。
でも、この子の命はこの子だけのものですね。
納骨しようと思います。その後も変わらず、ずっと大事に想うことにします。

供養について「こうしなければならない」と考えているのはお坊さんじゃなく、一般人のほうですね。お坊さんのような、当事者に寄り添った考えがもっと世間に広まればいいなと感じました。

お坊さんの皆様が真剣に返答してくださったことが何よりも嬉しかったです。本当にありがとうございました。

「水子供養」問答一覧

何度も何度も赤ちゃんを失っています

初めまして。 宜しくお願い致します。 結婚6年目の今年4月、2回目の死産をしました。 お腹の赤ちゃんが突然心臓を止めてしまいお腹の中で亡くなっていたのです。 これで連続2回目です。 プロフィールにも書いてありますが、天国に4人の赤ちゃんがいます。 4人も授かったのに私の腕には誰1人といません。 死産の原因は私の不育症です。 今回しっかり不育症の対策して薬も飲んでいたのにダメでした。 対策しても亡くしてしまい、もう絶望しかありません。 人生子供だけじゃないのは百も承知ですが1人だけでもいいから生きてる我が子をこの手で抱き締めたいんです。 健康で元気な赤ちゃんを抱き締め笑顔で病院を退院したいんです。 人生は修行。 旅行先で訪れたお寺の方の説法で聞きました。 人生が修行なら私の人生辛すぎます。 どうして私だけ当たり前の事が出来ないのでしょうか? 明日への希望、生きる活力が沸いてきません。 「どうして?なぜ?」を考えても仕方がない事は分かっていてもどうしても考えてしまいます。 私は元来明るい性格だと思います。 日々に感謝し生きる喜びを感じたいのです。 でも今までの経験からもうそれが出来そうにありません。 真っ暗なトンネルを歩いてるようです。 どうしたらいいのでしょうか?

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

水子供養をしたいのですが、、、、。

私は、今から12年ほど前、当時交際していた彼氏との子供を中絶しました。本当は産みたかったですが、経済的な理由で周りから大反対され、最後は子供の幸せのためと言い聞かせて、中絶の道を選びました。 その後彼とは別れてしまい、忙しさや体調不良を言い訳に、永代供養をしていませんでした。 8年前、1年間の交際を経て今の夫と結婚しましたが、結婚して8年になる今もまだ子供ができません。 世間では、水子を出すと水子が子宮に住み着いて、二度と子供ができなくなるという説もあれば、水子に祟りなどないという説がありますが、結局はどちらなのだろう、、、、。確かに供養を10年以上しなかった私は酷い人間だと思います。でも、必死に前を向いて努力してきたのに!それでも幸せになってはいけないの?!私は自分の子供を産むことさえ許されないの?!どうして私の幸せになりたい気持ちを邪魔するの?!どうしていつまでも私の側を離れてくれないの?!と、あろうことか水子に対して怒りを持ってしまうような私は、供養に行くにはふさわしくないですよね。 自分の都合で子供の命を消すような私は、一生罪を背負わなくてはいけないのですか?

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

6年前に流産した水子の供養

6年前、稽留流産をしました。 祖父母のお墓のあるお寺に水子地蔵があったので、体調が落ち着いた頃に夫婦ふたりでお参りに行きました。お坊さんに供養してもらったわけではありません。 お空に忘れ物を取りに行ったんだね、また来てね、待ってるね。ありがとう。と言う気持ちでお菓子をお供えしました。 そして同じ年の夏に再び妊娠する事ができ、翌年無事に娘が産まれ今年5歳になります。その後も次女を出産し、2人姉妹の母になりました。 ですが、2人の育児になった事で環境が一変、さらに家庭内でのショックな出来事もありストレスで心の余裕が無くなっていて、いつしか水子を思い出す事もなくなっていたのです…。2人目が産まれる前までは祖父母のお墓をお参りする機会も多く、その都度水子地蔵にもお参りしていて、上の娘にもお話したりしていたのに…。 この前の雛祭り用に、改めて娘の命名書を飾りたくてPCで漢字のフォントなどを調べたりした後にふと思い出したので、水子ちゃんも名前が欲しいのかな…なんて考えてしまいました。 名前を考えてみたりもしましたが性別も不明だし、名前をつけてはいけないとどこかで聞いた気もして…気になりだして眠れません。 名前をつける事はいけない事でしょうか??また水子供養で大切なことは何でしょうか??

有り難し有り難し 7
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る