hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

感情をなかなかコントロールできない

回答数回答 2
有り難し有り難し 12

はじめまして。
仕事、夫婦親子関係、人生の目標…と様々な悩み事や欲や葛藤を抱えておりますが、仏教と認知療法などからお知恵をいただきなんとか問題と向き合って暮らしております。
まだまだ未熟ですが、個々の問題にじっくりと腰をすえる余裕があるときは、自分なりに主観から離れて悩みを手放す事ができてきたように感じております。
しかし、当たり前のことですが状況は常に移り変わり複数の問題が同時に押し寄せることもあるので、常に心穏やかでいることはできておりません。孤独に耐えられない時がありますし、より良く生きることを放棄して楽になりたいというような気持ちになってしまいます。
先日も、問題を抱えていた夫婦関係を改善しようと努めていたさなかに仕事や体調面の悩みが重なり、自分で辛さを受け止めることが出来ず夫の心を傷つけるような態度や発言を取ってしまいました。
せめて誰かには拠り所でいてほしい、あとでどうなってもいいからその場だけでも甘えて楽になりたいと、安易な行動をしてしまいました。
孤独を恐れず他者に依存しない心構えを持てるといいなと頭では考えていても、負荷が増えると心と体が元の悲観的で他者依存的な自分に戻ってしまいます。
『そういうものだ、今はこういう時期だよ』と捉えることも同じように、出来る日と出来ない日があり、出来ない日には感情を受け止められません。
鍛錬を積めば、いつかは感情を完全にコントロールできるようになるのでしょうか?それとも、全ての感情をコントロールはできないということを受け入れるほうが自然なのでしょうか?
修行を積んでこられた皆様にご相談できましたら嬉しいです。

2021年6月16日 15:24

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

コントロール出来ない時は?

コントロールしようとするのは基本です
でもコントロールできないからといって
自分を責める事はありません

むしろコントロールしようと努めているその姿勢を維持しようとしている事自体とてもすごい事なのですよ?

貴女は紛れもなく努力しており
感情を離れ確実に理性を手にしていて
それは僕達仏弟子にとって最大の喜びです
何故なら人類全体がそうやって真を生きる事をいつも願っているからです

感情をコントロールするというのはそれほど価値があり持続が難しい事なのですよ

貴女は良くやってます

あとは長時間感情に囚われず
怒ったらすぐに自分の機嫌を取る事ですね

かなり良い所まできてますよ?
だから真剣になりすぎて自分にダメ出しするのはやめて
笑う事です
そしていつもより少しだけ大きな声で話す事です

大丈夫だから自信を持って元気を出してください

合掌

2021年6月16日 17:55
{{count}}
有り難し
おきもち


山形の小さなとても小さなお寺の住職です。 私は子供の頃いじめられ、社会か...

感情はコントロールするものではない

感情は沸き上がる自然な現象です。
私もお葬式に行けば悲しい気分になります。時には涙してしまうこともあります。
それをコントロールしようとすることの方が不自然なことです。
ただし、その感情に振り回されてしまっては、悲しすぎます。物事に触れるとそうした感情「意」が起きます。しかし、それは沈めようとしたり、手を付けてみていると感情が暴走し始め振り回され始めてしまうのはよくお判りでしょう。

大切なことは手を付けないこと。感情が沸き上がってもそのままに否定も肯定もせず、手を付けない。イライラしたり、悲しくなったりうれしくなったりすることはあります。しかし、それにとらわれないようにもしない。何にもしないのです。

その内問題でなくなりますから。
自然と楽になってきます。
そして自分を立てて物事を考えないことです。ご都合ばかりを立てて物事を見ているとわがままになってきます。
そして苦しくなります。
自分を立てず、ただ事実に即して生活します。坐禅をするとその様子がつかめます。やってみてください。

2021年6月16日 22:20
{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

質問者からのお礼

丸山住職
励ましのお言葉、涙が溢れました。深く感謝いたします。活力をいただいたと同時に、また自分がどんな考えを持っていたかわかったように思いました。

誰かに苦しみをわかってもらいたかったのだな、
難しいことだとわかっていたはずの感情のコントロール方法を躍起になって今すぐ会得しようと思っていたのだなぁと…

これからはもう少し自分で自分をいたわりながら、また今回のように様々な方と対話する機会もいただきながら、より良く生きていきたいと思います。
このたびは本当にありがとうございました。
暑くなりますが、ご自愛くださいませ。

邦元住職
あたたかいお言葉深く感謝いたします。日々の活動の合間に、何度も読み返しております。

感情のコントロールが少しできるようになったと書きましたが、お恥ずかしながらその成功体験によって私の心におごりが生まれたのだなと今気づきました。成功にとらわれ、本来の目的を忘れていたようです。
きっと質問当時に座禅をしたなら、座禅からも何かを得ようなどと思ってしまっていたかもしれませんね…
コロナ禍ということもあり、自分と身内だけの世界で視野が狭くなっていたこともあるのかもしれません。
このような場所で、久しぶりに外の世界の皆様と交流できたことは自分にとって素晴らしい経験となりました。
湧き上がる感情に手を付けないこと、自分の都合に振り回されないこと、そのような根源に立ち返る機会をくださり本当に感謝しております。
梅雨時期となりましたが、ご自愛ください。

「感情のコントロール・気持ちの整理」問答一覧

気持ちの整理がつきません その後

前回の質問から9日がすぎ、次第に、少しずつですが、冷静になってきました。 相手から言い寄られたとはいえ、妻子ある男性に惹かれ、人知れず付き合うことを選んだ自分がそもそも間違っていたのだな。 好きなのに、ちゃんと素直になれなくて、まさか妻帯者なのだから別の女性には行くまい、とタカをくくっていた私の態度がもたらした結果なのだと。 それらを、受け止め始めています。 しかし、やはりフラッシュバックするかのように、彼との様々な思い出が頭のなか一杯になり、それと同時に、今付き合っているだろう女性への憎悪の念もわいてきて、苦しくなります。 私の態度に嫌気がさし、別の女性に行ったのなら、私の方が先に裏切ったことになるのではないか、と無理やり納得させようとする自分もいます。 やはり、私が悪かったのでしょうか。 彼との思い出に縛られ、それが今は別の女性が体験しているのかと思うこと、そして、1番の味方だった彼が、1番の敵のような存在になってしまってことが苦しいです、 もう少しでちゃんと前を向けそうなんです。 何度も申しわけありません。 私の今後の人生のために、何か一言頂きたく、投稿させていただきました。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

自分を大切にするとは

こんにちわ。 突然ですが、私はよく周りの人達から『もっと自分を大切にしなよ』と言われます。 漠然的な言い方ですが、それがどういうことなのかよく分かりません。 私は運がいいですし、周りの人達にも恵まれています。 細かいドラマチックなことはありますが、大体のことは有言実行で10代の頃の私に胸を張って言えるなりたい自分になれています。 今までの私の生活は全て運の良さと周りの人達の理解と協力のおかげで成り立っています。 私の周りの人達は皆幸せになって欲しいです。それを見ていると私も幸せですし、私ももっと頑張ろうと思えます(人によっては偽善という人もいるかもしれませんけど、言いたければ言えばいいです。) 『頑張り過ぎるところがあるから無理しないで』ともよく言われますが、どこまでが『普通』でどこからが『無理』なのかもよくわかりません。 寧ろ、頑張りきれてないからこうなってるのに…と思います。 最後に自分が壊れて初めて無理だったのかなあ…と思います。 『優しすぎる』ともよく言われます。 怒るのが苦手なのは自分でも自覚があります。 うまく言えませんが、例えば腹の立つ人間の人間性全体のうちのひとつのポイントだけが私と合わないだけで、その人のいいところも知っているし、その人にもたくさん助けられたし、その人自体を嫌いな訳ではないので、まあいいかと思ってそのときは流してしまいます。 そして最終的にこれはもう無理だと思って爆発してしまいます。 でもまた時間が経つと怒らずに、もっと早くに話し合えばよかったと思います。 私は周りの人達に甘えまくっています。 自分を甘やかすのと、大切にするのとはどのように違うのですか? なんだか文章にまとまりがなくて申し訳ありません。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

カッとなり衝動的に行動してしまう

お世話になっております。相談に乗っていただけますと幸いです。 表題の通り、自分はカッとなって衝動的に行動してしまうことがあります。 物事が自分の思うとおりに行かないとき、自分の所有物でない物を蹴飛ばして壊してしまいました。壊した直後にハッとして、あとから自分で所有者に連絡し、弁償しました。 満員電車で明らかにわざと突き飛ばされたり足を蹴られたことに腹が立ち、やり返したり口論をしたりしてトラブルになりかけたことがありました。 自転車で後続に抜かれた際、聞こえるような大きさで舌打ちと暴言を吐かれたことが許せず、ムキになって抜き返し、意地を張って前につけ続けたことがあります。その後、自分がやったことが恐ろしくなって逃げたのですが、逃げる直前に相手から「クソガキ」「殺すぞ」とより酷い暴言を吐かれ、さらにショックを受けました。 思い返せば、子供のころから常に自分が嫌な思いをした時、やられっぱなしで自分だけが嫌な思いをしている感覚がありました。何か嫌なことをされて、親に相談しても「あんたが悪い。あんたが我慢すればそれでよかったんだ。」の一点張りで取り合ってもらえませんでした。 だからかはわかりませんが、社会人になって数年たった今、誰かのせいで自分が嫌な思いをしたと感じた時にどうしてもカッとなってしまい、やり返したいという思いを抑えきれなくなってしまうことがあります。 いつも後で後悔し、自己嫌悪に苛まれます。 「一歩間違えば自分が犯罪者だったのでは...?」 「もしムキになった結果、事故でも起こしていたら...?」 カッとなって行動したことにより、状況が好転なんてしたことなんて全くありませんでした。 生まれたのは自己嫌悪と危うく犯罪者になるところだったというリスクだけです。 たまに、自分が恐ろしくなります。 冷静に考えたら、衝動的に行動することで一番不幸になるのは自分であるなんてわかるはずのにどうしてこんなことをしてしまうのでしょうか。 どうすれば、今後カッとなって衝動的に行動しないようになれるのでしょうか。 いつか自分で自分の人生をめちゃくちゃにしてしまうのではないかと怖くなります。 自分がこれまでやられたことを思い出してつらくなることは割と前からありましたが、 最近では自分がこれまでやってしまったことも思い出し、さらにつらくなってしまいます。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る