hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

自分のせいで人を傷つけている

回答数回答 1
有り難し有り難し 12

どうしようもない事でしょうが、久々に気分がしんどく少し参っております。
アドバイスお願いいたします。     

先々月に主人に離婚したいと伝えました。
主人は拒絶し、私の事が好きだからしたくないとその場では離婚は保留になり、別居することになり、現在別居中です。  
  
たまに連絡があり、主人は毎日落ち込み、勝手に涙が出て1人で暴言を吐いてしまったり、かなり精神的に参っている様です。  
            
主人は自分の両親に離婚を切り出された事を伝えたようで、義母がかなり落ち込んでいると聞かされました。
義父は単身赴任で仕事しているのですが、義母の落ち込み具合が酷いので、仕事を辞めて義母と過ごすことにしたと聞きました。                 
                   
私としては義両親まで巻き込んで申し訳ない気持ちがあります。
自分の行動で周りの人を傷つけて、自分を責めてしまいます。
自業自得なのでしょうが。       
                   
ただ義両親がそこまで落ち込む事なのだろうかとも思ってしまいます。
私の両親は2人のことだから、2人で決めなさいと言っていて、落ち込んでいるとかはありません。             
                   
私自身は今1人で暮らしていて落ち込んだり、精神的に辛かったりはしません。
ただ自分のせいで周りが影響を受けているのがすごくしんどいです。       
                   
まだどうなるか分かりませんが、主人と復縁したとしても義父が仕事を辞めるのは決定みたいですので変えられない事実なのがすごくしんどい。
責任を感じてしまいます。       
                   
どうしようもないので、受け入れるしかないのですが、どういう風に捉えて考えればよいのか悩んでおります。       
                   
拙い文章申し訳ございません。
どうかアドバイスよろしくお願いいたします。

2021年10月11日 18:07

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

周りに迷惑をかけたことだけは、心に留めておきましょう

質問読ませていただきました。

ご自身の決定が、周りの大切な人を傷つけてしまったことに心悩まされておられるのですね。
心中お察しいたします。

さて、子供の離婚に関して、全く心を痛めない親というのもあまりいないでしょう。しかし、大方の場合はみどりさんの仰るように、「2人のことだから、2人で決めなさい」と、子供達の責任に委ねるはずです。なぜなら、それは自立した1人の人間として認め、信頼しているからです。

ところが、ご主人や義母様の様子を伺うにどうも親離れ・子離れが上手に出来ていないような印象を受けます。
離婚の原因というのは今まで色々と積もり積もったモノがあるのでしょうが、その辺のことも関係しているのではないでしょうか?

何にせよ、2人で決めた結論であるならば、それが優先されるべきであります。そして、それによって相手のご家族に変化がもたらされたとしても、それは相手の家族が解決すべき問題です。そこまで責任を負う必要はありませんし、責任を負うこともできません。
そこは割り切って、前に進むしかないんですよ。

ただし、お二人の行動によって、周りに少なからず迷惑をかけてしまったことは心に留めておいてください。そして、二度と同じ過ちを繰り返さないようにして下さいね。
たとえば、結婚相手やお付き合いする相手はよく選別するとか、結婚後に夫婦関係を円満に保つために二人で工夫するとか、色んな事が考えられると思いますよ。

何か少しでも参考にしてみて下さい。
不安でも追加の相談でも何でも良いので、必要ならばプロフィールを参照いただき、メールやZOOMの個別相談をご利用くださいね。

2021年10月11日 20:26
{{count}}
有り難し
おきもち


京都府・大阪府・奈良県の県境に当たる、京都府京田辺市の自然に囲まれたお寺で...

質問者からのお礼

暖かいお言葉、ありがとうございます。
少し心が軽くなりました。
復縁するにしろ別れるにしろ、しっかり話し合い、分かり合いたいと思います。
お世話になりました。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る