hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

人に優劣をつけてしまいます。

回答数回答 1
有り難し有り難し 11

こんにちは。
初めての質問させていただきます。
早速ですが、私の悩みにお耳を傾けてくださると嬉しいです。

私は、人に優劣をつけてしまいます。
嫌な言い方をすると、「この人は大したことない、絡んでも得はしない」や親友と呼びたい程大切に思っている友達に対して、「評価が下がるからあの人とあまり仲良くして欲しくない」など最低なことを思ってしまいます。

自分より下に見た人に対しては冷たく当たってしまい、自分より上に見た人に対しては何かを思われるのが怖くてうまく接することができません。
こんな自分が嫌で、差別はやめようと思いながらも自分自身に価値を見出せない故、他人に価値を求めてしまいます。

自分より下だと思っている人に好意を寄せられると、嫌悪感に襲われてより冷たく当たってしまいます。

他人に対して差別なく、みんなに優しい人を見ると、心から尊敬します。私もそんな風になりたいです。

どうしたら私も、そのような汚い心を捨てて、分け隔てなく優しく、人を愛することができるでしょうか?

ご回答いただけると光栄です。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

心の根っこを清める方法

質問拝見しました
人は誰しも他者を評価するものですが、実生活で支障をきたしているのは問題ですね。

タイトルにも書きましたが、心の根っこには良き事も悪し事も蓄積して影響すると思います。
ゆりあさんが他者に優劣をつけるようになったのはいつからですか?
よく思い出してみてください。
季節やその時の風景、匂いなど出来る限り細かく思い出せたら、次はその時の自分の感情や思い考え方など自分の内側を思い出してみてください。

原因が分かれば対処もしやすいものです。
病気でも原因が分からなければ薬の処方もできないのと同じ事でよ。

仏教では因果と言って、過去の原因と結果としての現在と言う考え方をします。
良い原因があれば良い結果となり、悪い原因があれば悪い結果となる。
今現在が悪い状態であっても、今まさに良い行いをすれば未来には良い結果を得る事ができる。
このように因果は巡って行きます。
今現在の悪い状態を治すには、過去の原因を突き止める事が肝要だと思います。
思い当たる事があると思いますので、探してみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私は日蓮宗 今治 寺町法華寺の住職をしております讃岐英昌(サヌキ エイショ...

質問者からのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございます。
仰せの通り、思い当たる過去がありました。
もう一度そのときの自分の心の内を考え直して原因を探してみようと思います。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る