hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

戦争が怖い。侵略が怖い。強い者が怖い。

回答数回答 3
有り難し有り難し 56

 初めて質問いたします。
 恐怖に打ち勝つお智慧を、授けて頂けたら嬉しいです。 
 
 先日、ロシア軍がウクライナに侵攻を始めました。
(ご回答をいただく頃には決着がついてしまっているかもしれませんが、何卒ご回答をお願い致します。)
 成人してから初めての、しかも先進国同士の大きな戦争に激しく動揺しています。両国共に言い分があり、外交上の話し合いで解決できず、政治外交手段としての戦争というのも、大人ですからわかっております。
 (本で読んだり、話で聞いて)私は子供の頃から戦争が本当に恐ろしく、家族や自らが無事であるようにずっとお祈りをして生きてきました。大きくなってからは、正しく怖がれるように、軍事や外交の勉強もしました。

 それでもやはり今回の侵攻は恐ろしく、ネットには次々と悲惨な報が上がって来ています。現地の方が苦しんでいるニュースに接し、私は居ても立っても居られないほど苦しく、恐ろしいです。そんな中、ウクライナは弱いから攻められた、日本も核武装しないと攻め込まれる、ロシアに舐められたらいけない、という意見も散見されます。

 勝てば官軍という言葉があり、この世の中で強さ(暴力?権力?)が何よりも強いことはわかっています。ただ、どうにも腑に落ちないのです。
 一般庶民がどんなに努力してもプーチン氏のような絶対的な強者にはなれないでしょうし、国の武力も米露レベルに追いつける小国はそうそうないでしょう。
 実力主義の残酷な世界の中で、私のような弱い者は強者大国に震えながら生きていくしかないのでしょうか。お釈迦様が修行されていた頃のインド地域はもっと過酷な状況だったと思います。歴史の中の戦争よりもマシだと思いながら、諦めて生きていくしかないのでしょうか。
 開戦の報に接し、同じように怯えている方も多くいらっしゃると思います。
 どうか、この恐怖へのアドバイスを頂けますととても助かります。
 どうぞよろしくお願いいたします。

2022年2月25日 19:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

功徳、追善

ともちゃんさま

先に回答させて頂きました内容と同じくとなりますが、戦争、疫病、災害、飢饉・・私たちの世界では、嫌なこと、憎むべきこととも出会っていかなければならないという苦しみである「怨憎会苦」があります。

他にも代表的には四苦八苦と申しまして、生老病死、愛別離苦、五蘊盛苦、求不得苦などといったものもございます。

このような苦しみと出会わなければならないのが、この輪廻という世界であります・・

皆、この輪廻の牢獄に囚われて苦しんでしまっています。

それは輪廻にある者全てにおいてでございます。

この度のウクライナ侵攻という残虐非道といえる決断を下したプ-チン大統領といえどもであります。

仏教では、この輪廻にある者全てを哀れみ、慈悲をかけて救うべき対象と見なければならないものとなります。そこに例外、差別は一切ありません。

地面に這っているアリ一匹でも、プ-チンさんでもであります。

皆が、この輪廻から離れることができるように、また、どうすれば離れることができるのか、それを説かれた教えが仏教であります。

また、外にではなく、内なる心のありようにその答えを見つけ出していくことが大切なことになります。

是非、輪廻を厭うと共に、恐怖を打ち破るためにも、仏教を実践していくことで、内なる心に平和を築いて参りたいものとなります。

できることは身近にもたくさんあります。

皆の悟りへと向けた功徳、追善です。

大きなことはできなくても、身近なことでできる功徳、追善を。

プーチンさん、亡くなられてしまわれた方々へ向けて、目の前のできることでの追善を。

家に出たゴキブリを殺さずに逃す、そんな追善から。

肉や魚を少し控える、そんな追善でも。

やれることはすぐそこに、そばにいくらでもあります。

席を譲ってあげたり、重い荷物を持ってあげたり、誰に対してでも優しい言葉をかけてあげたりなども。

功徳、追善をもって皆の善趣へと。

どうか宜しくお願い申し上げます。

合掌

2022年2月25日 20:57
{{count}}
有り難し
おきもち


三休さん
二休みも三休みもしてしまう怠け者。三休です。 最新の仏教論考はこちら...
このお坊さんを応援する

天網恢恢疎にして漏らさず

拝読させて頂きました。
あなたがおっしゃる通りロシアによるウクライナへの侵略戦争が発生して大変な不安や脅威や恐怖を感じますね、今この瞬間でも沢山の人々が襲われて逃げまどい或いは抵抗して虐殺されていると思われます。
本当に言語道断な愚かな悪業であり大罪だと思います。

私達はその様な悪業に対してしっかりと向き合い続け決して目を逸らさないことが必要かと私は思います。
そして今これからの事象について一人一人が身近なこととして受け止めていくことが大切だと思います。

世界の中では様々な国家や国家連合体の利害や利権や国益と呼ばわる我欲•欲望によって大きく左右されます。その中で得する者損する者•大きな利権や権力を得る者や大変な被害を受けて全てを奪われてしまう者も沢山いるでしょう。
それぞれが訴える自分の正義も他の犠牲を強いて行われるでしょう。

その様な状況を冷静に見つめていき改めて私達はどう考えてどう発言して行動していくことが善いかをしっかりと考え検討して行動していく必要があります。

今から権力や国家がしていること・これからいくことをしっかりと監視していく必要があると思います。

そして私達が一人一人共に協力して悪しき考えや言葉や行いを改めさせていくこと、善き言葉や行動していくことが大切だと思います。

天網恢恢疎にして漏らさず、です。私達人間の所業を神仏もあまたの先人の霊位もしっかりとご覧になっておりますからね。

過去に引き起こされた大惨事や大虐殺や大戦争の悲劇や歴史をもう一度見直して本当にどうするべきなのか、どう生きることが大切なのか必要なのかを考えて、共に見直して発言し行動していくことで、その不安や恐怖を乗り越えていくことができると私は思います。

仏様も神様もご先祖様方もそんな私達をいつもお見守りなさっていて下さいますし、お導きなさって下さいます。至心合掌

2022年2月26日 11:33
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

日本国内のお花畑民にだまされずにきちんとした防衛を

こんにちは。わたしくし、反日活動家たちのウソに騙されて以来、彼らの実態と危険性を伝える為に自分の足で調査して、被害者を主張するニセの人権活動や「平和」と称するニセ平和活動や日本のTABOOに切り込んで世に流れる表向きの情報のウソと闇にメスを入れて情報弱者さんたちに真実をお伝えしているだけなのに坊さんたちからは「ネトウヨ」と陰口をたたかれております凡下と申します。
お坊さんは出家隠遁モードで世間に関わらない姿勢で貝のごとくに口を閉ざしますが、別に彼らが私やあなたの家族をも守ってくれるわけではありません。
人間は誰でもアンチ戦争であるべきです。そしてアンチエセ平和、アンチヘイト、アンチエセ人権であるべきです。それこそが真の平和主義。無防備で気休めなやッすい平和主義のお花畑在住の日本人から目を覚ましてちゃんと日本を守れるレベルになる必要があります。綺麗ごとでウクライナもチベットも自国を守れたでしょうか?みんなの心を幸せに導くはずの宗教なのに、ウイグル人・チベット人放置、臓器狩り放置、反日活動放置。その沈黙は誰得で誰を救えたでしょうか?だから私は声を上げています。自衛隊の話では日本の海は中国の潜水艦だらけだそうです。
チョット考えてみてください。
「赤信号を渡っちゃいけないよ?」で信号無視が無くなりますか?
年間60万件以上の違反ですよ?
戦争だめだよイケナイよ憲法守れで戦争が無くなるでしょうか。
われわれ坊主が平和を祈って戦争が無くなりましたか?いいえ。
北朝鮮さん核を持たないでくださいで核を捨てましたか?拉致被害者返してくださいで返ってきましたか?いいえ。
チベット、ウイグルの侵略をやめてくださいで中国が侵略をやめたでしょうか?
いいえ。
平和のお祈りだけで戦争が無くなるなら警察も軍隊もいりません。
平和の祭典と言いながらウイグル人ジェノサイド&臓器狩りの中国に無反応な「#愚か者」がわれわれ日本人と沈黙の宗教者たち。それが現実です。
誰もが戦争なんて反対です。誰もが自分の家族が大事です。
だからこそ家に鍵をかける=きちんと防衛=ただし戦争行為に加担はしない防衛の為にこそ改憲は必要なのです。他国の軍事支配から守る為の日本の防衛が必要なのにその防衛を阻止する平和運動家が実は日本の侵略サイドだからです。だから安い情報や綺麗ごとに騙されずにちゃんと!守る!姿勢が大事なのです。

2022年2月27日 17:46
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
お悩み相談は「08020659278」まで。どなたでも無料。 救われた方...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

eishun 様、Kousyo Kuuyo Azuma 様、お勤めのお忙しい中、大変有り難いご回答に心から感謝いたします。
おかげさまで、私も少し落ち着いてまいりました。

>>是非、輪廻を厭うと共に、恐怖を打ち破るためにも、仏教を実践
>>していくことで、内なる心に平和を築いて参りたいものとなります。

>>そして私達が一人一人共に協力して悪しき考えや言葉や行いを改め
>>させていくこと、善き言葉や行動していくことが大切だと思います。

ご回答を拝見し、お釈迦様の道、とはいかなるものかを考えるようになりました。こちらのお教えを心に刻み、日々精進してまいります。
本当にありがとうございました。

丹下 覚元様 お坊様としてお勤めのお忙しい中、ご回答頂きありがとうございます。毅然とした回答、大変勉強になりました。
 これを機に日本でも自国防衛の議論が盛んになることと思います。気持ちを緩めず、弛まず政治に参加してまいります。

「事件・犯罪・災害・戦争」問答一覧

戦う意味とは?

先日、NHKで『戦禍のなかの僧侶たち〜浄土真宗本願寺派と戦争〜』という番組が放映されていました。 日中戦争、太平洋戦争の戦時下の動員に仏教自らも(当番組では対象を同派としていましたが、国民総動員法の元ですので宗派に関係はないと思います)戦争に加担してしまった、その実態を取材した内容でした。 77年前のはいえ、生々しい出来事の記憶です。 一方、日本史という仏教が伝来し、今日に至るまでの長い目で見たとき、お坊さんはある時、僧「兵」でもありました。また、信仰のため、民衆のため、中々アグレッシブな姿になる事もあったと思います。 私は、仏教については高校の教科書程度の知識しか持っていませんが、印象としては「穏やかな宗教」といったものです。 例えば、キリスト教やイスラームには「聖戦」という教義がありますよね。 では、仏教ないし仏教徒が「戦う」とき、戦いを「是」とする考え方はあるのでしょうか? もちろん、それぞれの事象の背景には「そうなる経緯」があります。ですので、一概には言えないと思いますが、こんな考え方、こんな教義があるというものがあれば、宗派関係なくご教示願いたいです。 あと、これは愚痴?ですが、いつも戦時下の鉄の供出にはがっかりします…お寺さんの鐘もさぞかし由緒があったろうに…。 お忙しい中とは思いますが、ご回答をよろしくお願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

ニュースに振り回されない方法

お忙しい中申し訳ございません。 タイトルの通り、最近の国際・政治関係のニュースに疲れを感じています。 最近は戦争等、不安になるニュースが多く、ネットで詳細を調べる事が多くなりました。 ネットは情報量が多いので、気になるニュース、関連情報と調べていくと、どんどん不安になります。 その上、コメントや動画等を見ると、この情報は嘘をついている、いやそれは陰謀論だ、と何が真実なのかわからなくなります。 色々調べた上で、最終的には「私には何が正解かわからない」と考え、不安になるだけならニュースを見ない方がいいとなるのですが、次は「日本人はお花畑」という言葉が頭を過ります。 このように、ニュースを見て調べ、疲れて見るのをやめてモヤモヤする、という日々を繰り返しています。 全く情報を見ないというのもどうかと思うので、ニュースは見た方が良いかと思うのですが、暗いニュースを見ても、不安にならずに前向きに過ごすには、どう情報と向き合えばいいのでしょうか。 色々調べたところで、結局何かが変わることもなく、変えられることもないとわかっているのですが、気になるニュースが目に入ると調べてしまいます。 情報から自分の答えを出す能力がない事が問題なのでしょうか。 そもそもネガティブなニュースを見ても前向きに、というのは難しいというか矛盾しているかもしれませんが、モヤモヤせずに前向きに考えられる方法、心構え等、ご教示いただければと思います。

有り難し有り難し 30
回答数回答 1

子どもにどう説明すれば良いですか?

小学生5年生の息子がロシアのウクライナ侵攻に心を痛めています。 知っておいて欲しい、考えて欲しい世界情勢ではありますが、残虐過ぎるニュース(ロシア兵が行った捕虜への拷問など)は伏せています。 日本が昔、戦争をしていたという事にもショックを受けていました。 (小学校では外国籍の児童に配慮してか、昔ほど太平洋戦争について教えなくなっています。 なので家で一年生の頃から少しずつ教えています。 身近な空襲跡を見せたり、加害の歴史についても。 太平洋戦争に至るまでの他の戦争についても。) 「人間てずっと戦争してるよね?なんで止めないの?」と聞かれて返答に困りました。 個人的には戦争は国家による犯罪と認識していますが、世界的には国家間の問題解決の最終手段という位置づけですよね。 個人間のトラブルで暴力沙汰になれば犯罪なのに、国家間では戦争も有り… 矛盾ですよね。 戦争は野蛮だと思いますが、子どもにそう教えれば、子どもはロシア人は野蛮だと思ってしまうでしょう。 ロシアにはロシアの正義があって、ロシア兵には愛国心がある。 でも戦争は絶対に間違っている。 世の中はきっちり善悪に分けることは出来ないと言う事は伝えました。 大人なら戦争にもメリットがあって(医療、科学技術の発展、焼け野原になった方が都市計画がしやすい)戦争で得をする人がいて、人命より優先する事があるという判断も分からなくはないですが…(私は得をする立場にないので全力で反対です) 子どもに「なぜ戦争が無くならないのか」どう説明すれば良いでしょう?

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

遺伝子の問題(先行き不安)

(カテゴリは、複数に該当するので、特に意味はありません) 4月15日のつぶやきにも書いたのですが、特殊詐欺の被害に遭ってしまいました。(被害額は、500万円以上750万円未満とだけ、記しておきます) 大きなショックを受けています。 両親が、悪徳(霊感)商法・特殊詐欺・カルト集団の勧誘などに、引っ掛かりそうになった際には、私が阻止してきました。そんな私自身が、典型的な詐欺の手口に、いとも簡単に引っ掛かってしまったことに、絶望感が募っています。 両親の介護は、ほぼ全て、私が担ってきました。当然、認知能力がなくなっていく姿も、間近で見てきました。私も、親の二の舞を演じるのならば、悲観的にならざるを得ません。 去る1月21日、「母親が死にたがっている」というタイトルの問答が、ありました。(回答僧は、中田三恵様) 「元気なうちに死にたいというのが持論で、それが10年後(65歳)である」 このような主旨の文章があったと、私は記憶しています。 質問者の母上様の真意は、私にはわかりません。ただ、仮に、親の二の舞になるくらいなら、意思表示が可能なうちに「安楽死」したい・・・という考え方なのであれば、私の考え方とある程度一致します。 閑話休題 仏教では、愚痴は御法度のはずですが、今回は愚痴ばかりで申し訳ありません。 話が随分長くなりましたが、今回の要点(質問)は次の2点です。 (1)親の二の舞を演じるのが明白であっても、「定命」に従って生きるしかないのか? (2)心が落ち着いたら、生活相談窓口に行きたいのですが、小心者の私に、どうかその気力が出る言葉を下さい。 お手すきの折で結構です。回答を頂ければ幸いです。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

恐怖心が消えません。

初めて相談させていただきます。 読んでいただきありがとうございます。 戦争がこわいです。 双方どちらにも言い分があって、当事者ではない私達にはわからない事もたくさんあるのだと思います。 ですが、それでも武器を持たない民間人への攻撃のニュースをみる度悲しく辛いです。 そして日本に対しても平和条約の打ち切りなどのニュースをみていると、いつか日本に攻撃してくるのではないかという不安と恐怖が襲ってきます。 家族はもちろんの事ですが、幸せそうな特に小さなお子さん連れの家族をみると、この幸せが崩れ去ってしまったらとずるずると悪い方向にしか考えられなくなってしまい、涙が止まらなく食欲もなくしてしまい、うまく笑えていないようです。 飛行機やヘリコプターの音を聞くと恐怖からか動悸がします。 住んでいる地域が駐屯地から近い為、通常の訓練の音でも怖くなってしまいました。 政治家でも偉い立場でもない一般庶民の私にできる事は少なく、片方の情報だけを信じない事。 1日でも早く落ち着く事を願う事。 1日1日を大切に感謝して生きる事だとは思っているのですが、怖い思いや辛い思いをするのなら、特に子供がそういう思いをしてしまうのなら、いっそ子供と一緒に飛び降りてしまおうかと考えてしまう事も多くなりました。 生活に支障をきたすなら一度ニュースなどから離れるべきだとも分かっているのですが、確認してないうちに状況が悪くなってしまったらというまた別の不安で結局一回は確認してしまいます。 馬鹿な事を考える母親でごめんねと思いますが、どうしても不安が消えません。 うまく伝えられず申し訳ございません。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ