hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

何故この世界は残酷なのでしょうか

回答数回答 2
有り難し有り難し 34

何年もずっと考えている疑問があります。
『何故この世界は残酷なのか』
私は神様も仏様も運命も信じています。敬虔な信者ではありませんが、キリスト教も信仰しています。

現在ウクライナでの戦争で、日本含め世界中(主に欧米諸国ですが)の人々が戦争に反対し、ロシア国民の中にもロシア政府を非難する声をあげていますよね。
多くの人が平和を望み声をあげているのを見て、彼らの善良な心に感動する反面、『ウクライナだけ?』とも思ってしまいます。

戦争はシリアやアフリカ、ベトナムでも未だ続いています。
ひいてはウクライナでのロシア政府による殺戮より、もっともっと非人道的で残虐な行為が私がこうして文字を打つ間にも起こっています。

あるイギリスのキャスターが『彼らが青い目をした私たちと同じ白人だから声をあげるんだ』と言って非難されていました。
しかし、それが事実なのではないのかな?と思います。
非難した人々は、有色人種の危機に何かしたんでしょうか。
実際、シリアではアメリカは軍を派遣しただけで他の国も何もしていません。アフリカでの内戦なんて放置です。自国の利益に関係ない事だから、アフリカはそういうものだからで片付けられている気がしてなりません。

実際、日本のニュースでもそうですが不倫なんかが取り上げられて、他人が口を出す。
ウクライナの問題が流れれば、戦争反対と言う。
でも、ウクライナ以外での人道的危機は取り上げられず、寄付も集まらず、ましてやデモなんて起こりもしない。ほとんどの人は知らないし、知る気もない。
他にも思う事柄はありますが、
私自身も含めて、人間ってこんなものなんだなとずっと感じています。

何を言っても綺麗事で、エゴにまみれていて、何が美しい世界なんだろうと思います。
何故産まれてしまったのか、意味なんて無いのかもしれませんし、そんなものは自ら定める事とも思います。
いっそ消えてしまいたくなる日も少なくないですが、自死は神様が赦してくれず苦しみは永遠に続くもの、試練を乗り越えて往生しなければならないとも理解しています。
月光の歌詞が気持ちにとても近いです。
人間って本当に不完全で醜いです。
こんな事真面目に話し合える人もおらず質問させていただきました。読みにくくてすみません。
よろしくお願い致します。

2022年3月10日 1:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたのおっしゃるとおりです

拝読させて頂きました。
あなたのおっしゃるとおりだと思います。人間世界は我欲にまみれてひどい状態ですね。美しいとは言えないかもしれません。
いさかいや争いは私達の心の中の貪りや怒りや愚かさから発生します。自分の為に・自分の周りの為に・自分の社会の為に・自分の民族の為に・自分の組織の為に・自分の国の為にとどんどんその貪りが広がっていきます。自分を守る為にがいつの間には我欲に置き換わっている状況を目の当たりにします。
私達人間の歴史は歴史書をみれば明らかなとおり争いの歴史です。その争いの為に大量破壊兵器が作り出されて自ら自身をも滅ぼそうとしています。
理性はどこかに飛んでいってしまって利害関係のみで勝ち残ろうとしている惨状です、そして幾多の大虐殺等残酷なことが繰り返されています。
その様な愚かな私達の貪り・怒り・愚かさをしっかりと自覚することが大事ですし、そこから同るべきかを考えることを忘れてはいけないと思います。
宗教は私達全て万民を救う道であり教えです。自らを大切にするように他者を大切にすること、お互いを思いやり尊重し合うことを教えています。
神仏は悪しきことは決してせずに、善きことを心がけていきましょう、自分の心も清らかに保っていきましょうと教えて下さっています。
そのことを私達全てが心がけて生きるならばこの世界は残酷な地獄から美しい天国や極楽に近づいていくでしょう。
決して諦めずに自暴自棄にならずに放棄せずに、善き心・善き言葉・善き行いを心がけていき、その尺度で自らを・周りを・社会を・世界を見てしっかりと見つめながら考え・発言して・行動していきたいです。
歴史は繰り返されますが、そこから善き方へと転換してきましょう。
あなた自身の存在も本当にかけがえのない大切なものです、同時に周りのものも全てかけがえのない大切なものです。そして私達の周りには本当にかけがえのない・素晴らしいもの・美しいものに囲まれていますからね。
あなたの周りにも春の日差しの中に美しい花々が咲き始めているでしょう、新芽が伸び始めているでしょう。戦場にあっても新芽が育ち花々が咲き始めるでしょう。
気がつかなくても誰もが恵まれていることを忘れない様にしたいですね。
一日も早く愚かな争い・戦争が終わり、誰もが毎日を仲良くお互いを思いやりながら安心して生きることができます様切に神仏に祈ってます。至心合掌

2022年3月10日 9:40
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

世界の映え方と追善

そらさま

私たちから見れば、この世は苦しみに満ち溢れた世界に映えておりますが、悟りを開いた覚者からは、この世界は清浄と映えるものとなります。

正確には、如来、仏陀に映えている(顕現している)世界は、一切は空性なる真理のあり方としての世界のみが映えており、既に汚れる業もなくなっており、清らかなお心を保たれておいででございます。

そして、衆生の苦しみのあり様を、その衆生お一人お一人の心の状態(無明、業の様子)をお覗きになられることにより、どのようにすればその苦しみを取り除くようにできるのかをお図りになられて、お救いを賜われるところとなります。

その実際の救われるための方法をお説き頂くためには、見仏(実際の仏と相見えること)と授記(その者が悟りへと至るための具体的な方法論)が必要となるところであります。

この娑婆世界では、現在如来は不在のため(弥勒仏下生までは)、それが不可能ではありますが、残されてある仏典等や偉大な聖者方による論書等で学び、実践していくことで、悟りへと至る道を歩むことが可能となってございます。また、別の如来在世の世界へと往生を目指すことも可能であります。

そのような中で、現実のこの世のありようを顧みた時に、いったいどのようなことができるのであろうかとなりますが、皆、一様に輪廻にある者全てが苦しんでいるありようには変わりはありません。

ですから、皆が救われるように、悟りの光がもたらされますようにと、功徳の実践を行うことが大切なことになります。

それには例外はありません。プーチンさん、ロシア兵、市民・・皆も苦しみの輪廻の中で喘いでいます。皆が救われるようにと追善することが、私たち一人ひとりにできることであります。

身の回り、日常の中で、身近にできる親切から。妊婦さんや高齢者に席を譲ってあげて安心させてあげることも善い功徳の一つです。アリを踏まないように歩くことも命を救う善い功徳の一つ。ゴキブリを殺さずに外に逃がしてあげることもそうです。

できることは日常の中でもたくさんあります。

そういった一つ一つの功徳を皆の業の浄化へと向けて追善して頂けましたら有り難いことでございます。

合掌

2022年3月10日 10:30
{{count}}
有り難し
おきもち


三休さん
二休みも三休みもしてしまう怠け者。三休です。 最新の仏教論考はこちら...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

eishunさま、Kousyo Kuuyo Azumaさま、
丁寧にご回答いただき誠にありがとうございました。

人間の醜さに失望する反面、どの人も可哀想だとも思います。
プーチンを暗殺するかできるかという話がよく持ち上がりますが、彼の行いを見れば仕方ない事と思う反面、毎日暗殺に怯えて過ごす恐怖、自らしてきた事と同じ事が自分に返ってくるかもしれない恐怖は耐え難いものと思います。
ロシア兵も可哀想です。殺し合いたくないと思っても、ここで逃げてしまったら降伏してしまったら自分が殺されるかもしれない恐怖から銃を撃ってしまうのではと思います。

ある程度善良な心を持つ人であれば、誠意を尽くして言葉を交わせば、時間はかかってもきっと理解し合えると信じていますが、戦争ではそんな暇も無く、そんな善良な心の隙をついて悪事を働く人間もいる訳で、だから疑心暗鬼で殺し合うしかないのが残酷でだから戦争はすべきでは無いのですよね。

虫はこの上なく苦手ですができる限り逃してあげて動物にも自分以外の命に親切であるよう、人に親切にされたら返すよう、自分がされて嬉しい事を他人にするよう心がけていますが、
それが相手にとって親切だと受け取られるかはまた別で、私にとっての親切が相手にとって余計なことだったり、私の気持ちが上手く伝わらない事も多いです。
全ての人が他人に親切であるよう心がけているとは思いません。現に私も親切である事に疲れて手を抜くこともあります。
そもそも他人に礼を尽くす気が無い人も多いです、利用しようとする人も。
それでも、私のする事で心が暖かくなる方もいらっしゃるからやはり親切でいることをやめないようにしています。
受け取られた方は本当に心が優しい人だなぁと思います。

この世は色んな人がいるので色んな受け止め方があり、自分の正義と相手の正義が違える事も多いです。それは仕方ないですが、
善く優しく有ることがとても難しく生きにくく感じます。
特に日本は本当に心がすり減る社会で辛いと感じる方ばかりで、辛い方の助けになれれば良いけど、人から傷つけられて人を信じれなくなってかえって人を傷つけたり、それにつけ込んで利用しようとする人もいる訳で、ただただ疲れてしまって穿った見方になって醜くく見えがちです。
アメリカなんかだと、言い方や態度が冷たくても人々がもっと暖かくて、地獄であっても感情が溢れていて生きている実感が湧きます。

優しい云々もプーチンが悪だというのも結局は見方の問題なんでしょうが、誰かから見れば私もエゴにまみれているのですし、
普遍的な価値観が無い中で手探りで生きていくのはあまりにも難しい。
本当に生きるのってままならないです。

お礼のコメントなのに話が飛んでしまってすみません。
やはり答えは出ません。なかなか自分の答えを見つけるのは難しいですね。一生見つからない人もいて、私は今21ですが、このさき生きていくのが途方も無いように感じます。

お二方、お時間割いてご回答くださりありがとうございました。
自分の考えについて他の人の話を伺う機会がめったに無いので、とても興味深かく貴重な体験でした。
多分私には他の人の考えを知るのが良い気がするので本でも読んでみようと思います。
悩みは尽きませんが、そうやって悩んで苦しんで、その経験を人の為に活かすのが私の定められたことだと四柱推命という占いで聞いたのでそういうものなのかなと少し思いました。
頑張ってみます。
このようなご時世ではありますが、やはり健康が1番だと思いますので、お身体お気をつけてお過ごし下さい。ビタミンと乳酸菌を摂るのが手っ取り早く健康にとても良いです。本当にいい世になればいいですね。
この度は誠にありがとうございました。

p.s. Kousyo Kuuyo Azumaさま
かなり前にここで、あるお寺でお坊さんとすれ違って会釈して挨拶して貰っただけだけどそれがとても心に残っていて縁って不思議だなあみたいな質問と言いますか、雑談をさせていただいたときに、ご自身が海外に行かれた時のことや心穏やかに過ごせるようにとお話してくださって、それがとても心に残っていて、ご回答くださった方がAzumaさんだったように思います。
違っていたら申し訳ないのですが、この度もご回答くださって嬉しかったです。
いつかお寺のほうにもお伺いしたいです。
ご自愛くださいませ。
この度も誠にありがとうございました。

「事件・犯罪・災害・戦争」問答一覧

戦う意味とは?

先日、NHKで『戦禍のなかの僧侶たち〜浄土真宗本願寺派と戦争〜』という番組が放映されていました。 日中戦争、太平洋戦争の戦時下の動員に仏教自らも(当番組では対象を同派としていましたが、国民総動員法の元ですので宗派に関係はないと思います)戦争に加担してしまった、その実態を取材した内容でした。 77年前のはいえ、生々しい出来事の記憶です。 一方、日本史という仏教が伝来し、今日に至るまでの長い目で見たとき、お坊さんはある時、僧「兵」でもありました。また、信仰のため、民衆のため、中々アグレッシブな姿になる事もあったと思います。 私は、仏教については高校の教科書程度の知識しか持っていませんが、印象としては「穏やかな宗教」といったものです。 例えば、キリスト教やイスラームには「聖戦」という教義がありますよね。 では、仏教ないし仏教徒が「戦う」とき、戦いを「是」とする考え方はあるのでしょうか? もちろん、それぞれの事象の背景には「そうなる経緯」があります。ですので、一概には言えないと思いますが、こんな考え方、こんな教義があるというものがあれば、宗派関係なくご教示願いたいです。 あと、これは愚痴?ですが、いつも戦時下の鉄の供出にはがっかりします…お寺さんの鐘もさぞかし由緒があったろうに…。 お忙しい中とは思いますが、ご回答をよろしくお願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

ニュースに振り回されない方法

お忙しい中申し訳ございません。 タイトルの通り、最近の国際・政治関係のニュースに疲れを感じています。 最近は戦争等、不安になるニュースが多く、ネットで詳細を調べる事が多くなりました。 ネットは情報量が多いので、気になるニュース、関連情報と調べていくと、どんどん不安になります。 その上、コメントや動画等を見ると、この情報は嘘をついている、いやそれは陰謀論だ、と何が真実なのかわからなくなります。 色々調べた上で、最終的には「私には何が正解かわからない」と考え、不安になるだけならニュースを見ない方がいいとなるのですが、次は「日本人はお花畑」という言葉が頭を過ります。 このように、ニュースを見て調べ、疲れて見るのをやめてモヤモヤする、という日々を繰り返しています。 全く情報を見ないというのもどうかと思うので、ニュースは見た方が良いかと思うのですが、暗いニュースを見ても、不安にならずに前向きに過ごすには、どう情報と向き合えばいいのでしょうか。 色々調べたところで、結局何かが変わることもなく、変えられることもないとわかっているのですが、気になるニュースが目に入ると調べてしまいます。 情報から自分の答えを出す能力がない事が問題なのでしょうか。 そもそもネガティブなニュースを見ても前向きに、というのは難しいというか矛盾しているかもしれませんが、モヤモヤせずに前向きに考えられる方法、心構え等、ご教示いただければと思います。

有り難し有り難し 30
回答数回答 1

子どもにどう説明すれば良いですか?

小学生5年生の息子がロシアのウクライナ侵攻に心を痛めています。 知っておいて欲しい、考えて欲しい世界情勢ではありますが、残虐過ぎるニュース(ロシア兵が行った捕虜への拷問など)は伏せています。 日本が昔、戦争をしていたという事にもショックを受けていました。 (小学校では外国籍の児童に配慮してか、昔ほど太平洋戦争について教えなくなっています。 なので家で一年生の頃から少しずつ教えています。 身近な空襲跡を見せたり、加害の歴史についても。 太平洋戦争に至るまでの他の戦争についても。) 「人間てずっと戦争してるよね?なんで止めないの?」と聞かれて返答に困りました。 個人的には戦争は国家による犯罪と認識していますが、世界的には国家間の問題解決の最終手段という位置づけですよね。 個人間のトラブルで暴力沙汰になれば犯罪なのに、国家間では戦争も有り… 矛盾ですよね。 戦争は野蛮だと思いますが、子どもにそう教えれば、子どもはロシア人は野蛮だと思ってしまうでしょう。 ロシアにはロシアの正義があって、ロシア兵には愛国心がある。 でも戦争は絶対に間違っている。 世の中はきっちり善悪に分けることは出来ないと言う事は伝えました。 大人なら戦争にもメリットがあって(医療、科学技術の発展、焼け野原になった方が都市計画がしやすい)戦争で得をする人がいて、人命より優先する事があるという判断も分からなくはないですが…(私は得をする立場にないので全力で反対です) 子どもに「なぜ戦争が無くならないのか」どう説明すれば良いでしょう?

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

遺伝子の問題(先行き不安)

(カテゴリは、複数に該当するので、特に意味はありません) 4月15日のつぶやきにも書いたのですが、特殊詐欺の被害に遭ってしまいました。(被害額は、500万円以上750万円未満とだけ、記しておきます) 大きなショックを受けています。 両親が、悪徳(霊感)商法・特殊詐欺・カルト集団の勧誘などに、引っ掛かりそうになった際には、私が阻止してきました。そんな私自身が、典型的な詐欺の手口に、いとも簡単に引っ掛かってしまったことに、絶望感が募っています。 両親の介護は、ほぼ全て、私が担ってきました。当然、認知能力がなくなっていく姿も、間近で見てきました。私も、親の二の舞を演じるのならば、悲観的にならざるを得ません。 去る1月21日、「母親が死にたがっている」というタイトルの問答が、ありました。(回答僧は、中田三恵様) 「元気なうちに死にたいというのが持論で、それが10年後(65歳)である」 このような主旨の文章があったと、私は記憶しています。 質問者の母上様の真意は、私にはわかりません。ただ、仮に、親の二の舞になるくらいなら、意思表示が可能なうちに「安楽死」したい・・・という考え方なのであれば、私の考え方とある程度一致します。 閑話休題 仏教では、愚痴は御法度のはずですが、今回は愚痴ばかりで申し訳ありません。 話が随分長くなりましたが、今回の要点(質問)は次の2点です。 (1)親の二の舞を演じるのが明白であっても、「定命」に従って生きるしかないのか? (2)心が落ち着いたら、生活相談窓口に行きたいのですが、小心者の私に、どうかその気力が出る言葉を下さい。 お手すきの折で結構です。回答を頂ければ幸いです。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

恐怖心が消えません。

初めて相談させていただきます。 読んでいただきありがとうございます。 戦争がこわいです。 双方どちらにも言い分があって、当事者ではない私達にはわからない事もたくさんあるのだと思います。 ですが、それでも武器を持たない民間人への攻撃のニュースをみる度悲しく辛いです。 そして日本に対しても平和条約の打ち切りなどのニュースをみていると、いつか日本に攻撃してくるのではないかという不安と恐怖が襲ってきます。 家族はもちろんの事ですが、幸せそうな特に小さなお子さん連れの家族をみると、この幸せが崩れ去ってしまったらとずるずると悪い方向にしか考えられなくなってしまい、涙が止まらなく食欲もなくしてしまい、うまく笑えていないようです。 飛行機やヘリコプターの音を聞くと恐怖からか動悸がします。 住んでいる地域が駐屯地から近い為、通常の訓練の音でも怖くなってしまいました。 政治家でも偉い立場でもない一般庶民の私にできる事は少なく、片方の情報だけを信じない事。 1日でも早く落ち着く事を願う事。 1日1日を大切に感謝して生きる事だとは思っているのですが、怖い思いや辛い思いをするのなら、特に子供がそういう思いをしてしまうのなら、いっそ子供と一緒に飛び降りてしまおうかと考えてしまう事も多くなりました。 生活に支障をきたすなら一度ニュースなどから離れるべきだとも分かっているのですが、確認してないうちに状況が悪くなってしまったらというまた別の不安で結局一回は確認してしまいます。 馬鹿な事を考える母親でごめんねと思いますが、どうしても不安が消えません。 うまく伝えられず申し訳ございません。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ