hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

憑依体質での仕事

回答数回答 3
有り難し有り難し 40

霊感が強く、憑依体質です。
求職中で条件が良い職の勧めがありましたが、葬祭関連の会社の事務です。
職場はセレモニーで、毎回ではないのですが面接に行った際に体が重くなり気分が悪くなってしまいました。
セレモニーなどは供養された霊のいる場所と思い、職場としては良いと思っていたのですが、具合が悪くなったことを考えると終日その場にいるのは難しく、私のような体質の者は別の仕事を探した方が良いでしょうか。
また、克服できることがありますでしょうか。
宜しくお願いいたします。

2014年6月17日 12:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そのために『般若心経』があるのです。

ctukiさん、こんにちは。
真言密教の布教師、木内脩岳(きうち しゅうがく)です。
こういうことは、真言密教の阿闍梨である私にお任せ下さい。
以前、霊的な力がとても強い先生(女性)に頼まれ、お祓いをしたことがあります。その時、その場に居合わせた、憑依されやすい体質の女性が憑かれてしまいました。そこで、霊的な力がとても強い先生は、『般若心経』の経本で背中をパンパンしながら祓っていました。
プロがお祓いに使うほど強力な力を秘めたお経が『般若心経』です。
あなたのように憑依されやすい方は、朝晩に『般若心経』を読誦することをお勧めします。
また職場で「やられたかな」と思った時にも、読誦することをお勧めします。
まずは、お試しあれ。

2014年6月17日 13:19
{{count}}
有り難し
おきもち

有坂脩岳(しゅうちゃん)
『般若心経』を梵語(サンスクリット語)で読める日本でも珍しいお坊さんです。...

ご自身でそう思うのであれば辞めた方が良いのでは

ご自身で憑依体質であると自覚していて、
セレモニー関係の職場に行った時に具合が悪くなったのであれば、
それはお辞めになった方が良いのではないかと私は思います。

人それぞれだと思いますが、
ご自分で体調に違和感を感じている所に克服してまで就職する必要はないのではないでしょうか?

回答になっていなかったら申し訳有りません。

2014年6月17日 12:29
{{count}}
有り難し
おきもち

仏道に入門して30年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

「憑依」に関すること

ctuki様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「憑依」に関することにつきましては、これまでにも下記の各問いにてお答えさせて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/憑依

下記の問いの回答にても少し述べさせて頂いておりますが、基本的に、「霊感」や「憑依」に関することにつきまして、拙生は「無記なる問題」として扱うべきであるとの立場をとらせて頂いております。

問い「霊感ってあるのでしょうか?」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002837225.html

問い「取り憑かれている人」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002847309.html

また、どうしても「憑依」や「霊感」に関することは、宗教的な面から捉えようとして考えますと、その根拠や証明、論証の曖昧さが生じてしまうため、非常に難しい問題を孕むことにもなります。

ただ、あくまでも仮定でありますが、もし「憑依」や「霊感」があるとしても、色々な因・縁(原因や条件)により成り立っている「縁起」なるものであり、実体として、独立自存としては成り立っていない「空」なるものであるかとは存じます。その因・縁をより善くに調えることで、当然に結果も改善させることができるのではないかとは存じます。

とりあえずは、実際に体調が悪化して就業が厳しそうであれば、やはり、体調の悪化を招かない職種への就職をお考えになられると良いのではないかとは存じます。

あとは、下記の問いにてお答えさせて頂いておりますが、心の問題の可能性があるようであれば、一度、心療カウンセリングやメンタルケアを受けられてみることも問題解決へ向けた一つになる場合もあるかとも存じますので、少しくご検討下さいませ。

問い「取り付かれた?と思うことがたまにあります。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002997917.html

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2014年7月16日 13:07
{{count}}
有り難し
おきもち

「不思議なできごと・夢を見た」問答一覧

無に行ったかもしれない話

私はよくボーッとしています。小さい頃からです。 たまにボーッとしていると、自分は宇宙の中の何で何をするためにここにいて、他の人たちは何で、なにをするためにここにいるのか?という感覚になります。ここにいる自分を不思議がらない自分をしきりに不思議がっている、そんな感覚です。次第に手のひらが上を向いているか下を向いているかわからなくなり、体がなみなみしていきます。波に揺られる感覚というかんじです。小刻みに。 この感覚はわりと心地よくてたまにやるのですが、人生で一度だけ、ボーッとしていて真っ白な空間に行ったことがあります。 小学生の頃で、習い事の最中でした。今でも鮮明に覚えています。その時はその習い事に対して興味が持てず、ボーッとしてやり過ごすことが多かったと思います。そして気がついたら私は真っ白な何も無い空間にいました。そこはたぶん無なので、「何もない」という概念すらありませんでした。しばらくして扉が見えました。そこで私は「扉だ。え?扉?扉ってなんだっけ?」と思い、「扉を知っている自分」を自覚してこちらに帰ってきました。 あの時私には何が起こっていたのでしょうか。そして、ボーッとしているときに起こるあの感覚に名前はあるのでしょうか。 とても難しい質問かもしれませんが、私にとって意味があることに思えて仕方ないので、こちらで質問してみることにしました。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

旅行の直前になると必ず病気になります

来年手術を受けることになり、それまでの間病院に通って治療しています。 治療が進み、症状がかなりマシになり、医師からも「もう酷くなることはない」と言われていました。 この数年色々あって自分や自分の人生を変えたいという思いが強くなっていて、体調も良くなったので、居住地からかなり離れた所で開かれる、ある交流会に参加することにしました。 交通手段や宿やチケットなど全部用意していよいよ旅の3日前。突然今まで消えていた症状が復活。日常生活も送れないほど酷いので旅はキャンセルに…。 実はこれが初めてではなく、少し前にも同じことがありました。 今回と同じように、新しい人達と出会って自分の居場所を見つけたいという思いから交流会に参加する予定を立てていて、その数日前に症状が出て今回と同じくキャンセル。 単なる偶然と言えばそうかもしれませんが、何か見えない力が「行ってはいけない」と警告しているような気もします。 そういうことってあるのでしょうか? (交流会に参加できなくて人生を変える一歩が今年中に踏み出せなかったのはとても残念ですが、なぜか旅に行くことにしていた時より気持ちは平穏です。やはり行ってはいけないという暗示だったのでしょうか)

有り難し有り難し 36
回答数回答 2

お祓い後の不思議な現象

数年前のお話です。 あまりにも不幸な事が続くので、近くのお寺に行きたいと何週間も前から考えていましたがなかなか行けませんでした。 急に用事が入ったり、体調が悪くなったり、天候だったりと様々です。 そんな中、ある朝突然「行けるかも」と思う日がありました。 身を清めてから1人で歩いてお寺まで向かいました。 そこのお寺は普段は住職さんもおりません。掃除の時くらいです。小さな田舎町の小さなお寺です。 私がたまたま訪れた時、住職さんと地域の方々2人が掃除をしていました。 私は普通に参拝し、帰ろうとしました。 その時、住職さんに呼び止められお話をすることになりました。 「あなたが来た時、良い風が吹きました。お祓いしていかれますか?」 私は相談も身の上話も一切していませんでしたが、お祓いして頂けるとのことでとても嬉しく思いお祓いしていただきました。金銭も何も求められませんでした。 お祓いが終わり、感謝し、そのまま普通に帰ろうとお寺の敷地を1歩出た瞬間。 なぜか目から涙が出てきたのです。 そのあと家に帰るまで一人で歩きながら15分間涙が止まりません。悲しい気持ちにも、泣くような出来事も一切ありませんでした。 なんで涙が出てくるのか不思議で仕方なかったです。 そして、その後不幸な出来事はぴたっと止まりました。 お祓いには効果があるのでしょうか? お祓い後に何も考えていないのに勝手に涙が止まらなくなることはありますか? とても不思議な体験だったので、気になっています。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

夢の中で瑠璃観音菩薩のような女性にあった

私は霊感などはないのですが、私の母は近しい人が死ぬ数日前に動物(母が子供の頃に飼っていた犬)に噛まれる夢を見るようで、夢が醒めるまで噛まれて離されたらひどい怪我をして、噛まれて離さなかったら死んでしまうのです。 この話を聞いた時に嘘だと思っていたのですが、小学生や中学生の時に母が動物に噛まれる夢を見たというと本当に1週間以内に誰かに不幸が起きて怖いというか信じられなかったので、不吉なこと言うなとよく言っていました。 私自身はそういう事がないので悠々自適に寝れるわけですがこの前に凄く変なというか警告のような夢を見ました。 この話をする前に 私の趣味はダイビングや釣りなどで海や川に行く機会が非常に多いです。 夢の中で私は定食屋のような場所のカウンターの席に座ってご飯を食べていました。ですが、この定食屋の客層は少し変わっていまして、皆が江戸時代のような服装で浮浪者のような格好でした。 定食屋をやっている女性はとても優しい女性でその定食屋のお客さんに無償で沢山の食べ物を作って食べさせてくれていました。(夢の中の私もまた浮浪者の一人だったのかも知れませんが) 定食屋の女性は遠慮してなかなか料理を食べない私に「いっぱい食べなさい!」と様々な料理を勧めてくれるのです。 そこで申し訳ないなと思う私がカウンターの中をたまたま見ると洪水で流された様な、苗字部分が掠れた年代物の様な家の表札が沢山置いてあるのです。 その表札を見た後に女性の名前の札のような物が見えました。そこには日本の漢字では無いような瑠璃閑に近い漢字が書かれていました。(夢の中で私はるりかんと読んでいました) その名前の札を見た後、私は宙に浮いて空の上から大きな瑠璃閑のような文字が記された提灯を見ました。 そのあと、誰かに足を強い力で揺さぶられ、引っ張られ目が覚めました。 そのあと、あまりにもいつもとは違う妙な感覚だったので「るりかん」を調べたら水難の観音様とされる瑠璃観音菩薩が出て来ました。 私の趣味が水に関わる事でアルバイトも水に関係する事をしているので非常に驚きと畏敬と何かの知らせではないかと思いました。 私の見た夢は何だったのでしょうか? 何かの知らせなのか。何でもない夢なのか。ただただ今までにあまりないタイプの夢でしたので相談しました。 長文となってしまいましたが、お答えいただけると幸いです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

24歳上の悪遊を亡くしデジャブを経験

亡くなった悪友は51歳という若さで単独事故で亡くなりました。 「関係性」 相手には家庭もあり、愛人も数人居るような元気な方でした。愛人ではないが、時間が合えば出かけたり体の関係もあり遊んだりしていた仲でした。 私が再婚して連絡回数が減り1年に3回程になっていた。 何故か久々に連絡を取りたくなりめ連絡先したが返事が無くて、共通の友人に連絡とりたいと話しして伝えておくね!と翌日亡くなりました。 「デジャブ」 そして葬式準備していたら、ふと自分が喪服を着る自分の夢を思い出した。 この姿、手に持っているもの同じでした。この断片的な夢は数カ月前見た夢で何か記憶に残る動物が出ており、目が冷めた後夢占いで調べたので記憶にかすかに残ってました。 その夢占いには、「試練、大切な人が亡くなる」と言う書いてありましたがそんな事あるはずないとスルーした事がありました。 この出来事が気になり調べていたら ここの仏教の教えをしることになり楽になりましたが、仏教の教えではあり得ないが 私の様な出来事があると、この人の運命は決まっていたんじゃないかと思いました。 私が経験したデジャブのような事は 「なぜ、ひとも特定して事故死する事を見れなかったんだ、」など悔みました。 だか、ここの悟りを読んで 私に対して「試練」がくるよと教えててくれただけでもありがたいと思えるようになりました。 「疑問」 この出来事はデジャブと言うのか、守護霊さんか何かが教えてくれたのでしょうか? この方は、亡くなる運命が決まっていたんじゃないかと思えましたがどう思われますか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る