hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

憑依体質での仕事

回答数回答 3
有り難し有り難し 37

霊感が強く、憑依体質です。
求職中で条件が良い職の勧めがありましたが、葬祭関連の会社の事務です。
職場はセレモニーで、毎回ではないのですが面接に行った際に体が重くなり気分が悪くなってしまいました。
セレモニーなどは供養された霊のいる場所と思い、職場としては良いと思っていたのですが、具合が悪くなったことを考えると終日その場にいるのは難しく、私のような体質の者は別の仕事を探した方が良いでしょうか。
また、克服できることがありますでしょうか。
宜しくお願いいたします。

2014年6月17日 12:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そのために『般若心経』があるのです。

ctukiさん、こんにちは。
真言密教の布教師、木内脩岳(きうち しゅうがく)です。
こういうことは、真言密教の阿闍梨である私にお任せ下さい。
以前、霊的な力がとても強い先生(女性)に頼まれ、お祓いをしたことがあります。その時、その場に居合わせた、憑依されやすい体質の女性が憑かれてしまいました。そこで、霊的な力がとても強い先生は、『般若心経』の経本で背中をパンパンしながら祓っていました。
プロがお祓いに使うほど強力な力を秘めたお経が『般若心経』です。
あなたのように憑依されやすい方は、朝晩に『般若心経』を読誦することをお勧めします。
また職場で「やられたかな」と思った時にも、読誦することをお勧めします。
まずは、お試しあれ。

2014年6月17日 13:19
{{count}}
有り難し
おきもち

有坂脩岳(しゅうちゃん)
『般若心経』を梵語(サンスクリット語)で読める日本でも珍しいお坊さんです。...

ご自身でそう思うのであれば辞めた方が良いのでは

ご自身で憑依体質であると自覚していて、
セレモニー関係の職場に行った時に具合が悪くなったのであれば、
それはお辞めになった方が良いのではないかと私は思います。

人それぞれだと思いますが、
ご自分で体調に違和感を感じている所に克服してまで就職する必要はないのではないでしょうか?

回答になっていなかったら申し訳有りません。

2014年6月17日 12:29
{{count}}
有り難し
おきもち

仏道に入門して30年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

「憑依」に関すること

ctuki様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「憑依」に関することにつきましては、これまでにも下記の各問いにてお答えさせて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/憑依

下記の問いの回答にても少し述べさせて頂いておりますが、基本的に、「霊感」や「憑依」に関することにつきまして、拙生は「無記なる問題」として扱うべきであるとの立場をとらせて頂いております。

問い「霊感ってあるのでしょうか?」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002837225.html

問い「取り憑かれている人」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002847309.html

また、どうしても「憑依」や「霊感」に関することは、宗教的な面から捉えようとして考えますと、その根拠や証明、論証の曖昧さが生じてしまうため、非常に難しい問題を孕むことにもなります。

ただ、あくまでも仮定でありますが、もし「憑依」や「霊感」があるとしても、色々な因・縁(原因や条件)により成り立っている「縁起」なるものであり、実体として、独立自存としては成り立っていない「空」なるものであるかとは存じます。その因・縁をより善くに調えることで、当然に結果も改善させることができるのではないかとは存じます。

とりあえずは、実際に体調が悪化して就業が厳しそうであれば、やはり、体調の悪化を招かない職種への就職をお考えになられると良いのではないかとは存じます。

あとは、下記の問いにてお答えさせて頂いておりますが、心の問題の可能性があるようであれば、一度、心療カウンセリングやメンタルケアを受けられてみることも問題解決へ向けた一つになる場合もあるかとも存じますので、少しくご検討下さいませ。

問い「取り付かれた?と思うことがたまにあります。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002997917.html

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2014年7月16日 13:07
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

「不思議なできごと・夢を見た」問答一覧

私は偏見だらけなのでしょうか。

‪私は常々「人の価値はできるできないではない」などと思っていました。しかし今日の夢で、本当にそうなのか、そう思うように(自己満足のために)心がけていただけではないのかと思うようになりました。 以下夢の内容です。夢を見た直後にメモを取ったものなので、粗暴な書き方になりますがお許しください。 ‪原因不明で、今まで通り歩いたり、話したり、見たりできなくなるような夢を見た。 いくら現実で綺麗事を抜かそうと、本当に死にたくなるほど嫌だったし、親に ちょっと病院行こうと言われた時は受け入れられなかった。そんなことない、僕は普通だ、問題ないと。親には気強く振舞っていたものの。でもやっぱり今まで通りにできていないことは気づいていたので、病院へ行く。もし治らなかったらどうしようと漏らすと、母は「何をしてでも、どんなことをしてでも治すように手配するから心配するせんでええ」と言った。可能かどうかは関わらず、現実でも母はこのように言ってくれるだろう。僕に対する親の愛というものは、かけがえのないものだ。 病院での診察のシーンはなかったが、場面は飛び、意を決して大切な友人達と会ったところ、受け入れてもらえた。そこで目が覚めたが、もちろんああちゃんと歩ける、話せる、見ることができるということでも嬉しかった。しかしながら、受け入れてもらえたという事実も嬉しかった。僕がもしこうなった時、丸々受け入れてくれる人が、果たして何人ほどいるのだろうか。果たして僕は大切な人がこうなった時、丸々受け入れられるのだろうか。 そして何より、これを書き残そうとした時、はじめに書こうとした 普通でなくなったという言葉はやっぱり僕の中の偏見なのだろうか。‬ 以上になります。普通 という言葉には悩みが多く、普通という言葉で人は傷つくのではないかと近頃思っていましたが、やはりわたしにもそういった決めつけの普通はあったようです。 私は偏見まみれなのでしょうか。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

不思議な出来事

連日ご相談してしまい申し訳ございません。 本日ですが子供と病院に行き、お寺があったので参拝させていただいたのですが、その時不思議な出来事が2つありました。 手と口を清めてる時に門の方からいきなり風が吹き始め、清めおわった途端風が止み、参拝させていただきました。 そして参拝が終わり、子供と本堂の脇が気になり向かった所、お稲荷様がありました。私と子供とお稲荷様もご挨拶しようと思い、参拝していたら私が参拝している間グイグイと身体をお稲荷様の方に引っ張る様な感覚が終わるまでありました。 本堂の時はその様な事がなかったのですが、お稲荷様の時はそんな感覚があり子供に同じような感覚になったかと聞いたらそんな事はなかったよと。 今まで体がゆらゆらと揺れる事はなかったので、もしかしたらお願いしていたので嫌われたのでは?と考えてしまいました。 ただ、帰るときはなんか気持ちが爽やかな気持ちになってお願い叶えてくれるのかな?とも思えたり。 昨年から凄く運が悪く気持ちがしんどくてホッとする事がありませんでした。 その中で今日そう言う出来事があったので何か意味があるのでしょうか? お忙しい中ご回答よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

不思議な体験

今年初めに父を亡くし2か月がたちました。 父の様態が急変した12月末から今日までは、まるで時が止ったようであり、時として目の前を時間が猛スピードで通り過ぎるという、相反する様な感覚を覚える、そんな不思議な時間が過ぎて行きました。 2月末に49日の法要を済ませ、今日お寺さんに家に来ていただきご本尊の開眼供養を営んでいただきました。 朱の蝋燭にお霊供お供え物を用意し、ご住職に読経をしていただいたわけですが、読経の最中に二度三度突然蝋燭の炎が高く燃え上がったり、風もないのにゆらゆらと炎が揺れ動いたりという不思議な体験をしました。 開眼供養に参列した叔母は、後でご先祖さまや亡くなった父が喜んでいたのではないかと話していました。 開眼供養の後、ご住職とのお話の後ご住職をはじめ参列した方々が帰られた後、また不思議な体験をしました。 父を亡くした母は、その後もそれ以外の辛い辛い出来事もあり、何事もうわの空と言った状態だったのですが、開眼供養の後父との死別後初めて前向きな内容の話を始めたのです。 その内容はお聞かせするのも恥ずかしいほどのたわいもない話なのですが、家にご本尊をお迎えしたことが母の心に変化をもたらしたのでしょうか? 父の死という私にとっても母にとっても辛く悲しい出来事が仏様とのご縁を結んでくれたのだと考えて良いのでしょうか? 何の面白みもない話ですが、父との別れという辛く悲しい出来事にあたり私を救っていただいたこのhasunohaのお坊様方に、今日こんな出来事がありましたとご報告をさせていただきたくて書き込みをさせていただきました。 また、道に迷ったときにはここに書き込みをさせていただきたく、御礼を言いたくて書き込みをさせていただました。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

【プロフ参照】また、仏様の手を焼いてしまいました。

 いつもお世話になっております。  懺悔の意味と、不思議な出来事への感謝感激を込めてここに 書きます。…やらかしました。  このデーケアでいちばん軽症なのは私だわ! と思い上がっていたのでなおのこと情けないです。  この行為の直後フラフラしながら電車で移動、いつもの倍以上 のお料理をやけ食いしました。その後、吐きました。    本来なら時系列的に食べたものが先に出る、つまりは 色がついている筈です。しかし、出たものは白色、物の色でした。  デーケアの担当医、そして担当支援者からは1ヶ月程度の休養を 指示され、その間は適宜面談には応じるが、授業や朝礼の参加は 認められない。とのことでした。  「今回ばかりは幸運が重なった、奇跡としか思えない。 亡くなる人や一生後遺症に苦しむことになった人もいる。  あらゆる薬は用法用量を守ればいい作用をもたらす、でも このような真似をすることによって恐ろしい猛毒になる。  本気で心配しました吐いた、聞いた時、どれだけ安心したか!」 と泣かれました。  不思議な力は存在するのかもしれません。  お不動様や他の仏様が、慌てて新鮮なお刺身や甘いフルーツに 変化し、私を助けてくれたんでしょうか。  刑事さんとお話しする機会があったのですが、 「胃洗浄とかされなくてよかったね!あれ、死ぬより苦しい んだって」とのこと。  仏様には、感謝を通り越して畏怖感すら覚えます。  こんな事、医者や支援者、まともな坊さん(←ここ重要) にしか話せませんから。ただでさえ話す人いないし。  心得が未熟な方に言ったらあらゆる方面で誤解不可避ですから。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る