hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

前向きになりたいです

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

私は生まれつき右足だけ骨の形がおかしく、とても幅広で、幼い頃から自分の足が入る靴を見つけるのが大変でした。
靴が見つからないこと以外は特に日常生活で困ることはありません。もちろん、普通に歩けます。

しかし、幼い頃からいろんな人に好奇な目で見られることが多かったり、学校行事でスケートやスキー教室があっても、足が靴に入らないため1人だけ見学をしなくてはいけなかったりして、周りから変に思われたり、陰で噂されたりしていました。

両親は私が幼い頃から、テレビで障害を持つ方の特集が流れていると『あなたは日常では困らないし、全然マシだよね』と、言ってきます。
私自身も、両親が言っていることは間違ってないとわかっていますが、行事でクラス全員革靴を履くとき、1人だけスニーカーにしなくてはいけなかったり、先ほども書いたように陰口を言われたりすることがつらくて、自分の足を見るたびに泣きそうになります。

確かに私はマシだと思いますが、それを何も人と変わらない足を持つ両親に言われることにもいらだってしまいます。

小学生までは足のことで嫌なことがあると両親に話していましたが、毎回、マシだと言われるだけなので、高校生になった現在では何も話しません。
そのため、両親は私はもう自分の足をしっかり受け入れていると思っていますが、実際は全然受け入れることができません。

こんなこと言うのは人として最低かもしれませんが、こんな足なら切断した方がいいと思ってしまうこともあります。

どうしたら、自分の足を受け入れ、この足で生まれてこれて良かったと心から思えるようになれますか?

アドバイスを頂けると嬉しいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

貴女の「まし」は経験です。

 貴女はここまで自分の身を守るために工夫して生きて来たのに、よき理解者の両親にあのようなことを言われてショックな気持ちは察します。両親に悪気が無かった分、辛かったでしょうね。
 貴女は今まで経験したことは「○○よりまし・・・。」ということでは無くて、経験が人より「増し」なのです。要は多いということです。その分、人の痛みが他の人より想像が付きやすいのではないでしょうか?
 私の話をすると私は蕎麦アレルギーです。普通に生活してれば食べることを避ければいいですが、修行しているときはお寺の食事で布施として蕎麦が年に何回か出されます。でも、私が食べれないことで結構ひんしゅくを買ったり、厭味を言う人もいました。でも自分の身を守るために必死に頭を下げてきました。そして、修行から下りて、食事会の幹事をするときは周りの人にアレルギーが無いかを聞いたり、この店はどこまでアレルギーに対して気を使ってくれるかを考えられるようになりました。まだまだ、周りの人たちにアレルギーに対して意識を変えていくのは難しいですが、これからも気を使っていくつもりです。
 自分の障害というか人と違うことを解っていただくには相当なエネルギーが必要ですが、その前に18歳になれば選挙権も与えられますし、自分が一人の大人として自立できることが最優先ですので、これからも自分の行動に責任を持って大人の対応を心掛けて下さい。きっと素敵な女性になると思いますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます!
少しずつですが、気持ちを切り替えられるよう
まずは目の前のことに一生懸命取り組みたいと思います!
本当にありがとうございました!!!

「前向きに生きたい・前に進みたい」問答一覧

『家族』というものに前向きになれません

母との関係性と、それに伴う今の心境の整理がつけられません。 母は、私が子供の頃に家族に黙ってギャンブルで借金を作り、それが家族にバレたら家出をしてしまいました。父が任せていた家賃や光熱費なども払っていると嘘をついてギャンブルや好きなことに使っていたようです。 小学生だった頃の私には灸と称してタバコの火を押し付けてやけどをさせ、ミミズ腫れだらけになるほど殴っていました。 私が就職のために家を出たあとは、病気で補助が必要だった父を放置していたようです。借金から逃げるために家出した母を、それでも家族だからと受け入れた父に対して、その有様です。 平然と嘘を付き、人を思いやらず、自己中心的。思い返すとそのような思い出ばかりの人ですから、どうしても愛することができませんでした。 いま、母は田舎に独居しており、日々の生活の世話はヘルパーさんにやっていただいています。 いまでもお金を無心する電話が時折ありますので、数千円~数万円程度のものは送ったり、多少の仕送りをして日々の生活は維持できるようにしているつもりですが・・・本当にこれでいいのだろうか、と悩んでいます。 どんな人でも親は親、この世に一人しかいない。にも関わらず、一人寂しく暮らさせている。老いてヨボヨボになって体も良くない母が一人でぼんやりいるところを想像すると、辛くなってしまうのです。人として酷いのではないか?と。 どうしても嫌いだという感情と、人としてどうかということがぶつかって、心が落ち着きません。 また、親とそのような関係であったため、これまで家族というものに悲観的なままで四十歳という人生の折返しを迎えてしまいました。 これまで結婚を意識することも何度かあったのですが、そのたびに二の足を踏んでしまっています。私も父のように、家族だと思っていた人に裏切られ、終には冷たくされ孤独と絶望の中で死んでいくことになるのではないか、と怖くなってしまうのです。 もちろん、父と自分は違う人間ですし、これから出会う人と母とは違う人だというのは頭では解っているつもりなのですが… どのように考えれば、心穏やかに、そして前向きに生きられるでしょうか。 アドバイスを頂きたいです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

ポジティブになりたいです。

お世話になっております。 私はHSPで、長時間人とコミュニケーションをとる事や、団体行動がすごく苦手なので、遊びの誘いなどをよく断ってしまいます。 そんな中、先日友達と好きなアーティストのコンサートの話をしていたら、『○○(私)は一人でコンサートに行くでしょ?』と言われてしまいました。 今まで、ほとんどの誘いを断って、一人でいる方が楽だと言っていたので、そう言われてもしょうがないのですが、その言葉が悲しくて、寂しくて、すごく刺さってしまいました。 でも前にも言ったように、私はHSPで、もともと人一緒にいる事がストレスになって、すごく疲れてしまうので、遊びたいけれど、断った方が自分のためでした。 また、この他にもHSPが原因で、他の人からどう思われているのか、嫌われていないか、などなど…。周りから見たら、本当に小さな事で、深く考える事でもないようですが、そんな事をいつまでも悩んでしまいます。 HSPは先天的なもので治す事は難しいらしいので、上手く付き合っていこうと思いますが、もう少し人の目を気にせず、ポジティブになりたいです。 拙い文章ですみません。 自分の言いたい事も少ししか言えませんでしたが、お坊さんの知恵をお貸しください。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

くよくよせず前を向いて進みたい

以前こちらでお知恵をお借りしました。 その後、9月にお見合いで出会った遠距離の方(Aさんとします)と2月末から結婚前提のお付き合いをして欲しいと言われ、受け入れました。 3月末には、こちらは仕事中でしたが、動画で、次に会うときにプロポーズしようと思うと言われました。 それから気分上々でしたが、コロナ関係で、私は仕事がとても多忙となり、ほぼ毎日職場に朝から晩まで向かわないと行けなくなりました。 一方、2歳年下のAさんは、4月から、私の住んでいるところから新幹線、車と乗り継ぎ約2時間程度かかるところに転勤されました。職業は一緒ですが、あちらは仕事にかなり余裕があり、数時間で業務が終わる程度のようです。 このような場所や生活のギャップもありましたが、2日に1回連絡を取っておりました。 緊急事態宣言が解除されたあと、Aさんが平日に会いたいと言われました。私は仕事が遅くまでかかるため、始発で職場に向かい、仕事でヘトヘトになりつつも久々にお会いできるのを楽しみに気合を入れて行きました。 しかし、話はぎこちなく、予告されたプロポーズがないどころか、今年のクリスマスも仕事があると言われました。(昨年のクリスマスはドタキャンされ2月半ばまで音信不通になってます) そのあとも、土日、平日関係なく、遠くから会いにきてくださいますが、進展はなく、 もともと1年の勤務であった今の転勤先も、もう少しいたいという始末でありました。 先月も何度も会いたいと言われ、なんとか時間を作ってお会いしましたが、ここ最近は食事中にスマホを触られることも多く、未だに好きと言われたことはないです。手をつなぎたいのか、歩いている最中に肩で肩をぐいぐい押すように歩かれ、柱や壁にぶつかりかけました。 お見合いでお会いした手前もあり、友達などの予定を入れず最優先にしていました。以前ドタキャンされて、再度連絡が来た時は心がときめきましたが、ここ最近は毎回会うたびにがっかりすることも多く、他の友達や先輩に会いたいと思うようになり、好きという気持ちも冷めてしまいました。 あまり話がまとまらず申し訳ありません。わがままや選り好みをしている場合ではないことは百も承知ですが、一度冷めてしまった気持ちを復活させるより新しく探そうと思いつつ踏みとどまっております。すっぱり気持ちを切り替える方法ご存知ないでしょうか。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

前を向いて生きたいです

去年、私は当時付き合ってた彼の子供を妊娠しました。 話し合いの結果、結婚し産んで2人で育てることになりました。 が、妊娠4カ月のとき、彼の浮気が発覚し別れたい、産むなら勝手に産めと。酷い言葉や、お腹を蹴られたりもしました。 親同士も説得しましたが彼は聞く耳持たず、それまで喜んでいた母親も子供を産むことに反対するようになりました。 私のことを思ってではなく、自分たちの世間体を気にし、娘がシングルマザーだと近所にも親戚にも顔向け出来ないと。 私は本当に本当に産みたかったです。 が、信じていた親にも味方をされず産めるかと考えると、たった1人で育てる経済力も余裕もないと行きつき中絶を選びました。そのときはそれしか選択がなかったんです。 中絶したあと、母親が病室に来た途端に「堕ろせと言うんじゃなかった。とんでもないことをした」と私に向かって言ってきました。 その瞬間、この人のことを親として見れなくなり、それ以降不信感しかなく連絡も全部切りました。 毎日中絶しか選べれなかったこと、子供を独りいかせてしまったことへの後悔、唯一味方だと思っていた親への不信感、孤独感。 これを全部背負って生きていく人生、少しでも生きる意味を知りたいです。 他宗教なのにここへ相談してしまったことをお許しください。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

前向きに生きれません。

はじめまして。 私は大学生の時に、神経系の難病を患い入院しました。なんとか大学を卒業し、今は会社員です。                     私は精神的に弱いところがあり、ストレス耐性がありません。あまり馴染めない会社に毎日出社するのが苦痛でしかなく、日曜の夜は自殺する方法を考えてしまったり、毎日起きた瞬間に死にたいと思ってしまいます。                      せめて、土日に友達に会ったり、どこかへ遊びに行ったりできれば、少しはこの毎日が変わるのかなと思っていましたが、コロナでそれもできなくなってしまいました。 緊急事態宣言が解除されたので、そろそろどこかへ遊びに行ってもいいかなと思いますが、母にそれも止められてしまいます。私が難病持ちなのでそれを心配してのことですが、母に制限されるのも苦痛です。                      それと同時に母によって食べ物も制限されてしまうのも苦痛です。母が私のために体に良いものをというので私が食べたいものを食べられません。                      母のことは仕事をする前だったらいまほど、苦痛だなんて思うことはなかったと思います。なのに仕事が辛いからといって苦痛だなんて思ってしまう自分が本当に嫌いになってしまい生きるのが辛くなってしまいます。                      私はどうやって日々を乗り越えれば良いのでしょうか。家族とはどう付き合っていけば良いのでしょうか。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

人生を楽しく生きるためには。

ただ生きていることが辛い。 死は生からの開放でありもう苦しまなくて済むんだよ。 考えて行動しなくて済むんだよ、足掻かなくていいんだよ。 全てから目を背けられるんだよ。でも死にたいわけじゃない。 楽しい人生を過ごしたいんだ。でもそれの逆を行っている。 大学生の頃までは自分本位に遊びまくって他人を傷付けたり迷惑をかけて生きていました。この時の方が人生は楽しかったです。 ただ年齢が上がるにつれて自分本位では生きていけないことを当時付き合っていた恋人や友人から教えもらい与えてもらいました。 他人を思いやる心、素直な心、受け入れる心。たくさんの書籍を読み漁り、人に助けを乞いそれらを学び行動していきました。今では自分の成長を感じます。 その成長により得られたものは友人だと思います。社会人になっても付き合ってくれる友人はそれなりにいると思います。ありがたいことです。 親や兄弟といった家族もいます。人に支えられて生きていることが実感できます。 でもいつかは友人も疎遠になり、家族もあと2-30年もすれば先に死にます。 またMBAに通って政治経済・経営・心理・歴史と色々なことを学び得た代償はとても大きかったです。現時点では未来に希望がありませんでした。 私は希望を探すためにこれからもずっと学び行動して行かなければいけません。 ただ学んだ先に希望と絶望のどちらに行き着くかはわかりません。 私は学ぶことが好きなわけではありません。どちらかと言うと苦です。 でも自分に何か科していないと自分という存在が足元から崩れそうで怖いです。 歳を重ねるごとに虚無感が増していきます。 なぜこんな悩んでも解決しないことに時間を費やしているのか。 それは逃避だから?逃避だとすれば学びからの逃避なのか? これから頑張って生きていこうと学び足掻いても辛い。 足掻かずにただテレビ、ネットをするだけの人生も辛い。 わがままで傲慢ですね。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る