hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

どこまでが直すべき自我なのか

回答数回答 2
有り難し有り難し 24

以前から様々な方の悩み相談を拝見しており、参考にさせて頂いております、ありがとうございます。

はじめての質問をさせて頂きます。私はある大切な人との出会いをきっかけに、仏縁が出来、無神論者で虚無主義者だったところを、かなり改善することができました。

もともと私は自分勝手な人間でした。正義感はあったのですが我が強いために、独裁者に立ち向かうなどの良い行いに活かせたことも稀にあったのですが、それ以外のほとんどの面ではただの我儘な人間でした。さらに中途半端に哲学などの知識をつけてしまったせいで、反出生主義などの極端な思想に走り、その思想を家族にぶつけて困らせてしまったことも何度もありました。

好きなものへの執着心もひどかったです。自分だけがその存在を知り愛していればよいと思う一方で、それを好きにならない人間は悪趣味だとも思っていました。

つまり、私は(一般的に見て)悪人というほどではなかったものの、自分が好きな食べ物ほど他人に食べてほしいと思えるような成熟した人間では決してなかったのです。

しかし、仏教を学び始め、苦しみはまさにそのような自身のエゴが作り出していることを痛感しました。与えられるのを待つより与えるほうがずっと幸せになるということもよくわかりました。

問題は、そのことが分かった上で、仏教が理想的とする人物像に達するために、日常をどのように生きればよいのかわからなくなってしまったということです。

仏教を知らない人でもわかるような善行ならできます。でも、心の状態まで管理するとなると、例えば私は劣等感を克服して自分の容姿を肯定的に捉えられるようになり、それを活かすためにメイクするのが好きなのですが、このことはエゴへの執着となってしまうのですか?可愛い服を着た自分を可愛いと感じて自信をつけることは?

食べ物1つとっても、心が沈んでいるのをなんとかするために、好きなものを食べようとするのはいけないことなのか?と考えてしまいます。

作品はどんなものを観ればよいのか?私は児童文学が好きなのでまだいいと思うのですが、教訓のない物語を読むのは心に良くないからだめなのですか?

無学な私にどうか智慧をお授けください。お願いいたします。

2022年6月21日 19:48

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

我とセットな怒りや保身に注意して

仏教では煩悩を三種類に分けますが、分かりやすい欲、怒りに対して、それらの根底にある無知とは、まあ、いわゆる我のことだとさらりと言います。
 それで、普通は欲や怒りをどうにかしなければと悩み、それらの根底にある我に気が付きにくいのですが、あなたは、自分の場合、我が問題だと指摘しておられます。
 その内容を読むと、あなたが問題視している我は、怒りに関連したものが多いようです。
 そこで、我をいきなり減らそうとしてむつかしいことをするよりも、それに基づいてつい出てしまう怒りを先にコントロールするとよいのではないかと思います。
 たとえば、欲と怒りは裏表ですから、劣等感(怒り)の代わりにメイクで楽しくなったのは、怒りを欲に替えられたということです。同じ煩悩でも怒りより欲の方がましなことが多いですし、社会で生きていくためには、他者に嫌な印象を持ってもらわないように、最低限の身だしなみはすべきだと、これは比丘でさえ言われることですので、メイクして堂々と外に出て、外ですべき仕事を気持ちよく行うのは良いことだと思います。接する人々も、ウジウジした人と出会うより、溌剌とした人と出会うほうが嬉しいものです。
 怒りに直接ぶつけて相殺効果があるのは慈悲の心です。我が出そうなときは「世間はこんなことも知らないのか」とか「こんな幼稚な考えなのか」という気持ちではなく、「みんな必死に頑張っている。生命はみな平等で、しかも現実には業によって千差万別で生きているが、どの生命も幸福で平安でありますように」と願って、慈悲の心を自分の中に作るのです。
 慈悲は怒りの対治法ですが、慈悲の中に我を打ち消す「生命はみな平等」という心が入っているので、心が慈悲で満たされると、怒りだけでなく自動的に我も減ります。
 慈悲の言葉は、慈悲喜捨の四無量心をセットにしたものが、日本ではスマナサーラ長老が和訳したものが(宗)日本テーラワーダ仏教協会のホームページで見られます。
 我の本当の恐ろしいところは保身であり、そのために、世間では嘘、誤魔化し、騙しなど、信頼を踏みにじる行為がたくさん溢れています。嘘をつく人にできない悪行為はない、と仏教では言います。我を減らしつつ、しかも怒りが出ないように慈悲を育て、一方で歪んだ保身に走らないように、嘘偽りのない心で公明正大に生きるように頑張りましょう。

2022年6月22日 8:28
{{count}}
有り難し
おきもち

初期仏教というか仏教本来の教えを学びつつ、その在家信者のあり方から見た日本...
このお坊さんを応援する

やり抜いた僧侶に学ぶ人間学

曹洞宗では❝突き抜けた人❞といえば近代では井上義衍老師や飯田トウ隠老師や原田祖岳老師などです。有名な坊さんより本当に自我の本質を見抜いた人や万人が救われる内容をきちんと提供できる人から学ぶのが良いでしょう。企業・政治のように「われこそは」と自画自賛する僧侶も多い世の中。それはエゴ・自己実現欲求のなすこと。
タレント僧侶さんや仏教系活動家さんたちと縁がありましたが、仏教を学んでいる姿勢でもやっぱり自己実現欲求が先んじてしまう気配もチラリ…。
宗派根性を捨て宗派や組織の為とか小さいこと抜きに人類みんな救われたらいい。みんながみんな菩提心の発展途上国の住民です。試行錯誤の中、時代。状況に合わせて高めてゆけばいいのです。今の中国では中国共産党が仏教そのものを破壊しようとする動きもあるので、あえて仏教仏教した姿勢を持たない「黙・秘・慎」する姿勢も大切。権力者が仏教を破壊しようとするからこそ僧兵や少林寺拳法のような防衛手段に向かった人間もいた。それも人類の歴史。私は坊さん世界で非道行為の放置やエセ人権や形式だけの仏教に嫌気がさしたのでこういう坊さんがいてくれたらいいなぁと思い、そういう坊さんがいないので自分で思う所を発信しておるだけです。
身だしなみも大切ですよ。和装の美のように過剰なエゴのない「道」に通じた美を追求されつつ、かわいらしい格好をされたらいいでしょう。
書も剣も禅も我をなくした「わたくしのない」心が最上=道です。
ただし、占星術・占い系の根拠のないものを信じてしまう癖は無くされた方がよいでしょう。そういうものを信じてしまう自分の心理をこそ学べば進むべき方向性がみつかる。心底、頼りとしたいものを必要としているからです。だからと言って、心理操作にたけた人たちの言葉は別の狙いのあるものですから、そういう人間の心理も見抜けるようになることでエゴに対してより敏感になれるでしょう。生活の為にそれを生業としている人たちもいるのです。
大切なことは仏教を学ぶ際に「外」にそれを求めないことです。内なる向上心、追求心、菩提心が堅固になれば、その心がおのずから確かなものを求めるようになるのです。他人に聖人君子を求めない。正義の剣で人を斬りつけるように強がってもそれは他人事。他人に聖人君子性を求めず、わが身我が言動がどうか。
自身のあり方を細やかに追求する事こそが道標・導き先となります。

2022年6月22日 10:51
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

怒りより欲のほうがまし、というお言葉に励まされました。修行のためには一刻も早く我をどうにかせねばと焦ってしまったせいで、我のほうも焦って相当な力で反発しているようなので、まずは怒りを少しずつ減らしていくことを頑張りたいです。反射的に怒りが出てしまうので、そうなったら反射的に慈悲の心も出てくるように癖をつけようと思います!ホームページも参考にさせて頂きます、本当にありがとうございます。

ありがとうございます。時や場合によって、適切な行動も変わってきますよね。私も以前はまさに正義の剣で斬り付けるように、状況を考慮せず正論ばかり言っていました。このような過去を反省し、今では一呼吸してから、慎重に相手のためになることを言おうとしています。身だしなみについてのご助言も参考になりました。

「自分がわからない」問答一覧

この先のお付き合いと罪悪感

一回目に相談した時と同じような内容で恐縮ですが、また相談させてください。 私は人には絶対に言えない愚かな過ちを犯した過去があります。ここに書くことは出来ず、プロフィール欄に記載しております。 そして私には今お付き合いしている人がいます。とても優しい人で、私のことを大事にしてくれます。私も彼のことが大好きで、彼と結婚したいなと思うことが最近増えてきました。 しかし前述した通り、私は罪を犯した身です。そのような自分が結婚など……。彼のことは大好きですが、彼との明るい未来を思い描くことに罪悪感があります。まさに自業自得です。 もし本当のこと(汚い過去)を言わずに結婚して彼が幸せを感じたとしても、それは本当の幸せではなく、言わば「偽物の幸せ」なのではないか。 決して騙すつもりはなくても、この過去を言わずにいることは騙すことと同じではないか。 自分の犯した罪を打ち明けずに幸せになろうなど、私は卑怯者ではないかと思います。 彼への罪悪感で苦しいですが、打ち明けた上でお付き合いをするという選択肢は単に彼を悩ませて自分は罪悪感から逃れるということなので、それは絶対にしてはいけないと思っています。 よく「どんな人にも幸せになる資格がある」と言いますが、私のような人は結婚などせず、一人で幸せになるべきなのではないかと思ってしまいます。 もし本当のことが知られてしまった時、彼やそのご家族に多大な迷惑をかけてしまいます。無関係の彼を巻き込み、大きなショックを与えてしまうことを考えると本当に恐ろしいです。 彼の本当の幸せを願って別れるか、とてもリスクのあることですが彼と一緒になる道を選び、彼を幸せにする為に尽力するか、どうすることがベストなのか答えが出ません。 これまでの相談でせっかく背中を押して頂いたのにまた同じようなことで悩み、相談してしまい申し訳ございません。 私は「結婚」という人生においてあまりにも重要な決断をするに値する人間なのか、考えてもよく分からなくなってしまいました。 愚かな過ちを犯した人間は愛する人と幸せになっていいと思いますか? 長文・乱文失礼いたしました。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

嘘をついてしまう、自分の本音が分からない

はじめまして。20代女です。 私自身、様々な嘘をついてしまうこと、そして自分の本音がよく分からないことに悩んでいます。 ある出来事が起こって、それを人に話すとき、 友達の前では面白くなるように盛って話したり、恋人の前では自分が嫌われないように嘘を交えて話したりしてしまいます。 全て事実ベースではあるのですが、ちょっとしたところに嘘を織り交ぜて話す癖があるようです。 嘘をつこうと意識して話しているわけではないのですが、どうしても自分の言葉を発するときに「真実を全て話したら相手にこう思われるかもしれない、相手は傷つくかもしれない」と恐れて、真実を全て話すことができません。 そして時には、恋人の前では友人の悪口を言ったり、友人の前では恋人の悪口を言ったり、大事な人の愚痴を他の大事な人の前で言ってしまうのです。 その度に自己嫌悪に陥り、自分は何て酷い人間なんだ、価値のない人間なんだと感じてしまいます。 一度発してしまった言葉を全てリセットすることはできません。どこかで相手の心には残っているはずです。リセットできないのであれば、その人との関係を切ればいい、とさえ考えることもあります。 私は自分で自分がよく分からないです。 自分の本当の気持ちがよく分からなくて、その場の雰囲気に適した模範回答のようなものしかできなくなっている気がします。 正直、もう人生何が何だかよく分からない状態です。自分が何をしたいのか、どう生きたいのか、何が好きで何が嫌いなのか、もうよく分からなくなってきました。 どうすれば自分の本音が何か、すぐに分かるようになるのでしょうか。 どうすれば人に不要な嘘をつかずにいることができるようになるのでしょうか。 そもそもこの文章自体まとまっておらず申し訳ございません。何かアドバイス等ございましたら、お声がけいただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 2

自分にうんざり

相談カテゴリー悩みました。 双極性障害2型です。死にたくなったり、低め安定で生活出来ています。 とは言え、40代とはいっても50代に近くなり、人間関係で図太くなってあまり悩まなくなりましたが、先日、物凄い間違いをしてしまいました。 失恋の痛手に付け込まれて酔った勢いで、職場の既婚男性と間違いをしてしまいました。 酔いが冷めて、しまった!と罪悪感と後悔で「もうこれっきりにして下さい。」と言いました。 それから職場で会っても、相手は飄々として、私は気まずい。 相手は他の女性職員とも懇ろらしく。 後悔と嫌悪感でいっぱいになりました。 少しでも好きだと思っていたのが馬鹿だなーと思います。 後悔しているところ、相手から、夜中に卑猥な内容の連絡が来て、怒りと恐怖で着信拒否しました。 あとは上司に正直に話して転勤願いを出し受理されました。 報復が怖いと言ったら、上司は誰にも言わないし、相手にも何か言ったりしない、と言ってくれました。 自業自得とは言え、なんで私がこんなに悩まなければならないのだろう、相手はあんな事して平気なんだろう、と思います。 私の転勤は自分の心の健康を優先するためなので、これで良かったとは思います。 相談というよりボヤキですね。 すみません。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

チュンダの報い 続き

詳細は過去の質問を読んでいただきたいのですが、 愚かな行為であり、全くの自業自得ながら、ずっと抱えている苦しみです。 こちらで温かく有難いお言葉もいただきました。 こちらに質問したのは、何とかして救われたいという気持ちでした。 事実を認めたくなく、縋りたかったのだと思います。 いろいろ調べてみましたが、やはり私の行為は害だったようです。 複合的な部分はあるかもしれませんが、確実に害でした。 救われたい、などとあまりに虫が良すぎる、と思い至りました。 これ以上は心が耐えられそうもないので、 家族的責任を果たしたら、命を以って詫びたいという気持ちです。 家族の縁が非常に薄いので、家族的責任と言ってもそう長くかかるものではなく、 それが済めば私の死を悲しむような人はいません。 (今となってはそれでむしろよかったと思います) 命を以って詫びよう、という思いに至った時、 ふいに荷を降ろしたような気持ちになり、何でもない景色が美しく見え、 何とも形容しがたい不思議な感覚でした。 チュンダはその後苦しみながら生き抜いたのか、 後悔と自責の余り生きられなかったか… 出家したという記述もないようなので、 きっと後者なのだと私としては今は思っています。 善意の行為ゆえに痛ましいですが、結果はあまりに重大なものでした。 私の今の考えも逃避でしょうか? 決行を少し先に延ばすことで現在の苦しみから逃げようとしているだけかも、 という気もしています。 この苦しみを抱えながら、 生き地獄に生きるというのが報いでそれが償いになるのでしょうか? どこにもチュンダのその後の記述はありませんが、 お坊様方はチュンダはどのように生きた(あるいは死んだ)と思われますか? 何も書かれていない以上、それぞれのお考えがあるかと思いますが、 お聞かせいただければ幸いです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

人間関係が下手になりました

こんにちは。 昨年、精神疾患が悪化して症状のひとつとして性的逸脱をかなりしました。 ハプニングバーに通ったり、行為最中の動画を撮影してSNSにあげる嗜好の人たちと会って私の動画もモザイク付きとはいえたくさんアップされました。 当時すごく私を大切にしてくれるパートナーがいましたが、上記がバレて別れました。頭ではやってはいけないとわかっているのに身体を止められませんでした。 この過去が汚すぎて自分を受け入れられません。もうそういう世界とは離れていますが、おかしい価値観や経験がこびりついており、自分が大嫌いになりました。 そのせいか段々と他人にも優しくできなくなり、段々と周りの人間関係が上手くいかなくなりました。 元々は明るくて社交的でコミュニケーションが上手いと言われることが多かったのですが、今は暗く鬱々としていて会話がうまくできません。 周りは長く付き合ったパートナーや友達と幸せそうに探しているように見える中(実際はわかりません)、私の周りからはどんどん人が離れて行くように感じます。 マッチングアプリで新しい方を探していますが、こんなにも上手くいかないことは初めてです。 誰からも恋愛的な意味で愛されずに独身となり、誰からも見つからず孤独死するのでしょうか。 私は自分の家族と上手くいかないことが多いので、新しく家族をつくって好きな人に囲まれた将来への憧れが人一倍強いのと、精神疾患で社会に出て働くことにかなり苦戦しているので、とにかく孤独に誰からも見つからず死ぬことが怖いです。 相談内容がどんどん飛躍してしまいましたが、お言葉をいただけると励みになります。とにかく前を巻き続けていたいので、お力をいただきたいです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

生きる価値がない

小学生の頃の罪に悩んでいます。小学生の頃兄から日常的に暴力を受け、親は対処することがなく、そのストレスを他人に向けていました。 簡潔に説明させていただきます。 ・一度万引き ・二度友人の物を盗む ・複数回親と友人の金を盗む ・ゴミを捨て忘れいつも捨てないゴミ捨て場にゴミを捨てる ・友人とラムネの瓶をたしか誤って割ってしまいガラスが子どもが日常的に入る噴水の中に入ってしまい、全て取り切ったとおもっていたら、実はまだ残っており、後日怪我をした人が現れたが、当事者なのに黙っていた。 ・一方的に4人の男の子にキス →うち1人は公園で知り合った一個下の子 ディープキスをした。 その子の手を取り自身の性器を触らせた。 ・日常的に口が悪く強めに人を叩いた 以上が小学生の頃に起こった犯罪です。 小6の頃に全て反省し、二度と行わないことを誓いました。これらのことが犯罪だと認識したのは中学3年あたりです。 とても後悔をしており、特に公園の子には一生分のトラウマを与えてしまい、自殺や学校へ行く事、公園に遊びに行くことが困難になってしまったかもしれないと思うととても申し訳なくなり、死にたくなります。 最近は趣味を楽しむことができず、恋人や仕事に着いた時自分がこんなに幸せになっていいのかと思うと、非常に死にたくなります。Twitterで同じような事件を見ると申し訳なく思い、自分への批判だと思うようになりました。自分は死んだら地獄行きで、両親が死んだ後、向こうの世界でこのことを知ったら、こんな奴になぜ金をかけたのだろうかと嘆くと思い、申し訳なくなります。すでに時効を迎えており、償う術がありません。ゴミ拾いや募金活動などをたまにやっていますが、これはただの偽善で自分の為だけにやっていることなのではと思うと、なお死にたくなります。 趣味で人前に出るようなことをしたいと思っても、これらが尾を引いて自分が幸せになってはいけないと思い辞めてしまいます。 探偵物や刑事物を見るのも辛いし、小学生を見ると辛くなります。過去を思い出し後悔の念に蔑まれます。 両親にはある程度お金が貯まったら今までかけてきたお金を返すつもりです。 また、募金やゴミ拾いはこれからもっとやろうと思います。 過去とどう向き合うべきでしょうか、 謝りたくても会える人ではないので、謝れません。どうすればいいでしょうか、

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ