hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

私のお参りの仕方はやっては駄目なこと?

回答数回答 2
有り難し有り難し 14

初めて質問させて頂きます。

私は周りにあまり愚痴ることがうまくなくありません。

そのため、悲しいこと、辛いことなど誰かに聞いて欲しくなったら、近所の神社やお寺に行き、ひたすら神様、仏様に愚痴らせてもらっています。

愚痴に対してなにか返答が欲しい訳ではなく、ただ頷いて肯定して欲しいだけなのです。(否定はもちろん建設的な意見も辛い時があります)

仏様や、神様ならその点、何も言われずただ聞いて貰えるので気分的に救われるのです。

あまり人がいない早朝などに行かせてもらっています。周りに迷惑をかけているつもりはありません。

ですが、最近知人にその行為はお寺的に駄目なのでは? と言われました。

私としてはやめたくないのです。愚痴らせていただいた後は、お賽銭もいれて、ありがとうございましたとお礼も言ってます。

このようなお参りはやはりしてはいけないのでしょうか?
また、続けるにせよ、このようにした方が良いとのアドバイスがあればよろしくお願いします。

2022年9月7日 18:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

問題ありません

こんにちは

 ご質問の件は特に問題ないと思いますよ。
 
 回答はこれで終わってしまいますので、ちょっと私の考えを付け足しますね。

 「神社やお寺で願い事を言うのではなく、感謝を伝えるものだ」という考えがあり、お友達はその考えの延長で「愚痴を言うのもダメじゃないのか」と考えたのでしょう。
 「神社やお寺で願い事を言うのではなく、感謝を伝えるものだ」というのは確かにひとつの考え方で、熱心に寺社でお願い事ばかりして、何の努力もせず、うまくいかないと、「あの寺社はなんの御利益もない」などと触れて回るような方には、「神社やお寺で願い事を言うのではなく、感謝を伝えるものだ」というアドバイスは有効でしょう。一方でたくさん努力をして、その中で寺社にお願いをして、ダメなら力不足だったご縁がなかったと思い、うまくいけば感謝の気持ちを伝えよう、という方に「寺社にお願い事はダメだ、感謝だけにしなさい」とは言えないでしょう。

 ご自分の悩みの内容を言葉にするのは、その問題を解決するのに有効な方法です。悩みの内容を整理しないことには言葉にできないですから。悩みの内容を言語化する事でどうしたらいいのかがわかってくるものです。誰かからのアドバイス無しで解決に向かうことができる事もあると思います。寺社に向かう道ではモヤモヤしていても、帰り道ではスッキリしているのではありませんか?

 それでもひとりで抱え込むのはつらいものです。たまにはお友達や、hasunohaなどにお気持ちをぶつけても良いと思いますよ。

2022年9月7日 19:14
{{count}}
有り難し
おきもち


・曹洞宗/静岡県/50代 平成27年鳳林寺住職。平成28年hasunoh...
このお坊さんを応援する

良いですよ

よいのではないですか。
なんでもありのまま受け入れるそれが仏の働き。つまりはあなた自身のあり様であります。話すことで、掴んだものを手放し楽になれる。そうだと思います。
なんでも吸い取ってくれる蓮の葉のお坊さんでも良いと思います。
愚痴を吸い取ってもらったら、今度はお坊さんの話を聞いて、安楽に生きる道、仏道を学ばれ自己を究明していくことです。
仏であるご自身の姿に気付きますよ。

2022年9月7日 22:28
{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございます。
お返事遅くなってしまい申し訳ありません。
やり方が間違っていて失礼にあたるのではと動揺してしまいました。
安心して近所のお寺、そして機会がありましたらhasuonohaに愚痴らせていただいたます。

ありがとうございます。悩みを手放すことで、少しでも本来の自分になれるならこれ程良い事はないですね。仏教についても機会を見つけて勉強していきたいです。

「お参りの仕方」問答一覧

飲酒後に参拝してしまった

先日、友人と神社にお参りに行きました。 とても美しい神社で、素晴らしい由緒もありました。 しかし、そのような場所で大変失礼な行いをしてしまいました。 神社へ行く前にお酒を飲んでしまい、そのアルコールが抜け切らないまま参拝してしまったのです。高揚感をおぼえ、饒舌になるほどには酔っていました。 もともと参拝後にお酒を飲む予定でしたが、友人からの「参拝の前でも大丈夫だから飲んでから行こう」という誘いを断りきれず、このような行動をとってしまいました。 神社では普段よりも大きい声を出して友人と騒いでしまいましたし、お参りも本殿ではなく拝殿でのみしたような形になってしまいました。 お参りしている時に、徐々に落ち着きを取り戻し、これはとんでもないことをしているのではないかと思い、心の中で懺悔しました。 あの時、「やっぱり失礼だからお参りしてからにしよう」とか、「今日はやっぱり参拝するのやめておこうか」などと勇気を出して言えばよかったと思っています。 自分の弱さと、大丈夫だろうという軽はずみな考えが神様への失礼な行動に繋がりました。当たり前のことですが、今後このようなことは絶対にないようにします。 もういい大人なのに、本当にお恥ずかしい限りです。 失礼なことをしておきながら、このようなことを考えるのもどうかと思いますが、自分の行動によって罰が当たり、家族にまで迷惑がかかることになるのではないか、という心配な気持ちもあります。 家族に話したくて、もやもやした気持ちでいるのですが、両親の信頼を裏切ったも同様ですし、がっかりさせてしまうのではないかと、まだ打ち明けられていません。 今週、神様に謝るためにその神社へ再び行こうと思っています。 神様は、私が再び参拝しにくることで嫌な気持ちになられるでしょうか? もし、もう一度その地に足を踏み入れることが許されるのであれば、しっかりとその場で謝罪したいです。

有り難し有り難し 30
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ