hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

子供を亡くして…生きるのが辛い

回答数回答 3
有り難し有り難し 50

18歳になった息子が交通事故で他界しました。まだ49日も来ていません。
毎日泣いて泣いて泣きわめいても これが現実なんだと思う度に辛くて苦しくなります。
同じ様な経験をした人のブログやグリーフケアの人達の言葉も見ましたが、前を向けた人達の言葉であって、今、どん底にいる私には遥か遠い先の言葉にしか聞こえません。
毎日何もする気になれず、何かしようと思っても1つ1つに息子との思い出が蘇ってきて、また辛くなって・・・逃げ出したい。。
楽になりたい。。の繰り返しです。
事故の瞬間の事も考えてしまいます。
怖かっただろうな。痛かっただろうな。苦しかっただろうな。。
どんな思いを残していったのだろう…。
まだやりたい事もいっぱいあったのに、これからの進学も新生活も凄く楽しみにしていたのに、一瞬で消えてしまうなんてあんまりにも残酷すぎる。
そんな事ばかり考えてしまいます。
息子が居なくなったこれからの人生に、夢・希望・喜び・笑顔・楽しみ・を失って生きて行く意味さえも分からなくなります。

2022年9月18日 11:07

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

一つのご提案「聞いて頂く」

T・S メッセージを拝読しました。息子さんを交通事故で亡くされた哀しみは計り知れないものです。身体の一部が無くなってしまった、そんな喪失感なのだろうか、と文章を拝読しながら辛い気持ちを追っておりました。

お住まいがどちらかわかりませんが、大きな都市であれば自助グループがあることがあります。同じような死別を経験した他の方々との交流が、計り知れないほどの助けになることがあります。例えば、名古屋市では以下のように紹介されています。
https://www.inochi-akari.city.nagoya.jp/message/group.html
同じ経験を持つ方々の話しを聴き、また聴いてもらうことで、今感じている孤独感を和らげる糸口が見つかるかもしれません。すでにグリーフケアのサイトなどで経験談を読まれているようですが、T・Sさんの今の気持ちを聞いて頂くのも大切なことです。大切な存在を亡くして初めてわかる喪失感というのは、その人同士でしか分かち合えないもの。お子さんを亡くして悲しさを感じるいる方がT・Sさんのお話に接することは、私などが想像で発する言葉とは全く違うのです。

T・Sさん自身も、心が傷つき疲れていると思います。そんな自分を否定せず、そのまま許してあげて下さい。私たちは、様々な痛みに満ちた世界に生きています。しかし、人の痛みというのはなかなか理解しにくい世界でもあります。だからこそ、痛みを知っている方々との交流が何かの支えになりうるだろう、そして、悲しみには変わりがないけれど、交流を重ねることで悲しみの感じ方が変化していくのだろうと思います。少しでも癒しの場になれば、と願います。
機会があれば、自助グループを訪ねて頂きたいと思いました。息子さんのご冥福、そしてT・Sさんの心の安寧をお祈りしております。また、一人で辛い時はいつでもハスノハにコメントを寄せてくださいね。

2022年9月18日 12:30
{{count}}
有り難し
おきもち


曹洞宗(禅宗)僧侶。スピリチュアルケア師。 もの心がついた頃から「生きる...
このお坊さんを応援する

心の変化を待つ

あなたのおっしゃるとおり、ポジティブな言葉は、ポジティブな心境になったときでないと心に響かないかもしれませんね。
追い風が役立つのは前に進むとき。
あなたはまだ、追い風に乗って走り出す気分にはなれないでしょう。
でも心はいつか変化します。
ポジティブになれる瞬間があるかもしれませんし、日常生活を楽しめる時があるかもしれません。
そんなとき、変な罪悪感(息子が亡くなったのに私はこんなに楽しんで良いのか、薄情ではないか等)は抱かず、心の変化を受け入れてくださいね。
息子さんも、あなたの不幸を願ってはいないでしょうから。
亡くなった息子さんのことは仏様にお任せしておけば大丈夫だと思って、南無阿弥陀仏と念仏しましょう。
いつか浄土で再会できる日が来る、先に往った者もいつか往く私達もみんなもれなく幸せになれば良いなと願って、
合掌
南無阿弥陀仏
なむあみだぶなむあみだぶなむあみだぶなむあみだぶ
(念仏やお経や歌、ジョギングなど、一定リズムで脳に刺激を与えることはセロトニン神経のはたらきを整え、鬱予防になるかもしれません。)

2022年9月18日 12:41
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

心からお伝えなさって下さい

拝読させて頂きました。
大切な息子さんが突然お亡くなりなりあなたが深い悲しみの中におられること、辛かっただろう・痛かっただろう・苦しかっただろうと思うといたたまれない思いにさいなまれておられるのでしょう。あなたのその思い全ては分からないですが、あなたのその辛いお気持ちを心よりお察しします。

息子さんが必ず仏様に救われます様に心安らかになります様切にお祈りさせて頂きます。至心合掌 南無阿弥陀仏なむあみだぶつ

息子さんは必ず仏様がお救いなさって下さいます、仏様がお導きなさって下さり、先に往かれた親しい方々やご先祖様が優しく息子さんをお迎えなさって下さいます。息子さんは仏様のもとでご先祖様に迎えられ心から安心なさいます、一切の痛みや苦しみや迷いや辛い思いからも救われて心から安らかに穏やかになります。
息子さんはご先祖様と一緒に清らかに円満にご成仏なさっていくでしょう。

息子さんはこれからもあなたやご家族の皆様を穏やかに見守り続けていて下さるのです。息子さんとあなたや皆様とのご縁はこれからも永遠に続いていくのです。いつでもどこでもどんな状況にあったとしてもあなたや皆様のことを優しく見守り続け支えていて下さるのです。

あなたの息子さんへの思い・悲しみ・さみしさ辛い思いは消えることはないでしょう。息子さんをご供養なさりながらどうかその思いをそのまま息子さんに心からお伝えなさって下さい。あなたの心からあふれてくる様々な思いをそのまま息子さんや仏様やご先祖様方にお話なさって下さい。あなたの思いを息子さんも仏様もご先祖様も全て優しく受けとめて下さいます、あなたの思いに寄り添っいあなたを支えて下さいます。

いつの日かあなたがその天寿を全うなさる時が来るでしょう。その時にも必ず仏様があなたをお導きなさって下さいます、そして息子さんがご先祖様が連れてあなたを優しくお迎えなさって下さいます。そして共に喜び合い分かち合うことでしょう、共に安らかになることでしょう。

あなたはこれからも息子さんと一緒に生きていくのです。息子さんへの思いを胸に生きていくのです。

あなたがこれからもずっと息子さんとのご縁を大切になさり、皆様と一緒に心から穏やかにお過ごしなさっていかれます様切に息子さんに祈ってます。

また宜しければあなたのお気持ちをお聞かせ下さい。あなたを心よりお待ちしています。

2022年9月18日 16:28
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

早速のお返事、有難いお言葉、感謝いたします。
頭では分かっているつもりなのですが、朝起きるとやはり息子が居ない現実に胸を引き裂かれるような思いを毎日感じてしまいます。
息子が居ないという事に心が納得していないのかも知れません。
今は皆様がくれたお言葉を何度も読み返し、
1日1日を生きてみます。
まとめてのお礼になりましたが ありがとうございました。

「親・家族・恋人・大切な人の死が悲しい・乗り越え・立ち直る」問答一覧

大切な物を失って生きる気力がありません

久しぶりにご相談させて頂きます。つい最近、子供の頃家族で米国に滞在していた時に父から買ってもらったペンダントがなくなっているのに気がつきました。 私にとって今は亡き父からの愛情の証であり、まだ両親が元気で家族が幸せだった頃の象徴で、35年間ずっと大切にしまってきたものでした。 思い当たるのは、ずっとしまっているだけでは勿体ないからと使うことにして、半年前に友人とのランチに着けていきました。夏だったので、おそらく帰って外した時に汗を流すため水洗いし、ティッシュの上で乾かしていたと思います。それを(ティッシュで半分隠れる形になっていたのか)誤って捨ててしまったようです。 可能性のあるところは家中全て探し、警察やお店、マンションの管理室にも問い合わせましたが、落とし物の届出はなかったので、本当に捨ててしまったとしか考えられません。 父からの大切な贈り物、長年心の支えにしていたものを愚かにも自らの手で捨ててしまい、茫然自失の状態です。家族がいなければ、どこかに身を投げてしまいたいくらい辛いです。 家事や子育てがあるのであまり落ち込んだ顔も見せられず、なんとか日々を送っていますが、ふと思い出しては苦しくてたまらなくなります。 自分の不注意への腹立たしさ、情けなさ、後悔、父への申し訳なさ…。全て自業自得なのですが、もう二度とあのペンダントを取り戻せないことがつらくて悲しくてたまりません。 こんな親不孝で愚かな私でも、子供達のことを思うと今死ぬわけにはいかないのですが、この先どのように気持ちを立て直して生きていけば良いのでしょうか。また心の支えにしていたものを失った喪失感を、どのように埋めていけばよいのでしょうか。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

子供が亡くなって、節目の迎え方

以前にご相談して、あたたかいお言葉を住職様から頂きました。ありがとうございました。 子供が16歳で自分から命を放りだしてから、四年をむかえます。 誕生日や、法要、命日、節目を迎えてきました。 この四年間は子の死に正面から向き合えませんでした。自分が落ち込むと、家の中が不穏不安定になり、家族が更に落ちていくことを経験しましたので、 なるべく普段通りにすることを心がけ、自分の気持ちを優先せずに亡くなった子供のことは少し距離を置きながら 四年間を生きてきました。家では笑顔で過ごすことや仕事も明るくやってきましたが、それが他人には奇妙に見えたようで、それを陰口や直に言われることもありました。それでも他人には関係ないと割りきってきました。 ただ節目に節目になると、どうにも涙が出て心がコントロールができず。 子供の友達がお墓参りや自宅によく手を合わせにきてくれるのですが、最初はとても有り難かったのですが、それが時と共にとても辛くなってきたのです。 今度成人式があり、もし子供の同級生が来ることがあったら、手を合わせに来てくれてありがとうと感謝しますが、 心が耐えられるかわかりません。 私は本当に自分勝手で酷い親だと思います。有り難いと思う気持ちよりも、同級生の中に子供がいない寂しさで、どうしても受け入れられずにいます。 月日が経てば経つほど、この気持ちが強くなってきたので、自分の中でどうしたらよいのか、わからなくなってきました。 御住職様は、どのようにお考えになりますでしょうか。乱文で申し訳ありません。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

何を励みに生きていけばいいのか

初めまして 4ヶ月前に夫を亡くしました 夫はとても優しく、おだやかな人でした 私達夫婦には子供は授からなっかったので私、一人でこれから何を励みに生きていけばいいのか・・・ 夫の闘病中余りの辛さを見ているのが辛く夫に「その痛み、苦しみ私によこして」と言って二人で号泣しました 夫はこんな辛いのは私にさせたくと・・・ 毎日寂しく4ヶ月たったいまでも涙が出てとまりません 骨堂に行き夫に話かけてくるのですが永代の骨堂なので他の方に迷惑かと思いながら話をして帰って来ます 夫から言葉は返ってきませんが・・・ これから一人で何を励みに生きていくといいのかわかりません 夫の元へ行きたいと思ったりします 生前夫に、夫と一緒に逝きたいと言ったことがあり、「そんな事言わないでと、俺の分まで生きてくれたらそれが俺の幸せ」と言って号泣しました ですが夫がいなくなってから何もする気がおきず、ただ夫の遺影を見て涙流している毎日です 夫は逝ってしまう時私の事どう思いながらだったのか知りたい気持ちでいっぱいです 生きていくのがこんな辛いとはと思って何のために生きてるのだろうかと思っております お願いします

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

大好きな祖母が亡くなった

今年の6月、大好きな祖母を亡くしました。 祖母は祖父と一緒に2人で暮らしていて、年始や休みの日に遊びに行ったりしていました。とても優しくていつもニコニコしてる人でした。 今年の5月に家族みんなコロナになってしまい、心配の電話が祖母からきました。それで『コロナが治ったらまた美味しいものたべにいこうね』っていう電話でした。 その数週間後に祖母が救急車で運ばれたと祖父から連絡がきました。 その数日後、祖父と母が先生に呼ばれ、すい臓がんのステージ4であることと余命は半年もないということを告げられました。 告げられたあと、祖父に『ずっと俺がそばにいたのに気づけなくてごめんな、〇〇と一緒に居られる時間を短くしてごめんな』と泣きながらいわれました。祖父はめったに泣かないので悔しかったのと悲しかった気持ちで苦しかったです。 コロナ禍なので面会もできませんでした。ですが1ヶ月後大部屋から個室に移されたから面会できると病院から連絡がきて、祖母と話せるって思って病院にいったら変わり果てた姿の祖母がいました。ずっと苦しそうな呼吸で酸素呼吸器もつけてられていて会話もできる状態じゃなくて目も濁っていて、元気な姿で会ったのが今年のお正月だったので半年でこんなに変わり果ててしまうのかというショックがありました。それとああ祖母はもうすぐ死ぬんだなと思いました。会話はできなかったけどひたすら祖母に話しかけて感謝の気持ちを伝えました。 その1週間後に祖母は亡くなりました。余命宣告されてから1ヶ月でした。死に目にも会えませんでした。 祖母とは葬儀場の霊安室みたいなところで会いました。眠っているようで声をかけたら起きあがりそうなのに体は冷たかったです。 祖母が亡くなってから半年たちますが未だに祖母の事を考えると涙が止まらないし、苦しくてたまらないです。会いたいと思ってしまいます。私はずっと祖母に心配ばかりかけていたので祖母に申し訳なくてたまらないです。 身近な人が亡くなったのは初めてだったので祖母が亡くなってこの有様なのにこのあと父母を看取るのかと思うと怖いです。 あと1週間で今年が終わりますが、今年が終わらないでほしいとも思います。今年が終わってしまったら祖母がいたという証がなくなってしまいそうで。 どうすれば前を向いていけますか? 思うままにかいたのでで長くて読みづらいと思いますすみません。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

祖母の死

昨日大好きな祖母が96歳で亡くなりました。祖母は施設に入居しておりました。私は旦那の仕事の都合で遠方に住んでおり、昨日の夕方危ない状態と言われた時に私以外の家族は会いに行きましたが、私は会いに行けませんでした。その夜亡くなって、母からは亡くなってから夕方会いに行ったことと亡くなったことを聞かされました。両親も大変な状況だったと思うので、私に後からの報告になったことはしょうがないと思います。ただ、私だけ祖母に何も言うことができないままお別れとなってしまったことの後悔があります。それと同時に遠方にいるためまだ死を実感できず言葉で表せられない感覚になっており、明日帰省して祖母の顔を見るのがこわいです。死を受け入れなきゃいけないのがこわいです。 コロナになってまともに面会もできない中、2週間前にたまたま友人の結婚式で帰省した際に祖母とリモートで面会をしました。半年前にリモート面会した際は私を理解して会話もできていましたが、この時は首を振る反応はありましたが祖母は一言も言葉を発しませんでした。年齢も年齢なので覚悟はしていたので、悲しかったですがしょうがないと思っていたので次会いにきた時に会話できたらいいなくらいの軽い気持ちでバイバイしてしまいました。もっと話せば良かったのにこれが最後になると思わず、生きているうちに後悔しないようにと思っていましたが結局後悔するかたちになりました。 高齢になって体の色々なところが痛いと訴えることが多くなり、施設入居中もコロナになったり骨折したり色々苦しい思いをしていたようで早く死にたいと言っていたと聞き、痛みから解放されて天国で楽しく幸せに暮らして欲しいと思っています。 心からそう思うのですが、死を受け入れたくない自分もいて祖母にお別れを言うのがつらいです。生きているうちに感謝を伝えれなかったことや祖母の近くにいれなかったことで大好きな祖母への気持ちが全否定となってる気がしてつらいです。亡くなった後でも感謝は伝わりますか。天国で聞いていてくれますかね。 まとまりのない文章ですみません。ただ誰にも言えないこの気持ちを聞いて欲しくて書き込んでしまいました。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

父が膵臓癌で亡くなりました

11月前半に膵臓癌が発覚し、11月後半にあっという間に逝ってしまった父。 私は実家から遠く離れて暮らしていて、最近はコロナ禍も有り4年帰省も出来ていない状態でした。 生前父は母に苦労かけているなと感じていたこともあり私は父に好意的な感情は持っていませんでした。でも父は幼い頃から私の事を大事に大事に思ってくれていることは明らかでした。 癌が発覚した時点でとても悪い状態とのことで、入院してしまう前に会いたいと思い帰省しました。私が帰省した日の夜から体調が急変し、翌日救急車で運ばれ、その時点でいつ逝ってもおかしくない状態だと医師に言われました。その翌日父は亡くなりました。 私が帰る前に余命は2ヶ月くらいだと言われていたのに、あまりにも急に逝ってしまったんです。母と私、弟に看取られながらでした。弟も遠方から帰省した翌日のことでした。家族4人が揃う事なんてここ何年もないことだったので、みんながいる時に逝きたかったのかな…とか、亡くなる前日は身体中痛かったり苦しがっていたからその痛さや苦しみから早く解放されて良かったのかもしれない、とかあらゆる理由を考えたりしました。看取ったのに未だ死を受け止められない自分がいるからです。 亡くなってからは父のことが常に頭の中にあり、ふとした時に涙が止まらなくなったり悲しさや虚しさで心が苦しくなり、一人残った母親とのいずれ来るであろう別れを想像してしまい、これからどうやって生きていけばいいのか分からなくなります。 父にももっとたくさん帰省して会っていれば良かったとか、もっと優しく接していれば…話もしていればよかった…と後悔です。 悩みの相談がはっきりせずあやふやで申し訳ないのですが、何かお言葉を頂けましたら幸いです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

最愛の祖母との死別

先日私の最愛の祖母が亡くなりました 80代ではあったものの元気でしたので、まさかの急死でした。6年前に癌を患い、親の漢方薬を飲み、治ったと思っていたところ実際には根治しておらず、その間検査をしていなかったがために気づいたときには手遅れでした。なんどか病院に連れて行ったものの、薬をもらうだけで検査をしておりませんでした。私は生まれたころから祖母と同居しており、両親よりも祖母と過ごした時間の方が長く、私の心の支えでありました。私は祖母のことを常に気にかけており、喉を詰めて死んだりしないか、救急車の音が聞こえると祖母が倒れたのではないかと考える程でした。それなのに、癌は根治したものと信じており、検査に連れていかなかった自分が情けなく、後悔の念に苛まれています。また、最後も病院に連れて行くのが遅く、苦しい延命治療を祖母に受けさせてしまいました。最後は会話することもできず管に繋がれたまま亡くなりましました。祖母は若くしてシングルマザーになり、女で一つで子供を育てました。また、祖母が祖父、祖母の姉、母の面倒と葬式の費用、お墓や仏壇も貧しいながらも購入しており、祖母はいつも困っている人に優しく、とても聖人のような人でした。なのに、最後は私たち家族のせいで祖母を苦しめてしまいました。私はご先祖さまが祖母のことを守ってくれると信じていたのに、こんな形で亡くなってしまったことに納得がいきません。神様はいらっしゃらないのでしょうか? 私はうつ病を患い高校中退し、長年浪人しておりましたが、祖母の一件があってからは生きることに希望を見出せず、毎日祖母のことを考え、自責の念に囚われ、死ぬことにのみ希望を抱きながらなんとか生きております。私は臆病なので、自殺を決行することはたぶんしないとは思いますが、毎日心臓が止まってくれないか事故に遭わないかなどと考え、これまで全く飲まなかったお酒毎日飲み、体を悪くして早く死にたいとばかり考えております。私の両親は金銭的に困窮しており、毎日のように喧嘩しており、心のよりどころの祖母を失ってから過呼吸のように毎日泣いております。もう辛いです。神様はいるのですか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ