hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

亡くなった曽祖母の供養

回答数回答 2
有り難し有り難し 8

十年以上前に亡くなった曽祖母がおります。
曾祖母は子供に恵まれず養子を迎えたため、血縁関係はありませんが、私は曾祖母が大好きでした。

曾祖母には年の離れた妹がおり、実子のいない曾祖母はこの妹のことをとても可愛がっていたと聞きました。
曾祖母がほぼ寝たきりなった時に妹が亡くなりましたが、曾祖母が気落ちすることを怖れた周囲の者は、最期になっても妹の死を知らせませんでした。

十年以上も経って唐突ですが、曾祖母の代わりに妹のお仏壇かお墓にお参りしたいと思うようになりました。
生前 すれ違った姉妹を、せめて死後 何らかの形で引き合わせたいのです。
これが私の自己満足であることは十分承知の上です。

ここで質問なのですが、妹のお仏壇やお墓にお参りする場合、うちのお仏壇にある曾祖母のお位牌を持って行っても良いものでしょうか?
また、現在 お墓の正確な場所(町内にいくつかあります)が不明なのですが、お墓を管理しているお寺に尋ねた場合、教えて頂けるのでしょうか?
妹の家とは数十年に渡って何の関わりもないため、家に上がってお仏壇にお参りするのはかなり難しいと考えておりますし、お墓の場所も教えて頂けないような気がします。

2014年7月5日 2:47

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

有り難い事です、自己満足ではありませんよ。

大好きな方を想い、手を合わせる。

素晴らしいです。

1番の供養は、忘れないでいてあげる事だと、想います。

お位牌を持参されても良いと思いますが、雑に扱わない様に、戒名など、お位牌に書かれている事を綺麗な紙に書き写し持参されても良いと思います。

お寺に関してですが、昨今は、個人の情報には慎重な立場をとる場合が多いです。

住職にきちんとお話をしてみて下さい。

それでも、駄目で有るならば、お二方のお参り、ご回向を本尊様の前で依頼なさっては、いかがでしょうか。

素晴らしいご縁、実る事を祈念させて頂きます。

2014年7月5日 8:23
{{count}}
有り難し
おきもち

長谷雄蓮華 (ラジ和尚)
ラジオ パーソナリティ 『 命の 相談会 』開催 愛知県愛西市...

ご供養

蜂村様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

生前にすれ違ってしまった姉妹を何らかの形で引き合わせたいとのお気持ち、誠に有り難く尊いことでございます。

さぞかしそれぞれ臨終の際にお互い会うことが叶わずにて寂しい思いもされたことでしょうね・・是非、この機会に曾祖母様の代わりとして曾祖母様の妹様のお参りをして頂けましたらと存じます。

お位牌は持参せずとも、気持ちだけで十分であるかとは存じます。仏壇前、墓前にて、「○○様の代わりに手を合わせに参りましたよ」とご供養して頂けましたら良いのではないかと思います。

また、もしも、お仏壇へのお参りも、お墓へのお参りもできなさそうだとなりましたら、この機会に姉妹のご供養を同時にお勤めされてもどうであろうかと存じます。

問い「親しいかった故人の供養をしたい・・・・」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1006868089.html

上記の問いにても述べさせて頂いておりますが、それぞれのお寺や僧侶の方針にもよりますが、丁寧に事情を説明してお願いを致しますと、大抵は真摯に対応して頂けるのではないかとは存じます。

もちろん、一番良いのは、それぞれの宗旨の関係もあるでしょうから、曾祖母様のご供養は蜂村様の菩提寺さんにお願いする、妹様のご供養は、妹様のところの菩提寺さんにお願いするのが本筋となるのでしょうが、一度、蜂村様の菩提寺さんにでも相談なさられてみられて、同時にが可能であれば、是非、ご供養をお勤めなさられて下さいませ。共にご供養なさられる仏縁・法縁によりて、それがきっと善き引き合わせに繋がるのではないかと存じております。

川口英俊 合掌

2014年7月31日 12:01
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

「供養全般」問答一覧

初盆の前にトラブル

父の逝去に際には、お坊様方に大変お世話になりました。 8月になり初盆を迎えることになりました。 ここで、ちょっとしたトラブルが起きましたのでまたご相談をさせていただきたく書き込ませていただきます。 実は父の逝去から通夜・告別式・49日の法要を通して妹夫婦との間に諍いが起きました。発端は父が逝去した日に断りを入れたとはいえ妹が父の元を離れ、家に帰宅した事に端を発します。通夜告別式でも自分は嫁いだ者であるからと弔問に来てくださった方々にろくな挨拶もしませんでした。私は喪主である母を支える役目に徹していたため気にはしませんでしたが、父の妹である叔母が49日の日に妹夫婦の対応に業を煮やし意見をしました。 その結果、自分たちと私たちの周りとでは価値観が絶対的に違うのだとの理由から、私たち親族とは一切かかわりあいたくないと言ってきました。母が病気になろうと死のうと一切連絡をしてくれるなとまで言うのです。 父の初盆を迎えるにあたり、お参りくださる方々に対する対応は私と母で行うと決めていたのですが、私が体調不良のため妹に対応を依頼するしかないと電話をしたところ、私たち家族はそれぞれに予定が詰まっている。それに縁を切ったのだから父の仏前にもお参りはしないと言われました。 価値観の違いと父の供養は違うだろうと言うと、私は父の仏前にお参りするという方法ではなく、自分の方法で父を供養する。あなた(私)が父を供養するよりも私の供養の方が何倍も父が喜ぶだろうと言うのです。 父の初盆会は自宅で行うのですが、私は私なりにひと月前からこつこつと準備をしお客様に失礼のないようにとの思いでいるのに、そのようなことを言われて本当に落ち込んでいます。 このままは初盆会事態を取りやめてしまおうか。 怒りのあまりにそんな思いがよぎったことも確かですが、お忙しい中を時間を割いていただく菩提寺の住職をはじめお参りした頂く皆様の気持ちを考えればそうもいきません。 ただ、心の中に芽生えた怒りや落胆、困惑をお盆を迎える前に収めるにはどうしたらよいのだろうかと思い、ここに書き込みをさせていただきました。やっぱり妹夫婦の意見が正しくて私の方がおかしいんですかね?

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る