hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

とても怖いのです。

回答数回答 1
有り難し有り難し 24

こんばんは。
いつも有り難いお言葉をありがとうございます。

私は罪を犯しました。
そして、こちらで懺悔するようにとのご回答をいただきましたので
自宅でではありますが懺悔し、
日々の生活の中でも懺悔の気持ちを持ち、
家族を大切にし、
できるだけ良い行いをと心がけております。
この先、同じ罪を重ねることは決してありません。

過去の罪により、心がとても辛く、重いです。
しかしそれは、仏様が私に罪の重さを知らしめてくださった
気づかせていただいた
懺悔の機会を与えてくださったのだと考え、
仏様に感謝するようにしています。

そして今、死後のことを考え
とても怖いのです。
いくらこれからを善く生きたとしても、
死後罪人として、地獄に行かなければならないのではないかと
怖くてたまりません。
あまりに怖くて、元々持っているパニック発作が出てしまうほどです。

私はこの先、心が軽くなることはあるのでしょうか?
また、死後地獄に行かなくてもよい道はあるのでしょうか?

どうか、お救いください。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

南無阿弥陀仏

えつこさんプロフィールも見せていただきました!
過去は過ぎ去ったと書く通りどうにもこうにも変えようはありません。

でも安心してください。

阿弥陀仏がいらっしゃいます。
阿弥陀仏という仏様は
たとえどのような罪をおかしてしまった人であっても、
南無阿弥陀仏と我が名を呼べば必ず必ず極楽浄土という名の自分の世界へとむかいとってやる!
という願いを持った仏様です。

たとえるなら
『お母ちゃん!』
と呼びかけられれば、
その子がどれだけ出来がいいのか、悪いのかなど関係なく。
『どうしたんや?大丈夫か?』
と振り返えらずにはいられない、ほうっておけないお母さんのような慈悲の心の仏様です。

出来のいい子は出来のいい事を喜んでご覧になり、出来の悪い子は出来が悪いことを心配しながらも暖かく見守ってくださるんです。

人間は罪をおかしてしまう生き物です。
死ねまで罪はおかしてません。
なんて人は顕微鏡で探して見つかるかわかりません。
法的に罰せらるものだけが罪ではありません。

多かれ少なかれ罪を重ねて生きているのが人間です。

そんな私達だからこそ、
ほうっておけん!
私の名を呼んでくれ!必ず迎えにいくぞ!
これが阿弥陀仏の願いです。

母は
『お母ちゃん!』
と名を呼ばれることを待ってます。
頼られることがうれしいんです。

どうにも不安になった時、
南無阿弥陀仏と
名を呼んでください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


仏教ってすごい。 お念仏ってありがたい。 学問でない仏教、理屈じゃ...

質問者からのお礼

大乗様
ありがとうございます。
久しぶりにほっとした気がしました。
阿弥陀仏様とは、とても慈悲深いお方なのですね。
ぜひお名前を呼ばせていただきたいと思います。

「過去の罪・過ち・懺悔」問答一覧

謝罪したい気持ちと許されたい気持ち

はじめまして。 今回相談させて頂きたい事は、許されたいと言う気持ちがあったら、真摯に謝罪したいと言う気持ちではないのか、と言う事です。 どういう事かと申しますと、私には以前 私の言動によって傷つけてしまった友人がいます。 それが原因で相手に拒否され、絶縁状態になっています。 私自身、その事が忘れられず気になっていて謝罪をしたいと思っています。 それは相手方を傷つけてしまった事への申し訳なさからくるもので、例え許されなくても仕方ないと思っています。 同時に、過去にしてしまった事は謝罪し反省しており改善するので、許されたいと言う気持ちがあるのも事実です。 許されたいと言う気持ちがあったら、それは自分の利己的な気持ちであり、謝罪とは言わないのではないか、そう思うようになりました。 同時に、許されなくても良いから謝りたい、もしそう言う気持ちになったのであれば、それはむしろ完全な自己満足でありそれこそ謝罪ではないのではないか、とも思ってしまいます。 謝罪とはただ過ちを反省し、相手に自分が間違っていたことを認め、謝る。 ただ、悪い事をしたから謝る。 許すかどうかは相手が決める事。 そう思いますが、どうしてもその上で謝るのは自己満足かなと思ってしまいます。 だったら、自分が悪かった事、反省している事はしっかり認めた上で、どうか許してほしいと許しを乞う方が、健全なのかな、とも思います。 もちろんそれでゆるされるかは別として、ですが。 自分がした事に対して反省してますし、その事は伝えたいです。 しかし、もし相手がやっと過去の事を忘れかけていて、今回私が謝る事で傷ついた過去を思い出したら、そう考えると謝らない方がいいのかなとも思います。 謝る事と許されたい気持ちへの解釈をお聞きしたいです。 許されたい気持ちを持ったままの謝罪は、謝罪とは言えませんか? 許されないと理解してるし許されなくていいけど、あの時は申し訳ありませんという事こそが真の謝罪でしょうか? 私が謝るべきかどうか、最終的にどういう心持ちでいるべきかは私自身が決めるべき事ですが、お坊さんの考えが聞きたいです。 お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

罪を償うとは

6月1日に裁判をして頂き、現在執行猶予中の身です。懲役1年6ヶ月、執行猶予3年という判決でした。事件により全て失い、心を入れ換えて歩もうとしてはいるのですが、絶望に落ちてはの繰り返しでなかなか気をしっかりと持つことができずにいます。こちらのhasunohaで何度も有難い言葉を頂き、何度も読み返して、明るい未来を夢見ては寂しさを紛らわして毎日毎日時間が過ぎ、時が少しでも解決してくれることを願って過ごしています。 私は今、家族に対しては所有していた財産は全てお渡しできるよう、養育費や慰謝料についても可能な限り協力をさせて頂けるよう弁護士さんを通じて話し合いを進めています。また社会に対しても何かできることがないか模索しボランティア活動などにも参加していこうと考えています。できることをやりながら贖罪の方法を考えて生活しています。 事件により全てを失ったことで、社会的責任を負ったと言って頂きました。また裁判でも執行猶予を付けて頂き、3年という月日を自分の行動を見つめ直しながら反省して過ごしていこうと歩みだしています。しかし犯した罪は一生消えることはありません。罪を償う方法を色々考えていますが、私の心が癒されることはなく毎日毎日自責ばかりしています。執行猶予の3年を終えた後、何か変わるのでしょうか?執行猶予の3年を終えたら罪は償ったことになるのでしょうか?罪を償うとはいったいどうすればいいことなのでしょうか?執行猶予の3年が過ぎたら社会的責任を果たしたとして前を向いて歩いていいのでしょうか?どのようにして過ごしていけばいいのか分からなくなります。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

人の物を盗む

よく父の貯金箱から小銭を盗んでいました。何回も繰り返して父も気付いてとても痛い目にあいました。ですが懲りずに今度は財布から札を盗むようになりました。そしてまた気付かれましたが怒らませんでした。これはもう呆れられてるんだと、そこから私お金を盗むのはもうしないようになりました。 その分、物を取るようになりました。音楽をよく聞くのですが、イヤホンをよく無くし、兄から黙って借りてそっと返したり、黙って借りてうっかり返すのを忘れてバレて注意されたり…。 私の兄は今年受験生で予備校は映像授業なのでイヤホンが必須です、予備校用のイヤホンを自分のイヤホンが壊れたので黙って借りて出かけました。ですが何処かでイヤホンを落としてしまいました。家に帰ると兄から聞かれました。それでも知らんぶって 「ちゃんと机の上に置いてあった.ないはずがない。お前しかおらん。」と。 何回も繰り返してバレてるのに疑わない筈がないと、最初は知らんぶっていましたが無くしちゃったと小さい声で言いました。 今回は本当に怒られました。あれがないと授業が受けれない本当に困ってると。 殴られないだけマシと思えと言われました。 謝れてなかったので部屋に行って小さい声ながらも謝りましたが、出ていけと追い出されました。 あんなに怒った兄は初めて見ました。無くしてしまったので新しく買って返しますが完全に信用は無いです。 これは前者より前の話ですが別居している母が泊まりに来た時もお金が減り、母は私が起きた頃には帰り父から知らない?と聞かれました。私は身に覚えがなく本当に知らないと答えました。父親は自分の金じゃないし知らないと私が言ったのですんなりそれで終わりましたが、それ以来母がは泊まりに来なくなったし会えなくなりました。このことは誰のせいか結局分からず終いで家族内はきっと私と思っているでしょう。 家族内で盗みをしていると自分じゃなくても真っ先に私が疑われる事の辛さを知りました。自分がした事なので勿論文句は言いません。 友達のものは盗まないのに家族のものは盗む勝手に借りる。 家族は毎日金を盗まれる物を盗まれるとヒヤヒヤしていると思います。私も借りたいならちゃんと本人に許可を得る、借りたものは返す。そういう人間になりたいです。信用されたいです。 どうすれば治りますかなんて私の意思次第だと思います。お坊さんの意見をお聞かせください。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

過去の過ちを忘れていた自分が怖いです。

初めて質問をさせていただきます。 私は今コロナの影響で無職になり、 最近、長い時間家にいると過去にしたことについて後悔することが多くなってきました。 一つは、中学一年生の時にした、カンニングとテストでの不正行為です。 やってしまったときは事の重大さに気づいていませんでしたが、中学二年生のときに自分はとても悪いことをしたと気づき、中学校を卒業するまでずっと先生に謝るか迷っていましたが、結果謝ることなく卒業してしまいました。 二つ目は3年ほど前に、バイト先がオリジナルの商品(詳しくはプロフィールに書いてあります)を作っている所で先輩から「俺も何回かもらっているから」とお店の商品を渡され、お金を払わず受け取ってしまったことです。その商品は付属品を付けて合計1000円の物で、付属品なしでもらいました。 そのときは、家に帰ってからなんで受け取ってしまったんだろうと後悔しましたが、バイト先に全てを話して謝る勇気もなく、そのままバレずにバイトを辞めてしまいました。 今からでも謝りに行くべきか迷っていますが、正直勇気がありません。 そして、このバイトの件を時々思い出すことはありましたが、最近改めて事の重大さに気づきました。自分は今までこのことを忘れていたのかと思うと自分が怖くて仕方ありません。 他にも学校の面接でバイトを辞めた理由を聞かれてとっさに嘘をついてしまったこともあります。 これらのことで最近後悔ばかりしています。 先日神社に行き懺悔してきましたが、それでもこんな私が笑っていていいのだろうかと思ってしまいます。 また、私は今まで、過去のトラウマなどがありなんでこんなに自分は辛いんだと思っていましたが、悩みを聞いてくれる友達も大切な家族もいて、こんな過ちまでしているのに、今までの私はなんてわがままだったんだと自己嫌悪に陥っています。 私はどうしたら罪を償えるでしょうか。 お忙しい中、読んで頂きありがとうございます。 どうかアドバイスをいただきたいです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

反省や悔い改める行動は

本当の反省とは、悔い改めるとは、どのように行動することなのか、アドバイスを頂けないでしょうか。 職歴詐称をしました。前職の勤務期間に誤りがあります。現在の会社に入社したのは十年程度前で、最近社内試験を受ける際に自分の実績を見直し気がつきました。忘れていたのです。自らの意思で行なったかは、内容からみて作為的と判断せざるを得ません。 会社に申告し謝りました。試験は受かりましたが会社からは明確な沙汰はなく時間がすぎました。 そのことで苦しんでいます。自分は取り繕う為に反省のポーズをとっているだけで本当に反省しているのだろうか、人にどう思われるか、自分はいい目がみれない等の利己的な思いで、悔い改めていないように思います。 自分が苦しんでいるのは、廊下で会う人の視線や上司の対応を、自分が痛い苦しいと感じてしまい、人にどう思われているか、会社の記録に残りこれから先、永遠に、上司や関係部署に知られて恥ずかしい、人に自分を良いとは思って貰えない、そんな利己的な気持ちで一杯です。 自分が本当に心から申し訳ないと思うのは、今まで応援してくれた人、暖かく接したくれた人たちの信頼を裏切ったことです。その人たちが知ったときにどんな気持ちになるのか、それを考えると申し訳なくて仕方がありません。 また、これから仕事をする中で自分と関わる人に、申し訳ない気持ちです。会社内の取扱いとして悪い評価がついている自分が関わるチームの仕事の成果は認められにくいです。そう思うとやりきれない気持ちになります。 このような中で前向きな気持ちで仕事を続けることができる気がしておらず、それが本当に生きていることなのだろうかと考えたり、でも生きていく為にはと待遇を気にしたり、自分の欲目や利益ばかり考えています。 本当に反省しているならば、辞職することだろうと考え、しかし待遇を気にしたり、また、いくら環境を変えたとしても自分がしたことは消えず、本当に反省しない限りはこの苦しみから逃れられない気がしています。 今の環境に感謝し何も望まず恩返しをすることと頭では思いながら、感謝や利他の精神を体現していません。自分が何も望まずに今後過ごしてゆくことに覚悟が定まらず、自分の後悔や悲しい気持ちにはまり続けて、行動することに繋がらず、適切な一歩が分からなくなっています。 宜しくお願いします。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る