hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

命の重さが同じだとどうやったら思えますか

回答数回答 3
有り難し有り難し 14

いつも本当にありがとうございます。
今回も自分のせいで死んでしまった犬ちゃんに関連した質問をさせてください。

今まで何度も質問させていただいておりますが、
私は1年前に大好きな犬ちゃんを自分のせいで病気にさせ、獣医さんに言われていたことを勝手な思い込みから真逆のことをし、病気を進行させ、衰弱させ、死なせてしまう大罪を犯しました。
その後毎日hasunohaを訪れ、他の方の質問のお坊様からの回答や、私自身も質問させてもらい
「全ての命を大切にする」ことを誓いました。
虫などもなるべく殺生せず、食べ物には毎回感謝し頂いています。
しかし結局、わたしのそれは上辺だけです。
命の重さは皆同じ、そう思うようにしても、
大量に飛んでいる小さい虫を車でぶつけてしまってもさほど気にしないのに、もし人を弾いてしまったら法的にも罪になるから、そのほうが大きいことだ…。
そう考える自分も解せないです。

お坊様方はいつから、どのように、命の重さが皆等しいと思えるようになりましたか?
愛犬が気づかせてくれたのに、命を平等だと思い切れない自分が本当に情けないです。

2023年2月12日 20:16

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

存在は平等ですが、平等に扱う必要はない

『命は平等』
この言葉は非常に危険だと個人的に思っています。

なぜなら、目の前に危険にさらされた二つの命があり、一つしか助けられないとして、一方が他人で一方が愛犬なら、愛犬を優先しない者がどれだけいるでしょうか?
仏教に所属する者が、自分とお釈迦様の命を『同じ重さだ』と言える者がいるでしょうか?
お坊さん自身が蚊を殺さなくても、米を食うなら田んぼで虫は死んでいます。

この言葉は
『100m走みたいに同時にスタートする』という意味でも、
『小石も宝石も全部同じ価値である』という意味でもありません。

『自分が自分の命を大切にするように、相手も相手の命を大切にしているんだよ』という意味です。
自分の命を大切にするのは、自分とその周りの人です。
相手の命を大切にするのは、相手とその周りの人です。

愛犬には飼い主がいますが、コバエにはいません。
価値とは他者とのつながりで決まる者なので、命の“重さ”が“価値”という意味ならコバエの命は非常に軽いです。

しかし、『だから殺していいんだ』とは普通なりませんよね。
『積極的に殺さないようにする』だけでいいのです。
『相手にも命がある』と認識するだけでいいのです。

だから、あなたの意識の仕方で何も問題はありませんよ。
気にしすぎると、一番大切なあなたの命が縮んでしまいます。
もう少し気楽に生きる意識の方が、あらゆる命を大切にできると思いますよ。

2023年2月13日 9:26
{{count}}
有り難し
おきもち


けいじょう
日蓮宗の僧侶、啓誠(けいじょう)と申します。 修行に失敗し、一度は腐...
このお坊さんを応援する

今は頭で理解するだけで充分

あなたは、命が平等であると頭で理解されています。
それは素晴らしいことだし、今はそれで充分です。
私達には煩悩、執着があり、愛着のある生き物を他の者とは違って特別扱いしたり、生命に対して好き嫌いを感じたりします。
仏様のように悟っていない私達には、そのような煩悩がある。それもまた現実。
いつか、私達も極楽浄土に往生して悟りの境地に至るはず。
そのときは、全ての生命を平等に慈しむことができるようになる。
まだ成仏していない私達は、頭で理解できていればひとまず合格ではないでしょうか。

2023年2月13日 5:04
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

命の尊さや尊厳について

拝読させて頂きました。
とても有難いご質問を頂きありがとうございます。心より感謝申し上げます。
そうですね、命は平等に大切であり尊いということは頭ではわかっていたとしても日常生活の中ではなかなかその様に思えないこともありますよね。
命が尊いといいながら私達は害虫駆除していたり、毎日植物や動物の命を食べているのですからね。それは本当は当たり前のことではないはずなのに毎日当然の如くしていますからね。
あなたがワンちゃんの命や共に生きることを通して命の尊さを知ることができたことは本当に大切なことだと私は思います。あなたがその子とのご縁の中で実際に実感できた命の尊さやかけがえのなさはその子が生きた証でもあるのですし、あなたの心の中に深く刻まれた命の存在ですからね。
生きているものはその時間の長さや大きさには差があるのですけどもそれぞれ与えられた命をそれぞれに一生懸命に生きているのですからね。それぞれに生きていく為に命をかけているのです。本当に尊いことです。
それは自分自身にも言えることでもあると思います。
生きていくことはとても大変なことばかりですしなかなかものごとうまくいかないですし、本当に満たされて生きること等なかなかできないです。
また大切なものごとを失ってみないと本当の価値や有り難みもわからないものです。
ですから毎日を生きていく中で身をもって実感として命の尊さや大切さを知っていくのかと思います。
その様な私達のことを仏様や神様やご先祖様は優しくお見守りなさって下さいますし、お導きなさっていて下さいます。
私も本当にいくつもの大切な方々やものごとをお見送りさせて頂きました。その中で身をもって自分のことや周りの人達やものごとの大切さを知ることができました。
あなたがこれからも素晴らしいご縁に恵まれながら心から大切になさり、命の尊厳や有り難さを身をもって知り、そのつながりの中で心から豊かに充実なさって生きていかれます様にと切に仏様や神様やあなたのご先祖様にお祈りさせて頂きます。
きっとこれからもずっとその子とのつながりの中であなたは生きていくのですからね。

2023年2月13日 9:03
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

願誉浄史様
お礼が少し遅くなってしまって大変申し訳ありません。
また、今回もご回答ありがとうございます。
まだ悟りには程遠い私は、今は頭で理解していれば充分とのこと…
そう仰っていただけるだけで、少し心が軽くなります。
愚かな私でも、極楽浄土に往生して悟りの境地に至ることができるのでしょうか。
今は、頭でだけでも命は平等だと思っていきます。
本当にありがとうございました。

一向寺 Kousyo Kuuyo Azuma様
お礼が少し遅くなってしまって大変申し訳ありません。
今回もご回答ありがとうございます。
愚かな私の質問に、有難い質問だなんて勿体ないお言葉です。
命は平等だと思いたいのに、結局は命を食べ、虫などは駆除してしまいます(今は積極的には駆除しないようにはしておりますが…)
しかし仰られる通り、愛犬への罪を通じて命の尊さ、平等さに気づけたことは大切に思っていきます。
まだまだ、命が平等だと思えずにいる愚かな私ですが
「毎日を生きていく中で身をもって実感として命の尊さや大切さを知っていくのかと思います」
このazumaさまから頂いたこのお言葉を忘れずに生きていきます。
あたたかいお言葉、本当にありがとうございました。

冨松山 法照寺 けいじょう様
お礼が少し遅くなってしまって大変申し訳ありません。
ご回答ありがとうございます。
けいじょう様のお言葉、何度も読み返しました。
命は平等、が
『自分が自分の命を大切にするように、相手も相手の命を大切にしているんだよ』という意味です。
というお言葉、とても深く考えさせられました。
『相手にも命がある』と認識する、このことを忘れないように心に留めておきます。
そして、私の身を案じる優しさに感謝します。
本当に、ここ最近はずっと悩んでしまい、体調も崩しがちでした。
(罪を犯したのだから苦しんで当然という思いもありますが)
とても有難いご回答本当にありがとうございました。

「ペット・大切なものの死」問答一覧

愛猫を突然死で亡くしました

愛猫とは一年間一緒に暮らしました。 元々は居酒屋で飼われてた猫でした。 店では、小さいスペースに入れられベニヤ板にペットシーツが置かれただけの劣悪な環境で、痩せ細りストレスでおなかから後ろ足は毛が抜けていました。 気の毒でなんとか助けたい一心で、店主に掛け合い貰い受けました。 家族として幸せにしてあげたいと主人といつも猫に優しく声を掛け寄り添い見守ってました。 10年近く居酒屋から出たことのない猫は見ず知らずの我が家に来て3ヶ月くらい引き籠もっていました。 そのうち夏頃からだんだん打ち解け、呼べは返事をし意思表示をし、遊ぶようになり一緒に寝るようにまでなりました。 愛猫との心の世界が出来つつありました。 愛猫は夏に乳がんを患って手術をしましたが、術後は良好で2週間前の健康診断は問題ありませんでした。 しかしおとといの3月21日、普段と変わらず元気だったのに、 死ぬほんの数分前まで遊び暴れていたのに 急に体調が一変し、人工呼吸も虚しく亡くなりました。 急な出来事でした。 これからだよ、これから幸せを取り戻すんだよと毎日言い聞かせていたのに。 哀れでなりません。 家の仏様の御札にいつも愛猫の幸せを願ってました。 なのに、仏様はなぜこんないい子の幸せを見守ってくださらなかったのか 仏様はなぜこんな悲しい思いを私達に与えるのか 愛猫の幸せを自分の幸せと捉え心の励みとしていたのに今は生きる望みを失いました。 仏様は何故、愛猫や私達をこのような境遇に置かれたのかその意味を知りたいです。 お坊様どうか教えて下さい。

有り難し有り難し 27
回答数回答 3

ペットロスについてのご相談です。

私は4月から高校3年生になる者です。 
先日、中学3年生の頃から一緒にいたうさぎが亡くなりました。原因は不明です。 亡くなる前日は大好きなご飯やおやつ、お水にすら一度も口をつけておらず、体や耳は冷たくなっており危険な状態だと思った私はすぐにかかりつけの病院へ連れて行きました。その際、皮下注射と点滴を行い帰りにお薬をいただきました。 
翌日もご飯や水は全く減っておりませんでした。その日の午前中は冷えていたので一番暖かくなるお昼に再度、点滴をしに病院へ連れて行こうと考えました。 
朝のお薬を与え30分程経った頃、突然痙攣を起こし始め抗生物質が強かったのかお腹もぐるぐると鳴り痛みに耐えている様子でした。以前にも一度、抗生物質が強くお腹を壊したことがあり病院の方にも報告済みでした。 
急いで病院へ連れて行く準備をしていましたが痙攣後バタっと倒れるところを目撃しました。自宅には一人でした為走って病院へ向かいましたが、手遅れでした。倒れた瞬間にはもう亡くなっていたのかもしれません。病院にて今までその病気ではないと否定されていた病気ではなかったのか、薬の副作用ではなかったのか、気になる点をお聞きしましたが否定と残念ですの一言だけに大きなショックを受けました。 違う病院に変え、もっと詳しく検査をしていたら原因が分かったのではないかと思うと、申し訳ない気持ちで胸が苦しくなります。 お薬をあげる際抱っこをしていたのですが、体の力は全くなくただこちらを可愛らしい瞳で見つめていました。今、再び思い出すと涙が止まりません。 最期を私が見届けれたことに飼い主として最後の務めができて良かったと思う反面、何度悔やんでも戻ってこないのに涙が止まりません。 友達が少ない私が信頼できるのは家族だけでした。私にとってペットは家族でもあり友達でもあり、信頼しているかけがえのない存在でした。私の部屋でずっと一緒に過ごした上今月、3歳のお誕生日を迎えたばかりでした。3年しか生かせてあげられなかったことを物凄く申し訳ないと思ってしまいます。 これから受験生で大事な時期なのにやる気も起きません。ですが、もしかすると大変な時期になるから学年が上がる前のこの時期にお空にいくことを決めたのかなと思います。 沢山愛情を注いだつもりですがもっと長生きさせてあげられたはずなのにと何度も責めては泣きを繰り返してしまいます。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

ペットを死なせてしまったことを打ち明ける

こんにちは。 私は30歳の女性です。 今半年ほどお付き合いしている男性がいまして、その男性は猫を飼っていて、人間より猫が好きという方です。動物が大好きで、ニュースで動物虐待の話を聞くと、「生き物を大事にできない奴は人間じゃない。死ぬべきだ。」と憤慨します。 私はそのたびに罪悪感と自責の念に駆られて胸が苦しくなります。なぜなら、私は数年前にインコを飼ったのですが、私の知識不足のせいで3日で死なせてしまいました。インコはたくさん餌を食べると言うことを知らず、食べ過ぎではないかと心配し、餌を控えました。さらに、私の経済的余裕のなさから、冬にはゲージに絶対必要だったヒーターを設置せずにいました。 インコの落鳥には仕事から帰宅して気づいたのですが、夜になっていました。なので引き取ってくれたり、火葬をしてくれたりするところが見つからず、死体が腐るのが怖くてパニックになり(冬の北国だったので、地面が雪に埋まっており、埋葬する事は不可能でした)、あろうことか燃えるゴミに捨ててしまいました。 私は彼が動物の話をするたびに、とても苦しくなってしまいます。しかも、彼は私とずっと一緒に過ごしていき、将来猫を飼いたいと言っています。私はもう一生二度と生き物を飼わないと誓いました。 ですので、彼にこの事は話さなくてはいけないような気がします。恋人だろうが、夫婦だろうが、なんでも話せばいいわけではない、という事はよく巷で聞きますし、その通りだと思います。 ですが、私はこの事はたとえ別れることになったとしても、覚悟を決めて、彼に話さなくてはならないような気がします。 私が話そうとする事は間違ってないでしょうか? 長々と書いてしまい申し訳ありませんが、ご回答いただきますとありがたいです。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

加害者の生き方 死なせた罪

いつもありがとうございます。 今回も自分が殺してしまった犬ちゃんに関連する件です。 たくさん有難いお言葉を頂いているのに未だ前を向けず申し訳ありません。 何度も質問させていただいている通り、1年ほど前、大切なはずの愛犬を私のせいで死なせてしまいました。 100%私のせいです。不慮の事故とかではありません。 すべて私が悪く、私の救いようのない愚かさにより散々苦しめて死なせてしまいました。 その他にもここには書ききれないくらいのたくさんの罪を犯してきました。 本当に愚かなことに、自分が死なせたことに気付いたのは愛犬を失ってからしばらく経ってからでした。 今まで犯してきた大量の罪もそこでやっと気づきました。愚かすぎて自分を許せません。 それまで、自分は幸せだと思って生きていました。 一度しかない人生楽しまなきゃなどと、趣味などはSNSに写真をアップして、同じ趣味を持つ方々との交流も楽しんでいました。 休日は遠出したり美味しいものを食べ、自分の楽しみ主体で生きてきました。 罪に気づいた今、当然ですが休日に出かけたり趣味をすることもなくなりました。 SNSもアカウント停止し、誰とも交流もなくなりました。 毎日、特に休日は朝から潰れるまでお酒を飲んだり、眠くなる薬で寝ていたりと、本当に救いようのない生活を送っています。 平日は仕事はしていますし、家事も一応しています。 毎日30分程度お線香を焚きながら愛犬と過去の罪に懺悔をしていますがそれだけです。 悩ましいのは、こんな生活でも仕事中や家族と過ごしているときに笑ったり楽しいと思う時間があることです。 心から笑うこともあります。 そのことに罪悪感を覚えることは減ってきましたが、自分の趣味や楽しみを自ら行うことには激しい罪悪感があります。 というか、楽しめないとも思います。 だからといって一生こんな生活をしても…などもう自分でもわけがわかりません。 様々な考えがあると思います。自分でもずっと考えています。 仏教の考えは、加害者の生き方についてどのようなものなのかぜひご教示頂きたいです。 長文申し訳ありません。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

私が死なせた子は罪を気付かせる役目で?

いつもありがとうございます。 今回も私のせいで、苦しめた挙げ句に死なせてしまった愛犬関連の質問をさせてください。 約一年前に愛犬が亡くなりました。 何度も質問させていただいているとおり、確実に私のせいです。 ここには書いておりませんが、あの子の犬生は私のせいでつらく悲しい寂しいものでした。 あの子を死なせたくせにそのことにも気づかずのうのうと暮らしていた愚かすぎる私が、ある日突然その罪に気づきました。 自分が死なせたこと、苦しめたこと、あの子を振り回してつらく寂しい生き方をさせ続けたこと…。 そして、愛犬のこと以外にも本当に多くの罪を犯してきました。 それらのことはわかっていながら、たいして気にもしていませんでした。 本当に最低すぎる私ですが、罪を気にすることもなくのうのうと、むしろ幸せだとか思い込んで生きていたのです。 愛犬への罪に気付いてから激しい後悔と自責の念に襲われ、自傷や薬とアルコール乱用に苦しむ日々でした。 hasunohaに出会い、縋り、有難いお言葉をたくさん拝見し、仏教を知り、今までの罪を深く反省し過ごしています。 全く悟りなどとは程遠い私ですが、それでもせめて虫なども殺生しないよう、食べ物にも感謝し、間違った行いをせぬよう心掛けています。 毎日懺悔文を唱え一日の反省をしています。 こんなことで罪が消えるとは毛頭思っていませんが…。 前置きが長くなりましたが、愛犬への罪に気づかなかったら、今までの他の膨大な罪を反省することはなかったでしょう。 そしてこれからも罪を重ね続けていたと思います。 仏教の本を読んでいて愛別離苦に苦しむ人の話で「仏様が姿を変えて現世に来てくれ、気づかせてくれたのだ」というものがありました。 あの子が仏様だったと思うわけではありませんし、あの子の生まれてきた意味が私ごときのためにあるとは思えません。 それでも…あの子は愚かすぎる私に、罪に気づかせる役目を背負ってしまったのでしょうか? 苦しむばかりの生き方をさせてしまって、懺悔しかありません。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

ペットの死後の世界は

とても懐こくて家族で可愛がっていたハムスターの福ちゃん(1歳4ヶ月女の子)が一昨日旅立ちました。 年末に脇の下に小さなしこりを見つけ、呼吸も少し早くなり動物病院へ行こうとした日に家族全員がコロナ感染。療養中も気にしてうつさない様に気を付けながらお世話をし、療養期間が空けて直ぐ動物病院へ駆け込みました。 超音波とレントゲン検査をした所、皮下腫瘍の他に内臓腫瘍が幾つも見つかり、呼吸は胸水によるもので手術は逆に危険なので不可。残された日を一緒に大切に過ごして下さいとの事でした。 出来る事ならば痛みや苦しみを最小限にしてあげたい訴え、病院から内服薬を貰って毎日お世話をする中、眼球突出して両目を失明…福にとっては壮絶な闘病生活だったと思います。 安楽死も頭に浮かびましたが、それは全て自分の都合だと思い、福が命を全うするまで寄り添う覚悟を決めました。 それでも自分が決めた選択は正しいのか?どうしてこんな事に?コロナに罹らないでもっと早くに病院へ行っていれば助かったのでは?と自問自答して気持ちが揺らぐ毎日でした。 満足に動けない中、撫でて欲しいと近寄って来ては「いい子ね」と抱き上げ、お腹が空いていないか?喉は乾いていないか?と常に気にかけていましたが、どうしても出掛けなければならない用事があり、ほんの少し娘に託している最中に「福が逝ってしまった」と電話が掛かって来て、急いで帰宅すると眠ったままの体勢で息を引き取っていました。 安らかに逝けたかな?と想像する事しか出来ませんが、その瞬間を看取ってあげられなかった悲しみや後悔の他に「これで痛みや不自由さから解放されたね、楽になれたね、頑張ったね。」といった安堵の様な気持ちもあります。 昨日家族皆で立ち会い火葬をして貰い、骨も拾い上げました。全ての骨が崩れる事なくしっかり残っていました。まだ気持ちの整理がつかずに片付ける事が出来ないゲージの中に骨壷を置き、お花とご飯、おやつをたっぷり供え、福は静かに眠っています。 (暖かくなったら遺骨を樹木葬にしてあげたいと思っています。) あの子と一緒に過ごせた日々はとても愛おしくて幸せな時間でしたが、福も同じ様に幸せだったのでしょうか?無事に向こうへ辿り着けたでしょうか?腫瘍による多臓器不全や浮腫で満足に動けず、視力も失って逝ってしまった福はあちらの世界でも不自由なままなのでしょうか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

愛犬の死とどう向き合えば良いのか

愛犬が亡くなりました。 もうすぐ16歳だから盛大に祝おう、ケーキでも買おうかなんて話してた矢先に、突然ごはん食べなくなって、次の日には動けなくなってそのまま逝ってしまいました。 小型犬でしたし、平均寿命から考えて老衰と言えます。仕方ないことだと、頭は理解しています。でも、心が追いつきません。 ほんの数日前まで歩いていたし、ご飯もちゃんと食べていたんです。それが、ほんの3日で突然いなくなってしまいました。 私の人生の半分以上、寄り添ってくれた子でした。小さくて可愛くて、ちょっとだけわがままだったけど、本当に良い子でした。 もういない、抱きしめられない、撫でてあげられない、と思うと悲しくて寂しくて、泣き暮らしています。もっとああしてやればよかったとか、たくさんの後悔もあります。同じくらい、あの子との幸せな思い出もたくさんあります。でもつらいです。 人は忘れる生き物だと言いますが、この愛も悲しみも思い出もいつか忘れてしまうのかと、そう考えるのも哀しくなります。 愛犬の死とどう向き合えば良いのか、あの子への愛をどうすれば良いのか、忘れるべきなのか、死を受け入れて諦めるべきなのか、自分の気持がぐちゃぐちゃで、どうして良いかわかりません。 助けてください

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ