hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

命の重さが同じだとどうやったら思えますか

回答数回答 3
有り難し有り難し 19

いつも本当にありがとうございます。
今回も自分のせいで死んでしまった犬ちゃんに関連した質問をさせてください。

今まで何度も質問させていただいておりますが、
私は1年前に大好きな犬ちゃんを自分のせいで病気にさせ、獣医さんに言われていたことを勝手な思い込みから真逆のことをし、病気を進行させ、衰弱させ、死なせてしまう大罪を犯しました。
その後毎日hasunohaを訪れ、他の方の質問のお坊様からの回答や、私自身も質問させてもらい
「全ての命を大切にする」ことを誓いました。
虫などもなるべく殺生せず、食べ物には毎回感謝し頂いています。
しかし結局、わたしのそれは上辺だけです。
命の重さは皆同じ、そう思うようにしても、
大量に飛んでいる小さい虫を車でぶつけてしまってもさほど気にしないのに、もし人を弾いてしまったら法的にも罪になるから、そのほうが大きいことだ…。
そう考える自分も解せないです。

お坊様方はいつから、どのように、命の重さが皆等しいと思えるようになりましたか?
愛犬が気づかせてくれたのに、命を平等だと思い切れない自分が本当に情けないです。

2023年2月12日 20:16

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今は頭で理解するだけで充分

あなたは、命が平等であると頭で理解されています。
それは素晴らしいことだし、今はそれで充分です。
私達には煩悩、執着があり、愛着のある生き物を他の者とは違って特別扱いしたり、生命に対して好き嫌いを感じたりします。
仏様のように悟っていない私達には、そのような煩悩がある。それもまた現実。
いつか、私達も極楽浄土に往生して悟りの境地に至るはず。
そのときは、全ての生命を平等に慈しむことができるようになる。
まだ成仏していない私達は、頭で理解できていればひとまず合格ではないでしょうか。

2023年2月13日 5:04
{{count}}
有り難し
おきもち

がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

存在は平等ですが、平等に扱う必要はない

『命は平等』
この言葉は非常に危険だと個人的に思っています。

なぜなら、目の前に危険にさらされた二つの命があり、一つしか助けられないとして、一方が他人で一方が愛犬なら、愛犬を優先しない者がどれだけいるでしょうか?
仏教に所属する者が、自分とお釈迦様の命を『同じ重さだ』と言える者がいるでしょうか?
お坊さん自身が蚊を殺さなくても、米を食うなら田んぼで虫は死んでいます。

この言葉は
『100m走みたいに同時にスタートする』という意味でも、
『小石も宝石も全部同じ価値である』という意味でもありません。

『自分が自分の命を大切にするように、相手も相手の命を大切にしているんだよ』という意味です。
自分の命を大切にするのは、自分とその周りの人です。
相手の命を大切にするのは、相手とその周りの人です。

愛犬には飼い主がいますが、コバエにはいません。
価値とは他者とのつながりで決まる者なので、命の“重さ”が“価値”という意味ならコバエの命は非常に軽いです。

しかし、『だから殺していいんだ』とは普通なりませんよね。
『積極的に殺さないようにする』だけでいいのです。
『相手にも命がある』と認識するだけでいいのです。

だから、あなたの意識の仕方で何も問題はありませんよ。
気にしすぎると、一番大切なあなたの命が縮んでしまいます。
もう少し気楽に生きる意識の方が、あらゆる命を大切にできると思いますよ。

2023年2月13日 9:26
{{count}}
有り難し
おきもち

けいじょう
日蓮宗の僧侶、啓誠(けいじょう)と申します。 修行に失敗し、一度は腐...
このお坊さんを応援する

命の尊さや尊厳について

拝読させて頂きました。
とても有難いご質問を頂きありがとうございます。心より感謝申し上げます。
そうですね、命は平等に大切であり尊いということは頭ではわかっていたとしても日常生活の中ではなかなかその様に思えないこともありますよね。
命が尊いといいながら私達は害虫駆除していたり、毎日植物や動物の命を食べているのですからね。それは本当は当たり前のことではないはずなのに毎日当然の如くしていますからね。
あなたがワンちゃんの命や共に生きることを通して命の尊さを知ることができたことは本当に大切なことだと私は思います。あなたがその子とのご縁の中で実際に実感できた命の尊さやかけがえのなさはその子が生きた証でもあるのですし、あなたの心の中に深く刻まれた命の存在ですからね。
生きているものはその時間の長さや大きさには差があるのですけどもそれぞれ与えられた命をそれぞれに一生懸命に生きているのですからね。それぞれに生きていく為に命をかけているのです。本当に尊いことです。
それは自分自身にも言えることでもあると思います。
生きていくことはとても大変なことばかりですしなかなかものごとうまくいかないですし、本当に満たされて生きること等なかなかできないです。
また大切なものごとを失ってみないと本当の価値や有り難みもわからないものです。
ですから毎日を生きていく中で身をもって実感として命の尊さや大切さを知っていくのかと思います。
その様な私達のことを仏様や神様やご先祖様は優しくお見守りなさって下さいますし、お導きなさっていて下さいます。
私も本当にいくつもの大切な方々やものごとをお見送りさせて頂きました。その中で身をもって自分のことや周りの人達やものごとの大切さを知ることができました。
あなたがこれからも素晴らしいご縁に恵まれながら心から大切になさり、命の尊厳や有り難さを身をもって知り、そのつながりの中で心から豊かに充実なさって生きていかれます様にと切に仏様や神様やあなたのご先祖様にお祈りさせて頂きます。
きっとこれからもずっとその子とのつながりの中であなたは生きていくのですからね。

2023年2月13日 9:03
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

願誉浄史様
お礼が少し遅くなってしまって大変申し訳ありません。
また、今回もご回答ありがとうございます。
まだ悟りには程遠い私は、今は頭で理解していれば充分とのこと…
そう仰っていただけるだけで、少し心が軽くなります。
愚かな私でも、極楽浄土に往生して悟りの境地に至ることができるのでしょうか。
今は、頭でだけでも命は平等だと思っていきます。
本当にありがとうございました。

一向寺 Kousyo Kuuyo Azuma様
お礼が少し遅くなってしまって大変申し訳ありません。
今回もご回答ありがとうございます。
愚かな私の質問に、有難い質問だなんて勿体ないお言葉です。
命は平等だと思いたいのに、結局は命を食べ、虫などは駆除してしまいます(今は積極的には駆除しないようにはしておりますが…)
しかし仰られる通り、愛犬への罪を通じて命の尊さ、平等さに気づけたことは大切に思っていきます。
まだまだ、命が平等だと思えずにいる愚かな私ですが
「毎日を生きていく中で身をもって実感として命の尊さや大切さを知っていくのかと思います」
このazumaさまから頂いたこのお言葉を忘れずに生きていきます。
あたたかいお言葉、本当にありがとうございました。

冨松山 法照寺 けいじょう様
お礼が少し遅くなってしまって大変申し訳ありません。
ご回答ありがとうございます。
けいじょう様のお言葉、何度も読み返しました。
命は平等、が
『自分が自分の命を大切にするように、相手も相手の命を大切にしているんだよ』という意味です。
というお言葉、とても深く考えさせられました。
『相手にも命がある』と認識する、このことを忘れないように心に留めておきます。
そして、私の身を案じる優しさに感謝します。
本当に、ここ最近はずっと悩んでしまい、体調も崩しがちでした。
(罪を犯したのだから苦しんで当然という思いもありますが)
とても有難いご回答本当にありがとうございました。

「ペット・大切なものの死」問答一覧

疎遠した友人と自分の犬について

私はパートで働いています。 3年くらい前に人間関係が上手くいかなかったことを理由に十数年くらい付き合っていた友人と疎遠しました。 その友人の心は非常に狭く何年か前に無職で自分もどうにか助けてあげようとしましたがその人から何度か辛辣な言葉も浴びせられたのでもう無理でした。 今、もしその人と話したとしても返ってお互いが精神的に傷ついてしまうこともありラインなどといった連絡も一切していません。疎遠後に2度くらいラインの連絡が友人から来ましたがまたしてもどう頑張って話しても辛辣な言葉を浴びせられぐだぐだのまま話が終わりました。 友人の愛犬は3年前に亡くなりました(これは疎遠後の時の出来事です。)。十数年生きたそうで友人は深く悲しんでいました。 私も小学生の頃からその犬を何度か見たことがあります。 今年から私も母が犬を飼いたがっていたのでポメチワのミックス犬と暮らし始めました。 私の犬は最近散歩が出来るようになり友人が暮らしている家と私の家は歩いて10分くらいで近所なのでその友人に私が犬と一緒に暮らしていることがバレないか非常に怖くて心配です。 嫉妬されそうだと思いました。 なので母が犬を飼いたがっているのが分かった時から私はかなり複雑な思いをしました。 ですが母が家族の犬を来るのを期待してるのを見て私はとても反対出来ませんでした。 それで犬を飼い始めることになりました。 また、今年の2月に7歳の文鳥を亡くしました。今も時々涙を浮かべます。 なのできっと友人が愛犬を亡くした時と同じ気持ちになっていると思います。 友人が疎遠後に新しいペットと暮らし始めたのかどうかもわからず文鳥を亡くしたとはいえもし犬と暮らしていることがバレたら友人がどう思うか不安で仕方ありません。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

愛犬の死

1か月前、愛犬が16歳で亡くなりました。 1年前に血液検査で慢性腎臓病と診断が出ました。 亡くなる半年前に血液検査の数値があまり良くなく諸事情もあり県外の病院に転院しました。そこから毎週、投薬、点滴、注射等の治療で通院しました。 犬の慢性腎臓病は人間と違い透析治療ができる病院がなく(できる病院もあるらしい?)食事療法や皮下点滴など進行を遅らせる事しかできないので通院しながら様子見でした。今年の3月初めまでは食欲もあり元気に過ごしていました。 3月中旬、前日までは元気だったのに体調が良くなく病院へ行き検査をしたら急性膵炎を併発していると言われ、急遽、入院になりました。入院中はお見舞いに毎日通い4日目に先生が、もう1日入院させましょう。と言いそれに従いました。 まさか退院後、その日に亡くなるとは思っても見ませんでした。 血液検査は毎回していたので何故、膵炎は見つけられなかったのか?あの時、退院させていれば亡くなる事は無かったのか?と考えたり先生や治療方法に不信感が募ったり、私のせいで愛犬は亡くなってしまったのか?など考えると、いたたまれない気持ちになり苦しい気持ちになりました。 16年と言う年月はとても長く、ついこの間まで家にいた子がいない、気配も感じないと思うと喪失感でいっぱいです。骨壷や遺影を見ると涙が出ます。 家族は愛犬が夢によく出てくると言いますが未だに私の夢の中には1度も出てきてくれません。夢に出てきたら私がまた泣くと思うから出てこない。と家族は言います。 正直、自分自身、愛犬に尽くしやり切った感は凄くあります。でも何処か罪悪感もあります。 あの世でも、病気も治り元気に楽しく過ごしているのか?いつか生まれ変わったら、どんな形であれウチに戻ってきてくれるのか?ウチの家族になって幸せだったのか?など考える毎日です。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

死んで詫びるほかないと決心しております

まずは先に謝らせてください。 皆様のお時間を取らせてしまい、また貴重な場所を頂戴してしまい、本当に申し訳ございません。 本来なら黙って実行するのが筋なのですが… 私は現在300万の借金を抱えています。 そして死亡保険が300万支払われます。 私の命に一切の価値がないことは生まれた時から承知しておりますが、父、母、祖母のため、兄弟のため、負債を残さず死ねると知り、一両日中に決行しようと考えております。 またその際は近隣でずっと迷惑をかけている暴走族を道連れにできればと思っております。 ほとんどの方からすれば300万円は安くはなくとも、どうにかなる金額だと思います。 しかしすべての稼ぐ方法が消滅した私にとっては、無限にも等しい金額です。 超重度のアトピーとASD、おまけにコミュニケーションスキルがなく、まともな就職についたことがありません。 毎年なんとか仕事をいただけないかと努力していますが、断られた会社はゆうに500を超えました。 もう努力する気力もなくなってしまいました。 支援を受けられるほどの障害もないためあらゆる機関から見放されました。 また、自分は愛しているのに誰からも愛されず、ただ一人とも心を通わせられることはなかったです。 家庭にいて、集団にいて、ずっと孤独でした。 学校も社会も、私にとってはいじめを受けるための場でしかありませんでした。 家族もきっと、私の死を喜んでくれると思います。 普通に生まれたかったです。 どうか死にゆく私にせめてもの慈悲として、念仏を賜れないでしょうか。 それをいただいたのち、暴走族のバイクに特攻しようと思います。 何卒よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

ヘルパーに酸素マスクを外され、、、

母は老人施設で老衰で亡くなりました。最後は点滴も出来ない体になり、息も上がっていたので酸素もチューブで鼻から入れてもらっていました。亡くなった当日面会に行っていたのですが目も開ける事なく、問いかけにも微動だにせず、腕も指も動かない状態でした。途中看護師が「口も開いているのでマスクに替えますね」と鼻のチューブをマスクに替えて退室。暫くしてヘルパーがオムツ交換に来たので退室し、終わったのでと声をかけに来てくれてから再度部屋に戻ったところ、鬼の形相(に見えました)で亡くなっていました。その時は亡くなったという現実で頭がいっぱいで気が回らなかったのですが、酸素マスクが外されベッドに置いてあったということが2日後に気付きました。 葬儀を終えてから施設の方へ挨拶へ行き、その際にマスクが外されていた事も話しました。ヘルパーからは何の報告も上がっていなかったので私たちの話で初めて知ったとの事でした。 マスクがあれば看取れたかもしれない。マスクが外されていたので苦しいまま息を引き取ったのかもしれない。それが悔しくて残念でなりません。ただ、マスクがついていたとしても、命の限りは決まっていたでしょうから、施設やヘルパー個人を責める気は無かったのですが、施設からビデオで確認した所オムツ交換をすると言って来たヘルパーと実際にオムツ交換をしたヘルパーは違うヘルパーである。オムツ交換をしたヘルパーに聞いた所顔には触っていない。オムツ交換をした時にマスクがずれたかもしれない。退室時にマスクの確認はしなかった。と曖昧、ウソばかりであろう報告を受けました。 こちらとしては特に報告をして欲しいと言っていなかったので、逆に気持ちを逆撫でされる報告を受け苛立ちや悔しさ、腹立たしさばかりが込み上げてきています。 施設の言い訳、ウソを聞く度にモヤモヤが増して行きます。事を大きくしたく無いと思っていましたがウソをつかれると言い返したくなってしまいます。この気持ちは時が解決してくれるのでしょうか。気の持ち方を教えて頂きたくお話しさせて頂きました。どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 33
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ