hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

浄土真宗の特徴を教えてください

回答数回答 2
有り難し有り難し 26

49日まで霊として留まるということで、御霊前となるところ、浄土真宗ではすぐ仏となるため御仏前を使うと何かで見ましたが、
その他どのような特徴がありますか。
どのように故人を偲ぶのがよいですか?
気をつけることはありますか?

故人が宗派をすごく大事にしていたため、できるだけそれに寄り添った形で、供養したいと思っています。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

阿弥陀さまの信心

かじ様、ご質問ありがとうございます。

察するところ、どなたか身内の方が亡くなって、どのようにすればよいかという点を、浄土真宗の立場からおたずねということと思います。

「御霊前」とは言わず「御仏前」という、という例が挙げられていますが、そういうことであれば、浄土真宗では、「供養」という言葉はあまり使われません。

「追善供養」という意味では、浄土真宗では亡くなったときに、往生させていただくのです。
その時点ですでに、阿弥陀さまが作られたお浄土に生まれているわけですから、「追善」の必要はないのです。

中陰のお勤めやご法事は、残されたものが仏様に出遇い、わが命が仏様に願われたものだと確認し、仏様とのご縁を結ぶ機会とお考えになればよろしいかと思います。

浄土真宗の特徴としては、「賜りたる信心」ということをあげておきたいと思います。

私たちは、「信心」というと、私の方から仏様や神様を信じるということに目を向けてしまいます。

しかし、阿弥陀さまは「衆生を救う」というお誓いを立てられて仏になられました。

つまり、信心とは「仏様が私たちを信じる」ということだと考えます。

その仏様(阿弥陀如来)から差し向けられた「信心」に気づくということが、肝心なのだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


真宗山元派上西山正善寺住職

大慈悲心

かじさま
なごみ庵の浦上哲也と申します、よろしくお願いします。

書店などの「冠婚葬祭事典」に載っていることと、浄土真宗の決まりごとは、異なる部分が多くあります。ご質問にある「御霊前ではなく御仏前」もそのひとつですね。

ひとつひとつ上げていくとキリがないのですが、ポイントとしては「亡き人は漏れなく尊い仏さまとなられていて、迷いも苦しみもしないし、その状態から変化することもない」とお考え下さい。
そうすれば、恐ろしいものとして追い払うために塩をまく必要もありませんし、成仏を願う必要もありません(すでに成仏していますから)。

そもそも仏さまに対して、煩悩の世界にいる私たちが何かをしてあげる、とは考えないのです。亡き方を偲ぶ心を通じて、私たちが大切なことに気づく。その時こそ仏さま(=故人)が喜んで下さるのだ、と考えます。

お礼を拝見して書いておりますが、お寺に行かずとも、どこで亡き人を偲んでも良いのだと思います。確かに故人の遺影やお墓の前では、より鮮明に故人をイメージすることが出来ます。しかし、亡き方は仏さまとなって、常に近くで見守って下さっています。

また「御仏はなぜそんな風に私たちのために尽くしてくださるのでしょうか」というご質問ですが、浄土真宗の本尊は阿弥陀仏という仏さまです。
阿弥陀さまは遥か昔、全ての命を救うと誓った仏さまです。
全てを救えなければ仏に成らないと誓い、すでに仏さまに成られました。

なぜ救って下さるのか。
それは人間の慈悲心など遥かに及ばない、大慈悲心をお持ちだからです。
そのお気持ちを受けて、安心して人生を生き切るのが、浄土真宗のあり方です。

ちょっと説教くさくなりました (^_^;)
また疑問が湧いたら、ご質問下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

質問者からのお礼

お礼が遅くなり大変失礼いたしました。
そうですか、浄土に生まれて、幸せにいるのですね。
たまにお寺に行って、想いを伝えれば充分なのでしょうか?
ちなみに身内ではないため、どのお寺に納められたかはわかりません。
どのお寺でも構わないのでしょうか?御仏はなぜそんな風に私たちのために尽くしてくださるのでしょうか。

いろいろと疑問です。

ありがとうございました。

「浄土真宗」問答一覧

浄土宗信仰について

夜遅く申し訳ございません。 僕は今年26歳になります。浄土宗総本山知恩院おてつぎ運動にも参加しています。 毎日勤行は行っています。 家族親族にいつも言われるのは、なぜそこまで若いのに仏教に興味あるのか、仏教を信仰するのは年老いてからだと。 信仰の自由を知らないんですかね。歳が何歳でも、仏教、浄土宗の教えを信仰してもいいですよね。 なぜ浄土宗かといいますと、出身の高校が浄土宗系の高校であったため、浄土宗の授業がありまして、そこで興味を持ちました。 心理の学校の先生でも、融通念仏宗の僧侶をされながらカウンセラーをされておられる方がいらっしゃいます。 その先生とはすごくお話していて面白いのでいつもお話をしているんですが、僕がこの歳で仏教信仰するのはおかしいですか、と尋ねたところ、驚いてはいらっしゃいましたが、すごく受容してくださり、こちらとしては嬉しいという答えをもらえました。 しかし、まだ自分の中にはほんとにいいのかなという気持ちがあります。ひとりで法然上人二十五霊場の寺院を訪れ、参拝し、御朱印をいただくのが好きなんですが、やはりそこらへ行けば周りの目が気になります。 なんで若いのにここに来てるの、という目線を感じます。 最後に、この歳で自ら菩提寺を探し、浄土宗の教えを信仰することはおかしいことでしょうか。 長文、ご拝読ありがとうございました。 合掌

有り難し有り難し 17
回答数回答 3

二つの疑問

こんにちは。僕は浄土真宗を学ばせてもらっている者です。 二つの疑問があるのですが、お答えいただけると有難いです。 1,僕はよく称えたいと思った時に「なんまんだぶつ(そのまま救うぞ)」と呼び掛けてくださる阿弥陀仏のお声を聞き、「なんまんだぶつ(ありがとうございます)」と御恩報謝のお念仏を称えさせていただいていますが、浄土真宗のお坊さんは浄土宗のように朝(晩)何分と決めてお念仏を称えているのですか? 2,「考えない練習」などの著者の、元浄土真宗本願寺派のお坊さんであった小池龍之介さんという方がいるのですが、その方はヴィパッサナー瞑想を行ったことにより、僧籍を剥奪されたようなのですが、どう思いますか? 僕自身、hspという気質をもっていて、ストレス解消を目的として瞑想を行っているのです。呼吸や自律神経も安定し、とても素晴らしいと思うのですが、瞑想=自力であり、阿弥陀仏を疑っている、即ち「救われない」という思考になる方々がいるようです。 こういう方々は本願を聞き間違えているように思うのです。 瞑想を行えば救われないのではなく、「瞑想を行えば救われない」と考えるのが自力だと僕は理解しています。 阿弥陀仏の本願は「報恩念仏を称える者を救う」というものですよね。「瞑想を行えば救われない」なんて一言も書いていませんし、本願の内容を勝手に書き換えてしまっているのが問題だと思うのです。 正直僕が瞑想をしていることもあり、自分の行動を正当化したいという気持ちがあるのも事実ですが、瞑想を行うだけで僧籍を剥奪されるのかと、心底驚いて質問させていただきました。 二つ目の疑問が強調してしまいましたが、一つ目の疑問もとても重要なので、回答していただけると有難いです。

有り難し有り難し 17
回答数回答 3

無知の自覚

こんにちは。僕はこれまで浄土真宗の道を求め続けてきました。 そして、ある日ふと、俺って何も分からないな。と感じました。ソクラテスの無知の知ではありませんが、実際、浄土は何か分からない。死後のことなのかもしれないし、真理のはたらきのことなのかもしれない。ブッダが生きていたら答え合わせもできるだろうが、もういない。 だとしたら僕がいくら輪廻や浄土を解釈したとしても、分かったつもりになって終わりだと気付きました。 輪廻という概念も精神世界と解釈する人もいますし、方便と解釈する人もいます。しかし、本当に死後の世界だったら?という不安がどうしても拭えない。 僕には何も分からない。分からないものは分からない。そして、南無阿弥陀仏という呼び声を思い出しました。阿弥陀仏はどんな劣った衆生も救うと誓っている。 だとしたら、僕が今いくら仏教の教えを理解しようとしても、知識欲を満たすだけのことです。しかも分かったつもりになっているだけです。 そこで気付きました。阿弥陀仏は「そのままでいい」と呼び掛けていたんだと。「そのまま」がそのまま救いだということに気付きました。死後がどうとかではなく、「そのまま」に任せるしかないんだと。 これがいわゆる二種深信なのではないかと思っています。 僕は仏教の教えの全てを否定しているわけではありません。確実に分かる事実もあります。自分が極悪人だということ、因果律(無常、縁起)、南無阿弥陀仏、そして分からないということ。 今あるこれらの事実を大切に生きていければ、それでいいのではないかと思っています。 それとも、このような考え方は求道をやめた者のすることでしょうか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

浄土とは何か

お世話になっています。浄土真宗についての質問ですが、浄土というのは死後の世界だと解釈しているのですが、どうも死後の世界ではないと解釈している人もいるようです。浄土真宗は、この「浄土」というのが大前提の教えなので、この「浄土」が分からなければ教えが根底から変わってしまうのですね。そこが悩みところです。 浄土真宗の教義について僕の一連の解釈を書きます。 1本願に疑い無くなるのが信心 2しかし、本願を信じられない 3信じられないのは煩悩があるからだ 4阿弥陀仏は煩悩ある者こそ救う 5そこで、「自分にできることはなかった」と自覚する(機) 6阿弥陀仏の浄土に救うという「働き」(本願)のみがある(法) これが一連の僕の理解です。僕は「異安心」なのでしょうか?すごく不安です。これはあくまで「死後」を前提にした解釈です。 浄土真宗の救いは、「自分の姿が明らかになることだけだ」と言う人もいますが、それだけだと何のメリットもなく、ただただ自分に失望するだけだと思うのです。しかし、自分の姿を知り、「だからこそ、死後、阿弥陀仏に救われるのだ」と解釈すれば、煩悩を受け入れることができ、様々なメリットがあると思うのです。 僕が浄土を死後の世界と解釈する理由は、浄土が死後の世界じゃないと、死後の解決にはなりませんよね。 自然の理法(仮の阿弥陀仏の解釈)におまかせするのも、解決になるのではないかとも考えましたが、それは「死の解決」であって「死後の解決」にはなりません。だいいち、自然は何をするのか分かりません。地震を起こしたり、コロナを起こしたり、そんな自然におまかせするのは、余計恐怖でしかないように思います。 ただ、死後の解決には死後の世界は必要なのですが、仏教には「無記」というものがありますよね。死後があるのかないのかは人間には分からないから、今を生きなさい。という内容だと解釈していますが、これも一理あると思っていて、浄土の教えは死後を説いているのか、いないのか、どちらでもないのか、分からないのです。これは、浄土真宗の一番重要なものだと思うのです。皆さんは「浄土」をどのように解釈しているのか気になって書きました。詳しい方、回答していただけると有難いです。 南無阿弥陀仏

有り難し有り難し 19
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る