hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

生きることについて

回答数回答 2
有り難し有り難し 20

現在、うつ病で通院しています。かれこれ発病から10年以上経つでしょうか。

現在はかなり症状も落ち着き、パートという立場ですが、仕事に就くこともできています。上司も病気のことは理解してくれていて、それとなく気を遣ってくれたりもします。恵まれた環境で、今は幸せです。

ですが、ここまで来るのは本当に大変でした。病気の症状ももちろん苦しかったのですが、それ以上に世間のこころの病気に対する差別と偏見の目に苦しみました。たとえば、アルバイトの面接などでも、病気のことは絶対に話せません。

「うつ病の人を採用するわけにはいかない」

病気のことを正直に話すと、そんな言葉が返ってくることもありました。そのせいで激しい人間不信に陥り、よけいに病気が悪くなる。・・・そんな時期もありました。

その時期のトラウマなのでしょうか。今でもふと人間について、生きることについて考えることがあります。いくら法の下の平等を叫んでも、差別はある。人生、どこでつまづいてしまうかわからない。・・・そういったことを思うと、何だか人間や人生というものが、とてつもなく怖いものに思えるのです。

正直、人間として今ここにいることを後悔する時もあります。なぜ、僕は生まれて来なければならなかったか。死にたい、とまではさすがに思いませんが、生きることが怖い、というのが正直な気持ちなのです。

なぜ、こんな恐怖を感じながら生きなければならないのでしょう?
生きることが苦しいのは、やはり当たり前のことなのでしょうか?

よろしければ、ご回答の程よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

考えより 事実を大事にしましょう

ここに二人の人間がいるとします、。
Aさんは極度の不安症
Bさんは精神的にタフな人
不安を感じやすいAさんは、失うかもしれないことを失う前から、まだ失ってもいないのに「失ったらどうしよう」と思いの上で恐れています。相手にしているのは自分の思いの世界が中心です。
また、過去の経験を終わったことにもかかわらず、いつまでも思い起こす習慣、クセがついています。
ですから毎回、失う前から失ってもいないのに「失うのではないか」と恐れているだけなのです。
自分のその仕組みに気づいていないだけなのです。
そもそも失うとは何でしょうか。
具体的に❝どうなる事❞が現実の世界で❝失う❞ことであるのでしょうか。
それすら明確でない内から失うことをおそれているのがAさんをはじめ、多くの人たちの生きざまです。
さてさて、Bさんには、失うことがありません。
いつも、であっている世界、相手にしている事が❝いま❞の事だからです。
世間の人がいうところの失い、損失、メンツが潰れる、ようなことがありません。
もちろん失敗はするのです。ですが、心に於いて悔やみやクヨクヨがないだけなのです。
現実の今を生きているので、頭の中でのイメージで生きていません。
ですから、何かをやらかした時にもすぐに対処、対応するだけです。
Aさんには特徴があります。Bさんと次の点で異なるだけなのです。
その点に注意すればAさんもBさんと同じくタフになれるのです。
Aさんは考えの世界を中心とした生き方をしているのです。
Bさんは考えや思い、イメージの世界ではなく、事実の世界を生きているだけです。
タフに生きようとか、恐れない様にしよう、などということすらやっていません。
ただ自分の考え、思いというものを良く見つめて、そこに染まらない生き方をしているだけなのです。
もし、そういう生き方を望むのであれば、事実の世界を中心に生きる事です。
それが坐禅です。そういう指導をする指導者の下で学ぶことで必ず、自分の思いに溺れない生き方を手にすることができます。
私もかつてA的人間だったからです。
今、禅を学んだおかげで、自分の思いに惑わされない生き方を手にすることができました。
ぜひ、機会がありましたら学びに来てください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

「一切行苦」について

しげ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

長らくうつ病を患っておられまして、誠におつらいことでございます・・

うつ病も少しずつ社会的な理解が広がってきてはおりますが、まだまだ色々な偏見や差別もありますのは、誠に残念なことでございます。社会全体が更に理解を深めてもう少し寛容さを滋養していくことができると良いのですが・・なかなか難しいところもございます。

ただ、本当に人間、生きていくということにおいては、代表的にも「八苦」という色々な悩み苦しみが伴うものでありますので、皆大小それぞれでつらくしんどいことをいくらでも経験していくのではないかと存じます。

また、しげ様のように、「生きることが怖い」という想いも皆一様にどこか持ってしまっているものではないかと存じます。

「生きることが苦しいのは、やはり当たり前のことなのでしょうか?」・・釈尊は、私たちが苦しむあり様を「苦諦」としてお説きになられました。「一切行苦」でございます。「行苦」とは、この世には永久永遠なるモノ・コトのあり得ない世界、無実体(無自性・無自相)の世界でありながら、実体視(執着)してしまうことで、無常であること、様々な移ろい行く現象が苦しみとなってしまっているということでございます。

そして、この生きる事における苦しみ、恐怖、不安を無くすための教えをお説きになられましたのが釈尊でございます。

それが、まず代表的な教えとしての「四聖諦」であり、「四法印」という仏法の要となる教えでございます。是非、このご縁によりまして、釈尊の教えを少しずつでも学ばれていかれるきっかけとして頂けましたら幸いに存じております。

また、「生きる事」に関しましては、これまでにも下記の各問いにて扱わせて頂いて参りましたのでご参照下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_318925.html

また、上記とも幾つか重複致しますが、「生きる意味」につきましても下記の各問いにて扱わせて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_318924.html

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

丹下覚元様
しげです。今回はご回答いただき、ありがとうございました。
失う「かも知れない」という、まだ起きてもいないことについて頭を使い、悩む。・・・まったくもって滑稽ですよね。わかってはいるんです。うつ病には調子の良い時と悪い時があり、僕も調子の良い時はB的考えができるのですが、調子の悪い時にはA的考えが顔を出す。そんな感じです。ですが、覚元様のご回答を拝読させていただき、病気に振り回されない生き方の貴重なヒントをいただいた思いがします。
まずは、自分に今できることを愚直にやっていきたいと思っております。今回の問答も含め、人生は学びの連続なのですね。座禅を学ぶことも今後考えていきたいと思います。
最後に、重ねて今回はご回答いただき、ありがとうございました。

川口英俊様
ご回答ありがとうございます。
そうですね。・・・『一切行苦』、苦しみは僕だけではなく、誰もが皆平等に感じていることなんですよね。頭で理解しているつもりでも、そういった学びの実践はなかなか難しいように感じます。
ですが、これを機に自分なりに生き方、学び方すべてを考え直していきたいと考えております。もちろん、仏法の教えも学び、今後の人生に取り入れていくことができれば、と考えております。
最後になりますが、今回はご回答いただき、誠にありがとうございます。

「生きること・生きるとは」問答一覧

真剣本気になるという感覚がわかりません。

ご相談させて頂きますハルソラと申します。 40才にして物事に対して真剣本気になるという感覚がわからなくなってしまい、どうしたら本気になれるのでしょうか?というご質問です。 本気になりたい対象は…禅の修行、趣味の格闘技、仕事に対してです。 このように書くとよっぽど自堕落で努力出来ない人なんだな~と思われがちですが、日々座禅をして、書籍で古今東西の思想を学び、格闘技の練習をして、仕事はミスなくきっちりこなしています。 しかしながらそれが「本気なのか?」と自分に問うてみると、どーも本気とは言い難いのです。 かつて20代の時に仕事とトレーニングのし過ぎで心身を病んでしまい復調するまでに3年以上を費やした事がありますが、お釈迦様の「中道を究めなさい(丁度よい加減でやる)」の教えを後に知り、ほどよい加減の努力を意識してきました。 しかし近年においては「適当な努力」を継続して、やった気になっているだけで目指すところに全く届かないのです。 本気になってやろうとしても、それをセーブする怠る気持ちが強く働いて、今のままでは到底話しにならない。という感じです。 何をどうしたら本気になれるのでしょう。お坊さま方は本気についてどのようにお考えでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

どう生きればいいのか

お世話になっております。コロナの影響でご相談が相次いでいる中、申し訳ありません。 僕は以前の相談でも書かせていただいたことがあるのですが、外見的な特徴(髪、肌、体型などいかにも不健康な容姿)をしています。おそらくhspでの過剰なストレスが原因です。これは非常に大切なことですが、「治そうと思っても治せません」。性質ですから。これらの理由から人から見下されたり、バカにされたりすることが毎日のようにあります。中2までは全く気になっていませんでした。中3になったある日、大人の女性からいかにも気持ち悪いものを見た時のような顔をされました。おそらく、ストレスによる酷い肌荒れです。それから人の視線を気にするようになり、やはり前述した女性のような顔をする人や目で追われたりしました。(ここでよく言われるのは、「お前が見ているから見返してくるのでは?」という疑問ですが、視線を感じた後で見ているので違います。) いずれ、これらの出来事によって人間不信になりました。大人からは鼻で笑われることもあり、とてもショックでした。大人の本性を見極めてしまったのです。人生を生きていく上では人間関係からは逃れられない。しかし、僕は人間不信です。僕の居場所など何処にあると言うのでしょうか?親さえも信じられない。たまたま縁によって僕という子供の親になったわけですから、愛情を注いでくれるのでしょうが、立場が変わればどうなります?きっと周りの大人達のように僕を見下すことでしょう。 友人も信じられませんし、いつ嫌われるかびくびくしながら毎日を過ごしています。普通は信頼関係を築けるのが本当の友人だと思いますが、人間不信だとそうはいきません。学校で安心して暮らせるために、友人関係を作ってしまっています。 もちろん本当の友人は欲しい。しかし、人間を信じるのがとても怖ろしい。おそらく、傷付きたくないのでしょう。これまで散々傷付けられ、なぜこれ以上傷付けられなければいけないのか...。「どうせまたバカにされる」と諦めムードです。 このような現実を引き受けた後、僕にはなにが出来ますか?どうかアドバイスをお願い致します。 あらかじめ書いておきますが、当然ですが僕の人生はお坊さんの人生とは違います。どうか上記の(hspの身で生まれ、不健康な人間に育ち、人間不信に陥った人生)を想像しながらアドバイスをお願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

働き、生きるということの考え方

元々会社員として働いていました。 その会社は人の悪口は日常茶飯事、ある事ない事噂をして、人が人の足を引っ張るという環境でした。 精神的に打たれ弱いのと、人の目を異常に気にしてしまう性格であったのでそのような環境に耐えきれず、1年前に退職をしました。 その後すぐに転職をしましたが、精神的に参っていた状況でしたので数ヶ月で退職するといった事を数回繰り返す結果になってしまいました。 そのような経歴で特にスキルも無く、年齢的にも若くないのでもう仕事には就けないのではないかと焦りを感じていました。 そして1年前に辞めた会社の良く世話をしてくれた先輩が私の状況を見かねて戻ってこいと言われ、入社試験を受け、合格をいただきました。 合格をもらった時は行くかどうかかなり悩みましたが、勤務開始まで期間が空くので心の休養にもなるし、仕事に就いて生きていかなければという藁にもすがる思いでしたので行くという返事をしました。 しかしながら私が戻るという事に対して非難が続出しているという話を聞きました。また私が辞めた事で迷惑をかけた人達もいるのでその恨みもかっているらしいです。 また妻もその職場で働いているので非難の対象となるかもしれないという話もされました。 良くしてくれた仲間がいる事は事実であり、戻ってきてほしいと言ってくれた人は1人や2人ではありません。非常にありがたいのですが、元いた会社に出戻るという判断が正しかったのか自問自答を繰り返し、夜も眠れず、何もやる気が出ない日々が続いております。 このまま消えてしまいたい、自分が居なくなれば良いのかとも常々考えてしまいます。 心療内科に通院して心の休まる薬を処方してもらいましたがそれでも不安が勝ってしまいます。 この様な状況になってしまった私にどうかご助言をいただけないでしょうか? 長文になり申し訳ございません。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

働く、生きる姿勢について教えてください

先日、自他に厳しすぎると言われることについて相談させていただいた者です。 あれから、自分の振る舞いに気をつけようと意識しています。(冬休みで実践の機会がまだありませんが) その内容と少し関わることについて、ご相談させてください。 私はかつて、仕事を時給で計算し、給料分の仕事しかしないと、手を抜いて働いていた時期がありました。 そういう働き方が嫌になり、今の仕事をメインにしてから、小さくても自分に回ってきた仕事は断らず、丁寧にやるようにしてきました。 その頃に仏教の教えに出会って、今はこれを人生の指針にしていこうと思っています。 中には、名前が大きく出ない仕事は手を抜いたり他人に押し付けたりして、華やかに名を売り、出世している人もいます。 でも私の幸せはそういうことにはないんだと、たとえ出世しても中身が伴わなければ自分は納得できないんだと思って、気にしないようにしてきました。 幸い私の仕事ぶりが少しずつ評価していただけるようになり、同業者で最も活躍し、ずっと敬愛してきた方と、親しくお付き合いさせていただくようになりました。 その方からも、仕事ぶりが誠実で丁寧だと、とても褒めていただけています。 でも同時に、もっと手を抜いて良い、仕事を断らない人には仕事を回しづらいとも言われ、よく知るうちにその方もずるい面があると分かり、私のためを思って忠告してくれているのかも知れないのですが、どうすべきかわからなくなりました。 今でも多くの面で尊敬していますし、その方に評価していただけるのが嬉しくて、今日まで頑張ってきました。 でも、これは自燈明ということに反するのでは、とも思うようになりました。 今でも、上手に立ち回って良いポジションを手に入れている人を見ると、不器用で、世間では負け組と言われる境遇の自分と比べてしまい、心が揺らぐことがあります。 その度に禅の言葉を読んで気持ちを沈めています。 私がただ迷っているだけでしょうか。 もしそうなら、喝を入れていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 26
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る