hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

僧職に就いたきっかけを教えて下さい

回答数回答 3
有り難し有り難し 28

家が代々お寺だったからなど…お坊様によって僧職についた理由は様々だと思いますが、中には下記リンク(動画)の6歳の男の子みたいに「アニメの一休さんみたいに優しい人になりたいから」といった似たような理由で僧職を目指したお坊様もいるのではないかと思います。

『6歳児のお寺修行』
https://www.youtube.com/watch?v=FOIBbAqnTxs

そこでお坊様方に質問なのですが、いつ頃から僧職を目指すようになりましたか?また、僧職を目指すきっかけやどんな家庭で生まれ育ったのか等々…色々と教えて頂けると有りがたいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人を幸せにしたいから

実家が寺で祖父も父も僧侶で、一人っ子で育ちました。

母からは、「お坊さんにならなくてよい」と育てられたことを覚えています。

中学の時に海外旅行に行き、国際的な
僧侶になりたい、という夢を持ちました。

ここでは、僧侶としての自覚はなかったです。

大学に行き、留学をする前に日本のことを知らなければいけない、というシンプルな理由で比叡山で修行しました。
この修行で、僧侶としての自覚をもちました。

しかし、すぐに寺で僧侶になるのではなく、社会に出て視野を広げて力をつけることを優先としました。

そして、就職活動の時に僧侶という職を念頭におきながら種々の会社を
受けました。
そこで、僧侶の定義を明確にしました。コンサルが流行っていたので、多く受けましたが、この時に僧侶とは

幸せのコンサルタントだ
と、定義しました。

そう考えると、最高の職だと実感をもつことが出来、明確に自分の将来像が僧侶であることを確信しました。

ですので、私は、年を経ながら僧侶の道を確固たるものとしたパターンです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


比叡山延暦寺 行院にて満行。 天台宗 高龍山明王院普賢寺 僧侶。 一般...

僧職とは?どのような意味でお聞きですか?

職業としてお聞きでしょうか?

それとも純粋にお坊さんになったキッカケについてでしょうか?

すみません、質問が求めている回答とは少しズレてしまいますが…。

私はお坊さんを職業としては考えておりません。
自分の信じる生き方だと思っています。

自分が心から求めるものを探して探して、やっと教えにたどり着き、
そして覚悟して仏教の世界に飛び込みました。

私はお寺の生まれでもなく親戚にお寺の人がいるわけでもありません。

良寛さんがそうであったように…
お寺を持っていなくとも、仏教を旨としてお坊さんという生き方ができると私は思っています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

お寺に生まれたからです。

お寺の長男として生まれた私は幼い頃から「あなたはこの寺を継ぐのよ」と育てられました。
子どもの頃からそう育っていたので、そういうものだと思っていました。
仏教の事など全く知らなかったですが、僧籍は高校一年の時に頂きました。
実際に学んだのは大学に入ってからです。
今は住職として法務をつとめていますが、本当に浄土真宗の僧侶でよかったと幸せを感じています。
この教えを多くの人に知ってもらいたいという想いが、今の僧侶としての大きな原動力になっています。

当然「お坊さんになりたい」と思って僧侶になる方も多数おられます。
私の友人にもたくさんいます。
それぞれさまざまなご縁にふれて僧侶になられています。
私はお参りに行く先々で「将来お坊さんになるのもいいですよ」とオススメしています笑

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまい本当に申し訳ごさいません。
僧職に就いたきっかけはお寺の家系に生まれたからというのが確かに多いですね。
また、僧職とは人によっては職業ではなく生き方だっていう考えも納得いきました!
ありがとうございます。

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

お坊さんが怖いものは何ですか?

物凄い盛況ぶりのなか、くだらない上に、人によっては失礼と感じられるかもしれない質問ですみません…; 私は趣味で漫画を描いていて、お寺に関連するキャラクターもいつか描いてみたいなと思っています。自分なりに色々調べているのですが、あくまで趣味の範囲のものですので、直に取材に行くようなことはなく…この度、快適インターネットでお坊さんに直接聞けるサイトがあるということで思わずおおっ…となってしまいました。 いつもお世話になっているお寺さんのご住職から、祖父が亡くなった時に「今まで好きだった人が亡くなった途端に不浄な存在になるわけないだろう」と言われ、葬儀場に泊まるのをずずいっとされた経験があります。 確かにその通りで、昨日までおじいちゃん死なないで~とか言っていた人が怖い存在になるわけではないと納得はしたのですが、それでも10年たった今でも葬儀場の横を通るのはなんだか怖いし、無人の集合墓地とか、廃病院の感染症病棟の跡とか、かつて生きていた人がいる場所を通るのはちょっと怖いです。だからといって、不浄だから?と聞かれると、不浄とは…?となります。 そこで思うのは、毎日敷地内にお墓がある環境で生活していらっしゃるお坊さんが言う「不浄なもの」って実際は何ですか? お坊さんが怖いものってあるんでしょうか?…不浄なものですか…? また、その「不浄なもの」というのはホラー映画や漫画等に登場するキャラクターの中に存在するのでしょうか? 長くなってしまってすみません。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

お坊さんの飲酒はおかしくないですか?

お坊さんがお酒を飲むのはおかしくないですか? もちろん付き合いで飲まなければいけないという状況があると思いますのでそこはしょうがないと思います。 しかしお坊さんが"自発的にお酒を飲む"ということに疑問があります。 お酒(アルコール)って合法なだけで厳密に言うまでもなく精神に作用するドラッグの側面は切り離せませんよね? 過去にアメリカで規制しようとしても辞められない人が多すぎて断念したほどには依存性の強いドラッグだと思います。 飲めばリラックスし気分が高揚し嫌な出来事があっても忘れられる作用がある。 僕はお坊さんは心の専門家で苦しみからの開放を求め実践するプロフェッショナルだと思っています。 それでも飲むということは仏教では解決できない、お酒を飲まなければ消せない苦しみもあるということなのでしょうか? 酒に飲まれなければ良いという問題なのでしょうか? 体がお酒に強く酔ってる自覚がないならオッケーってことなんでしょうか? 酔う為ではなく味を楽しむ為に飲むという事を言う人もいると思いますが、なら美味しく味付けされた脱法ドラッグを少量なら使ってもいいんでしょうか? 今はノンアルコール系もあるのにわざわざアルコール入りを飲むってことは酔う為にお酒を飲んでるとしか思えないのです。 執着から離れ、事実に親しむお坊さんがなぜわざわざ事実を歪める作用のあるお酒を飲むのかわからないのです。 僕はお酒は飲みませんが嫌なことやストレスが強い出来事があると以前より頻度は減りましたが抗不安薬を使ってしまう事があります。 抗不安薬はリラックスし嫌なことが気にならなくなるお酒と似たような効果があります。 それが嫌でどうにかやめる方法はないかと仏教に興味を持ちだしたのにお酒は飲まれなければ飲んで良いとか言われると薬と変わんねーじゃん!と思ってしまいます。 嫌な時ではなく平時に飲むのですと言われればより悪いじゃん!って思います。 誤解して欲しくないのはお坊さんなら戒律を厳密に守れ!と批判している訳ではなくプロのお坊さんですら酒を克服できないなら僕が薬を完全に克服できるわけがないことが確定してしまうので仏教に対して失望してしまうのが嫌なのです。 お酒を飲むお坊さん、気を悪くさせてしまっていたら本当にごめんなさい。

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る