hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

猫にぶつかってしまいました

回答数回答 2
有り難し有り難し 23

今朝車で出勤途中に猫にぶつかってしまいました。
ぶつかった猫はもがきながらその場からいなくなってしまいました。私に出来る供養は何でしょうか。教えて下さい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

安全運転を忘れそうになった時、その猫を思い出してください。

猫の命も尊いです。

その命から貴女は大切な事を習ったのではないでしょうか?
車は命を奪えるものであると言う事を実感されたのではないでしょうか?

今回は、他の人間もご自分も危険ではなかったと思います。
でもそれが猫ではなくバイクであれば、また、何か他の危険なものであれば
相手も貴女も危なかったのではないでしょうか?

犠牲になった猫に感謝して、今後は安全運転を心がけて頂ければ
一番の供養ではないかと思います。

さらには、馬頭観音を祀っているお寺を探し、お参りして
亡くなった猫を馬頭観音さまにお願いすると良いと思います。

馬頭観音さまは動物の供養も司ってくださる仏さまです。

{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

祈りの時間を。

みみさま、こんにちは。

質問いただきありがとうございます。
自責の念の扱い方ですが、月に一度でもいいので車に乗る際、呼吸を整えて手を合わせてあげてください。ぶつかった後の猫の予後が気になりますが、容体関係なくそれで十分だと思います。

私のまわりの子ども達の間では車にぶつかった猫が登場する妖怪アニメが流行っていますが、アニメと同じことが起こることは無いです。

文を拝見していてNO128 の質問の事が思い浮かびました。
よければご覧くださいませ。

{{count}}
有り難し
おきもち


お釈迦様の教えも親鸞聖人の教えも文字による記録で受け継がれてきました。他の...
このお坊さんを応援する

「供養の仕方」問答一覧

位牌閉眼供養後の日々の供養について

こんにちは、日々の供養について相談させてください。 ここ数年のうちに相次いで両親を亡くしました。子供は私しかおらず私にも子供がいないため、将来を考えて両親とも永代供養です。 永代供養にともない仏壇は処分し、あとに亡くなった父の一周忌には父母の魂の入った位牌を閉眼供養しお焚き上げをしていただきました。(これも将来を考えて決めました) ここからが相談なのですが、魂の入った位牌がない今、日々の供養をどうしたらよいかということです。 今現在仏壇がないので、両親の写真にお線香とお茶を供えています。お線香は亡くなった人の食事と聞いたことがあるのですが、これからもお線香を炊いたほうが良いのでしょうか? 狭い賃貸のリビングにお線香立てとお鈴とろうそく立てが並んでいる眺めはなかなかシュールでずっと違和感を持ちながら今日まできました。 位牌ももうないのでいっそのことお線香をやめて、写真とお花を飾ることで日々の供養になったらよいなという思いがあります。 父も母も花や植木が好きでしたので華やかだと喜ぶかなという純粋な気持ちと、お線香立てを仕舞うことでリビングにも馴染みやすくなるし煙で喉がイガイガせずに済むなという不純な気持ちと、両方が入り混じってはいるのですが……。 (お線香は煙が少ないものにしていますがそれでも煙くて寒い日でも燃え終わるまで換気が必要です) お線香をやめるという考えは間違っているのでしょうか? どんなことでもかまいません、お言葉をいただけますと助かります。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺