皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

桑海 一寛

有り難し 169
回答 17

自己紹介


元はお釈迦さまの教えなのです。
日本人の多くは、仏教を信仰しておられますが、仏教のなかの宗派の壁というものにとらわれています。 もちろん、ご両親や祖父母の菩提を弔うお寺とのお付き合いは大切にされるべきですが、あなた個人までも...
仕事と憧れとは分けて考えてみては。
あなたの思いはよく伝わってきます。 会社勤めを辞められて、大学に入られたのですから、その時点で教員になろうと強い意志をお持ちだったのではないですか。その気持ちを打ち砕くことがあったわけではなく...
供養とは仏さまの恵みを分かち合うこと。
お気持ちをお察しいたします。お母さまを偲ばれて供養をされるお姿に感銘いたします。 端的に申し上げますと、供養とは仏さまの恵みを分かち合うことです。仏さまになられたお母さまを偲び、お母さまの思い...
質問 : 供養とは
ふらっと散歩に出ることから
無になるとは、自分自身が何物にもとらわれることのない、空気のような存在であるかのように感じて、鏡に映る自分を客観視することから始まると考えております。 禅宗僧侶の立場からすると、坐禅からとお勧...
恐れずに距離を置くべきです。
お話しをお伺いしますと、あなたのご両親は生真面目な方なのですね。 生真面目であることが災いして、祖父母の欲求不満の八つ当たりの対象にされてしまっているのではと拝察します。ちょっとしたボタンのか...
外部からの評価も参考になります。
海外を会社などの組織の外部に置き換えてみてはいかがでしょうか。 内部組織では常識とされていたことが、外部からはズレていることは多いのです。 常識というものは変化して行きますから、海外などの外...
質問 : 海外の反応
素直な心で
文面からお察しするに、あなたには優しい気持ちをお持ちなのです。ですから、このようにご相談されておられるのではないでしょうか? 後片付けすることに、照れくささに近いものをお持ちではないかと拝察し...
ただ聞いてあげることが大切です。
辛い思いをされる方に、何かできないかと思うのは当然のことです。 ただ、小さな親切が余計なお世話になってしまうことも、よくあることです。 ただそっと聞いて差し上げること、仏さまのお姿をように、...
自信をお持ちになって
心の病を正直に告白されたのは、すばらしいことです。 ただ、雇用する側にも、事情というものがあります。心の病を持つ方への偏見もあるかもしれません。 雇う側にも、理解を示してくれる人もいらっしゃ...
お医者さんとの相性では。
「お気持ちをお察しします。」とは言えないほど、あなたの苦しみは大変なものなのでしょう。 最初に診察を受けた病院で、運動することを勧められて、悪くなり、お医者さんへの不信感を増幅されたのは、よく...
聞くことだけでも
私にもうつ病で苦しむ友人がいます。 この病への対処は、これと言った特効薬はないと思います。 日常生活やお仕事に支障が生じて、人間関係にも不和が生じて悩みが尽きることはないと思います。 あな...
しなやかな強さを
お気持ちお察しいたします。 若いときは、猪突猛進で進んでこられても、歳を重ねて勢いがなくなることは、誰でもあることでしょう。 信念を貫く強さを維持するためには、直球勝負ばかりでなく、強弱を交...
質問 : 歳をとると
客観視してみては
お気持ちをお察しいたします。 由美子姫さんは、何が正しいことなのかわからず、戸惑っておられると思います。 一つお勧めしたいのが、あなたがお客さんの立場で物をみてはいかがでしょうか。 たとえ...
質問 : 仕事の悩み
当然に湧いてくるものです。
自分が必要とされたいと願うことは、当然に湧いてくるものです。 お釈迦さまは、この世に生きる苦しみをコントロールして、多くの人に安心(あんじん)をもたらすために、出家をされて、多くの人々に仏の教...
ご無理なさらずに
さぞお疲れのこととお見受けいたします。 私は住職の仕事のほかに、行政で生活保護の仕事をさせていただいております。 保護を利用される方には、仕事をしなければならないと強迫観念に、心身がついてい...
臨済宗では、死後は悩みも煩悩もない涅槃の世界へ行かれると説かれています。涅槃とは、火が燃え尽きた静寂な世界のことを言います。 お釈迦さまが臨終の際に、「嘆き悲しむではない。私は安らかな大涅槃へ...
質問 : 死後
ご心配なされずに
臨済宗妙心寺派の大源寺の桑海と申します。 「家を建てると不幸が起きる。」という言い伝えは、私も聞いたことがあります。 私が住職になったばかりの平成12年に、お寺の本堂を修復して、盛大な落慶法...

このページの先頭へ