hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

供養とは

回答数回答 4
有り難し有り難し 49

10年前に交通事故で母が亡くなりました。そのあと、母の仏壇と独り暮らしだった父を姉が引き取っています。ただ、亡くなったときに姉と父と私と色々もめて ものすごい大喧嘩をしたのをきっかけに姉とは絶縁状態です。父ともほとんど連絡していません。姉の事は面倒を見てくれているのは感謝してます。でもそんな状況で10年たっているので 仏壇に手を合わせに行くことが出来ません。なので その代わりに毎年お正月に母と同じ干支をまつってあるお寺に初詣を兼ねて手を合わせています。それだけでは供養にならないでしょうか。私の地域では先祖崇拝の意識が高いので、供養が不足しているとよくないことが起こると言われたりします。私なりに今の状況で供養するとはどんな心構えでどんな事をすれば良いのか、、、
修行のお忙しいなか 質問を読んでくださり有り難うございます。宜しくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

供養の仕方

質問拝見しました
お姉さんとは絶縁状態で仏壇にも手を合わせていないとのことですが、いつもお母さんの事を思って自分なりの供養しているとのことですが、それだけでも供養にはなっているとは思いますが、十分ではないでしょう。
お母さんの生前はお姉さんとはどのような関係だったのでしょうか?
いつも喧嘩をして口も聞かない関係だったのか。それとも喧嘩もする普通の姉妹だったのか。
どちらにしても、親なら姉妹仲良くして欲しいと思いますよ。
私も子供がいますが、いつまでも仲良くしていて欲しいと思っています。
それが親の願いです。

そこで提案ですが、怒られても なじられても追い返されても、仕方ないと思って一度お姉さんの所に行ってみてはいかがでしょうか?

姉妹そろって手を合わせてくれれば、親としてこれ以上の供養はないと思います。
お母さんの本当の供養をしたいと思われるなら、行動に移してみてはいかがでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

私は日蓮宗 今治 寺町法華寺の住職をしております讃岐英昌(サヌキ エイショ...

親子3人で分かち合えるのが一番なんですが・・・

何とかお姉さまと分かち合えることはできませんかね?お姉さんだってきっと、あなたと分かち合いたいという気持ちでいっぱいだと思いますよ。ご先祖様や亡くなったお母さまへの何よりの供養ではないでしょうか?姉妹なんですから、途中いろいろなことがあっても、分かり合えるように思うんです。それが二によりのお母さん孝行ではないでしょうか?ここは、あなたが我慢して、お姉さんごめんなさいと、謝ってみてはいかでしょうか?ご先祖様もお母さまも喜びますよ。ここにこうしてご相談されたのもそうしたご縁のように思えてなりません。「お姉ちゃん仲よくして!!」って。それ以上の供養ってありますか?
何故喧嘩になったのか、事情は分かりません。でも、後ろ向きに生きるよりは、未来に向かって新しい親子、姉妹の関係を築かれたらいかがですか?
本来仏教でいうところの「供養」とは意味が違うように思われます。 供養は、仏、菩薩、諸天などに香・華・燈明・飲食などの供物を真心から捧げることをいいます。日本の民間信仰では死者・祖先に対する追善供養のことを特に供養ということが多いですが、これから派生して仏教と関係なく死者への対応という意味で広く供養と呼ぶこともあります。本来は仏さま、教え、そして、僧侶と「ご縁」があった事を感謝する行為が供養ですが、私達がこうして生かされている「ご縁」を喜ぶ意味があるんですよ。
これは様々な命のご縁と関わり合いを持っているという事に感謝すればそれが供養です。
先祖や水子を追善供養の対象にされる場合は、「たたり」をなすような怨霊として、「先祖霊」や「水子霊」とよんでいます。供養とは、「尊敬すること」、「礼拝すること」、「尊敬をもって受けとること」
などの意味なんですよ。ご先祖さまやお母様に生かされている今の自分に感謝して精一杯生き抜くことがご先祖さまやお母様へのご供養ですよ。
皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
追伸
言いにくことをお話しいただいてありがとうございました。その家庭家庭で奥に秘めたいろいろな問題があるものですね。仏教は反省=気づきと感謝が基本だと思っています、そういう見地に立てば、あなたは十分にご自身を顧みられていますし、仏様やご先祖さま、お母さまから許され、愛されてますよ。
ご自宅で毎日感謝されることで十分に供養されています。
ご家族の皆様のお幸せを祈ります。

{{count}}
有り難し
おきもち

浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...

妻子を布施す

法華経には仏に妻子を布施すると説かれています。妻子つまり身内に仏の仕事の手伝いをさせると。
仏の仕事とは南無妙法蓮華経を世の中に弘めることです。あなたが南無妙法蓮華経と時を惜しまず声を惜しまず唱えることが仏の仕事を助けることになります。その姿がそのまま亡くなった方を供養する結果となるのです。これを因果倶時(いんがぐじ)といいます。
普通は原因が生じた後に結果が出ると言いますが、南無妙法蓮華経は原因と結果が同時に生じるのでお題目を唱えるあなたの姿はそのまま亡くなった方の成仏の姿になるのです。
どうぞこの機会に正しい方法を知り正しく供養をなさってください。

{{count}}
有り難し
おきもち

「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...

供養とは仏さまの恵みを分かち合うこと。

お気持ちをお察しいたします。お母さまを偲ばれて供養をされるお姿に感銘いたします。
端的に申し上げますと、供養とは仏さまの恵みを分かち合うことです。仏さまになられたお母さまを偲び、お母さまの思い出や業績を分かち合うことを供養と申します。
供養には、決まった形はありません。あなたさまが、初詣にお母さまと同じ干支をお祀りするお寺へ行って、手を合わせることも立派な供養です。
お父さまのことを思う気持ちやお姉さまとのことは、すぐに解決しようとせずに、ご自分の心が清浄であり続けることが、一番のお母さまへの供養となります。

{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

私の気持ちを察して頂き、有り難うございます。2年前に私から電話しましたが拒否されました。説明不足ですみません。でも もう一度機会があればまた話してみたいと思います。感謝の気持ちを忘れずに。有り難うございました。

追伸のお言葉 有り難うございます。初めての質問で書き方が慣れておらずすみません。もめた原因も書いていませんでしたね。交通事故だったので多額の生命保険が入ったからです。私は分けてもらうつもりはなかったのですが、姉は昔から私に嫉妬心があり、生命保険も絶対に妹にあげたくないとむきになっていて、何だかんだと散々な文句の言われようでした。売り言葉に買い言葉で私も色々と言い返してエスカレートしていきました。結局 保険金は父が全部 受け取り、そして全額 酒やスナック通い ギャンブルなどで使いきってしまいました。四十九日までの法事では姉がやりたい放題で私はずっと文句を言われるか無視されるかで辛かったので、お金を使いきった父を軽蔑し、ケンカしながらの法事のやり方をした姉にもずっと嫌な思いしか向けていませんでした。2年前に拒否されても気にしていませんでした。でも10年の節目に、皆様のアドバイスを読んで、やはり私にも悪いところもあったし、感謝の気持ちも足りなかったと気づかされました。こんな相談 人には言えなかったので、今回 皆様のそれぞれのお言葉、本当に有り難く思っております。

「供養全般」問答一覧

兄の自死と供養

初めて利用させて頂きます。 同じ境遇の方々への返信を読みながら涙が溢れました。  兄の死から5年、恐らく今日あたりが命日です。 子供達が寝静まり今夜は涙が止まらず、ここへ辿り着きました。  突然の自死、真坂の出来事でした。10代から運命の歯車が狂い悩み続けた36年間だったと理解しています。家族も苦しみ悩み悲しみました。何故こんなにも兄だけが不幸なのか、最後は自死を選ばなければならなかったのか。5年経ってもまだ現実ではないように感じてしまいます。 私よりも現実を受け入れられない母は人が変わった様で、父方の親族へはまだ話しもできていません。 また、遺骨はそのまま家にあり供養もできていません。 父が戒名と兄の友達がお経をあげてくれたりはしましたが、時間が止まった様な状況なのです。 このままでは報われないと思い、色々と調べていますが金銭面での余裕があまりなく悩んでいます。  どう考えてあげれば兄の為になり、どうしてあげる事が兄や家族の為に一番いいのか教えてください。  また、私はこの事で旦那からは酷い言葉を言われ不信感が募り色々あり離婚しました。 人の死に方が人にはいえない様な死に方でも、故人を馬鹿にする様な人が夫である事に吐き気がしました。今でも怒りの様な感情と私の子供達へは死に方を伝えられていないので後ろめたさを感じてしまいます。 どこにも、誰にも言えない心の内が爆破しているようです(涙

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

姉の供養について

姉が亡くなりました。事情があり10年以上も疎遠でした。波乱万丈な人生で周りにも迷惑をかけてきた姉でしたが、根は優しい性格で私も昔は可愛がってもらいました。 自殺ではないのですが、ずっと自殺願望がありさみしいとずっと思っていたみたいです。 姉の一人暮らししていた部屋に行きました。20年も前に私が書いた手紙をずっと持っていてくれました。写真などもたくさん出てきました。 私は自分の生活を守る為に、姉に優しい言葉もかけず冷たい妹でした。何かしてあげれなかったのか...今は辛く寂しい気持ちです。 遺骨は姉の旦那さん(籍のうえで)が持ち帰りお寺に納骨すると言っていました。私は分骨してもらい、今は自宅の父のお仏壇に。もう少ししたら、父の納骨堂に納骨するつもりです。 事情があり、お葬式もあげてなく火葬の時にお経をすこしあげてもらっただけです。今は毎日、般若心経をあげています。 そこで教えてください。 1,般若心経以外にもお経をあげたいです。どのようなお経をあげたらいいですか?(浄土真宗です。) 2,納骨後も家のお仏壇でも供養したいのですが、戒名もこちらにはなく、(姉の旦那さんは戒名をつけてくれたかは分かりません。)自宅のお仏壇には姉の写真だけしか残らないのですが、それでも姉がいるお仏壇として供養できますか? 3.今後、一周忌や、三回忌、、、ずっとお経をあげていきたいのですが、お経の本とかがあれば教えてください。 生きている間に仲良くなれなかったことはとても心残りですが、これから姉が上の世界で成仏できるように供養したいです。 どうぞ宜しくお願いします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

できれば供養したい

父は私が幼少の頃から何度も不倫をしていました。その度に母は傷つきそれを目の当たりにしながら育ってきました。 時は過ぎ、私が中学生の頃父が家を出る形で別居することになりました。私は父のことが嫌いでした。理不尽に怒り、家族を捨てた自分勝手なあの人ことが。その為、別居した1年間ほどは荷物の受け渡しなどで適度に会っていましたが、そのうち父から会いたいと連絡があっても拒否するようになっていました。それでも父はなぜかお金を毎月振り込んできました。私は不思議でした。なんで捨てた娘にここまでするのか。母も養育費を求めていた訳ではなく、父が独断で振り込んでいました。私はそれを成人して父と落ち着いて話ができるようになったとき聞きに行こうと思っていました。 しかし私が高校生の頃、父は亡くなりました。自殺でした。その連絡を受けた時、私は泣いてしまいました。悲しくて泣いているのか、なんで自分が泣いているのかわかりませんでした。あんなに恨んでいた父ですが、思い出すのは優しかった父のことばかり。あんな最低なことをしておいて、なんで勝手に死んでしまうのか。どういう心境でお金を毎月振り込んでいたのか。私のことはどう思っていたのか。愛していたのか。何がそんなに父を追い詰めたのか。沢山聞きたいことが溢れてきました。 父が亡くなった今、私以外の家族は父の墓参りには絶対に行かないと言っています。心の中で私は大人になったとき墓参りに行く権利があるならば行きたいと思ってます。しかし、父を自殺に追い込んだのは私なのではないか、そんな私が行ってもよいものか悩んでます。父がもし私を恨んでたら、私がお墓参りに行った時何か良くないものを持ち帰ってきてしまうのではないかと心配しています。私は墓参りに行くべきでしょうか?父は私のことをどのように思っていたのでしょうか。また今簡単にできる供養の仕方や心持ちはどういったものがありますか。父を思い出す度胸が苦しくなります。回答頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る